借り換えでおすすめのカードローン7選!低金利なものはある?

借り換えでおすすめのカードローン7選!低金利なものはある? カードローン

「カードローンをずっと使ってるけど、返済が苦しい…」

なんて感じている方は多いです。

というか、カードローン利用者のほとんどが、カードローン返済を苦しいと感じているのではないでしょうか。

カードローン利用中に返済が苦しくてどうにもならない状況をほうっておくと、ゆくゆくは「カードローン地獄」なんて呼ばれる状況にはまりこみかねません。

様々な事情でカードローン返済が苦しい方におすすめなのが、「カードローンの借り換え」です。

カードローンの借り換えがうまくいけば、間違いなく返済の負担が減ります。

今回は、そんな返済で悩む方を救う「カードローンの借り換え」について、少し調べてみましょう。

⇒カードローン地獄にはまるのはこんな人!カードローン地獄から抜け出すためには?

目次

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

【即日融資OK】借り換えでおすすめのカードローン5選!

キャッシング-指を立てるスーツ姿の女性

なかには「今すぐにでも借り換えたい…」とスピードを重視している方もいますよね。

そんなときにおすすめなのが、プロミスをはじめとした大手消費者金融系のカードローン。具体的には以下の通りです。

<借り換えでおすすめの大手消費者金融系カードローン(即日融資OK)>

サービス名金利利用限度額融資時間申込方法借入方法
プロミス4.5%~17.8%1万円~500万円最短即日Web・電話・店舗・郵送・自動契約機振込、提携ATM、プロミスATM、プロミスコール(電話)、店頭窓口
アコム3.0%~18.0%1万円~800万円最短即日Web・電話・店舗・郵送・無人店舗振込、提携ATM、アコムATM、店頭窓口
アイフル3.0%~18.0%1万円~800万円最短即日Web・電話・アプリ・無人店舗振込、提携ATM、アイフルATM、スマホアプリ
SMBCモビット3.0%~18.0%1万円~800万円最短即日Web・電話・郵送・ローン契約機振込、提携ATM
レイクALSA4.5%~18.0%1万円~500万円最短即日Web・電話・自動契約機振込、提携ATM、セブン銀行ATM、新生銀行カードローンATM、電話、自動契約機

①プロミス

プロミス

<プロミスのおすすめポイント>

  • 4年連続(2019~2022年)でオリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン初回利用第1位を獲得!
  • 金利は大手消費者金融のなかで低め!
  • Web完結なら最短即日融資もできる!
金利4.5%~17.8%
利用限度額1万円~500万円
融資時間最短即日
申し込み方法Web・電話・店舗・郵送・自動契約機
借り入れ方法振込、提携ATM、プロミスATM、プロミスコール(電話)、店頭窓口

プロミスは大手消費者金融系のカードローンで、今イチバンおすすめしたいサービス。

4年連続(2019~2022年)でオリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン初回利用」第1位を獲得した実績があり、信頼の厚いサービスでもあります。

なおWeb完結なら最短即日融資もできるため、申し込んだその日にキャッシングを受けられるのが魅力です。

また上限金利が17.8%と他社よりやや低め。大手消費者金融系のカードローンで少しでも低金利での借り入れをしたいなら、プロミスがおすすめですね。

\WEBなら最短30分で借り入れ可能!/

②アコム

アコムバナー

<アコムのおすすめポイント>

  • Web完結で最短即日融資もできる!
  • 初めての利用なら最大30日間利息0円!
  • インターネットやATMから24時間借入可能!
金利3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
融資時間最短即日
申し込み方法Web・電話・店舗・郵送・無人店舗
借り入れ方法振込、提携ATM、アコムATM、店頭窓口

