J.Score(ジェイスコア)退会方法と退会前に知っておくべき注意点

J.Score(ジェイスコア)を使わないのであれば、退会して契約を解除したほうがいいでしょう。

そのまま残しておくと、J.Score(ジェイスコア)と契約しているだけで債務者扱いを受け、他の審査に影響してしまいます。

審査に影響を及ぼしたくないと思っている人、これ以上J.Score(ジェイスコア)を使う気持ちがない人は解約しておきましょう。

ここではJ.Score(ジェイスコア)の退会について説明します。

J.Score(ジェイスコア)を使わないなら退会したほうがいい

J.Score(ジェイスコア)は退会すると契約が解除され、お金を借りられなくなります。

J.Score(ジェイスコア)を利用しないなら退会したほうがいいでしょう。

その理由は退会しないと債務者として見られ、他の審査に影響するからです。

債務者扱いとなれば、信用性が失われてしまい、返済されないというイメージを持たれてしまいます。

これ以上J.Score(ジェイスコア)を使わないと判断した段階で退会したほうがいいでしょう。

退会によって契約を切っておけば、問題なく他の審査を通過できるのです。

J.Score(ジェイスコア)の退会に必要な手順

J.Score(ジェイスコア)を退会するには、必要な手続きを取らなければなりません。

手続きを間違えてしまうと退会できないどころか、債務がまだ残された状態で契約が残ってしまいます。

手順を間違えないように退会手続きを済ませましょう。

ここからはJ.Score(ジェイスコア)の退会手続きについて説明します。

J.Score(ジェイスコア)のフリーダイヤルに連絡する

J.Score(ジェイスコア)が持っているフリーダイヤルに連絡します。

連絡するとどのような用件で電話をしてきたのか聞かれます。

ここで退会したいという思いを告げてください。

電話によって退会したい旨を聞いたJ.Score(ジェイスコア)側は、退会に必要な手続きを説明します。

ここで残されている借入残高が存在しているか確認します。

借入残高が残っている場合は、完済してもう1度連絡するように求められます。

残っている借金があるなら、電話が終わってからすぐに返済しておきましょう。

なお、この時点で残高が残っていない場合は、電話が終わればJ.Score(ジェイスコア)から退会となり、契約は解除されます。

借入残高を返済する

残されている借入残高をすべて返済します。

残されている残高が無くならないと退会できません。

現時点で借りているなら、一括返済等を使ってすべて返してください。

返済が終わったらもう1度J.Score(ジェイスコア)側に連絡を入れましょう。

なお、完済までに時間がかかるようなら、退会にもかなり時間がかかってしまいます。

その場合は電話をするタイミングを完済直前まで遅らせ、確実に完済できるようになってから退会手続きをしましょう。

完済後に再びJ.Score(ジェイスコア)へ連絡する

完済後にJ.Score(ジェイスコア)へ連絡して、退会したと告げましょう。

残されている債務がなくなっているので、退会が成立して契約が終わります。

退会後はJ.Score(ジェイスコア)から借りられなくなるので、新しい借入先を作っておきましょう。

J.Score(ジェイスコア)の退会前に説得される場合がある

J.Score(ジェイスコア)へ退会の電話を入れると説得されてしまいます。

説得によってまだJ.Score(ジェイスコア)と契約するように言われて、なかなか退会できない場合があります。

電話の際は、絶対に解約するんだという気持ちを持ち、しっかり契約を切るようにしてください。

電話で踏みとどまるようなら解約しないほうがいいでしょう。

踏みとどまるようなら、契約を残しておいた方が安心できるケースもあるからです。

説得されても問題なく解約できると思っている人だけ電話で解約手続きをしてください。

J.Score(ジェイスコア)を退会する前に気を付けたいこと

J.Score(ジェイスコア)の退会前には気を付けておきたいポイントが多数あります。

その中でも特に気を付けたいポイントは以下の通りです。

  • 再審査を受けるのはかなり面倒
  • 一括返済が必要で返済のリスクが高い
  • お金が必要な時に借りられない

このような問題がJ.Score(ジェイスコア)退会後に起きてしまうため、退会前にしっかりと考えておきましょう。

気を付けたいポイントについてここからは詳しく解説します。

再審査を受けるのはかなり面倒

J.Score(ジェイスコア)を退会した後、もう1度J.Score(ジェイスコア)から借りるなら再審査を受けなければなりません。

普通の消費者金融であれば、もう1度申込みをすればいいだけなので、負担はそこまで大きくありません。

しかしJ.Score(ジェイスコア)の場合、もう1度スコアを貯めて審査を受けなければなりません。

つまり面倒な質問への回答が発生し、長期間審査を受けられない場合が多いのです。

最新さが面倒だと感じているなら、J.Score(ジェイスコア)への退会は控えたほうがいいでしょう。

契約を残しておけば、いつでも借りられるメリットは大きいのです。

一括返済が必要で返済のリスクが高い

J.Score(ジェイスコア)の退会には債務を一括で返さなければなりません。

残されている債務が少ない場合は影響が少なく、ほぼ完済できるでしょう。

問題は残されている債務が大きな場合です。

残されている残高が多いと、一括返済のリスクが高くなってしまい、返済できない可能性もあります。

一括返済ができないほどの金額であれば、まずはリボ払いでしっかり返済し、J.Score(ジェイスコア)で一括返済ができるまで待ってください。

一括返済のために他社借入だけは絶対に避けてください。

借り換えという方法ではありますが、J.Score(ジェイスコア)よりも金利が低い会社はほとんどありません。

返済額が将来的に増えてしまうため、損をするくらいならJ.Score(ジェイスコア)で一括返済できるように心がけておくのです。

お金が必要な時に借りられない

一番の問題はお金が必要な時な借りられない点です。

J.Score(ジェイスコア)との契約を切ると、お金が必要な時でも借りられる会社がありません。

多重債務状態で借りられる会社があるなら別ですが、J.Score(ジェイスコア)を使っている人の多くは他に借りている会社がありません。

つまりお金を借りたいと思ってもすぐに借りられる方法がなく、お金が欲しい時に困ってしまいます。

一応消費者金融を使えば、即日融資が可能な場合もあります。

しかし即日融資ができる条件が厳しい会社もあるため、いつでも即日融資が期待できるわけではありません。

しかも審査に落とされる可能性があるため、確実に借りられるわけではないのです。

どうしてもお金を借りられる会社が欲しいなら、J.Score(ジェイスコア)との契約を切らないほうがいいでしょう。

J.Score(ジェイスコア)の退会前にはしっかり考えよう

J.Score(ジェイスコア)の退会によって、新しい会社の審査を通過できる可能性があります。

しかしJ.Score(ジェイスコア)から借りられなくなると、これまで安心して借りられた状況がなくなります。

場合によってはより高い金利の会社と契約して、返済額が増える可能性もあります。

退会前には慎重に考え、J.Score(ジェイスコア)を使ったほうがいいなら契約を切らないほうがいいでしょう。