専業主婦が借りられる審査の甘いカードローン!夫に内緒で借りるならここ

お金に悩む専業主婦 専業主婦

一家の家計を任されることが多い専業主婦。

毎日食費など固定費を切り詰めてがんばっても、本人に収入が少ないことなどもあり、「今月はお金が足りない」なんてことも多いですよね。

特に、「がんばって家を支えているのに、自分で使えるお金がない」という方も多くおられます。

そんな時専業主婦がお金を借りるために思いつく選択肢としてはやはり、「カードローンで借りる」ことですよね。

しかしカードローンで借入れを行うには、事前に申込後の審査を受けないといけません。

そしてカードローン審査の難易度は、カードローンによってばらばら。

当然専業主婦というだけでカードローン審査をクリアするのは厳しくなりますから、今回は私から、「専業主婦でも審査をクリアしやすいカードローン」をご紹介します。

そもそも専業主婦はカードローンでお金を借りられるのか?

そもそも、専業主婦が銀行カードローンを利用して借入れたいと思ったとして、その願い通り専業主婦は問題なく銀行カードローンの審査に通るのか?

銀行カードローンと専業主婦の関係について、ここでもう一度おさらいしておきましょう。

銀行カードローンは「総量規制対象外」なので専業主婦の借入れが可能です

消費者金融など、貸金業者のカードローンと違い、銀行カードローンは総量規制の対象外です。

総量規制とは、個人の収入によって借入可能額に制限がかかる法律のこと。

銀行カードローンは総量規制の制限を受けないので、本人に収入がまったくない専業主婦でも借入れが可能なのです。

消費者金融のカードローンなんかでは、専業主婦っていうだけでそもそもカードローンで借入れができません。

専業主婦の借入れに対応した銀行カードローン

とはいえ、銀行カードローンのすべてが専業主婦利用可能かとういとそうでもありません。

専業主婦はどうしても返済不能になるリスクがあるので、銀行によっては専業主婦の借入れを制限しているところもあるのです。

確実に専業主婦が借入れることができる銀行の種類をしっかり調べておきましょう。

専業主婦借入可能な銀行カードローン

  • イオン銀行カードローン
  • セブン銀行カードローン
  • ジャパンネット銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン
  • 横浜銀行カードローン
  • 筑波銀行カードローン
  • 愛媛銀行カードローン
  • 十六銀行カードローン
  • スルガ銀行カードローン

専業主婦利用可能なカードローンはこのような種類があります。

しかし、地方銀行カードローンの筑波銀行カードローンは、「茨城県、栃木県、埼玉県、千葉県、東京都」にお住まいの方か働いている方のみ、という利用制限がかかります。

逆に言えばこれ以外に多く存在する銀行カードローンは、専業主婦の借入れに対応していないということになります。

専業主婦が審査で見られる要素

専業主婦も、カードローンへ申し込むと、業者、銀行ごとに異なる基準で審査を受けることになります。

専業主婦がカードローン審査で見られるのは主にどんな要素か、ここでお伝えしておこうと思います。

配偶者に安定収入があるか

専業主婦は本人に収入がまったくないわけですから、審査されるのは主に「配偶者の収入」ということになります。

配偶者がしっかり正社員としてどこかの企業で働いているか、配偶者は詐欺集団であったり、反社会的組織に属してないかなど、配偶者の審査がきびしくなされるわけです。

信用情報に問題がないか

今回借り入れる専業主婦に、もし過去の借入れで信用情報に傷がついているとしたら、それでカードローン審査に落ちてしまいます。

信用情報は、なるべく過去の借入れでトラブルを起こしていないクリーンなものが求められるのです。

専業主婦がカードローン審査をクリアしやすくなるコツ

とはいえやはり、専業主婦が持つ返済能力としては低いです。

専業主婦の状態でカードローン審査をクリアするには、コツをおさえた申込みが必要になります。

どうすれば専業主婦でもカードローン審査に通りやすくなるのか?

いくつか「カードローン審査のコツ」をお教えしようと思います。

地方銀行カードローンを狙う

都市銀行カードローンでも、時たま専業主婦の利用に対応しているところがありますが、それはかなり稀です。

都市銀行はその規模が大きいこと、株式市場に上場しているので危ない経営ができないなどの理由もあり、

専業主婦のカードローン利用の許可を下ろすことに消極的です。

狙い目は「地方銀行カードローン」です。

地方銀行のカードローンだってれっきとした銀行カードローンです。

都市銀行カードローンと比べると地方銀行カードローンのほうが、多少審査基準が優しいことを期待できるので、専業主婦のカードローン利用各地率が上がるというわけです。

地方銀行で専業主婦の借入れに対応したカードローンといえば、横浜銀行カードローンや西日本シティ銀行のキャッシュエースなどが思いつきます。

404 NOT FOUND | お金マニュアル
西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」の審査は通りやすい?金利・返済・借入方法についても徹底解説
西日本シティ銀行「NCBキャッシュエース」は地方銀行のカードローンで、福岡県に本店を持ち、周辺地域に住んでいる人におすすめのカードローンです 西日本シティ銀行には、6つのカードローンがありますが、利用者や利用使途が限定されているものが...

