名古屋銀行カードローンの審査は通りやすい?金利・返済・借入方法についても徹底解説

銀行系カードローンサービス

名古屋銀行カードローンの審査は通りやすい?金利・返済・借入方法についても徹底解説

名古屋銀行は、愛知県・岐阜県を中心に地域密着型のサービスを提供している地方銀行です。

その名古屋銀行が取り扱うカードローンを利用してみたいけど、申込条件や審査基準がよく分からなくて困っている人もいるのではないでしょうか?

そこで、名古屋銀行カードローンの金利、借入方法や返済方法といった商品の詳細から審査基準、さらには即日融資に対応しているのかまで徹底的にリサーチしてみました。

名古屋銀行カードローンの利用を検討している人はぜひこの記事を参考にしてください。

名古屋銀行カードローンの基本情報

まずは、名古屋銀行カードローンの基本情報について見ていきましょう。

名古屋銀行カードローン商品概要

借入限度額 10万円以上1,000万円以内(10万円単位)
金利 2.9%~14.5%
利用条件 契約時年齢が満20歳以上満69歳以下の人

本人または配偶者に継続的で安定した収入がある人

愛知県、岐阜県の名古屋銀行の営業区域内に居住、または勤務している人

口座開設 不要
保証会社 株式会社セディナ

まず目につくのは、メガバンクのカードローンにも引けを取らない借入限度額の大きさでしょう。

1,000万円までの融資が可能なので、まとまった金額を借りたい人にも充分対応できます。

また、65歳以上の高齢者が利用できる銀行カードローンは貴重で、契約可能年齢の上限が70歳と高い点も見逃せません。

名古屋銀行カードローンの借入利率一覧

利用限度額 金利
10万円~50万円 14.5%
60万円~100万円 12.5%
110万円~200万円 9.5%
210万円~400万円 6.5%
410万円~700万円 4.5%
710万円~1,000万円 2.9%

名古屋銀行カードローンの上限金利14.5%は銀行カードローンとしては平均的ですが、限度額が60万円以上になれば金利が12.5%に下がります。

銀行カードローンの場合、限度額が100万円以上にならないと適用金利が低くならないケースが一般的ですから、名古屋銀行カードローンは金利面でもお得だといえます。

ちなみに、メガバンクのカードローンで同じ金額を借り入れる際の金利は以下の通りです。

カードローン名 利用限度額 適用金利
三菱UFJ銀行バンクイック 100万円以下 13.6%~14.6%
三井住友銀行カードローン 100万円以下 12.0%~14.5%
みずほ銀行カードローン 100万円未満 14.0%

窓口契約ならローンカードを即時発行!

銀行カードローンはローンカードが自宅に郵送されるケースが多いです。

しかし、名古屋銀行カードローンは窓口で契約をするとローンカードをその場で発行してもらえますから、借り入れを急いでいる人に非常におすすめだといえます。

店頭窓口に出向く必要はありますが、自宅への郵送物がなくなるという点でもメリットは大きいです。

名古屋銀行カードローンの審査基準

次に、名古屋銀行カードローンの審査基準について解説していきます。

年金生活者や専業主婦も申込可

収入が年金のみだとカードローン審査には申し込みできないケースが多いですが、名古屋銀行カードローンは年金受給者でも申し込み可能です。

また、配偶者に安定した収入があれば専業主婦(主夫)も申し込み可能です。

ただし、年金受給者や専業主婦、パート、アルバイト利用限度額の上限は50万円となっています。

返済能力が高いとはいえない年金収入のみの高齢者や自分の収入を持たない専業主婦なども申し込みできることを考えると、名古屋銀行カードローンの審査基準は比較的緩やかだといえるでしょう。

地域制限があるので注意!

名古屋銀行カードローンの審査は、愛知県、岐阜県の名古屋銀行の営業エリア内に居住、勤務している人だけが申し込みできます。

それ以外の地域の人は、残念ながら名古屋銀行カードローンを利用できませんので、自分が住んでいる地域の銀行カードローン、あるいは地域制限のないカードローンの審査に申し込みをしてください。

