お金がないけど引っ越しできる?お金がない時の方法を紹介

お金がないけど引っ越しできる?お金がない時の方法を紹介-アイキャッチ ライフ

「急な引っ越しが決まったけど貯金がなくて引っ越し費用が払えるか不安。」

「お金がないけど引っ越ししたいとき、少しでも安く済ませる方法ってないのかな?」

上記のように、急な引っ越しやお金がない場合の引っ越しには不安がありますよね。

引っ越しをするには、退去費用、引っ越し業者の費用、初期費用など、まとまったお金が必要になります。

しかし、急な転勤や隣人トラブルなど、様々な事情によってお金がないけど引っ越しをすることもありますよね。

そこで今回は、引っ越しにかかる費用を抑える方法、初期費用を安くする方法について詳しく解説します。

引っ越しにかかる費用の内訳や相場も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

お金がないけど引っ越しをする方法を紹介!

人差し指を立てる女

引っ越しをするにはまとまったお金が必要になりますが、想定外の急な引っ越しでお金がないという方もいますよね。

そこでこのトピックではお金がない方でも引っ越しできる方法について、以下の4つを詳しく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

  • 退去費用を抑えるにはできるだけ部屋を綺麗にする
  • 引っ越し費用を抑えるには自分で引っ越すのも1つの手
  • フリーレント物件を利用する
  • クレジットカード利用で分割支払いにする

退去費用を抑えるにはできるだけ部屋を綺麗にする

退去費用を抑えるには、できる限り部屋を綺麗にしておくことが重要です。

特に水回りや台所など、汚れやすい場所、汚れが目立つ場所、普段なかなか掃除しない場所は徹底的に綺麗にするようにしましょう。

また、ちょっとした傷やがんこな汚れは自分で直すことができることも多いので、業者に頼む前に自分で補修することがおすすめです。

しかし、大きな傷や絶対に自分では取れない汚れであれば、自分で直そうとしても上手くいかないことがあるので注意が必要です。

退去費用は高くなりがちなので、必要以上にお金を取られることがないように、場合によっては交渉することも検討しましょう。

不要品は捨てるのではなく売る!

退去するにあたって不要品は多く出てくると思います。

不要品は捨てるのではなく、できるだけ売るようにしましょう。

捨てるのであれば、不要品の大きさや量によっては非常にお金がかかる場合があります。

不要品は少し綺麗にするだけでも売れやすくなるので、見た目を整えて売ることがおすすめです。

売るのが面倒臭いという場合でも、他の人に譲ることやリサイクルに持って行くなど、お金を払って捨てるよりも良い方法を見つけましょう。

不要品を売るには、買取専門店などお店に持って行くことが多いですが、フリマアプリを利用して自分で価格を決めて売ることも良いですよ。

フリマアプリは手間もかかりますがその分高値で売ることができるため、時間に余裕がある方には向いています。

ちなみに、貴金属やゲーム機は高く売れる商品なので、不要な場合売ってお金に換えましょう。

ブランド品であれば、リサイクルショップではなくブランド品専門の買取屋さんに持って行くことで、適正な金額で買い取ってもらえるのでおすすめです。

おすすめのリサイクルショップやブランド品の専門買取には以下の通りです。

  • ブックオフ
  • セカンドストリート
  • 大黒屋

引っ越し費用を抑えるには自分で引っ越すのも1つの手

引っ越し費用を抑えるには、自分で引っ越しをするということも1つの手です。

荷物が少ない場合や、引っ越し先が近い場合であれば、自分で引っ越しすることは意外と簡単です。

レンタカーを借りる、友達や家族に手伝ってもらうなどで、引っ越し業者にかかる費用を一気に抑えることができます。

事前に引っ越し業者を利用する際の見積もりを出してもらい、自分で引っ越す場合にかかる費用を計算して、比較してみましょう。

時期や時間によっては、引っ越し業者を利用する際に比べて10万円ほど節約することも可能ですよ。

レンタカーを借りて自分で引っ越しを行う際は以下の費用が必要です。

  • レンタカー代
  • ガソリン代
  • 高速道路代(場所による)

