常陽銀行カードローンの返済方法は?返済日や返済額についても解説

常陽銀行豆知識

常陽銀行カードローンの返済方法は、他の銀行よりも若干多く準備されています。

色々な返済方法から選べるのはかなりいいところですし、安心して返済できる部分にもつながっているでしょう。

できる限り返済しやすい方法を採用して、常陽銀行カードローンで借りたお金を返しておきましょう。

ここでは常陽銀行カードローンの返済方法について説明します。

常陽銀行カードローンの返済方法

常陽銀行カードローンの返済方法として用意されているのは以下の通りです。

  • 常陽銀行ATM返済
  • 常陽銀行への振込
  • コンビニATM返済
  • 口座引き落とし

以上の方法を採用しています。

口座引き落とし以外に何も採用していない銀行があると考えると、それなりに返済方法が多く準備されているのはいいところでしょう。

ここからは返済方法の詳細を説明します。

常陽銀行ATM返済

常陽銀行が持っているATMから返済する方法です。

ATMは常陽銀行が設置されている地域に多く置かれているほか、関東の都県に配置されています。

ATMを見つければ、その場所から返済金額を入れてお金を返せます。

返済額は最低返済額以上を返しておけば問題はないので、まずは最低返済額以上の返済をしておくように心がけください。

常陽銀行のATMであれば、手数料無料で返済できる利点もあるので、返済時の手数料で困る問題も避けられるでしょう。

常陽銀行への振込

常陽銀行が持っている指定口座に振り込みます。

指定されている口座に振り込むと、自動的に返済としてみなされます。

返済額を自分で決められる点が魅力的ですし、振込だけで支払いが完了するのは簡単な方法でしょう。

しかし、口座引き落としと違い、返済を自分で実施しなければならない問題があり、返済を忘れてしまう問題もあります。

返済日を忘れないようにする対策をしっかり整えてから、毎月の返済額を決めるようにしましょう。

なお、一部銀行以外では振込手数料を取られてしまいます。

手数料を支払いたくない人は他の方法を利用してください。

コンビニATM返済

大手のコンビニと提携している常陽銀行は、コンビニATMから常陽銀行カードローンの返済が可能です。

返済時にはカードローンを持っていかなければなりません。

カードを持っていない場合は返済できないので注意してください。

ATMにカードを挿入すると、返済の画面が表示されます。

この返済を選択して、返済額を入金すると返済できます。

常陽銀行のATMと異なるのは、ATMが稼働している時間が比較的長いところです。

常陽銀行ATMでは難しい深夜の返済が簡単にできるのはいいところで、深夜帯でも返済したいと思っている人はコンビニを使ったほうがいいでしょう。

更に常陽銀行は提携しているコンビニATMを使っても手数料が0円なので、手数料を取られる問題も起こりません。

コンビニATMからの返済はとても便利なので、返済方法として選んでおけば簡単かつ安心してお金を返せるでしょう。

口座引き落とし

口座引き落としも採用しています。

約定日に返済が自動的に行われるので、返済が面倒な人にお勧めです。

この方法は返済額をあらかじめ設定しておきます。

返済額が小さすぎると元本がなかなか返せないので、ある程度高い返済額を設定しておきましょう。

この方法のデメリットとして、最後の1回だけ返済までに時間がかかり、余計に利息が発生する問題もあります。

利息を少しでも減らしたいなら、他の方法を併用するといいでしょう。

常陽銀行カードローンの返済日は?

常陽銀行カードローンの返済日は、初回の借入日から35日以内に設定されます。

つまり35日以内に返済しておけば問題は起こらないのです。

2回目以降は返済日から35日以内に返済しなければなりません。

35日以内というのは、一般的なカードローンと少し異なります。

他社のカードローンは30日に設定されているので、毎月の返済日は結構短くなっています。

しかし常陽銀行カードローンは、35日間という余裕を持った返済日を採用しているため、返済しやすいと感じる部分もあるでしょう。

ただ、返済日を固定できないと、毎月の支払いをしているか不安に感じてしまいます。

できれば返済日を固定して、毎月同じ日に返済してください。

毎月の返済日を固定するのは、返済を安心して行うには重要なポイントです。

毎月同じ日に返済するには?

毎月同じ日に返済する方法として、口座引き落としを利用します。

6日以外なら返済日を指定できるというメリットがあるため、自分がいいと思っている返済日を指定しておけばいいのです。

毎月同じ日に約定返済が実施されれば、返済を忘れてしまう問題がありません。

できる限り口座引き落としは有効に使い、返済を安定させておきましょう。

常陽銀行カードローンの最低返済額は?