名古屋銀行カードローンの申し込み方法

名古屋銀行カードローンは、どの契約方法を希望するかによって申し込み方法が決定されます。

WEB契約型

インターネット上で名古屋銀行カードローンの契約手続きを行いたいのならWEB契約型を選択します。

WEB契約型はパソコン、スマホから申し込みをします。

来店不要で契約を済ませたい人向けの申込方法です。

窓口契約型

名古屋銀行カードローンの契約手続きを窓口で行いたい人向けの申込方法です。

契約は窓口で行いますが、申し込みはパソコンやスマホから手続きします。

窓口契約をするとその場でローンカードを発行してもらえるので、できるだけ早く借り入れをしたい人に向いている申込方法だといえます

郵送契約型

入力が苦手な人や借り入れを急いでいない人に向いている申込方法が郵送契約型です。

パソコン、スマホからはもちろん、FAXや郵送でも申し込みできます。

郵送契約型も来店の必要はありません。

名古屋銀行カードローン審査の流れについて

名古屋銀行カードローン審査はどのように進められていくのでしょうか?

申し込み

希望の契約型が指定している方法で名古屋銀行カードローンの審査に申し込みをします。

契約型 申し込み方法
WEB契約型 インターネット
窓口契約型 インターネット

※申し込み時に必要書類をアップロードして提出する

郵送契約型 インターネット、FAX、郵送

電話による確認

名古屋銀行カードローンの申込手続きが完了すると、申込内容の確認のため担当者から電話連絡が入ります。

申込内容の確認が済めばそのまま審査に進んでいきます。

審査結果の連絡

契約型によって審査結果の連絡方法が異なりますので、気をつけてください。

契約型 審査結果の連絡方法
WEB契約型 メールで審査結果の連絡が入る
窓口契約型 電話または郵送で審査結果の連絡が入る
郵送契約型

契約

WEB契約型と郵送契約型は、契約手続き後にローンカードと契約書の控えが自宅に郵送されます。

窓口契約型は契約手続き後、その場でローンカードと契約書の控えを受け取れますので、その足ですぐATMから借り入れできます。

 

契約型 契約方法
WEB契約型 契約書類が本人限定受取郵便で郵送される

必要書類を返送し、インターネット専用画面から本人確認書類をアップロードする

窓口契約型 窓口にて契約手続きを行う
郵送契約型 契約書類が本人限定受取郵便で郵送される

必要事項を記入して本人確認書類と併せて返送する

名古屋銀行カードローンの審査時間は?即日融資は可能?

名古屋銀行カードローンの審査時間は契約方法によって大きく異なります。

  • WEB契約型
  • 郵送契約型

の場合は、インターネットから申し込みをして最短翌日に審査結果が出たとしても、ローンカードは自宅への郵送となるため、最低でも1週間程度かかると考えておきましょう。

郵送契約型で書類のやり取りを郵送のみで行う場合には、さらに時間がかかります。

窓口契約型は、店頭窓口で契約手続き後その場でローンカードが発行されるため、融資までの時間はかなり短縮できます。

ただ、名古屋銀行カードローンは即日融資には対応していませんので、その点は注意してください。

以前は即日融資に対応可能な銀行カードローンもありましたが、銀行カードローン業界は自主規制を導入して審査に時間をかけるようになったため、現在はどの銀行カードローンも即日融資には対応していません。