引っ越しでレンタカーを借りる際は、ミニバンなど荷物が多く載せられる車がおすすめです。

ミニバンの相場としては12時間で9,000円前後となります。

レンタカーをお得に利用するには、割引キャンペーンの有無を事前に確認しておきましょう。

フリーレント物件を利用する

フリーレント物件とは一定期間家賃が無料になる契約のことです。

一定期間は物件によって大きく異なり、2週間程度の場合から数ヶ月程度の場合があるので、事前に確認しておきましょう。

フリーレント物件を選ぶことで初期費用を抑えることができますが、前家賃が必要になるなど、無料ではないことを覚えておく必要があります。

また、フリーレント物件の場合、短期違約金を設定していることも多いので、すぐに引っ越す予定がある方や短期間で解約する可能性がある場合は慎重に考えましょう。

初期費用を抑えることができても、違約金を含めた最終的な金額が変わらないこともあります。

フリーレント物件を探すには、賃貸物件情報が掲載されているサイトから探す、不動産屋に電話などで聞くという方法があります。

クレジットカード利用で分割支払いにする

引っ越し業者や物件によっては、クレジットカード支払いが可能なところもあります。

クレジットカード支払いにすることで、分割払いやリボ払いができるため、お金がなくても利用できます。

今手持ちがないという方はクレジットカード支払いできる業者・物件を利用するようにしましょう。

また、クレジットカードで支払うことでポイントをためることもできるので、現金払いよりお得になります。

しかし、クレジットカード支払いに対応していても一括しか受付ていない場合もあるので、事前に分割が可能か確認しておきましょう。

他にも使えないカードがあることや条件が決まっていることもあるので、詳細をきいていから決めることが重要です。

クレジットカードで分割払いをする場合、手数料が高額になることもあるので、手数料の合計金額も把握しておくと安心ですよ。

クレジットカードが利用できる引っ越し業者は以下の所があります。

  • アート引越センター
  • サカイ引越センター
  • アーク引越センター
  • ハート引越センター
  • 日本通運

クレジットカードが利用できる不動産には以下の所があります。

  • エイブル
  • アパマンショップ
  • センチュリー21

それぞれ利用条件や利用できる範囲が異なるので事前に確認しておきましょう。

引っ越し業者を利用する際に費用を抑える4つのポイント

理想は自分で引っ越すことですが、どうしても引っ越し業者を利用しないと難しい場合もありますよね。

引っ越し業者を利用して、引っ越し費用を抑えるポイントとしては以下の4つがあります。

  • 自分でできる範囲の梱包をしておく
  • 3月や連休などの繁忙期を避ける
  • 作業時間を午後からにするなど時間にこだわらない
  • あらゆる引っ越し業者に相見積もりを出してもらい比較する