常陽銀行カードローンは最低返済額が決められています。

毎月の最低返済額を守らなかった場合、約定返済として認められない場合もあります。

毎月の返済額はしっかり守っておきましょう。

現在常陽銀行カードローンが採用している最低返済額は以下の通りです。

残高 限度額100万円以上 限度額100万円以下
10万円以下 2,000円 3,000円
10万円超20万円以下 4,000円 6,000円
20万円超30万円以下 6,000円 9,000円
30万円超 借入額10万円増加ごとに最低返済額が2,000円増加 借入額10万円増加ごとに最低返済額が3,000円増加

以上の返済額が指定されています。

30万円超の説明が少しわかりづらいかもしれませんが、30万円の借入では限度額100万円以上なら8,000円、100万円未満だと12,000円が返済額に指定されます。

それ以上は借入額が10万円増えるごとに最低返済額が加算されていきます。

つまり300万円を借りた場合、最低返済額は8万円に設定されます。

この金額は限度額に対しては少し多いように感じるかもしれません。

更に限度額が100万円以下だと、返済額がかなり増えてしまうので、大きな金額を返さなければなりません。

できる限り限度額は多く確保して、毎月の返済額を抑えられるようにしましょう。

ただ、最低返済額で返していると返済が終わらない可能性も十分にあります。

より早く返済を終わらせたいなら、返済額をなるべく多くしたほうが安心できるでしょう。

常陽銀行カードローンの返済をしっかり続けるなら?

常陽銀行カードローンの返済をしっかり続けて、しかも早く返す方法を取れば返済はすぐに終わるでしょう。

ここからは毎月の返済を楽にする方法を紹介します。

常陽銀行カードローンをすぐに返したいと考えているなら、返済のコツを踏まえて返済額や返済方法を考えていくといいでしょう。

毎月の返済額をしっかり確保する

常陽銀行カードローンの最低返済額は、他の銀行よりも高く設定されています。

それでも最低返済額以上の返済をしておかないと、常陽銀行カードローンの返済が延々と続いてしまいます。

返済が延々と続くようになると、当然ですが利息の支払いも増えてしまいます。

少しでも利息を抑えたいと考えているなら、まずは常陽銀行カードローンの最低返済額以上にお金を返しておきましょう。

どれだけ残高が低くても最低1万円程度の返済は毎月実施したほうがいいでしょう。

できれば2万円ほど返済に回して、残高を一気に減らしてしまいましょう。

借入額が多い場合は、最低返済額の2倍以上を返しておけば元本を大きく減らせます。

なるべく元本を多く減らすように努力してください。

毎月の返済額を安定させる

毎月の返済額が変わってしまうと、元本が減らない月が生まれてしまいます。

元本が減らない月が生まれ続けると、かなり厳しい状況に陥ってしまうでしょう。

そこで毎月の返済額を安定させるのです。

同じ返済額で延々と返済を続けるような状況を作り、返済額が不安定になる状況を避けておくのです。

返済額を安定させるためには、毎月の収入から支払いに充ててもいい金額をある程度決めておくといいでしょう。

同じ金額で支払いを続けていれば、収入が減ったときに返済ができない問題を避けられるのです。

全額返済できる時は全額返済を希望する

常陽銀行カードローンでは、全額返済を希望している人に、全額返済ができる方法も紹介しています。

ただ、全額返済は電話を入れなければ実施できません。

また、全額返済といってもかなり高額な返済になると、ATM返済等では返済しきれない可能性があります。

そこで最初のうちは普通に返済して、全額返済ができる金額まで返してしまいます。

ある程度返済が完了した後は、全額返済の電話を入れて一気に返します。

全額返済が完了すれば、これ以上の返済はありません。

カードローンの完済実績も追加され、更なる信用度も得られるのです。

常陽銀行カードローンで返済できない時の対処法

常陽銀行カードローンの返済が遅れる時は、キャッシュピット受付センターへ連絡してください。

電話では返済が遅れる可能性があると伝えてください。

遅延する原因次第では少しだけ待ってくれる場合があります。

ただ遅延損害金は発生するので、遅延損害金も一緒に返さなければなりません。

当然のことですが、返済できない問題は起こさないようにしてください。

また、返済できない理由が不適切だと、常陽銀行カードローンの対応が著しく悪くなってしまいます。

電話等の督促もかなり増えるので、しっかりと返済できない理由と返済予定日を告げておきましょう。

常陽銀行カードローンの返済をしっかり続けよう

常陽銀行カードローンは、返済遅延を起こさないことが大事です。

どれだけ多くの借入をしても、毎月の返済がしっかりできていないのではかなり厳しい状況に追い込まれてしまいます。

できる限りしっかりと返済していくためにも、まずは毎月の返済額を安定させるようにしましょう。

次に常陽銀行カードローンの返済日を固定して、毎月同じ日程に返済できるようにしておくのです。

返済のコツさえしっかりと考えておけば、常陽銀行カードローンで返済遅延の問題は起こりづらいのです。