三井住友銀行カードローン申請解説!2020年来店予約制導入で店舗申請でも短時間で

三井住友銀行カードローン豆知識

三井住友銀行カードローンでは、利用したい人が誰でも申込めるようにさまざまな申し込み方法を用意しています。

今回は、三井住友銀行カードローンの申し込み方法と基本的な審査の流れについてご紹介します。

各申込み方法のメリットやデメリットについても解説していますので、三井住友銀行カードローンに申込みをする際の参考にしてください。

三井住友銀行カードローンの審査基準については以下の記事を参考に!

三井住友銀行カードローンの審査基準は銀行系では甘め。審査通過の秘訣を紹介!
三井住友銀行カードローンでお金を借りたい。残念ながらカードローンは「融資を受けたい」という願望のみで利用できるものではありません。カードローンを利用するためには、「審査」を受けて、通過する必要があります。審査で「属性」や「信用情報」、「在籍

三井住友銀行カードローンにはどんな申込み方法がある?

スマホで調べる女性

三井住友銀行カードローンの申込み方法には、

  • パソコン・スマホでの申込み
  • ローン契約機での申込み
  • 電話による申込み
  • 三井住友銀行の窓口での申込み

などがあります。

今回は、窓口での申込み以外の三井住友銀行カードローンの申込み方法と審査の流れについて解説していきたいと思います。

どの申込方法もそれぞれメリット・デメリットがありますので、自分にあった申込み方法を選ぶとよいでしょう。

パソコン・スマホから三井住友銀行カードローンに申込みした場合の審査の流れ

パソコンやスマホからWEBで三井住友銀行カードローンに申込みをすると手続きが非常にスピーディに進みます。

ただし、正式な審査結果の連絡が来るのは最短でも申込みの翌日です。

三井住友銀行は即日融資には対応していませんので、その点だけは覚えておきましょう。

三井住友銀行に口座を持っている場合

三井住友銀行に普通預金口座があればWEB完結が利用できます。

WEB完結は、三井住友銀行の店頭に足を運ぶことなく三井住友銀行カードローンの契約までの手続きをすべて端末一台で済ませられる申込方法です。

契約を終えたら、手元の三井住友銀行キャッシュカードを利用してそのままATMなどからすぐ借り入れできるので、わざわざ店頭まで出向くのは面倒だという人にはぴったりの申込方法だとえるでしょう。

そんなWEB完結の審査の基本的な流れは以下の通りです。

  1. 公式サイトから申込みをする
  2. 本人確認書類はスマホ撮影をしてWebから提出する
  3. 審査結果は入力した電話番号かメールアドレスにくる
  4. 三井住友銀行のキャッシュカードですぐにカードローンを利用できる

ローンカードを発行したい場合は、ローン契約機か郵送で受け取りましょう。

三井住友銀行ローン契約機ならローンカードをその場で発行でき、三井住友銀行カードローンをすぐ利用できます。

三井住友銀行に口座を持っていない場合

銀行口座を新規で開設すると印鑑や通帳を管理する手間が要りますから、できるだけ銀行口座を増やしたくないという人も多いでしょう。

三井住友銀行カードローンなら三井住友銀行に口座を持っていなくても申込み可能ですし、わざわざ口座開設する必要もありませんから気楽に申し込みできますね。

口座を持っていない場合のWEB申込みでも、審査結果の連絡がくるまでの流れは口座を持っている場合とほとんど同じです。

ただ、三井住友銀行の普通預金口座を持っていない場合は、ローンカードを発行しなければなりません。

ローン契約機か郵送でローン専用カードを受け取りましょう。

パソコン・スマホ申込みのメリット・デメリット

フリーランス男性

【メリット】
三井住友銀行カードローンにスマホやパソコンから申込みする最大のメリットは、申込み時間を気にする必要がないことです。

24時間365日受付可能ですから、受付時間を気にすることなく自分の都合のいいときに申込みできます。

また、パソコンやスマホなどの端末を持っていれば、自宅以外の場所からでも申込みできるという点も大きいですよね。

ちょっとした空き時間さえあればどこからでも申し込みができるのですから本当に便利です。

【デメリット】
分からないことは相談しながら申込みしたいという人には三井住友銀行カードローンのWEB申し込みは不向きです。

また、端末の操作が苦手な人だと書類提出などに手間取ることも…。

三井住友銀行の口座を持っていれば、ローンカード発行せずにキャッシュカードにローンカード機能を持たせることができますが、その場合は利用できるATMの種類が少なくなってしまうという点にも注意してください。

ローン契約機から三井住友銀行カードローンに申込みした場合の審査の流れ

三井住友銀行ローン契約機4

三井住友銀行の支店内でローン契約機を見かけたことがある人も多いでしょう。

そのローン契約機で三井住友銀行カードローンに申込みをする場合の審査の流れについて説明します。

ローン契約機での申込みの流れ

三井住友銀行カードローンのローン契約機での申込みの基本的な流れは以下の通りです。

  1. 必要事項をタッチパネルで入力する
  2. 顔写真付きの本人確認書類をスキャナーで読み込む
  3. 申込書が出てくるので記入して、確認書類と同様にして読み込んで申込みは完了
  4. その場でローンカード発行されるので受け取る(まだ借り入れはできない)