アコムも人気な大手消費者金融系のカードローンで、使い勝手の良いサービスです。

インターネットやATMから24時間借入でき、お手元のスマホ・パソコンなどからすぐ対応できます。

またプロミスと同じくWeb完結での申込で最短即日融資もできるため、今すぐ借り換えたいときにおすすめ。

さらにはじめての利用なら最大30日間利息0円のサービスもありますから、利息をおさえつつ借りられるのもポイントですね。

\はじめてなら最大30日間利息ゼロ円/

③アイフル

アイフル-300_250

<アイフルのおすすめポイント>

  • サポート体制が好評!
  • Web申込だと最短25分で融資を受けられる!
  • 電話対応が丁寧!
金利3.0%~18.0%(実質年率)
利用限度額1万円~800万円
融資時間最短即日
申し込み方法Web・電話・アプリ・無人店舗
借り入れ方法振込、提携ATM、アイフルATM、スマホアプリ

アイフルはサポート体制の高さがポイントで、初めての利用の方でも使い勝手が良いカードローン。

特に電話サポートへの口コミが多く、「対応が丁寧だった」なんて声が多く寄せられています。

またWeb申込なら最短25分で融資を受けられるため、こちらも「すぐ借り換えたい…」とお思いの方におすすめ。

またWeb完結だと郵送物はナシになり、誰にも知られることなく利用できるのも嬉しいポイントですね。

\柔軟な審査で話題!今日借りるならアイフル/

④SMBCモビット

SMBCモビット-200_200

<SMBCモビットのおすすめポイント>

  • Web完結で最短即日融資※にも対応!
  • 利用限度額が高め!
  • Tポイントサービスでおトク!
金利3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
融資時間最短即日※
申し込み方法Web・電話・郵送・ローン契約機
借り入れ方法振込、提携ATM

SMBCモビットも同じくWeb完結で最短即日融資※に対応したカードローン。

申込んだその日中に借入できますから、すぐ借り換えをしたいときにおすすめです。

利用限度額は1万円~800万円と比較的高めですから、よりまとまったお金が必要なときにもおすすめですね。

さらにSMBCモビットでの返済でTポイントを貯められ、そのTポイントを返済に充てられるのも魅力です。

\Web完結で電話連絡なし!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

⑤レイクALSA

レイクALSA広告-20211101

<レイクALSAのおすすめポイント>

  • Web完結で申し込むと最短即日融資も可能!
  • カードレスでも借入できる!
  • 選べる無利息特典あり!
金利4.5%~18.0%
利用限度額1万円~500万円
融資時間最短即日
申し込み方法Web・電話・自動契約機
借り入れ方法振込、提携ATM、セブン銀行ATM、新生銀行カードローンATM、電話、自動契約機

すぐ借り換えをしたいならば、レイクALSAもおすすめ。

Web完結で申し込むと最短即日融資もでき、申込~借入まではたった60分とスピーディーです。

カードレスでの借入もできますし、Web完結で申込めば当日中にセブン銀行ATMでの借入ができます。

さらに「選べる無利息特典」を用意していて、初めての利用なら60日間利息0円(Web申込限定)で、また借入額のうち5万円までは180日間利息0円になるサービスもありますよ。

【低金利】借り換えでおすすめのカードローン2選!

先ほどご紹介したカードローは、どれも比較的高金利なもの。では金利を抑えた上でおすすめのカードローンは何か。具体的には以下の通りです。

<借り換えでおすすめのカードローン(低金利)>

サービス名金利利用限度額融資時間申込方法借入方法
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%10万円~800万円最短2~3営業日Web、郵送、電話、店舗提携ATM、口座引落、みずほダイレクト
楽天銀行カードローン1.9%~14.5%1万円~800万円最短翌日Web提携ATM、ネットキャッシング、電話

①みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

<みずほ銀行カードローンのおすすめポイント>

  • メガバンクが提供するカードローン!
  • 消費者金融系よりも低金利!
  • 返済は月2,000円から!
金利2.0%~14.0%
利用限度額10万円~800万円
融資時間最短2~3営業日
申込方法Web、郵送、電話、店舗
借入方法提携ATM、口座引落、みずほダイレクト

