千葉銀行「ちばぎんカードローン」の賢い返済方法の紹介!一括返済のすすめ

千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローンでは、返済方法がとても重要です。

返済方法を自分が使いやすいものにしておかないと、返済がスムーズに進められないかもしれません。

また、返済期間が長くなってしまい、完済までに多くの時間を要する可能性があります。

確実に返済できる環境を作るためにも、千葉銀行カードローンの返済方法を知っておきましょう。

ここでは千葉銀行カードローンの返済方法について説明します。

千葉銀行カードローンの返済方法とは

千葉銀行カードローンの返済方法は、以下の2つが用意されています。

  • 口座引き落とし
  • ATM返済

この2つから選べますが、返済方法により注意しなければならない部分があります。

口座引き落としは約定返済として扱われますが、ATM返済では約定返済にはならないのです。

つまり毎月の返済を進めるには、口座引き落としを使わなければなりません。

ATM返済でいつでも返済したいと考えるかもしれませんが、毎月1回の口座引き落としは絶対に取り入れてください。

約定返済をしなかった場合、遅延損害金を取られてしまいます。

千葉銀行カードローンの返済金額は?

千葉銀行カードローンでは、毎月の最低返済額が決められています。

約定返済時に必要な最低金額は以下の通りです。

10万円以下 2000円
10万円超20万円以下 4000円
20万円超30万円以下 6000円
30万円超40万円以下 8000円
40万円超50万円以下 10000円
50万円超100万円以下 20000円
100万円超200万円以下 30000円
200万円超300万円以下 40000円
300万円超400万円以下 50000円
400万円超500万円以下 60000円
500万円超600万円以下 70000円
600万円超700万円以下 80000円
700万円超 90000円

以上の返済額が設定されています。

10万円以下の借入であれば2,000円で返済は進みますが、借入残高が増えるとどんどん返済額が増えてしまいます。

特に借入額が100万円を超えると、最低でも30,000円の返済が必要です。

返済額は他社のカードローンに比べるとやや多い傾向があるため、返済時には気を付けたほうがいいでしょう。

千葉銀行カードローンを上手に返済する方法

ここからは千葉銀行カードローンを上手に返済していく方法を紹介します。

紹介した方法を使えば、返済をより簡単に進められるでしょう。

随時返済を併用して返済する

毎月の口座引き落としは絶対に必要で、約定返済として扱われます。

しかし約定返済以外でも返済ができる随時返済を千葉銀行カードローンは採用しています。

繰上返済とも呼ばれるこの方法は、毎月自分が任意で決めた金額をATMで返済するものです。

ATM返済を併用すると、毎月の支払額を大幅に増やせます。

返済額を増やせば利息の増加を防げるほか、借入残高も大幅に減らせるので返済もスムーズに進みます。

余裕があれば随時返済を併用して早く返済を完了させるといいでしょう。

毎月の約定返済を増やそう

毎月の約定返済を最低額に設定しても、残高がなかなか減らないので返済に苦労します。

そこで毎月の返済額をかなり多めに取り、できる限り多くの返済を実施します。

随時返済を採用しない場合は、できる限り毎月の約定返済額を増やしておきましょう。

2,000円とされている最低返済額であれば、その3倍近い6,000円くらいは返済したほうがいいでしょう。

こうして返済額を増やして残高を減らすと、元本が減少して利息を大幅に抑えられるメリットがあります。

毎月1回の返済だけでも利息を抑える方法があるので、返済額を多めにとって有効に返済を勧めておきましょう。

返済が遅れるとどのような問題が起きる?

