給料日まで1万円で過ごす!乗り切れる?打開策はある?

給料日前

様々な事情で給料日まで一万円で過ごさなければならなくなったあなた。

懸念事項はたくさんあると思います。

食費はどうするのか、断りにくい飲み会が入ったらどうするか、何らかの引き落としで銀行の口座残高は間に合うのか。

給料日まで1万円で過ごすにはどうすればいいのか、そもそも1万円で乗り切れるのか、決定的な打開策はあるか、今回は考えていきたいと思います。

給料日まで1万円で過ごせるのか

そもそもの問題として、「給料日まで1万円」というピンチは、なんとかかんとかの問題で解決できる問題なのか?

当事者本人としては「もう終わった」なんて絶望的な気分かもしれませんが、果たしてなんとかなる問題なのかどうか、まずはそこから考えていきましょう。

「給料日まであと何日か」が重要

はっきり言って1万円あれば、十分生活できると思います。

私個人も、1万円で何日も一人暮らししていた経験があります。

しかしその「1万円で過ごす」難易度は、給料日まであと何日あるかで変わってきます。

給料日まであと3日なら楽勝なのはわかると思います。

1週間でちょっと辛くなってきます。

これが2週間以上になってくると、1万円で過ごすのはかなり難易度が上がります。

それ以上給料日まで遠くなると、もう「1万円でどう過ごすか」よりも「どうやってお金を調達するか」を考えたほうが有意義だと思います。

切り詰めて節約でいける

給料日まであと1週間程度なら、生活から無駄をなくして、食生活などを切りつけていけば十分いけます。

どうして日々の生活のなかでお金がなくなっているかというと、あなたの生活の中には無駄な出費が多いからです。

買う必要のないものを買って、食べる必要のないものを食べて、行く必要のないところで食べているのです。

そうした生活の中に潜んでいる細かいムダを省いていくだけで、1万円くらいならどうにかなります。

細かいコンビニでの買い物、本来必要ない支払い、諸々省いていくだけで1万円くらいならすぐにまかなえます。

食事は自炊・弁当が基本

一番簡単に節約できるのが食費です。

極論を言えば食費は何も食べなければ1円もかからないので、まずは「食べ物を減らす」ことを考えてみましょう。

外食はあまりにもお金がかかります。

夕食、昼食は基本的に自炊でまかなって、お弁当もがんばって用意するなど工夫が必要です。

1万円で1週間過ごす

あと1万円で1週間度の給料日まで過ごすパターンを考えていきましょう。

1週間ということは、7日間を1万円で過ごすということです。

ということは、1日あたりおよそ1400円で過ごすということ。

単純計算で一食にかけられるお金は400円程度。

そしてその一週間はコンビニなどで買い物はいっさいしないでください。

買い物しない、自炊で安く済ます、これで1週間位はあっという間に過ぎていきます。

1万円で2週間過ごす

2週間を1万円となるとかなりきつくなってきます。

計算すると1日につかっていいお金は「700円」程度。

これでは何かを食べることも、何かを買うこともできません。

「持っているお金でなんとかする」のがかなり苦しくなってきます。

持ち物を売る お金を稼ぐのを考えるべき

これくらいの期間から、「手持ちでなんとかする」のはやめたほうが良いです。

家にある物を売ってお金に変える、またはすぐ給与をもらえる仕事で働くことを考えるべきです。

ブランド品なら買取額も高くなることが多く、日払いバイトも意外と少なくないです。

最終手段として「給与日払いの夜の仕事で働く」というのも一つの手です。

今すぐお金になる仕事はこれ!手っ取り早く稼いで金欠をのりこえよう
「借りたお金を返済しなければならないけど、お金がない!」 「支払いの期日が迫っているので、どうしてもすぐにお金になる仕事をしたい」 お金を返済しなくてはならないから今すぐお金になる仕事をしたい、そんな人に役に立つ情報をお届けします。...