自分でできる範囲の梱包をしておく

引っ越し業者を利用する際梱包はできる限り自分で済ませて、大きいものだけ業者に任せるようにしましょう。

梱包を含め荷造りを自分でしておくことで、見積もりを抑えることができます。

引っ越し業者には荷造りを依頼するプラン、自分で荷造りを行うプランがあり、選ぶことがでます。

荷造りや梱包を全て自分で行うことで2万円から3万円程度、安く抑えることができます。

また、荷物が少ない場合は単身引っ越しパックを利用することもおすすめです。

事前に自分の荷物が全て合わせてどれくらいなのか、単身引っ越しパックでも荷物を納めることができるか確認しましょう。

単身引っ越しパックは行っている業者と行っていない業者があるので、利用したい場合はプランにあるのか調べることが必要です。

3月や連休などの繁忙期を避ける

引っ越し業者にも繁忙期はあります。

主に3月末や4月の頭などは転勤や進学を機に引っ越しも増えるタイミングのため、引っ越し費用は高くなりがちです。

何月が1番安くなるとは一概には言えませんが、一般的に引っ越しが少ない秋頃が安くなることが多いです。

繁忙期を避けるだけでも、引っ越し業者に払う費用は1万円から3万円ほど安くなる場合があります。

また、土日や連休の引っ越しも少し高くなるという場合もあるので、できれば平日に利用することがお勧めです。

利用を考えている引っ越し業者に繁忙期や閑散期があるのか、時期を聞いておくことも重要ですよ。

作業時間を午後からにするなど時間にこだわらない

引っ越し業者を利用する際、作業開始時間について午前中を指定することが多いと思います。

この作業開始時間を午前ではなく午後にすることや、指定しないフリー便を利用することで費用を安く抑えることが可能です。

フリー便とは、引っ越しをする日にちだけを決めて、作業の開始時間は引っ越し業者に合わせるというプランです。

引っ越し業者の空き状況に合わせる方法なので、引っ越し業者の相場に比べて1万円から3万円ほど安く利用できます。

しかし、引っ越しの開始時間が読めないので余裕がある方におすすめです。

引っ越しの時間が分からないのは困るけど費用を抑えたい方は、午後の利用するようにしましょう。

引っ越し業者は午前に利用されることが多く料金も高くなる傾向にあるので、午後からおすすめです。

あらゆる引っ越し業者に相見積もりを出してもらい比較する

引っ越し業者は1つではなく、あらゆる業者を比較して見積もりを出してもらうことが大切です。

また、見積もりの際に値引き交渉をすることも良いでしょう。

値引きされた金額を比較して最も安い引っ越し業者を見つけることが重要です。

値引きに交渉をすることで、一般的に5千円から1万円程度安くなることが多いので、ダメ元でも交渉するだけ意味がありますよ。

基本的に見積もりは、訪問見積もりであれば4社程度、電話見積もりであれば6社程度に依頼することがおすすめです。

一括見積もりを利用すると、1回で複数の業者に見積もりを依頼できるので非常に便利ですよ。

新居費用に関する初期費用を抑える4つのポイント

新居にかかる初期費用を抑える方法には以下の4つがあります。

  • 敷金や礼金がかからない物件を選ぶ
  • 仲介手数料がかからない物件を選ぶ
  • 家賃の他に管理費や共益費が記載されているか確認する
  • 家具や家電付きの物件を選ぶ

