auじぶん銀行カードローンの増額審査は厳しめ。他社カードローン新規申請がおすすめ

じぶん銀行豆知識

多くの場合、カードローン申請時設定される借り入れ限度額は年収の10%ほどです。

カードローンを提供する消費者金融や銀行の方針によっては最初は10万円からと決めているところもあります。

それ以上の借り入れを望む場合、「増額申請」という契約している会社に借り入れ限度額を上げて欲しい旨を申請しなくてはなりません。

auじぶん銀行カードローンでも上記の流れは変わりません。

利用中に「限度額いっぱい借りてしまったけど、もっと借りたい…」と思った方は、現在の限度額を増額する必要があります。

しかし、じぶん銀行カードローン・すべてのカードローンに限らず「増額したい」と言った利用者すべての限度額を上げてくれるわけではありません。

カードローン利用開始時より厳しい審査を受けて、じぶん銀行に「返済能力がある」と認めてもらう必要があります。

じぶん銀行カードローンの限度額増額基準について、詳しく調べてみましょう。

増額審査はカードローン開始時の審査より厳しい

汗をかく男性

増額審査はカードローン開始時の審査よりも基本的に厳しいです。

というのも増額はカードローンを提供する会社にとってそこまでメリットがないからです。

増額することは、単純に融資額が増えるので貸し倒れリスクの上昇や上限金利もしくはカードローン毎の設定次第では限度額の上昇により金利が下がる可能性もあるからです。

限度額の上昇によって金利が下がったのに、増額分を借りてくれなければただ金利を安くしただけになってしまいますよね。

基本的な属性や特に利用実績も積んでいない場合は、基本的に増額申請は通らないことは理解しておきましょう。

じぶん銀行カードローンの限度額増額申請の流れ

増額申請が基本的には厳しい審査になることはわかっていただけたと思います。

じぶん銀行カードローンの限度額を今よりもっと増額したいと思った時どうすればいいのか。

じぶん銀行カードローンの増額申請の方法について解説いたします。

流れは以下のようになります。

  1. じぶん銀行ローンセンターに電話申請
  2. 増額審査を受ける
  3. 審査の通過後増額

それぞれの段階について説明していきます。

1.増額申し込みは電話から

増額申請は、じぶん銀行ローンセンターへ電話して行います。

それ以外の増額申請方法は現在のところありません。

じぶん銀行はネットバンクなので増額申請もネット上で申請できればいいのですが…。

じぶん銀行ローンセンターの電話番号は以下になります。

じぶん銀行ローンセンター(0120-926-800)
受付時間:平日9:00~20:00 土日祝9:00~17:00

電話すると音声案内が流れるので、

「その他お申込みに関するお問い合わせ」につなぐダイヤル「4」を押して、オペレーターに繋がったら「増額申請の旨」を伝えてください。

2.じぶん銀行の増額審査を受ける

増額申請をしたら指示に従って現在の属性や信用情報を改めて入力し、カードローン申請時から異なったとこを審査します。

例えば、転職していれば年収や職業、勤続年数にも変化がありますよね。

この増額審査をクリアしないことには、じぶん銀行カードローンの限度額を増額することはできません。

増額審査については、またのちほど詳しく説明します。

人によっては増額審査に時間がかかってしまうことも

じぶん銀行カードローン増額審査にかかる時間は、その人の状況によって変わってきます。

審査に通りやすい属性を持っている人なら時間をかけずその日のうちに増額審査が終わることもあるでしょうし、審査に不利な方は、数日など時間を要することも。

増額審査に通っても百万単位で増額することは少ない

増額審査に通り、じぶん銀行カードローンの限度額が増額したとしても、限度額が100万円単位で上がるということはありません。

数十万程度、年収が上がっている場合でも多くても50万円程度であることは覚悟しておきましょう。

高額限度額借り入れるに値する人なら、限度額の上げ幅にも期待できます。

しかしそれほどの人はじぶん銀行側から「限度額増額案内」が届くはずです。

増額案内のほかにも利用状況によっては減額案内が届くこともある

じぶん銀行カードローンを全然利用していない場合には、限度額を減額する旨の書類が送られてくることもあります。

逆に自分から電話しなくても限度額の増額案内が届くこともあります。

増額案内が届いた場合は、じぶん銀行側が増額にふさわしい人だと思って送ってきているので、申請さえすれば限度額の増額はほぼ間違いない認識で問題ないです。

3.審査に通過できれば限度額増額

上記の審査を受けて通過することができれば、限度額は増額になります。

流れは以上になります。

じぶん銀行の増額審査に落ちる人の特徴

通帳を見て頭を抱える男性

増額申請の流れは理解いただけたかと思います。

基本的には能動的に自分から電話するなど、動かなければなりません。

また利用頻度が高いと「増額案内」が届くこともありますが、その場合でも審査は受けることになります。

さて、限度額を上げるためにクリアするべき増額審査。

この増額審査は厳しいのか?

