家賃滞納でブラックリストに載るのか?家賃を滞納しないためにできること

毎月支払いを強いられるものには、電気代など光熱費、食費など様々ありますが、節約しづらいものに「家賃」があります。

家賃の支払いが遅れると「滞納」という処理をされますが、家賃滞納の処理を甘く見てはいけません。

家賃滞納を続けていると、ゆくゆくは「ブラックリスト」に記録が残ってしまうかもしれません。

一度ブラックリストに家賃滞納の記録が残ってしまうと、その記録は長い期間あなたを「審査落ち」などで苦しめることでしょう。

どんな条件下で、家賃滞納が信用情報に残りブラックリスト入りとなるのか、ブラックリスト入りとならないためには何ができるか、今回はお話します。

家賃滞納でブラックリストに載ってしまうのか?

ここまで調べている人ならすでに把握しているかもしれませんが、家賃滞納を続けるとブラックリストに載ります。

あとで説明しますが「ブラックリスト」という帳簿は存在しませんが、家賃滞納という悪い記録が信用情報に残ることを、俗に「ブラックリスト入り」と呼ぶのです。

信用情報に悪い記録が残ると、その後の人生で様々な悪影響が出てきます。

人生プランを円滑に、滞りなく進めたい方はぜひ、信用情報はなるべくクリーンに保つことを目標にしてください。

家賃滞納でブラックリスト入り条件の条件は?

確かに、多少の家賃滞納ではすぐブラックリスト入りするわけではありません。

ブラックリスト入りになってしまう条件はどんな場合か?

ブラックリストに入るケースを一つずつ見ていきましょう。

連帯保証人が保証会社である

賃貸を借りるとき、連帯保証人を立てる必要がありますが、このときの連帯保証人が「保証会社」である場合はすぐブラックリストに載ります。

保証会社は、権利者の家賃を肩代わりしてくれているだけなので、滞納した場合は保証会社が家賃を支払います。

すなわち、保証会社へ家賃を支払うことになるのです。

保証会社は信用情報の管理に厳しいので、家賃滞納するとすぐにブラックリストに載ってしまうでしょう。

長期間(61日以上)滞納している

家賃滞納でブラックリストに残る条件としては、「支払う意志のないくらいの長い期間延滞している」というのがあります。

そしてその期間の規定として「61日滞納」というのがあり、これ以上になると家賃滞納することによってブラックリスト入りとなるのです。

では、「60日までは家賃滞納しても問題ないのか」といえばそんなこともなく、「家賃滞納の記録」自体はしっかり信用情報に残ってしまいます。

信用情報に残ったその記録がクレジットカードやカードローンの審査で見られてしまうと、審査結果に悪影響を及ぼす可能性があります。

「60日までは家賃滞納してもいい」ということにはならないのです。

家賃納入の意思が見えない

ブラックリストに載るということは、「この人は今後も金融商品に対して支払いの意思がない」とみなされるということです。

つまり逆に意思をみせることで、信用情報のブラックリスト入りを避けることができます。

家賃滞納しそうになったら、「大家に連絡する」など、支払う姿勢を見せるだけで、「ブラックリスト入り」のリスクをかなり軽減することができます。

少しでも家賃の納入が遅れそうだなと思ったときは「入金の意思を見せる」ことを忘れないでください。

ブラックリスト入りするとどうなるのか?

信用情報がブラックリストに入ってしまうと、具体的にどうなってしまうのか。

ブラックリスト入りで起こりうる危険性を知っておきましょう。

「返済能力が低い」とみられる材料になる

キャッシングの審査やクレジットカードの審査でみられるのは、申し込んだ当人の「支払い能力」です。

家賃滞納という、あまりにも派手に「支払わない」行動によって、その後の審査に返済能力が低いとして落ちやすくなります。

支払い能力の審査が行われたとして、問題なく審査をクリアするには、毎月滞りなく家賃を払っておく必要があるのです。

審査に強い信用情報とはつまり、「支払い能力の高い信用情報」なのです。

なるべくクリーンに、見栄えのいい信用情報をキープしておくことこそ、審査に打ち勝つコツです。

ブラックリストに家賃滞納記録が残る期間は?