ではそれぞれ詳しく解説します。

敷金や礼金がかからない物件を選ぶ

敷金とは、家賃が払われなかった場合や汚れ傷などの退去時の修繕費に充てられる費用です。

何もなければ退去時に返金されますが、入居時に一度支払う必要がある物件が多いです。

礼金とは入居時に大家さんに支払う費用であり、返金もされません。

敷金や礼金は物件によって大きく金額が異なり、それぞれの相場は家賃の1ヶ月から2ヶ月分ですが、全くかからない物件もあります。

敷金や礼金が安い物件、無料の物件を選ぶだけでも初期費用は一気に抑えることができるので、物件探しの際には見るようにしましょう。

初期費用において家賃2ヶ月から4ヶ月分を節約できるのは大きいので、お金がない方はおすすめです。

また、敷金がかからない場合、退去時に高い修繕費を請求されることもあるので、事前に大家に確認することが重要です。

仲介手数料がかからない物件を選ぶ

物件の仲介手数料とは不動産会社に支払う費用です。

仲介手数料の相場は家賃の0.5ヶ月分から1ヶ月分となりますが、中には無料の物件もあります。

仲介手数料が無料になるには、不動産会社が貸し主の物件や自分が大家さんと直接契約する場合などがあります。

家賃1ヶ月分は意外と大きいので、できる限り節約したいですよね。

仲介手数料が高いと感じる場合は、一度不動産に交渉してみることもおすすめなので、無理ない程度に相談してみるとも良いでしょう。

家賃の他に管理費や共益費が記載されているか確認する

物件には家賃だけでなく、管理費や共益費がかかる場合があります。

管理費や共益費とはマンションの共有部分を管理する費用のことです。

物件によっては管理費や共益費が家賃とは別に記載されていることがあります。

家賃に含まれて別記載がない物件もありますが、別記載の際は合計した金額を毎月支払う必要があることを覚えておきましょう。

家賃が安い物件を選んだのに管理費を込めると結局安くないという問題は起こりがちです。

管理費や共益費を含めた家賃を確認して安い物件を選びましょう。

家賃は手取りの3分の1が良いといわれているので、その金額を下回る物件を探すことがおすすめです。

また、家賃が安くなると、敷金や礼金、仲介手数料も安くなるので、初期費用も抑えられます。

家具や家電付きの物件を選ぶ

一人暮らしを始めるという方であれば、家具を新しく揃えないといけないこともありますよね。

一人暮らしに必要な家具を揃えるとなると、まとまったお金が必要になります。

元々一人暮らしをしている場合、すでに家具が揃っていることがほとんどですが、そうでなければ家具付きの物件を選ぶこともおすすめです。

家具や家電付きの物件には、ベッドや洗濯機、テーブルや電子レンジ、冷蔵庫がついていることがあります。

自分で家具や家電を用意しなくても最低限生活できるので非常に便利です。

急な引っ越しや引っ越し費用を抑えたい場合、短期間しか住む予定がない場合や前の家具家電が合わない場合にもおすすめです。

引っ越しにかかる費用の内訳や相場を解説!

人差し指

これまで、お金がなくても引っ越しをする方法を紹介しましたが、実際引っ越しにどれくらいのお金が必要になるのか知りたいですよね。

引っ越しにかかる費用の合計は、50万円から100万円程度が一般的です。

100万円と聞くと高いと感じる方が多いと思いますが、その内訳が気になりますよね。

引っ越しにかかる費用の内訳は主に以下の3つです。

  • 退去時の費用
  • 引っ越しにかかる費用
  • 新居に関する初期費用

実家から一人暮らしを始めるという方であれば、退去時の費用はかからないので、引っ越しの合計費用はもう少し低くなると考えましょう。

ではそれぞれの相場や内容について詳しく解説します。

退去時の費用

退去時の費用とは、基本的に修繕費のことです。

修繕費とは引っ越す際に部屋を元の綺麗な状態に戻すための費用であり、傷をつけてしまった場合や汚してしまっている場合に高くなります。

退去費用の相場は3万円から5万円程度となっています。

入居時に敷金を払っている場合は、敷金が修繕費に充てられるので確認しましょう。

また、損傷が特にないのに敷金がかえってこない、退去費用が高すぎる、という場合は理由を聞くことが重要です。

退去費用は高く取られることも多いので、見積もりをもらって納得行かない場合は話し合うようにしましょう。

また、事前に賃貸契約書を確認すること、途中解約にならないことも大切です。

退去時の費用の相場を事前に把握し、困らないように備えておきましょう。

引っ越しにかかる費用

引っ越しにかかる費用とは、基本的に引っ越し業者に払う費用のことです。

荷物の量や距離によって異なるので一概には言えませんが、基本的な相場としては5万円程度となります。

引っ越し業者はたくさんあるので、1つだけに決めるのではなく、いくつかを探して比較することが重要です。

それぞれ見積もりを出してもらって、最も安い引っ越し業者を見つけましょう。

プランによっても金額は大きく異なるので、自分の引っ越しにどのプランが最適なのか、事前に確認することも覚えておきましょう。

事前に相場を知っておくことで、引っ越し業者を選ぶ基準にしてください。

新居に関する初期費用

新居に関する初期費用には主にいかの費用があります。

  • 敷金
  • 礼金
  • 前家賃
  • 仲介手数料
  • 火災保険料
  • 保証会社の利用料

上記の費用を合計した初期費用の相場は30万円から50万円程度になります。

大体1ヶ月の家賃の5ヶ月分必要といわれているので、計算してみましょう。

新居の初期費用はまとまったお金が必要になるので、注意が必要です。

また、一人暮らしを始めるという方は、新居に置く家具も必要になるので、事前に揃えておく必要がありますよ。

どうしてもお金がない時はお金を借りることも検討しよう!

