キャッシュディスペンサーとは?CDとATMとの違いを詳しく解説

キャッシュディスペンサーとは?CDとATMとの違いを詳しく解説-アイキャッチ カードローン

「キャッシュディスペンサーってたまに聞くけど何?」
「CDとATMの違いがよく分からない…。」

銀行などの金融機関において現金を引き出したいときに「ATM」を使う方は多いですよね。

実はキャッシュコーナーにはATM以外にも、キャッシュディスペンサー(CD)と呼ばれる機械が置いてあります。

中にはATMだと思ってキャッシュディスペンサーを使っていた、という方もいるのではないでしょうか。

キャッシュディスペンサーは機能面においてATMと大きな違いがありますが、知らない方も多いですよね。

そこで今回はキャッシュディスペンサーとは何か、ATMとの違いについて詳しく解説します。

記事の後半では、キャッシュディスペンサーに関するよくある質問もまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

キャッシュディスペンサーとは?

キャッシング-女性のはてな6

キャッシュディスペンサーとは、現金自動支払機ともいい、CDと表記されることが多いです。

使い方としてはカードを差し込み、暗証番号を入力して現金を引き出します。

そのため使い方はATMと基本的に同じようにカードを使った手順です。

キャッシュディスペンサーの主な機能は以下の通りです。

キャッシュディスペンサーの主な機能

  • 現金の払出し
  • 残高照会
  • カードローン
  • クレジットカードのキャッシング

キャッシュディスペンサーには上記以外の機能がないことが、ATMとの大きな違いでしょう。

キャッシュディスペンサーの機能は、基本的に現金の支払いに関わる機能のみとなっています。

ATMの主な機能については、後ほど詳しく紹介します。

また、キャッシュディスペンサーは以下の場所に設置されています。

キャッシュディスペンサーの主な設置場所

  • 金融機関(信用金庫や銀行等)
  • 労働組合
  • 消費者金融

上記以外にも最近では、コンビニやショッピングモールでも見かけることがありますね。

ATMとは?

キャッシング-女性のはてな5

キャッシュディスペンサーとよく間違われるものとして、ATMがあります。

ほとんどの方は、キャッシュディスペンサーよりもATMの方が馴染み深いのではないでしょうか。

ATMとは、現金自動預け払い機ともいい、「Automated Teller Machine」の略です。

ATMの主な機能は以下の通りです。

ATMの主な機能

  • 預貯金口座への預け入れ
  • 現金の引き出し
  • 残高照会・取引明細
  • 通帳記入・繰越
  • 貸付金の返済
  • 振替・振込
  • 相場の情報

上記が主な機能ですが、他にもキャッシュカードの暗証番号の変更なども可能です。

キャッシュディスペンサーと比べると、より多くの便利な機能があることが分かりますね。

そのためATMだけでできることは多く、金融機関に関する作業全般行えます。

銀行の窓口と同じような手続きが可能で、銀行の営業時間外にも利用できるため、非常に便利ですね。

ATMもキャッシュディスペンサーと同じような場所に設置されていて、利用している方が多いでしょう。

キャッシュディスペンサーとATMは何が違うの?

キャッシング-女性のはてな2

キャッシュディスペンサーとATMの主な違いは、機能面についてです。

上記で紹介した通り、キャッシュディスペンサーは現金の支払いに関する業務に制限されていますが、ATMでは金融全般の業務が可能です。

そのため、用途が大きく異なりますね。

また、ATMであれば機会の上にATMと記載されているか確認すると分かりやすいです。

他にも機会を操作する場所にどのようなものが設置されているか見てみましょう。

キャッシュディスペンサーは、基本的にシンプルな作りですが、ATMは機能が多いことから、あらゆる手続きに必要なものが作られています。

キャッシュディスペンサーとATMでは機能面や用途で大きく異なりますが、ATMと呼ばれることも多いです。

コンビニに設置されている機会はATMと言われがちですが、キャッシュディスペンサーの場合もありますよ。

キャッシュディスペンサーとATMはどっちを使えば良いの?

キャッシュディスペンサーとATMに共通している主な機能は以下の通りです。

共通している主な機能

  • 現金の引き出し
  • 残高照会

そのため、上記の機能を利用したい方はどちらでも使えます。

しかしATMでしかできない機能は多いので、こだわらない方は基本的にATMの利用がおすすめです。

ATMであれば、ついでにあれもしたい、これもしたい、となった際に対応できるので、便利ですね。

最近では多くの機能を備えた機械が増えていることから、キャッシュディスペンサーに分類される機会は減少傾向にあります。

キャッシュディスペンサーは、見た目や操作がシンプルなので、用途が決まっている方はぜひ利用しましょう。

キャッシュディスペンサーやATMの営業時間や手数料って?

キャッシュディスペンサーやATMの営業時間や手数料は、銀行によって大きく異なります。

そのため一概には言えませんが9時から17時までの間は、平日や土日祝日を含めて、営業している場合が多いです。

また、基本的に平日よりも土日や祝日だと営業時間が短くなるので、事前に確認しておきましょう。

取引にかかる手数料についても、利用する時間帯によって異なります。

平日は無料で土日祝日は手数料がかかる、という場合も多いでしょう。

余計なコストをかけずに利用するためには、事前に手数料が無料の時間を調べておくことが重要ですよ。

銀行によっては24時間利用できるものがあるので、深夜に利用したい方も安心ですね。

キャッシュディスペンサーに関するよくある質問

キャッシング-女性のはてな4

ここでは、キャッシュディスペンサーに関するよくある質問について、以下の2つを紹介します。

キャッシュディスペンサーに関するよくある質問

  • 通帳に記載されているCDテスウリョウってなに?
  • CDネットっていう表記をよく見かけるけどどういう意味?

通帳に記載されているCDテスウリョウってなに?

CDテスウリョウとは、他行のATMやコンビニのATMで取引した場合や、時間外の手数料がかかる取引をした際に表記されます。

CDとは「Cash Dispenser」の略で、名前の通り取引にかかった手数料を指します。

CD手数料は、銀行が設定している手数料なので、110円や220円程度の表記が多いでしょう。

あまりにも高いと感じる場合は、他行での時間外取引が多いことが考えられます。

CD手数料は節約できる部分なので、できるかぎり手数料がかからない時間に利用することがおすすめですよ。

CD手数料について、日付が分かるのであれば家計簿をつけることも良いでしょう。

CDネットっていう表記をよく見かけるけどどういう意味?

CDネットとは、自分の口座を持つ銀行以外のATMなどからお金を引き出した場合に記載される略号です。

そのため、他行のATMやコンビニのATMなどで出金した場合に記載されます。

CDはキャッシュディスペンサーの略で、記載をしないためには、自分の口座を持つ銀行の窓口での出金が必要です。

ちなみに、ADという記載は「Automatic Depository」の略で現金自動預金機を指します。

ADはCDとは反対に、お金を預け入れた際に出る表記となります。

キャッシュディスペンサーとATMの違いは機能面にある!

キャッシング-指を立てるスーツ姿の女性

キャッシュディスペンサーとATMの大きな違いは機能面や用途です。

キャッシュディスペンサーは現金の引き出しのみの機能が一般的ですが、ATMであれば銀行窓口と同様の業務が行えます。

そのため用途によって使い分けるようにしましょう。

どちらも便利な機械ですが、どっちを使うか悩むという方には機能が多いATMがおすすめですよ。