三菱UFJ銀行カードローンの在籍確認を避ける方法は?会社にバレない対処法も紹介

電話を受ける女性 三菱UFJ銀行カードローン豆知識

三菱UFJ銀行カードローンの審査において「在籍確認」は、間違いなくおこなわれます。

三菱UFJ銀行カードローンの在籍確認は、勤務先へ電話によっておこなわれます。

勤務先に電話がくると職場の人にカードローンの審査を受けたことを知られるのではないかと心配になりますよね。

今回の記事では、三菱UFJ銀行カードローンの審査において、

  • 勤務先への在籍確認の電話連絡を避ける方法
  • 在籍確認の電話連絡とバレない方法

の2点について、詳しく解説していきます。

在籍確認ってそもそもなに?

スマホで調べる女性

はじめてカードローンを利用しようか検討している。

そんな方は、在籍確認で勤務先に電話する理由がわかりませんよね。

カードローンを利用したことがある人は、在籍確認は審査の一つとして必ずおこなわれるものと理解しています。

ですが、電話確認でならなければならない理由は知らない…という人もいらっしゃるのではないでしょうか?

在籍確認とはなんなのか、在籍確認をおこなう理由や電話確認でなければならない理由を解説していきます。

申請情報の会社に本当に申請者が勤めているのかの確認

三菱UFJ銀行カードローンだけでなく、すべてのカードローン審査の最終段階で「記載通りの勤務先に申請者が本当に在籍しているのか」を確認します。

この確認が「在籍確認」です。

カードローンを提供する会社が審査で一番重要視するのは「返済能力」。

そして返済能力を審査するのに一番重要なのは「収入の有無」です。

職業や雇用形態などの属性は関係なく、一定以上の年収があれば審査に通過させる会社もあります。

現代では、お金の稼ぎ方も多種多様です。

転売に個人輸入、フリマアプリ、ハンドメイド、SNSで情報を発信、ユーチューブ…などなど収入を得る方法は多様化しています。

収入を得る方法が多様化しても、日本ではまだまだメインの収入源は会社勤め…サラリーマンとして働いて稼いだお金です。

ということは、カードローン会社にとって在籍確認という行為は「収入が本当にあるかどうか」を簡易的かつ確実に調べられるの方法になります。

書類や保険証の提出で電話連絡なしで在籍確認を完了させる会社もありますが、少数です。

書類は偽造することも可能なので「簡易的かつ確実」とはいえない方法です。

在籍確認を書類のみで済ませることは、カードローン会社にとってリスクになりますから、おこなっている会社は少ないのです。

収入がない人にはカードローン会社は確実にお金を貸しません

通帳を見て頭を抱える男性

カードローンを提供する会社すべてが収入がない人にはお金は貸しません。

収入以外にも「職業」「勤続年数」「雇用形態」などなど属性は多く存在します。

ですが、これらの属性は「審査の通過」ではなく「借り入れ限度額」の上限設定に関係するものです。

考えてみれば当然ですが、収入がない人にお金を貸したとしても返すお金を作ることができないですよね。

他の属性を見る前に、まずは収入の有無の確認が最優先。

なので在籍確認は抜くことができないのです。

収入証明書が給与を貰っていることにならない理由

給与を貰っている証明なら給与明細や源泉徴収などの収入証明書でいいのではないか?と思ってしまいますよね。

しかし給与明細を貰ったあとに会社を辞めても、最新の月の給与明細は手に入れることができます。

カードローンが審査において重要視する物は「収入」です。

もっと詳しく言うならば「安定的な収入」なのです。

ギャンブルや株式投資などで一時的に稼ぐ高い年収よりも毎月決まった額を収入としているほうが審査に強いです。

カードローンの審査において年収以外に「職業」や「雇用形態」「勤続年数」などを見られるのはそのためです。

収入証明書は「いくら稼いでるか」を判断するためのもので「安定的な収入があるか」「現在も働いているのか」の証明にはなりにくいです。

三菱UFJ銀行カードローンでも電話での在籍確認は避けられない

在籍確認はカードローン審査において必須の過程になります。

一部の銀行系カードローンでは、特定の条件…その銀行の口座を給与の振込先などメインバンクとして利用している場合のみ「会社からの給与の振り込み」が口座への入金で確認できます。

それを持って在籍確認を終了するところもあります。

残念ながら三菱UFJ銀行カードローンでは、三菱UFJ銀行の口座を給与受け取りのメインバンクとして利用していても、在籍確認の電話を避けることはできません。

三菱UFJ銀行カードローンの在籍確認はどんな風に行われる?