人差し指をたてるスーツ姿の女性

どうしてもお金がないという場合は、お金を借りることも1つの手です。

お金を借りる方法には主に以下のものがあります。

  • キャッシングやカードローンを利用する
  • 身内からお金を借りる

ではそれぞれ詳しく紹介します。

キャッシングやカードローンを利用する

カードローンには、主に消費者金融と銀行がありますが、それぞれ特徴が異なるので、自分に合った方を選びましょう。

即日融資して欲しい方や、融資までのスピードを優先させたい方は消費者金融のカードローン、低金利でお金を借りたい方は銀行のカードローンがおすすめです。

時間に余裕がある方はできるだけ銀行のカードローンがおすすめですが、審査も厳しくなりがちなので、審査落ちする条件がないか確認しておきましょう。

また、消費者金融のカードローンでお金を借りた場合は、できるだけ早く返済することが重要ですよ。

キャッシングやカードローンは、他の人に迷惑をかけず自分のみで行えるので、誰にも頼りたくない方は検討してみましょう。

身内からお金を借りる

どうしてもお金がない場合は、家族に相談することも1つの手です。

家族に相談することで、お金を貸してくれることもあります。

また、相談せずに他の方法でお金を借りていることの方が嫌だと感じる方もいるので、悩んでいる場合は一度相談してみましょう。

家族からお金を借りる場合に気を付けたいのは、返済計画や期間をしっかり決めるということです。

家族間だとどうしてもルーズになりがちですが、お金に関する問題は後々トラブルにも成りかねないので注意が必要です。

引っ越しに関するよくある質問

キャッシング-女性のはてな6

このトピックでは引っ越しに関するよくある質問について以下の2つを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

  • 一人暮らしにかかる生活費ってどれくらいなの?
  • お金がないから安い物件を借りたいけど最低限見るべきポイントってある?

一人暮らしにかかる生活費ってどれくらいなの?

引っ越しの初期費用はなんとかなったけど、その後の生活費にあてるお金がない場合もありますよね。

一人暮らしを始めた場合にかかる生活費の相場は12万円前後となります。

生活費に加えて家賃もかかりますが、家賃の割合は非常に大きいのでできるだけ家賃を抑えることは大切です。

また、生活費を抑えるためには月々の予算を設定して家計簿を付けることが重要です。

生活費の中では食費が占める割合が大きいですが、食費は1番節約しやすい費用でもあるので、自炊や作り置きなど工夫をしましょう。

お金がないから安い物件を借りたいけど最低限見るべきポイントってある?

お金がないからとりあえず安い物件を借りたいけど、家賃以外にも最低限見ておくべきことが何か気になりますよね。

安い物件を選ぶことは重要ですが、家賃のみで物件を決めてしまうと後悔することも多いので気を付けましょう。

家賃以外に見ておくべきポイントについては以下のものがあります。

  • 立地
  • 昼と夜の周辺環境
  • 設備や防音性

駅から遠い場合や少し不便な場所にある物件は安くなりがちですが、生活を考えて本当に問題ないか考えることが必要です。

毎日駅に行く場合、最寄り駅が遠すぎることや、夜だと真っ暗で人通りも少ないと、生活しにくく危険もありますよね。

家賃が安いことは大切ですが、その物件で生活してストレスがたまらないか、危なくないかを見ることも重要です。

お金がない時の引っ越しに関するまとめ

いかがでしたか?

今回紹介したお金がない時に引っ越しの費用を抑えるポイントについて簡単にまとめると以下のようになります。

  • 退去時に部屋をできる限り綺麗にしておく
  • 引っ越しは可能であれば自分で行う
  • 引っ越し業者を利用する際は安くなる方法を知っておく
  • 新居を探す際は家賃が安いところを選ぶ
  • クレジットカードの分割払いを利用する

引っ越しにかかる費用は決して安くありませんが、費用を抑える方法はたくさんあります。

方法を知っておくことで一気に節約することも可能なので、貯金がない方や急な引っ越しが決まった方もぜひ参考にしてみてください。

事前に引っ越しにかかる費用の相場を知っておくことで、費用を安くできるので調べておくようにしましょう。

また、お金を借りる場合は返済計画を細かく立てて完済することが重要ですよ。