みずほ銀行カードローンは金利が2.0%~14.0%と低めで、利用者の多い銀行カードローン。

メガバンクが運営するため、安心して利用できるのが魅力です。

また返済は月2,000円と、少しずつ無理なく返済を進められるのもポイントですね。

低金利で返済を進めるなら、まずみずほ銀行カードローンをおすすめしますよ。

\メガバンクのカードローンを使ってみる!/

②楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

<楽天銀行カードローンのおすすめポイント>

  • 楽天ポイントをもらえる!
  • 楽天会員ランクに応じて審査優遇もある!
  • Web申込で完結!
金利1.9%~14.5%
利用限度額1万円~800万円
融資時間最短翌日
申込方法Web
借入方法提携ATM、ネットキャッシング、電話

楽天銀行カードローンも1.9%~14.5%と低金利で、借り換えにもおすすめのサービスです。

入会すると1,000ポイントをもらえるのに加え、カードローンの利用でさらに最大30,000ポイント。合計で最大31,000ポイントをもらえるのが大きな魅力。

さらにWeb申込で完結できるため、他の人にバレにくくなるのもポイントですね。

楽天ユーザーであれば、楽天銀行カードローンもおすすめですよ。

\ご入会で1,000ポイントプレゼント!/

カードローンの借り換えとは?

カードローンの借り換えとは、主にカードローンの返済で苦しむ方のための救済措置。

現在借りているカードローンの借り入れを全部返済できるだけのお金を、べつのカードローンで借り入れることで、「カードローン借入条件をまるごと鞍替えしてしまうのがこの「カードローン借り換え」です。

現在利用しているカードローンよりも条件の良いカードローンへ借り換えることで、返済の負担を減らすことができます。

⇒審査のゆるいカードローンは実在する?他社審査に落ちても諦めないで

カードローン借り換えのメリット

スマホー女性

カードローンを借り換えすることで、さまざまなメリットがあります。

ではどのようなメリットがあるのでしょうか?

メリットとして次の内容があげられます。

  • 金利をおさえられる
  • 柔軟に返済ができる
  • 利用限度額の増額ができる
  • 管理がしやすくなる

では順番に解説していきます。

金利をおさえられる

カードローンを借り換えするメリット1つ目に「金利をおさえられる」というメリットがあげられます。

借り換えをする最大のメリットといっても過言ではないですね。

カードローンは商品によって金利設定が異なります。

そのため、今利用しているカードローンよりもさらに金利が低いカードローンを選んで借り換えることで金利をおさえられるようになるんです。

「金利って比較できるの?」と疑問に思った人もいるのではないでしょうか?

結論から伝えると、比較することができます。

消費者金融は金利を公表しなくてはならないという義務があります。

そのため、消費者金融を調べると金利も一緒に調べることができますよ。

インターネットなどで確認することができますので、気になるカードローンがあれば調べてみましょう!

カードローンの種類は豊富であるため、現在利用しているカードローンよりも金利の低いものを探すことは容易です。

ぜひ、金利をおさえるためにも金利の低いカードローンを見つけて、借り換えをしましょう!