カードローンで借りる

即日融資に対応したカードローンでお金を借りるのも一つの手です。

様々な事情で給料日まで一万円で過ごさなければならなくなったあなた。

懸念事項はたくさんあると思います。

食費はどうするのか、断りにくい飲み会が入ったらどうするか、何らかの引き落としで銀行の口座残高は間に合うのか。

給料日まで1万円で過ごすにはどうすればいいのか、そもそも1万円で乗り切れるのか、決定的な打開策はあるか、今回は考えていきたいと思います。

給料日まで1万円で過ごせるのか

そもそもの問題として、「給料日まで1万円」というピンチは、なんとかかんとかの問題で解決できる問題なのか?

当事者本人としては「もう終わった」なんて絶望的な気分かもしれませんが、果たしてなんとかなる問題なのかどうか、まずはそこから考えていきましょう。

「給料日まであと何日か」が重要

はっきり言って1万円あれば、十分生活できると思います。

私個人も、1万円で何日も一人暮らししていた経験があります。

しかしその「1万円で過ごす」難易度は、給料日まであと何日あるかで変わってきます。

給料日まであと3日なら楽勝なのはわかると思います。

1週間でちょっと辛くなってきます。

これが2週間以上になってくると、1万円で過ごすのはかなり難易度が上がります。

それ以上給料日まで遠くなると、もう「1万円でどう過ごすか」よりも「どうやってお金を調達するか」を考えたほうが有意義だと思います。

切り詰めて節約でいける

給料日まであと1週間程度なら、生活から無駄をなくして、食生活などを切りつけていけば十分いけます。

どうして日々の生活のなかでお金がなくなっているかというと、あなたの生活の中には無駄な出費が多いからです。

買う必要のないものを買って、食べる必要のないものを食べて、行く必要のないところで食べているのです。

そうした生活の中に潜んでいる細かいムダを省いていくだけで、1万円くらいならどうにかなります。

細かいコンビニでの買い物、本来必要ない支払い、諸々省いていくだけで1万円くらいならすぐにまかなえます。

食事は自炊・弁当が基本

一番簡単に節約できるのが食費です。

極論を言えば食費は何も食べなければ1円もかからないので、まずは「食べ物を減らす」ことを考えてみましょう。

外食はあまりにもお金がかかります。

夕食、昼食は基本的に自炊でまかなって、お弁当もがんばって用意するなど工夫が必要です。

1万円で1週間過ごす

あと1万円で1週間度の給料日まで過ごすパターンを考えていきましょう。

1週間ということは、7日間を1万円で過ごすということです。

ということは、1日あたりおよそ1400円で過ごすということ。

単純計算で一食にかけられるお金は400円程度。

そしてその一週間はコンビニなどで買い物はいっさいしないでください。

買い物しない、自炊で安く済ます、これで1週間位はあっという間に過ぎていきます。

1万円で2週間過ごす

2週間を1万円となるとかなりきつくなってきます。

計算すると1日につかっていいお金は「700円」程度。

これでは何かを食べることも、何かを買うこともできません。

「持っているお金でなんとかする」のがかなり苦しくなってきます。

持ち物を売る お金を稼ぐのを考えるべき

これくらいの期間から、「手持ちでなんとかする」のはやめたほうが良いです。

家にある物を売ってお金に変える、またはすぐ給与をもらえる仕事で働くことを考えるべきです。

ブランド品なら買取額も高くなることが多く、日払いバイトも意外と少なくないです。

最終手段として「給与日払いの夜の仕事で働く」というのも一つの手です。

今すぐお金になる仕事はこれ!手っ取り早く稼いで金欠をのりこえよう
「借りたお金を返済しなければならないけど、お金がない!」 「支払いの期日が迫っているので、どうしてもすぐにお金になる仕事をしたい」 お金を返済しなくてはならないから今すぐお金になる仕事をしたい、そんな人に役に立つ情報をお届けします。...