カードローンを提供する会社が確実に在籍確認を行うことはご理解いただけたと思います。

当然、三菱UFJ銀行カードローンでも在籍確認を避けるすべはありません。

しかし避けられないなら、せめてカードローンの申請が職場にバレないかどうか…という点が気になってしまいますよね。

それでは三菱UFJ銀行カードローン審査の最終段階で待ち受ける「在籍確認」は、どのように行われるのでしょうか。

まずは、在籍確認の概要から見ていきましょう。

「在籍確認担当者の個人名」で電話がかかってくる

三菱UFJ銀行カードローンの審査で勤務先に電話がかかってくるなんて嫌だ…バレるのではないかと心配に思ってしまいますよね。

しかし心配はいりません。

在籍確認の電話は、「在籍確認を行う担当者の個人名」で行われるからです。

例:
「はい、お電話ありがとうございます。○○株式会社、△△です」
「もしもし、私○○と申します。××さん(申し込んだ人)はいらしゃいますか?」
「いえ、××は席を外しております」
「そうですか。それではまた改めます」

これで在籍確認は終わりです。

三菱UFJ銀行の名前や保証会社の「アコム株式会社」などと名乗ることはありません。

会社名を名乗らないので、カードローン在籍確認方法に詳しい人にはバレてしまうことも…

困っているスーツの男性

在籍確認は担当者の個人名で行うと解説しましたが、裏を返せば「社名や要件」なども言わないことになります。

会社で電話応対をする人ならわかると思いますが、基本的に会社にかかってくる電話には営業電話でさえ社名や用件が営業であることを言います。

それが取引先であったり、個人宛ての電話なら社名や要件を言うのは常識です。

電話を受けた人としても、本人に社名や要件を正確に伝えなければいけませんから、聞き返しますよね?