柔軟に返済ができる

カードローンを借り換えするメリット2つ目に「柔軟に返済ができる」というメリットがあげられます。

カードローンによって返済が異なります。

そのため、今利用しているカードローンよりも柔軟に返済ができるカードローンを見つけられるかもしれません。

返済が柔軟なカードローンは主に次の方法で返済ができます。

  • 提携ATM
  • コンビニATM
  • 店頭窓口
  • 口座振り込み
  • インターネット

ライフスタイルによって合う返済方法は変わってきますよね。

カードローンをより便利なものにするためにも返済方法にこだわる必要があります。

自分に合った返済方法を見つけて、カードローンの借り換えを試みてください。

利用限度額の増額ができる

カードローンを借り換えするメリット3つ目に「利用限度額の増額ができる」というメリットがあげられます。

カードローンには利用限度が決まっていますよね。

利用限度額がいカードローンに借り換えをすることで増額ができるようになります。

現在の利用限度額では物足りないという人に適しています。

ただし、借り換えをする際には審査をする必要があり、利用限度額が高くなるほど審査基準も厳しくなります。

借り換えをすれば必ず増額ができるというわけではありませんので、注意してくださいね。

管理がしやすくなる

カードローンを借り換えするメリット4つ目に「管理がしやすくなる」というメリットがあげられます。

借り換えをしてカードローンを一本化することで管理をしやすくなりますよ。

複数のカードローンを利用していると返済期日や返済額の管理が難しくなりますよね。

管理が複雑化することで、返済漏れが発生してしまうことも…。

返済する能力はあるにもかかわらず、うっかり延滞をしてしまってはもったいないです。

延滞をすると信用情報が傷つき、審査に通らなくなります。

このようなリスクを回避するためにもカードローンを管理しやすくすることはとても大切なポイントの1つといえるでしょう。

また、一つのカードローンにまとめることで手数料を無駄に払う必要が無くなります。

カードローンの借り換えはさまざまなメリットがありますので、ぜひカードローンの借り換えをしてみてください。

カードローン借り換えのデメリット

頭を抱える女性

カードローンの借り換えはメリットがある分、デメリットもあります。

デメリットを理解したうえでカードローンの借り換えをするようにしてください。

借り換えのデメリットは次の通りです。

  • 審査を受ける必要がある
  • 返済期間が延びることもある
  • 返済額が増えてしまうケースもある

では順番に解説していきます。

審査を受ける必要がある

カードローンを借り換えするデメリット1つ目に「審査を受ける必要がある」という点があげられます。

借り換えは新規のカードローンに申し込む必要があり、イチから審査を受けなくてはなりません。

審査の基準はカードローンによってさまざまであるため、人によっては審査を通過できないことも考えられます。

そのため、だれでも借り換えができるわけでは無いということを理解しておいてください。

また、カードローンによって審査結果が出るまで時間がかかることも考えられます。

すぐに借り換えをしたいと考えている人は計画的に実行するようにしてくださいね。

返済期間が延びることもある

カードローンを借り換えするデメリット2つ目に「返済期間が延びることもある」という点があげられます。

カードローンにとって毎月の返済額は異なります。

前回利用していたカードローンで同じ金額を借り入れしていても返済期間が延びることも考えられます。

返済期間が延びることによって支払うべき金利が増えてしまうことも。

せっかく金利を下げるために借り換えをしたのに返済回数が伸びてしまっては意味がありませんよね。

なるべく損をしないためにどうすればいいのかを考えて、自分に適したカードローンに借り換えするようにしてください!

返済額が増えてしまうケースもある

カードローンを借り換えするデメリット3つ目に「返済額が増えてしまうケースもある」という点があげられます。

カードローンによって返済額が増えてしまうことが考えられます。

カードローンの返済方法として、次の2通りがあります。

  • 元金定額方式(元金と利息)
  • 元利定額方式(利息を含んだ額)

元金定額方式はの撮り定額方式よりも元金が減りやすいです。

そのため、早く返済をするためには元金定額方式を選ぶ必要があります。

今まで元金定額方式のカードローンを利用していた人がも撮り定額方式を選んでしまうと返済の期間が延びてしまうことが考えられます。

そうなると返済額が増えてしまい、損をする人も出てくるでしょう。

借り換えをして返済額を増やさないためにもしっかりと返済方法について理解しておくようにしてくださいね。

⇒おすすめのカードローン16選!最新おすすめの商品や利用シーン別にご紹介

借り換え先に選ぶべきカードローンとは?

女性のはてな

では、具体的にどんなカードローンを借り換え先に選ぶべきか?

カードローンの借り換え先とするべきカードローン、キャッシングの基準を紹介します。

今借りているカードローンより低金利のキャッシング

当然といえば当然ですが、今利用しているカードローンより金利が低いキャッシングは、借り換え先としてうってつけです。

というかまずは、借り換え先は「金利が低いかどうか」で選ぶべきです。

もちろん、金利以外も、「返済のしやすさ」にも注意しておきましょう。

借り換え専用のキャッシング

「借り換え専用ローン」も、借り換え先にうってつけです。

借り換え専用ローンのいいところはなんといっても、「審査が甘い」ことです。

借り換えるために必要な金額が多かったとしても、借り換え専用ローンなら問題なく借り入れることができるでしょう。

返済に対して本格的に困っている方は、ぜひこの借り換え専用ローンを利用してください。

借り換え先に選んではいけないカードローンとは?

