プロミス申込み.shopがプロミスのおすすめポイントを具体的に紹介します

プロミス CM プロミス

大手消費者金融のなかでも、プロミスは群を抜いて借りやすいです。

即日審査、即日融資に対応。

はじめての借入なら30日間の無利息期間が適用。
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

スマートフォンアプリで借入が可能。

女性専用のレディースキャッシングも完備。

借入先の消費者金融として、申し分のないスペックをプロミスは持っているのです。

今回は私が「プロミス申込み.shop」として、いかにプロミスが他の消費者金融より優れた存在か、具体的にプロミスの優れているポイントをご紹介します。

プロミスから即日融資!今日お金を借りるための方法
「どうしても今日お金が借りたい」 「プロミスから即日融資が受けたいが可能なのか」 こちらの記事では、そんな人に向けて書いていきます。 普段の生活の中でお金が足りなくなることは急に訪れます。 そんなとき便利なのが消費者金融。 ...

どうしてプロミスが他の消費者金融より優れているのか

では早速、プロミスはどの分野が他の消費者金融より優れているのか。

プロミスが特に秀でているポイントを、わたくしプロミス申込み.shopから説明していきたいと思います。

即日融資に対応している

まず大きいのが、プロミスが「即日融資」に強いことです。

申し込んだ当日借り入れることができる「即日融資」に対応しているか否かは、実際に借り入れる上においてとても重要なポイントとなります。

プロミスなら、即日カード発行する無人契約機を使った即日融資をはじめ、スマートフォンアプリを使ったアプリローン、ネットから振込融資を受けるネットキャッシングなど、様々な方法で即日融資を受けることができるのです。

プロミスから即日融資!今日お金を借りるための方法
「どうしても今日お金が借りたい」 「プロミスから即日融資が受けたいが可能なのか」 こちらの記事では、そんな人に向けて書いていきます。 普段の生活の中でお金が足りなくなることは急に訪れます。 そんなとき便利なのが消費者金融。 ...

24時間最短10秒で振り込み可能

プロミスからの借入なら、基本的にカードローン契約さえ済んでいれば振込依頼を出してから最短10秒で借入が可能です。

これほど早く口座への振り込みが可能なら、あらゆる急ぎの用事に対応できるはず。

しかも振り込みでの借入ですから、ATMまで足を運ぶ必要すらないのです。

上手に振込融資を受ければ、目前に迫る引き落としにも対応できますよね。

無利息期間がある

プロミスは、はじめてのキャッシング利用者に向けて「30日間の無利息期間」を設定しています。
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

無利息期間があることで、プロミスからの総返済額を大きく減らすことができます。

しかし注意してほしいのが、「はじめての方」が30日間利息0円であること。

プロミスからの借入が2回目なら、利息が発生してしまうのです。

プロミスで借り入れるときの注意

プロミスはたしかに借入ハードルが低く、まず最初に手をつけるのにぴったりの消費者金融ですが、何も考えないで借り入れていいというわけではありません。

しっかりお金を借り入れる準備を行っておかないと、あとで何らかのトラブルが起きてしまいかねません。

とはいえどんな準備をすればいいのか?わからない方も多いでしょう。

私がその疑問にお答えします。

計画的に借り入れる

まず、どこからお金を借り入れるとしても同じことですが、「計画的に借りる」のが大切です。

どれだけ借りて、そのお金をいついつまでに返す。

そうした計画性をもって借りることができないと、あとあと「返せない」なんてことにもなりかねません。

とはいえ、プロミスのカードローンはいつでも随時追加借入ができるのが特徴。

気を抜いて、追加の借入を頻繁にやってしまわないようにしてください。

審査の準備を万全にする

プロミスのカードローンがいかに優秀でも、事前に受ける審査で落ちてしまっては実際に借りることはできません。

プロミスの審査自体は、際立って他の消費者金融と比べて厳しいというわけではないですが、何も考えないで審査を受けて通るほど審査は甘くありません。

しっかりと自分の状況を「プロミスの審査に通る」ステータスにしてから審査を受けないと、無駄に信用情報に傷をつける結果になってしまうでしょう。

書類を事前にしっかり準備する

プロミスのカードローンへ申し込む時には提出しなければいけない書類があります。

必ず必要になるのが、運転免許証など「本人確認書類」。
本人確認書類にあたる書類は、

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

になります。

書類がないと審査に落ちるので、これらの書類はしっかり用意しておきましょう。

場合によっては収入証明書が必要なことも
  • 希望した借入額が50万円を超えるケース
  • 希望借入額と他社の借入額合計が100万円を超えるケース

になると、収入証明書の提出が求められます。

提出書類にあたるのは、

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の※賞与明細書)※賞与がないお客さまは直近2ヶ月の給与明細書をご用意ください。

これらの書類です。

書類の準備を怠ると、当然のことながら審査に悪影響が出てしまいます。

プロミス申込み.shop まとめ

今回は私「プロミス申込み.shop」から、他社と比べてプロミスがより優れている理由について説明しました。

プロミスはとにかく借りやすく、特にはじめてのキャッシングにうってつけです。

「どこから借りようかな?」

なんて考えている方は、ぜひプロミスからお金を借りてください。