銀行カードローンはおまとめローンとして最適

銀行カードローン基礎知識

消費者金融やクレジットカードのキャッシングなど、複数の業者からの借入を一本化できるのがおまとめローン。

消費者金融やその他業者がおまとめローン専用キャッシング商品を提供している場合が多いです。

ですが銀行カードローンでも、借入れたお金の利用目的自由のキャッシングをおまとめローンとして利用することができます。

消費者金融からの借入よりも銀行カードローンをおまとめローンとして利用したほうが、低金利そして高限度額などの理由でキャッシングの一本化に向いている理由があります。

今抱えているキャッシングの負担を銀行カードローンでまとめて借金の負担を軽くしましょう。

銀行カードローンは高限度額設定が可能

銀行カードローンの中には限度額が1,000万円など、多額の設定が可能なカードローンがあります。

これだけの大きなお金を借入れることができれば、多くのキャッシングをまとめるだけのお金を借入れることもできるはず。

消費者金融のカードローンは300万円や500万円などの設定が多いです。

そして消費者金融のカードローンは総量規制の対象なので年収で借入額に制限がかかります。

おまとめローン専用商品ならば返済を視野に入れた借入なので総量規制にかからないです。

ですがそもそも総量規制にかからないでまとまったお金キャッシング可能な銀行カードローンの方が手っ取り早くおまとめローンとして利用可能です。

銀行カードローンの金利は消費者金融よりもかなり低金利

高限度額と合わせてお得な理由がここです。

消費者金融の金利設定が上限20%に近いものなのに比べ、銀行カードローンは金利10%以下でお金を借入れることができることもあります。

大きなお金借入れれば借入れるほど適用金利は引き下がるもの。

銀行カードローンで多くのお金借入れることで、さらに低い金利を引き下げることができるのです。

これなら多数の小額キャッシングをまとめて多額キャッシングにまとめるメリットがさらに大きくなるというもの。

おまとめローンとして利用する前の審査が厳しい

多数のキャッシングをまとめるために銀行カードローンへ申し込んでも、その前の審査で落とされてしまうかもしれません。

キャッシングをまとめるためには多額のキャッシングを行うことになります。

それだけ大きな額を貸し付けるのは銀行も貸し渋ります。

正社員として働いている。

収入が安定している。

できればそれなりの額の収入。

そして勤続年数も少しでも長いほうが望ましいです。

現在のキャッシング利用状況にも問題がない。

そして過去のキャッシングで返済遅延や債務整理などトラブルが残っていないことが大切です。

返済シミュレーションを忘れないで

おまとめローンでキャッシングを一本化した段階ではまだ返済は終わっていません。

おまとめローンとして銀行カードローンを利用したとして、その後が重要。

今の借入をまとめたとして、どれくらいの金額返し続けていれば、どれくらいの期間返済していれば返済が完結するのか。

そのシミュレーションを行っておくことが大切です。

金利が引き下がって、返済額も少なくなったとしても、返済期間が長くだらだらと返済しても総返済額は多いままです。

事前の計画を立てておきましょう。

キャッシングの一本化で返済の負担を軽減

特に銀行カードローンでキャッシングの一本化を行うことで、今現在抱えているキャッシングの負担を軽くすることが出来るでしょう。

利息の引き下げ、そして散らばっている返済期日をまとめることもできます。

自分の収入や勤続形態や勤続年数など属性に自信がある方。

そして返済遅延や債務整理などで信用情報に問題がないならばぜひ銀行カードローンでキャッシングの一本化もおすすです。