NG

しかしキャッシングの中には、借り換え先に選ぶべきではないローンも存在します。

借り換え先に選ぶべきではないキャッシングはどんなものなのか?

その特徴を調べていきましょう。

金利の高い借り入れローン

当然ですが、金利の高いキャッシングは、借り換え先に選ぶべきではありません。

金利が高いローンに借り換えても、今より条件がよくなるどころか、借り換え前より条件が悪くなってしまう可能性があります。

借り換え先のローンは、「今より条件が良くなるかどうか」を起点に選ぶべきです。

月々の返済額が少ないローン

借り換え先のローンで設定されている毎月の「約定返済額」が低いローンも要注意です。

毎月の返済額が低いと、借り入れた金額すべてが返し終わる「返済完結」が遠のきます。

意思を強く持って、「繰り上げ返済」を行えば良いのですが、カードローン利用者はお金に困っている人ばかり。

最初からある程度返済額が担保されているローンに借り換えたほうがベターです。

カードローンの借り換え先を考えるポイント

考える女性

借り換え先を選ぶ時、キャッシングのどこを基準に選ぶべきか?

借り換え先を選ぶ時みる基準をお教えします。

審査基準

どれだけ良いキャッシングに借り換えたいと思っても、そのキャッシングの審査に通らないとお話になりません。

まずは、自分の条件でも審査に通るキャッシングなのか?

そこから考えていくべきかもしれません。

金利

金利条件が今よりよくなって、借り換え後キャッシング条件の改善が見込めるか、そのこともしっかり考えておくべきでしょう。

借り換えの目的をそもそも思い返して、その目的を果たせるローンに借り換えてください。

ろうきんのカードローンも借り換え先におすすめ

紹介する女性

ろうきんのカードローンで借り換えもおすすめです。

ろうきんのキャッシングは、組合員を対象に相互扶助のために作られたもの。

銀行や消費者金融のように、営利目的のキャッシング運営を行っていないので、一般的なキャッシングと比べて低金利の設定が組まれているのです。

それに、ろうきんのカードローンは銀行と同じく総量規制の対象外。

借り換えのためにある程度まとまったお金を借り入れる必要のある方でも、ろうきんのカードローンは対応できるというわけです。

カードローン借り換えの審査は厳しいのか?