カードローンで借りる

即日融資に対応したカードローンでお金を借りるのも一つの手です。

消費者金融のカードローンならほぼ確実に即日融資で借りられますし、カードローンは無担保、無保証人で借りることができるので誰にも迷惑をかけずに現金を手に入れることができます。

消費者金融のカードローンなら、初回の借り入れで30日間利息がかからないものなどがあるので、ぜひ利用してください。

即日融資で借りられるカードローンはこれ!
日本貸金業協会の調査によると、利用するキャッシングを選ぶさいに、「時間がかからないこと」を重要視する人の割合はまだまだ多いようです。今回はそんな方に向けて、確実に即日融資を受けることのできるカードローンをいくつか紹介します。即日融資可能な消

「あと1万円しかない」金欠状態になった原因は?

そもそも「あと1万円」という状況に追い込まれている原因を考えないと、その状況を打破する方法がわかりません。

「1万円しかない」

状況に追い込まれた原因を今一度、考え直してみましょう。

借金返済に追われている

毎月いつも金欠になっている人の多くが、借金返済に追われています。

どれだけお金があっても、どれだけ収入があっても、借金返済にお金をあてないといけないとなると、お金がなくて「1万円しか無い」状況に陥りがちです。

返済によってお金がない状況で悩まないためにも、なるべくスムーズに返済すること、他社借入が多い状況で苦しいなら「おまとめローン」を使った借金の一本化も考えてください。

審査に通りやすいおまとめローン紹介!【口コミ・評判】
おまとめローンの歴史は、実は浅いです。 おまとめローンが生まれたのは、2010年の貸金業法改訂以後。多重債務者の返済を助ける救済措置として生まれたのが、このおまとめローンです。おまとめローンを使えば、消費者金融や銀行のキャッシング、ひ...

無駄な出費が多い

いつもお金がない人は、「無駄遣い」が多いです。

必要なときに必要な買い物をすることだけ考えていれば、普段の生活で「給料日まであと1万円」なんてことになるまで買い物しないはずです。

例えばコンビニはスーパーやネット通販と比べて値段が割高です。

買い物で「安いところから買う」ことを心がけている人というのは、生活にゆとりと余裕があるものです。

買い物依存症である

無駄な出費どころか、「ストレスと買い物で発散する」買い物依存症の人なら、お金がなくて当然です。

買い物は生活に必要なものを買う行為ですが、「買う」ことを目的にする買い物依存症の人は、生活のなかでしんどいことが多いだろうなあと思います。

どうして買い物依存症になってしまうのか?買い物依存症の末路は?
「買い物依存症」という病気があります。 買い物によってお金を散財することで、ストレスを発散してメンタルを安定させる人がこの病気にかかっています。 買い物が好きだと言う方も多いでしょうが、度を越すと生活を破綻させかねません。 ...

今後金欠にならないために抜本的な解決が必要

「給料日まであと1万円」なんてことでしょっちゅう悩んでいる人は、これからの生活では確実に平穏な生活を送るために、抜本的な金銭状況の解決が待たれます。

1万円しかない状況でまた何も考えず生活していても、すぐ「給料日まで1万円しか無い」状況に追い込まれてしまうのは目に見えた未来です。

普段から節約しましょう

一度節約したとしたら、今後は普段の生活でもその節約グセをつけるようにしましょう。

普段から無駄な買い物をしないようにして、生活のなかでもなるべく不必要なお金を払わないようにする。

これなら、お金がないことで無駄に悩む必要もなくなります。

なるべく借金に頼らないようにしましょう

「足りないお金は借りればいい」なんてことを考えている方も多いですが、それは大きな間違いです。

借金というのは、昔から最終手段として残しておくもの。

借金における限度額というのは、「そこまで借りていいお金」というわけではないのです。

「給料日まで1万円」まとめ

ここまでで、「給料日まで1万円」というピンチに対する説明は終わりです。

1万円しかないとしても、7日間程度、1週間程度ならなんとかなりますが、これが2週間以上になると「手持ちでなんとかする」のは難しくなります。

現在の自分の状況を冷静に判断して、今一番やるべき対処法を見極めてください。