複数社カードローン同時申し込みしない

一度の申し込みで複数の銀行カードローンへ申し込むのもやめましょう。

カードローン同時申し込みを行うと、銀行側から「この人はお金に困っている=返済能力が低い」という判断を受けてしまいます。

お金の余裕があることをアピールする意味でも、「狙い済ませた一つの銀行カードローン」へ申込みを行ってください。

希望借入れ額はなるべく少額に

カードローンによっては「希望借入額」を入力できることがあります。

もし入力できたなら、少しでも低い希望借入額を入力するようにしましょう。

希望借入額が低いと、返済の負担が小さいと判断されるので、専業主婦でも銀行カードローン審査に通りやすくなるのです。

専業主婦は旦那に内緒でお金を借りられるのか?

カードローンを利用する専業主婦が気になるのが、「カードローン利用が旦那にバレてしまうのではないか」ということ。

確かに、実質旦那の収入をあてにしてお金を借りる専業主婦は、カードローン利用が旦那にバレた時点でトラブルは避けられません。

在籍確認は自分の携帯電話にかかってくる

カードローン審査では「申し込んだ人が申込情報通りの勤務先で働いているか」の確認のために、勤務先へ電話がかけられます。

専業主婦には当然「勤務先」がありませんから、電話をかけられないわけです。

勤務先がない専業主婦には、申込時に入力した本人の携帯電話へ電話がかけられます。

本人の電話なら、本人以外誰も出ることがないですから、バレるリスクはないということです。

しかし万全をきして、電話がかかってくる時間は「旦那のいない時間」を指定するのがおすすめです。

郵送物にさえ気をつければ旦那にばれない

専業主婦がカードローン利用をバレる理由は圧倒的に「郵送物をみられること」です。

カードローンで借り入れる時必要なカードは、書留で送られてきます。

送り主は銀行ですが、旦那さんの中には、勝手に中身を見てしまうでしょう。

そして郵送物が「借入カード」だった時、そこで専業主婦のカードローン利用がバレてしまうというわけです。

専業主婦はカードローンで借りる以外で専業主婦がお金を調達する方法

お金がない専業主婦はつい、カードローンでお金を借りることばかり考えてしまうかもしれません。

しかしカードローンを利用する以外でも、専業主婦がお金を借りる方法はいくつかあります。

お金がない専業主婦はどうしてお金がないのか?お金がないストレスは辛い…
「専業主婦」に落ち着いているということは、働き口についておらず配偶者の収入で暮らしている状況だということです。 まずそもそも本人に収入がないのですから、「お金がない」としても無理はない…。 なんて思ってしまいますが、それでも「お...

中小消費者金融のキャッシングを検討する

消費者金融や銀行など、ある程度大きな規模のところしかカードローンは運用されていません。

そしてカードローンの審査基準はある程度厳しいことを考えると、もっと審査の甘い中小消費者金融のキャッシングを利用するのがおすすめです。

中小消費者金融の中には、独自の経営方針にて「専業主婦のキャッシング利用」に対応しているところがあります。

質屋からお金を借りる

質屋とは、担保となる品物を提出すれば、ほとんど審査なしでお金を借りられる場所です。

担保となる品物によって借入可能額が変わるので、ブランド品など担保の価値が高い品物を提出するようにしましょう。

クレジットカードを活用する

お金に困っている専業主婦は、クレジットカードを活用することで今感じている金欠を乗り切ることができます。

クレジットカードの中には、専業主婦でも審査に通るものがあります。

または、旦那さんの家族カードを作ることで、クレジットカードが手に入るでしょう。

クレジットカードがあれば、後払いで買い物など支払いができるので、今手元にお金がない人でも買い物など支払いが可能です。

専業主婦は、カードローンの審査に通るのが難しそうなら、「クレジットカードでなんとか乗り切る」ことも検討してみてください。

収入がある主婦なら借入れ候補は広がる

専業主婦は本人に収入がまったくない状態ですが、もしアルバイト・パート程度でも収入があるなら専業主婦ではありません。

そして本人に収入があれば、借り入れるカードローンの選択肢が広くなります。

消費者金融からの借入れが可能に

収入のある主婦ならば、総量規制の対象である消費者金融カードローンも利用可能です。

消費者金融のカードローンは、銀行カードローンと比べて金利が高くなるものの、即日融資に強いなど「早さ」が売りです。

収入のある主婦でお金に困っている方は、ぜひとも消費者金融のカードローンで借入てください。

クレジットカードのキャッシングも利用可能

本人に収入がある方なら、クレジットカードの審査にも通りますし、クレジットカードのキャッシング機能を使った借入も可能です。

収入がある主婦は、クレジットカードのキャッシングを使った借入も検討してください。

専業主婦でも利用可能な審査の甘いカードローン まとめ

今回は専業主婦でも審査に通るカードローンを紹介しました。

実質、専業主婦でも審査に通るようなカードローンは少ないですが、旦那さんに安定収入があれば問題なく審査に通ります。

専業主婦でも利用できるキャッシングや、資金調達方法をあわせて利用してください。