じぶん銀行カードローンの増額審査は、じぶん銀行カードローン利用前に受ける初期審査よりも厳しく設定されています。

既に冒頭でも簡単に解説していますが、じぶん銀行だけでなく、そもそもカードローン全体一般的に利用開始審査よりも増額審査の方が厳しいです。

じぶん銀行カードローンの増額審査に落ちる人はどのような人なのか、審査基準と共に見ていきましょう。

じぶん銀行カードローンの初期審査については、以下の記事を参考にしてください。

auじぶん銀行カードローンはauユーザーだと審査に通過しやすい!?審査基準を徹底解説
お金が無い時、急にお金が必要になってしまった時に、無保証・無担保でまとまったお金を借りることができる便利なツールのカードローン。 カードローン毎に金利や特徴などが違います。 例えばじぶん銀行カードローンは、auユーザーのみお得な...

じぶん銀行カードローンの信用(利用実績)が十分ではない

カードローンは利用開始申請時から申請者の信用度を見て、審査を通過させたり借り入れ限度額を決定しています。

そもそもなぜ利用開始においても審査をするのかと言えば、よく知らない人にお金を貸すのは不安だからです。

あなたがお金を貸す場合、知っている友人にはお金を貸せると思いますが、知らない人や知り合い程度の人にはお金は貸しませんよね。

上記のように私的なお金の貸し借りは「信頼度」で決まりますが、カードローンにおけるお金の貸し借りは「信用度」によって決定されます。

その信用度を見るのが利用開始時の審査で「この人なら安定した職だから返済に問題はなだろうな」とか「信用情報に傷もないし返済遅延もないだろうな」と判断しているのです。

じぶん銀行カードローンを一定期間使用して、定期的に借り入れと返済期日に遅れることなく返済…これを繰り返していれば「この人はしっかりと期日内に返済をしてくれる人」とじぶん銀行からの信用度が上昇します。

属性や信用情報のみの判断だけでなく、実際の行動として「返済してくれる人」という判断ができるのです。

特別属性に変化もなく、利用実績も作れてないのに「信用して増額してほしい」なんて虫が良い話はありません。

利用実績がない場合は、増額申請は不可能と考えていいでしょう。

利用開始申請時から属性に変化がない

じぶん銀行カードローンの利用実績が得られていない場合でもカードローン利用開始の審査時から属性が大きく変化していれば、増額審査に通過する可能性が高くなります。

このケースの場合は、増額審査に通過というよりも「審査の受けなおし」の認識の方があっているかと思います。

年収や職業、雇用形態などの属性が利用開始審査時よりも良くなっている場合、そもそもその属性で受けた場合の限度額に設定される可能性が高いからです。

カードローン利用開始時の属性年収200万円
雇用形態:アルバイト→審査通過 借り入れ限度額10万円

増額申請時の属性年収350万円 雇用形態:正社員
→増額審査通過 借り入れ限度額30万円に増額

一見すると増額申請に通過し、借り入れ限度額が上がったように見えますが…

カードローン利用開始時の属性年収350万円
雇用形態:正社員→審査通過
借り入れ限度額30万円

恐らく、最初から変化後の属性で申請していたとしても同じような限度額に設定されていると思います。

なので属性に大幅な変化があった場合の増額申請は、属性にあった状態に設定しなおされる認識に近く、属性が明らかに良化している場合は基本的に増額申請に通過すると考えて良いでしょう。

逆に属性に大した変化がなく、利用実績も積んでない場合は審査に通過しないと考えて間違いないです。

淡い期待も持たない方が賢明でしょう。

じぶん銀行カードローンの増額審査をクリアできる条件

じぶん銀行カードローンの増額申請に落ちる原因について解説しました。

それを踏まえれば、必然的に審査に通過できる人、通過の条件も見えてくると思います。

どんな条件を持った人が、じぶん銀行カードローンの増額審査をパスするのか。

内容をもう少し具体的にして解説していきます。

じぶん銀行カードローンの利用が6ヶ月以上

上記で「じぶん銀行カードローンの利用実績を作ること」が増額申請の審査に通過する条件であることはわかっていただけていると思います。

それでは具体的にどの程度利用頻度があれば「利用実績を作っている」と判断できるのでしょうか?

じぶん銀行カードローンの基準は公表されている訳ではないのでわかりませんが、一般的には「半年(6か月間)」の利用実績が必要と言われています。

あくまで「最低必要期間」であって、半年間利用したからと言って増額審査に通過するわけではありません。

長ければ長いほど、増額審査の通過には有利に働きます。

裏を返せばじぶん銀行カードローンを使い始めた段階では、じぶん銀行カードローンの増額審査をクリアするのが難しくなります。

できれば半年以上のじぶん銀行カードローン利用実績が欲しいです。

増額希望額を低めに設定する

増額申請をする際に、それだけの限度額増額が希望なのかを問われます。

そこで欲張って高い増額幅で希望を出すと審査に落ちやすくなります。

低めに設定すればその分通過しやすくなります。

増額に値するだけの属性の変化があれば問題ないのですが、利用実績を後ろ盾にして増額申請を行う場合はできるだけ低めに必要な分だけ申請するのが通りやすくなる秘訣です。

面倒な増額申請よりも他社から新規借入した方が手軽

財布を持った女学生

ここまでじぶん銀行の増額申請について紹介・解説してきましたが、そもそも厳しい増額申請を受ける必要はないのではないでしょうか?

auじぶん銀行の最大金利って「17.5%」で、銀行系カードローンなのに大手消費者金融と大して変わらないんですよね。

増額申請して長い付き合いをするほどの価値があるのか、正直疑問です。

増額申請後の審査結果待ちの時間も無駄だと思いませんか。

増額申請を希望するということは、できれば今すぐお金が欲しいのではないでしょうか?