家賃滞納の記録が信用情報に残る期間は意外と長く、短くても「5年間」は待たないと信用情報を再びクリーンに戻ることはできないのです。

この信用情報に家賃滞納記録が残っている限り、審査では落ちやすい状況が続きます。

この間はいくら意識を取り直して家賃をしっかり払っていたとしても、泣いても笑っても信用情報は黒いままです。

失態を犯した過去を取り戻すことはできないのですね…。

家賃滞納でブラックリストに入らないための対処法

それでは、これからの信用情報について考えていきましょう。

多少の家賃滞納では、本格的に信用情報に傷がついて、「ブラックリスト入り」の状態にまでなってしまうことはないかもしれません。

しかし気をつけないと取り返しの取れない信用情報になってしまうかも…。

大家に連絡する

上でも少し触れましたが、家賃滞納前に大家に連絡して「支払いの意思がある」と伝えるのは有益です。

単純に支払期間の猶予をもらうことができるかもしれませんし、支払い方法に別の提案を受けられるかもしれないのです。

ポイントは、「支払う意思がある」ことをしっかり伝えることです。

親に頼み込んでお金を借りる

手持ちのお金が足りないなら、まずはリスクのないところでの借金を模索するのが有益です。

例えば親からお金を借りるのは、利息もかからず、リスクのない借金です。

たとえ最悪返済が間に合わなかったとしても、親からの借金ならばどうにでも良いわけが立ちます。

もちろん期日内に返済するのは当然のことですが、まずは親から「お金を借りられないか」を打診してみませんか。

親からの借金は贈与とみなされる?贈与税を取られてしまうのか?
贈与税なんてお金持ちの人にしか関係がない税金だと考えている人が多いですが、お金に困って親から借金をしただけで、贈与税がかかってしまうことがあるって知っていましたか? えっ!借金に贈与税がかかるってどういうこと?と誰でも思いますよね。 ...

クレジットカードを上手に利用する

クレジットカードで支払っていたとしたら、家賃滞納までに少し猶予が生まれます。

クレジットカードの場合、支払ってから実際の請求が来るまでに多少タイムラグがありますから、その支払猶予期間に家賃を用意すればいいのです。

そうでなくても、クレジットカードならキャッシング機能を使うことで、簡単に現金を借りることができます。

クレジットカードで借りたお金で、家賃を収めればいいのです。

または、あまり推奨はできませんが、クレジットカードショッピング枠を使って現金を手に入れる「クレジットカード現金化」という裏技もあります。

クレジットカード現金化って何?経験者がやり方とリスクを解説
「どうしてもお金がないから、クレジットカード現金化をしようと考えている」 「駅でクレジットカード現金化って看板を持っている人がいたけど、それってどういうこと?」 こちらの記事では、クレジットカード現金化を実際にしたことがある筆者が、クレ...

カードローンで借りる

無担保、無保証人で即日借りられるカードローンを利用してお金を借りる、という手もあります。

カードローンを借りる人のほとんどが「生活費」で借りています。

そのため、おそらく家賃を支払うために借りているという人も少なくないはず。

気軽に即日借りられる消費者金融のカードローンを家賃支払いのために利用するのはおすすめです。

プロミス

家賃納入のために利用するのにおすすめなのはまず「プロミス」です。

プロミスは即日審査、即日融資に対応しており、最大30日間の無利息サービスを利用して借り入れ可能です。

カードを使った通常通りのカードローンから、振り込みで借り入れを行うネットキャッシング、スマホのアプリを使った「アプリローン」まで、様々な借入方法でお金を借り入れることができます。

プロミスを上手に使うことで、「家賃滞納」の危機を上手に避けることができるのです。

プロミスから即日融資!今日お金を借りるための方法
「どうしても今日お金が借りたい」 「プロミスから即日融資が受けたいが可能なのか」 こちらの記事では、そんな人に向けて書いていきます。 普段の生活の中でお金が足りなくなることは急に訪れます。 そんなとき便利なのが消費者金融。 ...

アコム

アコムも気軽に借りやすい消費者金融です。

しかもアコムのカードローンは借り入れカードにクレジットカード機能を追加することができるので、「カードローン」と同時にクレジットカードのカードも作ることができます。

もちろん30日間無利息。

借りやすいカードローンです。

404 NOT FOUND | お金マニュアル

家賃滞納でブラックリストに載るか?まとめ

「家賃滞納することによって、ブラックリストに載ってしまうのか?」

ということについて、今回詳しくお話しました。

確かに家賃を滞納すると、信用情報にその記録が残り結果的に後受ける審査で悪い影響を及ぼしてしまいます。

家賃は期日内にしっかりと収めないといけないのは言うまでもないことですが、もし遅れそうな場合は適切な処理を心がけましょう。