はてなマークが浮かぶほど考える女性

再三お伝えしている通り、カードローンを借り換えるには、借り換え前に審査に通ることが先決です。

しかし借り換えるためには、借り換えるためにある程度まとまったお金を借り入れる必要があります。

そして、借入額が大きいほど、キャッシング審査は厳しくなるもの。

借り換え前の審査について、しっかり考えておくべきでしょう。

借り換えの審査で見られるポイント

借り換え時に受ける審査、その審査で何を見られているのか。

そこからまずは考えていきましょう。

属性

借り換えローンの審査でなくとも、キャッシング審査でまずみられるのが「属性」です。

属性は、「収入」や「勤務先」など、生活にまつわるあらゆる情報です。

金融機関は、この属性の審査を行うことで、その人の返済能力を調べようとするのです。

信用情報

キャッシングの審査で大切なのが、個人の信用情報です。

信用情報とは、専門機関にあつまる金融商品と関わった記録です。

この記録を調べることで、個人の「お金の管理に対するリテラシーの高さ」を審査します。

返済遅延がなく、カードローン借入件数も多すぎない人が、この信用情報の審査に有利な人です。

カードローン借り換えの手順

笑顔の女性

カードローンの借り換えを行うまでの手順を調べてみましょう。

現在のカードローン残高を確認

まずは、現在カードローンでいくら借りているのか確認してください。

複数のキャッシングでお金を借りている方は、借入額の合計値を割り出してください。

今より借り換え後条件が良くなるキャッシングを探す

現在どれくらいの金利で、どれくらいの利息を支払っているのか確認したら、現在の返済条件より良い返済条件のローンを探してください。

申し込み

先程見つけた借り換えローンに申し込みを行います。

借り換え専用ローンでないキャッシングへ申し込みなら、借り入れ目的で正直に「借り換えのため」と伝えてください。

借り換え審査

借り換え前のキャッシング審査です。

この審査で認められないと、カードローンの借り換えは不可能です。

自分の条件にあった借り換えローンを選んで、無事借り換え審査をクリアしてください。

借り換えるための金額を借り入れ

審査に通れば、自分のカードローン借り入れを返済できる金額を借り入れます。

借り換え元のキャッシングへ返済

借り入れたお金を、現在利用中のキャッシングへ返済してください。

これにて、借入条件の鞍替えが完了したということで、無事借り換えが完了です。

カードローンの借り換えに関するよくある質問

キャッシング-女性のはてな3

ここでは、カードローンの借り換えに関するよくある質問をまとめます。

リボ払いをカードローンに借りかえられますか?

リボ払いをカードローンに借りかえることもできます。

実質年率で見ると、リボ払いの金利相場は15~18%ほどですが、上限金利が低いのものを選ぶと金利を抑えて借り換えできますね。

カードローンを借り換えれば金利は下がりますか?

カードローンを借り換えれば、金利は下がるケースもあります。

ただし金利はカードローンの提供会社、および契約者ごとで異なる点に注意しましょう。

「借り換え専用ローン」「カードローン」「フリーローン」の違いは?

「借り換え専用ローン」と「カードローン」と「フリーローン」の違いをよく理解していない人も多いです。

3つの違いを理解しておかないと、自分に合ったローンを選ぶことはできません。

カードローンを借入するにあたって、それぞれの特徴知って違いを理解しておきましょう!

借り換え専用ローン

借り換え専用ローンは利用目的を借り換えに絞ったローンのことを指します。

借り換えを検討している人にとってはありがたいローンといえるでしょう。

借り換えローンの特徴は次の通りです。

  • 借り換えに特化している
  • 新規の借り入れはできない
  • 通称おまとめローン

このような特徴があります。

借り換えローンは大手の消費者金融もおこなっているローンです。

おまとめローンと呼ばれることもあり、借り入れを一本化させることが可能。

借り換えお考えている人は借り換えローンがおすすめです。

カードローン

カードローンは個人に向けて融資をするローンのことを指します。

カードローンの特徴は次の通りです。

  • いつでもどこでも利用可能
  • 手軽に利用を開始できる
  • 利用目的は問われない

このような特徴があります。

柔軟に借入をすることができるため、利用している人も多いのが特徴的。

借入はコンビニATMや銀行・インターネットなどいつでもどこでも可能です。

利用限度額内であれば、何度でも利用できる点もありがたいですよね。

突然お金が必要になったときに助かるサービスの1つといえるでしょう。

フリーローン

フリーローンは利用用途を問わない自由なローンです。

フリーローンの特徴は次の通りです。

  • 利用用途は問わない
  • 借入限度額が高く設定されることも
  • 追加融資ができない

このような特徴があります。

フリーローンは借入限度額を500万に設定するなど高額の借り入れができます。

ただし、追加の融資ができないため、融資を受けたい場合は一度完済する必要があるんです。

フリーローンは計画的にお金を借りたいと考えている人にとってはぴったりのローンといえるでしょう。

高額な借り換えはできる?

高額な借り換えを考えている人もいるのではないでしょうか?

結論から言うと高額な借り換えは可能です。

ただし、返済能力が認められた場合のみ借り換えることができます。

審査に通過することができなければ、借り換えをすることはできませんので注意してくださいね。

まとめ~カードローン借り換えをして負担を減らそう~

チェックポイントを解説する女性

今回は、カードローン返済やクレジットカード利用代金の肩代わりが可能な、「借り換えローン」について説明しました。

借り換えは金利を減らすためにおすすめな方法です。

金利の低いカードローンを利用して金利をおさえましょう!

また、ご紹介したサービス以外でも、カードローンはたくさんあります。

少しでも金利をおさえたい人は自分に合ったカードローンを見つけて借り換えをしていきましょう!