急いでいないなら、この際もっと金利の低いカードローンを利用した方が良いのではないでしょうか?

そこで審査基準の厳しいじぶん銀行カードローンの増額審査を受けるよりも、じぶん銀行カードローン以外のカードローンで借り入れる方法を提案します。

急いでいるならおすすめの消費者金融カードローン

じぶん銀行は銀行系カードローンの宿命で、即日融資は不可能です。

増額融資でもやはり即日増額は基本的に不可能です。

それなら即日融資に対応している消費者金融のカードローンを利用した方が効率的ではありませんか?

以下からおすすめの消費者金融カードローンをご紹介します。

プロミス

大手消費者金融のプロミスは、即日融資に対応している消費者金融の中でも得に融資の開始スピードが早いです。

WEB上で審査から融資の開始まで完結できるのは、現在の消費者金融カードローン業界では普通です。

しかしプロミスはWEB上で審査から「キャッシングカードの発行」までを完結することができます。

プロミスはバーチャル上にキャッシングカードを発行し、個別に番号を付与することでATMで個別番号を入力し引き出すことができます。
※もちろんバーチャル上でなく、実際にカードを発行することも可能です。

よくありがちなキャッシングカードが届くまでは「指定口座に振り込み」のような借り入れ形態ではない点で、手間を考えると間違いなく最速の融資スピードになります。

また金利も「17.8%」とじぶん銀行カードローンとそこまで変わらないうえに、はじめてのキャッシング利用者に向けて「30日間の無利息期間 (※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)」のキャンペーンを用意しているので借りやすいです。

新規借入で疑似的に増額するならおススメのカードローンになります。

プロミスのバナー

アコム

疑似的な限度額増額なら希望する増額額によっては複数のカードローンに申請する必要もありますよね。

その場合、プロミスの次の候補としてお勧めしたいのがアコムになります。

プロミスのようにバーチャル上にキャッシングカードを発行することはできないので初めての借り入れは指定口座に振り込みという形にはなります。

さらに最大金利も「18%」でじぶん銀行カードローンに比べて「0.5%」ほど高いです。
※住宅ローンと違い、そこまで高い借入額ではないので気になる数字ではないかもしれませんが

しかしアコムもプロミス同様に「はじめてアコムから借り入れる場合、30日間金利無料キャンペーン」を行っています。

「はじめてのアコム♪」のキャッチフレーズはここからきているのです。

金利が無料になる関係で一定期間お得になるので、アコムもおすすめのカードローンになります。

ただし同時期に複数のカードローンに申し込むと審査に不利になるので注意が必要です。

アコムとプロミス共に即日審査ができるので、優先順位を決めて審査通過後にもう一つの審査を受けましょう。

アコム

金利の低さを重視した銀行系カードローン

即日融資は不可能ですが、増額申請を希望するということはカードローンと長く付き合っていきたいということでもありますよね。

長く付き合うなら金利は重視すべき項目だと思います。

アコムやプロミスのように金利が無料になるキャンペーンや即日融資はできませんが、銀行系の最大の特徴である「低金利」でおすすめのカードローンを紹介いたします。

塵も積もれば山となる。

数%の金利差が将来的に大きな返済額・利息額の違いになります。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、銀行系の中でもオーソドックスなカードローンを提供しています。

その金利は「14%」とじぶん銀行カードローンと比べて「3.5%」も安いです。

ただしデメリットとして融資の開始が最短でも二週間かかるという情報もあり、属性の悪さによってはさらに時間がかかる可能性もあります。

キャッシングカードが届くのが遅いのに、振込での融資にも対応していないためとにかく融資開始が遅いです。

また審査も厳しめで、そもそも審査が比較的緩いからじぶん銀行カードローンを選んでいる方にはおすすめしにくいかもしれません。

みずほ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

三菱UFJ銀行の提供するカードローン「バンクイック」は、金利こそ「14.6%」とみずほ銀行よりも高いです。

しかし銀行系の中では、審査スピード・融資開始のスピードに優れています。
※銀行系カードローンなので即日融資には対応していません。

最短翌日で融資を受けられるので、安い金利、融資の開始スピードの両方を求める場合には優秀なカードローンとなります。

三菱UFJ銀行カードローン

まとめ

じぶん銀行カードローンの増額申請について解説してきました。

じぶん銀行カードローンの限度額増額は、電話から申し込み増額審査をパスすることで可能です。

しかし問題は、増額審査が厳しいということ。

どうせ増額しても大した金額限度額があがるわけでもないので、いっそじぶん銀行カードローン以外のカードローンを新規利用申請することも考えてみてください。