もし千葉銀行カードローンの返済が遅れてしまった場合は、多くの問題が降りかかってしまいます。

千葉銀行カードローンの返済が更に進められなくなるほか、自分の信用も著しく失ってしまいます。

これから他社の借入等を考えている方にとっても厳しい状況が生まれるので気を付けましょう。

千葉銀行カードローンの返済が遅れた場合のリスクについてここからは説明します。

千葉銀行カードローンの遅延損害金が発生する

千葉銀行カードローンは遅延損害金が設定されているカードローンです。

遅延損害金は金利が年19.8%に増加します。

これはどのような金利が設定されていたとしても、強制的に遅延損害金の金利に置き換えられてしまうのです。

つまり返済額が大幅に増えてしまいます。

これまでよりも多くの利息を支払うこととなり、返済できない期間が長ければ長いほど、利息を多く取られてしまいます。

返済に大きな影響が出るので、遅延損害金を取られないようにしっかり返済を進めましょう。

千葉銀行から督促の電話がかかってくる

千葉銀行カードローンの返済ができないと、督促の電話がかかってきます。

督促の電話は返済ができるまで延々と続きます。

電話に出なかった場合、自宅や職場にも連絡を入れる可能性があります。

他の人に千葉銀行カードローンを使っていて、しかも返済していない情報がバレてしまいます。

お金の問題で会社からも厳しい扱いを受けるため、返済はしっかり進めておかなければなりません。

信用情報に傷がつく

千葉銀行カードローンで起きた問題は信用情報に記述されます。

信用情報にはあらゆるカードローンの利用状況、そして問題が記入され、カードローン審査等で確認されます。

千葉銀行カードローンで返済が遅れてしまうと、信用情報に返済遅延があったと記述されてしまいます。

この情報を見られると、他社のカードローン審査だけでなく、クレジットカード審査にも悪い影響が起きてしまいます。

様々な審査に悪い影響が出るため、千葉銀行カードローンの返済が遅れないように気を付けておきましょう。

契約期間までに返済できず一括返済を求められる

仮に返済をしっかり進めていても、最低返済額しか返していない場合、契約期間までに返済できない可能性があります。

契約期間内に返済ができない場合、最後の1回で全額を返済しなければなりません。

いきなり大きな返済を求められてしまうため、非常に辛い思いをするでしょう。

この1回で返済できないと遅延扱いとなり、結局信用情報が悪くなり、返済額も増えてしまいます。

毎月の返済額はある程度増やしたほうが将来的には安心なのです。

千葉銀行カードローンの返済に困ったら借り換えを

返済が遅れてしまったり、なかなか返済できずに苦労していたりするなら借り換えを検討してください。

他社のカードローンと契約し、千葉銀行カードローンの債務をすべて移動させてしまうのです。

特に返済期間ギリギリの状態で、後数ヶ月で契約が終わってしまうなら、早々に借り換えを考えたほうがいいでしょう。

借り換えるカードローンとしては、千葉銀行カードローンよりも低金利でなおかつ契約期間の長い会社を選んだほうがいいでしょう。

契約期間が短い会社を選ぶと、返済できずにまた借り換えをしなければなりません。

なるべく長く契約できる会社がおすすめです。

余裕のある時は千葉銀行カードローンを多く返済しよう

お金に余裕のあるタイミングで千葉銀行カードローンをしっかり返済しておけば、返済の問題は起こらなくなります。

より多くの返済を進めてしまえば、返済が遅れて借り換えのカードローンと契約する問題も避けられるでしょう。

特に随時返済をして多く返済する、一括返済を希望して大半の返済を完了させてしまう方法はかなり有効です。

千葉銀行カードローンの返済が多くできる余裕があるなら、積極的に返済を進めたほうが安心できるのです。

千葉銀行カードローンは返済方法と金額が大事

千葉銀行カードローンは返済方法をしっかり守ること、そして返済額をなるべく増やして返済するように心がけてください。

返済額が足りないと、千葉銀行カードローンの契約期間に返済が終わらない可能性もあります。

また、返済遅延だけは絶対に起こさないでください。

返済が遅れてしまうと、大きなリスクを背負うこととなります。

毎月の返済はしっかり行い、余裕のある時には多くの返済を進めて安心感を得ておくといいでしょう。