その時に社名などを名乗らないと、カードローンの在籍確認について知識のある人なら「もしかして…」と思ってしまう可能性はあります。

本人が電話に出なくてもOK

すでに触れていますが電話に出るのは、申し込んだ本人でなくてもいいのです。

申し込んだ本人が、会社にいるのだと知っている人物。

またはそれを調べることが出来る人物ならば、在籍確認は可能です。

審査で知りたいのはあくまで「申し込んだ人が会社に在籍しているかどうか」

在籍確認で何を確認しているかというと、簡単です。

それは、申込情報にあった勤務先に本当に申し込んだ本人が在籍しているのか。

その一点です。

本人が電話に無くても離席していたとしても、その会社で働いているという事実が取れた段階で在籍確認は終わりです。

三菱UFJ銀行カードローンの在籍確認はかなり柔軟

三菱UFJ銀行カードローンのおこなう「在籍確認」は、その内容についてこちらからかなり細かい注文を出すことができます。

より安全に、円滑に在籍確認が終わるように、しっかりと在籍確認の対策を行っておきましょう。

私の知る限り、銀行カードローンの行う在籍確認で三菱UFJ銀行カードローンの在籍確認がもっとも柔軟です。

「三菱UFJ銀行」を名乗るか選択可能

三菱UFJ銀行カードローンの在籍確認は、電話の際「三菱UFJ銀行」を名乗るかどうか、選択することができます。

まったく関係ない電話とした方が、在籍確認の電話が怪しまれないのか。

三菱UFJ銀行からの電話としたほうが、電話を受けた社員が怪しまないのか。

自社のスタイルに合わせた方法を選択してください。

名乗らせるメリットもある

灯台下暗し

三菱UFJ銀行カードローンや保証会社であるアコム株式会社と名乗らせるメリットはそもそもないのではないか?と思う方もいるかもしれません。

しかし「クレジットカードの審査で電話がくる」と周りに伝えておけば、カードローンの審査だとバレずに在籍確認の電話を終わらせることができます。

クレジットカードならだれでも使っていますから、変な目を向けられることはありません。

公表してしまうことで逆に目をくらませるのですね。

灯台下暗しですね。

在籍確認を行う時間を指定可能

また、三菱UFJ銀行の在籍確認は「時間指定」が可能です。

在籍確認で他の人が電話を取ることで面倒な状態になってしまうことを危惧する場合には、自分が電話に出やすい時間を指定して在籍確認の電話がかかってくるように三菱UFJ銀行カードローンに頼みましょう。

そうすれば少しでも在籍確認のトラブルが起きる可能性を下げられますよね。

在籍確認を行う社員の性別も指定可能

在籍確認の電話を行う審査担当者は、私の印象では「女性」が多い認識です。

しかし女性からの電話がかかってくると、電話に出た同僚が怪しむなら「男性に在籍確認の電話をお願いしたい」旨を伝えてください。

問題なく対応してもらえます。

在籍確認が取れないと審査に落ちる

この在籍確認はとても簡易的なもので、本当にすぐ終わります。

しかしこの在籍確認が取れないと、残念ながら三菱UFJ銀行カードローンの審査には「落ちてしまう」ということになります。

簡単だが侮れない。

在籍確認とはそういうものです。

在籍確認ができないパターンと対処法について解説するので参考にしてください!

在籍確認で社員が怪しむパターン

在籍確認の電話に出た社員が、在籍確認の電話を怪しんで「○○さんおられますか?」という問に「わかりません」「存じません」と答える事が多いです。

そのように答えられてしまうと、在籍確認は完了しません。

最近では社員の個人情報を守るために、社名や要件を言わない電話の応対には上記のように答えるように指導をしている会社もあります。

上記で説明している通り、三菱UFJ銀行カードローンでは在籍確認の時間指定ができます。

在籍確認の担当者名も事前に知っておくことができるので、指定した時間に自分宛ての電話があるかもしれないことを、周囲に匂わせておきましょう。

社員数が多すぎて確認できないパターン・非正規雇用などで社員がその人を知らないパターン

大人数ビジネスマン

在籍確認を行った会社の社員数が多すぎて、申し込んだ社員を確認できないパターンもあります。

勤務先の会社が大企業の場合ならあり得ますよね。

何百人、オフィスによっては何千人といる会社の社員全員が他の社員全員を把握することは難しいです。

また、三菱UFJ銀行カードローンへ申し込んだ人が非正規雇用者で電話に出た社員が把握してなかった場合も在籍確認で審査に落ちてしまいます。

少人数で働くオフィスなどであれば非正規でも問題なく把握されることがありますが、工場などのライン工の一人である…そんな場合は自分で電話に出ることもできませんし、社員もその人のことを把握しているとは考えにくいです。
※そもそも工場のライン工や現場作業員宛てに電話がかかってくること自体普通ないですよね…。

上記のように在籍確認が難しい場合は、どうしようもないので三菱UFJ銀行カードローンに相談しましょう。

収入証明書やその他の書類を通常より多く出すなどの対応を取ってくれる可能性があります。
※やってくれるだろう…と過信するのは禁物です。

保証会社であるアコム株式会社の営業時間外に勤務先が営業している場合

バーテンダーやホスト、居酒屋など一部の飲食店では、三菱UFJ銀行カードローンの保証会社である「アコム株式会社」の営業時間外に営業をしていることがありますよね。

昼間にも店舗に管理者がいれば問題なく在籍確認も取れますが、そうでない場合は在籍確認はできません。

仮に管理者がいても飲食店で働いている人あてに電話がかかってくることは、基本的にないですから確実に怪しまれます。

このような場合もカードローン会社に相談しておきましょう。

在籍確認は数回はおこなってくれる

紹介した理由以外にも時間帯や会社の体質上、たまたま在籍確認ができないタイミングもありますよね。

在籍確認は一度できなったくらいでは終了しません。

時間帯や会社の営業時間の都合上、繋がらない可能性を考慮して在籍確認の時間帯をずらして数度おこなってもらえます。

しかし三菱UFJ銀行カードローンでは、在籍確認の時間帯を指定できるため、あらかじめ自分が出れる時間帯や会社の人が電話に出れる時間帯などを指定しておくと確認がスムーズに終了し、審査時間の短縮につながるでしょう。

三菱UFJ銀行カードローンは増額申請時にも在籍確認はある?