WEB申込みとの大きな違いは、審査結果が出る前にローンカードが発行されることです。

とはいえ、この時点ではカードはまだ利用できません。

翌日以降に審査に通過したとの結果連絡があれば、その時点から三井住友銀行カードローンを利用できるしくみになっています。

自動契約機申込みのメリット・デメリット

【メリット】
タッチパネル方式で案内にしたがって入力していくだけなので、操作がとても簡単です。

書類をセットしてスキャナーで読み込むだけで、書類提出も完了します。

アップロードする手間が不要なので、パソコンやスマホの操作が苦手だという人におすすめしたい申込方法ですね。

また、分からない点があればオペレーターに相談しながら手続きできるのも、大きなメリットでしょう。

【デメリット】
受付時間は9:00~21:00までですから、いつでも好きなときに申込むことはできません。

また、ローン契約機に入るところを知り合いに見られてしまう可能性がないとはいい切れないので、絶対に三井住友銀行カードローンの利用を他人に知られたくない人には不向きな申込方法だといえるでしょう。

次の人がローン契約機の外で待っていると、ゆっくり手続きできないのも難点です。

ATMを操作しているときに後ろで人が待っていると急かされる感じがしますが、それと同じですね。

電話で三井住友銀行カードローンに申込みした場合の審査の流れ

白い電話に出ようとしている人

パソコンやスマホの操作も苦手だし、店舗に足を向けるのも面倒だけど三井住友銀行カードローンを利用したい!

それなら、電話で申込みをするのはどうでしょうか?

電話申込みの流れ

最近では一般的な方法とはいえませんが、三井住友銀行カードローンでは電話による申込みも受け付けています。

そんな電話での申込みの基本的な流れをご紹介しましょう。

  1. 三井住友銀行カードローンプラザに電話をする
  2. 申込みに必要な個人情報をオペレーターに伝える
  3. 本人確認書類を提出する(WEBからも提出可能)
  4. 審査結果が電話にかかってくる
  5. ローン契約機または郵送でローンカード受け取る
三井住友銀行カードローンプラザ
0120-923-923
受付時間:9:00~21:00(1月1日を除く)

電話申込みのメリット・デメリット

【メリット】
オペレーターの質問に答えていくだけなので、入力する手間が省けます。

機械は苦手だけど三井住友銀行カードローンに申込みたいという人にはおすすめの申込方法ですよ。

オペレーターと対話形式で申込手続きを進めていきますから、分からないことがあれば全てオペレーターに尋ねられるので心強いです。

【デメリット】
電話による申し込みも、やはり受付時間が9:00~21:00に限られていますので、いつでも好きなときに申込むことはできません。

また電話でのやり取りを人に聞かれてしまう可能性があるので注意が必要です。

そして、三井住友銀行カードローンプラザが混み合っていれば、電話がつながるまで待たなければなりませんから、自分のペースで申込手続きを進めることが難しいです。

端末への入力を極力避けたいなら、書類の提出やローンカードの受け取りも郵送でOKですが、その場合は三井住友銀行カードローンを利用できるまでにかなり時間がかかります。

店舗窓口での申し込み

銀行員相談窓口

ネットでの契約も不安だし、ローン契約機や電話でオペレーターと話しながらできても顔が見えないとどうしても不安になってします…。

正直、現代ではかなり珍しい古い…古風な方もいらっしゃると思います。

実際、お金の貸し借りの話ですから、カードローンを利用したことのない人は契約するのも恐いですよね。

いくら日本が誇る三大メガバンクの一角が提供するカードローンだとしても、目の前でしっかりと金利やサービス、返済方法や借り入れ方法など一つ一つ確認を取りながら契約を進めたい人はいるでしょう。

それなら営業時間内に直接店舗の相談窓口にて、カードローンを申し込みましょう。

店舗窓口での申し込みの流れ

店舗窓口で申し込む際の申請の流れは以下のようになります。

  1. 支店に設けられている相談窓口に行く
  2. 申込みに必要な個人情報をオペレーターに伝える
  3. 本人確認書類を提出する
  4. 最短翌日の審査結果
  5. 住所にローンカードが発送される

一応流れは説明しまいしたが、よく理解できなくても支店の行員に聞けば、もっっと丁寧に詳しく教えてもらえるかと思います。

店舗窓口申し込みのメリット・デメリット

【メリット】
特に自分で考えることなく、書類を一緒に見ながら「ここに記入してください」「ここは書かなくて大丈夫です」など目視と口頭で確実な申請が可能になります。

わからなかったり、疑問に思ったことはその都度、目の前の行員に聞けば解決できます。

2020年7月6日より、新型コロナウイルスの影響で三井住友銀行の全支店・出張所で「相談窓口の来店予約制」が導入されました。

これにより、店舗に行って待つ時間が無くなり、スムーズに店舗でのやり取りが可能になりました。

【デメリット】
支店の場合は受付時間が15:00まで、土日祝日は開店していないため店舗相談に行ける人は限られてしまう。
※支店や出張所によっては15:00より短い場合、長い場合もあるので要確認

おわりに

あなたならどの方法で三井住友銀行カードローンに申込みをしますか?

どの申し込み方法も審査の流れや融資の開始スピード自体にはそれほど違いはありません。

サクサクと申込み手続きを進めたいならWEBから。

じっくり相談したいならローン契約機や電話。

顔を合わせて確認しながら確実な申し込みを行うなら直接支店に。

といった具合に、あなたのライフスタイルに合わせてメリットの大きい申込み方法を選んでくださいね。