千葉銀行「ちばぎんカードローン」の在籍確認は必ずあるのか?いつ在籍確認される?

千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローンを使うには、在籍確認を受けなければなりません。

在籍確認ができないまま審査を終える方法はありません。

絶対に在籍確認を完了させ、信用できると千葉銀行に伝えなければなりません。

なぜ在籍確認を行うのか、そして在籍確認の手順はどのように進むのか、ここでは千葉銀行カードローンの在籍確認について説明します。

千葉銀行カードローンは確実に在籍確認がある

千葉銀行カードローンでは、在籍確認で信用を得なければカードローンを使えません。

カードローン審査を通過するには、在籍確認をクリアしなければならないのです。

一部の会社が採用している、在籍確認をしないで契約する方法は千葉銀行で採用していません。

絶対に在籍確認は実施されるので、確認に対応できるようにしましょう。

千葉銀行カードローンが在籍確認を行う理由

千葉銀行カードローンが在籍確認を行う理由は以下の通りです。

  • 申込内容に虚偽がないと確認するため
  • 安定した収入を得ている証拠を得るため
  • 第三者の回答で信用を確認するため

以上の理由により、在籍確認は絶対に行われます。

在籍確認なしで契約すると、信用を得られないという大きな問題があるので、基本的には在籍確認で信用できる情報を得ているのです。

ここからは在籍確認を行う理由について詳しく解説します。

申込内容に虚偽がないと確認するため

千葉銀行カードローンを利用するには、虚偽の記載がなく、信用できるという条件が必要です。

申込内容に虚偽の記載があれば、その時点で千葉銀行カードローンの審査に落とされてしまいます。

しかし、確認作業をしないで審査を進めていると、虚偽の記載をしているかわからないまま、審査が終わってしまいます。

そこで千葉銀行カードローンは、確実に信用度が得られる在籍確認を実施して、虚偽の記載がないと確認しているのです。

会社に関連している情報に虚偽の記載があれば、いつでも審査に落とせるというわけです。

電話を入れるだけで簡単に虚偽の記載を見抜けるという部分でも、在籍確認は重宝されているのです。

在籍確認なしのカードローンはあるのか?誰にもバレずに借りる方法
カードローンを利用することを誰にも知られたくない! カードローンに申し込みをする人は誰でもそう考えるでしょう。 誰にもバレずにカードローンを利用するための最大の障壁が「在籍確認」だともいえますが、在籍確認なしで済ませられるカードロー...

安定した収入を得ている証拠を得るため

会社で本当に仕事をしているなら、仕事で安定した収入を確保できていると判断されます。

つまり安定した収入を得られる人であれば、審査を通過して千葉銀行カードローンを利用させてもいいと考えられるのです。

安定した収入を得ている証拠を得るためにも、在籍確認はとても重要です。

在籍していなければ収入面も嘘だとわかり、審査で落としてしまえばいいと簡単に考えられるでしょう。

こうした審査基準をしっかり満たせるという部分でも、千葉銀行カードローンは在籍確認を実施しています。

第三者の回答で信用を確認するため

千葉銀行カードローンの在籍確認は、本人が電話に出るわけではありません。

場合によっては他人が出るケースがあるでしょう。

電話に出ている人に聞けば、本人が嘘をついているかどうかが簡単にわかります。

申込内容に嘘がなければ、会社に在籍していると簡単に聞き出せるでしょう。

第三者が回答してくれる在籍確認では、確実に信用があると判断できるのです。

千葉銀行カードローンの在籍確認手順

千葉銀行カードローンの在籍確認には手順があります。

この手順をしっかり覚えておけば、問題なく在籍確認ができるでしょう。

ここからは千葉銀行カードローンの在籍確認について説明します。

会社に電話を入れる

まずは会社に電話を入れます。

電話番号は申込内容に書かれている番号を採用しています。

つまり申込内容の番号が間違っていると、在籍確認の電話ができません。

申込みの電話番号は間違えないように気を付けてください。

本人が在籍しているか確認

電話に出ている人に対し、個人名義で話を切り出します。

千葉銀行という名称を使ってしまうと、カードローンの契約だと気づかれる恐れがあるため、千葉銀行は絶対に銀行名を出しません。

そして、本人が在籍しているか確認します。

本人が在籍しているという証拠が欲しいので、いきなり申込者の名前を切り出すのです。

この問いかけに対して、電話に出ている人がどのような対応をするか銀行側は待っています。

在籍している場合は電話を切る

電話に出ている人が、在籍していると説明した時点で、在籍確認は終了です。

これ以上の電話は意味がないので、すぐに電話を切ります。

電話を変わると言われた場合でも、最終的には電話を切ります。

ただ、電話を変わらなくてもいいのに、電話を変わるように伝える会社もあります。

会社側から電話を変わるように言われた場合は、やむを得ず電話に出てすぐに電話を切るようにしましょう。

不在の場合は在籍していると確認できれば電話を切る

本人が不在の場合は、在籍している証拠があれば電話を切ります。

在籍していないと言われた場合は、審査に落としたほうがいいと判断して連絡を切ります。

会社にいない情報は、電話の内容を聞けば簡単にわかってしまうのです。

電話に出ない場合は別日に連絡

電話をかけても出られない場合は、電話に出られる時間帯を見つけるため別日に連絡を入れます。

数日間が経過しても電話に出られない場合、在籍確認ができないという理由だけで審査に落とされます。

確実に電話による確認ができるよう調整しておきましょう。

千葉銀行カードローンの在籍確認ができない場合

1週間程度電話を入れても在籍確認ができない場合、千葉銀行カードローンの審査に落とされてしまいます。

どうしても審査を通過したいなら、1週間以内に在籍確認ができるように電話時間を調整しておきましょう。

電話の時間を調整しておけば、千葉銀行カードローンの確認ができない問題が解消されます。

千葉銀行側も、在籍確認ができない旨を伝えて、電話ができる時間帯を連絡するケースがあります。

この電話が入ったときは、速やかに電話のできる時間帯を伝えておけば問題ないでしょう。

千葉銀行カードローンは在籍確認を免除する方法がない

一部の消費者金融では、在籍確認の代わりに社員証などを提示すれば、在籍確認の代わりにできるという制度があります。

もちろんすべての会社が採用しているわけではないので、審査を受ける会社によっては在籍確認の電話が入ります。

しかし千葉銀行では、カードローンの在籍確認をしないで審査を完了させる方法は用意されていません。

社員証を提示すれば審査を完了できるという考えは持たないようにしてください。

確実に在籍確認が入るので、在籍確認のためにしっかり準備をしておきましょう。

同時に、在籍確認が1回で完了するように千葉銀行側と調整しておくと安心できます。

2回目以降の電話をかけられないよう、本人確認の電話の際に在籍確認の時間について調整してください。

千葉銀行カードローンの在籍確認はしっかり行おう

千葉銀行カードローンの在籍確認は免除できない項目であり、申込者全員に採用される確認作業です。

この確認作業がしっかりとできれば、千葉銀行カードローンの審査は完了し、カードが発行されるのです。

しかし在籍確認ができない場合、審査に落とされてしまいます。

電話に出られない回数が多かったり、1週間以上確認できないという問題が起こらないようにしましょう。

千葉銀行カードローンの在籍確認を速やかに終わらせるため、できる限り電話のできる時間帯をしっかり伝えるように心がけてください。