在籍確認はカードローン新規借入時には、確実に必要な審査過程になります。

しかし増額申請時には基本的に必要ありません。

特定の条件を満たしている場合のみ必要になると覚えておきましょう。

以下から増額申請時も在籍確認が必要になる場合について紹介していきます。

新規でカードローンを申請した時から年月が経っている

新規審査時から年月が経っている場合は、現在も引き続き同じ職場に勤めているかのどうかわかりませんよね。

ですので年月が経っている場合は、増額申請時でも在籍確認がある場合があります。

ここで関わってくる属性が「勤続年数」になります。

新規借入時、この勤続年数が長ければ、年数がたっていても信用されて在籍確認をしないケースもあります。

しかし、新規借入時の属性で勤続年数が短い場合は、信用されずに在籍確認を受ける場合があります。

三菱UFJ銀行のカードローンを継続的に使用していなかった

三菱UFJ銀行カードローンを全然利用しておらず、新規借入時くらいしか使っていないと在籍確認を受ける場合があります。

三菱UFJ銀行カードローンからすると「なんで今まで利用がないのに急に増額申請してきたんだ?」と金銭的にかなり困窮している可能性を疑います。

そうなると仕事を辞めたのではないかと疑われて在籍確認をされることになります。

そもそも増額申請は新規借り入れ申請よりも難易度が高く、継続的な利用実績がないと審査に通過できない事が多いです。

転職して勤務先が新規借入申請時から変更になっている場合

転職をしていて新規借入申請時から勤務先が変更になっている場合は、確実に在籍確認はあります。

社名が変更した場合にも必要にある可能性がある

このケースは稀ですが、転職はしていないけど社名が変更になった場合は在籍確認を受ける場合があります。

しかし社名が変更になったと証明できるものを提示できれば改めて在籍確認を受けることは免れるかもしれません。
※会社のHPなどの概要欄などを見せれば問題ないでしょう。

在籍確認時に電話連絡をしないカードローン

在籍確認を避けることはできませんが、電話連絡がないカードローンは存在します。

電話連絡を避けることができれば、勤務先にバレるリスクは一気に減ります。

紹介してきたような職場バレ対策もおこなう必要もないため、手間もなくなります。

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットは、在籍確認時に電話連絡を避けることができるカードローンです。

あくまで電話連絡がないだけで、「在籍確認を避けることはできない」点には注意が必要です。

収入証明書と会社の名義が入った保険証など、通常よりも多くの提出書類が必要になります。

ただし在籍確認の電話が難しい職場に勤務していたり、職場バレのリスクを少しでも抑えたい方は、提出書類の多さに目を瞑っても利用したいカードローンなのではないでしょうか?

消費者金融の為、即日融資に対応している点も魅力的です。

ただし金利は、上限金利ギリギリの「18%」で設定されているため、少しでも低金利で融資を受けたい方は注意が必要です。

まとめ

三菱UFJ銀行カードローンの在籍確認時の電話の有無や在籍確認時にカードローンの審査を受けていることが会社にバレないようにする対策などを紹介してきました。

基本的に三菱UFJ銀行カードローンでは電話での在籍確認を避けることはできませんが、バレないように柔軟な対応をしてくれます。

三菱UFJ銀行カードローンの審査において、ほとんど間違いなく行われるのが「在籍確認」の電話。

この電話確認が取れないと、三菱UFJ銀行カードローンの審査には通過できずに融資の開始もありません。

在籍確認の時間帯の指定や在籍確認の担当者の性別など、できるだけバレないように相談してスムーズに在籍確認を終わらせましょうね!

三菱UFJ銀行カードローン