即日融資を希望するのであれば、銀行カードローンではなく大手消費者金融を利用しましょう。

名古屋銀行カードローンの提携ATM

名古屋銀行カードローンは、基本的にATMを利用して借り入れ・返済をします。

名古屋銀行カードローンの借り入れが可能なATM

名古屋銀行カードローンの借り入れができるATMは以下の通りです。

平日 土日祝日
名古屋銀行ATM 8:00~21:00:無料 8:00~21:00:無料
愛知銀行ATM

十六銀行ATM

百五銀行ATM

8:00~18:00:無料

18:00~21:00:110円

8:00~21:00:110円
イオン銀行ATM 月曜日

7:00~18:00:110円

18:00~23:50:220円

火曜日~金曜日

0:05~7:00:220円

7:00~18:00:110円

18:00~23:50:220円

土曜日・祝日

0:05~23:50:220円

日曜日

0:05~21:00:220円

ゆうちょ銀行ATM 月曜日

7:00~8:45:220円

8:45~18:00:110円

18:00~23:55:220円

火曜日~金曜日

0:05~8:45:220円

8:45~18:00:110円

18:00~23:55:220円

土曜日・祝日

0:05~23:55:220円

日曜日

0:05~21:00:220円

セブン銀行

ローソン銀行

イーネット銀行

月曜日

7:00~18:00:110円

18:00~23:55:220円

火曜日~金曜日

0:05~7:00:220円

7:00~18:00:110円

18:00~23:55:220円

土曜日・祝日

0:05~23:55:220円

日曜日

0:05~21:00:220円

※名古屋銀行ATMは一部店舗では7:00~23:00まで利用可能

その他の銀行、信用金庫等の全国キャッシュサービス(MICS)提携金融機関は借り入れのみ可能です。

利用可能時間や手数料は金融機関によって異なります。

名古屋銀行カードローンの返済が可能なATM

名古屋銀行カードローンの返済に利用可能なATMは以下の通りです。

平日 土日祝日
名古屋銀行ATM 8:00~21:00:無料 8:00~21:00:無料
愛知銀行ATM

十六銀行ATM

百五銀行ATM

8:00~21:00:無料 8:00~21:00:無料
イオン銀行ATM 月曜日

7:00~18:00:110円

18:00~23:50:220円

火曜日~金曜日

0:05~7:00:220円

7:00~18:00:110円

18:00~23:50:220円

土曜日・祝日

0:05~23:50:220円

日曜日

0:05~21:00:220円

ゆうちょ銀行ATM 月曜日

7:00~8:45:220円

8:45~18:00:110円

18:00~23:55:220円

火曜日~金曜日

0:05~8:45:220円

8:45~18:00:110円

18:00~23:55:220円

土曜日・祝日

0:05~23:55:220円

日曜日

0:05~21:00:220円

セブン銀行

ローソン銀行

イーネット銀行

月曜日

7:00~18:00:110円

18:00~23:55:220円

火曜日~金曜日

0:05~7:00:220円

7:00~18:00:110円

18:00~23:55:220円

土曜日・祝日

0:05~23:55:220円

日曜日

0:05~21:00:220円

※名古屋銀行ATMは一部店舗では7:00~21:00まで利用可能

名古屋銀行カードローンの返済について

カードローンでお金を借りるのは一瞬のことですが、返済はそのずっと続きます。

名古屋銀行カードローンの返済についてみていきましょう。

名古屋銀行カードローンは返済日の指定がない!

名古屋銀行カードローンは、約定返済日の指定がありません。

毎月1日から末日までを「約定返済期間」としており、その間の好きなときにATMから返済すればOKです。

しかも、1日から末日までの間なら約定返済金額を分割して返済することも可能です。

たとえば約定返済金額が1万円だとしたら、
月初に3,000円、月の半ばに3,000円、月末に4,000円といった具合に、1万円を何回かに分けて返済しても構わないのですね。

かなり自由度の高い返済方法で、カードローンの返済方法としては珍しいといえます。

もちろん約定返済金額より多く返済してもOKです。

返済方法は基本的にATMのみ

名古屋銀行カードローンの返済方法はATMからのみです。

約定返済日が決まっていないこともあり、口座引き落としは採用していません。

名古屋銀行ATMの他、無料提携金融機関である愛知銀行、十六銀行、百五銀行のATMから手数料無料で返済できます。

名古屋銀行カードローンの返済金額

名古屋銀行カードローンの約定返済金額は以下の通りです。

借入残高 返済額
2,000円未満 借入金額
2,000円~10万円 2,000円
10万円超~20万円 4,000円
20万円超~30万円 6,000円
30万円超~40万円 8,000円
40万円超~50万円 10,000円
50万円超~60万円 12,000円
60万円超~70万円 14,000円
70万円超~80万円 16,000円
80万円超~90万円 18,000円
90万円超~100万円 20,000円
100万円超~200万円 30,000円
200万円超~400万円 40,000円
400万円超~500万円 50,000円
500万円超~600万円 60,000円
600万円超~700万円 70,000円
700万円超~800万円 80,000円
800万円超~900万円 90,000円
900万円超~ 100,000円

名古屋銀行カードローンでは、借入残高が低くなるにつれて約定返済金額がかなり小さくなります。

返済金額が小さければ確かに返済の負担は抑えられますが、返済期間が長期化すれば逆に総支払額が大きく膨れ上がってしまいます。

ゆとりがあるときには積極的に随時返済をしていきましょう。

名古屋銀行カードローンはこんな人に向いている!

以上のことを踏まえると、名古屋銀行カードローンは以下の人が利用するのに向いているといえます。

新しく口座開設したくない人

銀行カードローンを利用する際にはその銀行の口座を開設しなければならない場合もあります。

しかし、あらたに銀行口座を開設するとなると、印鑑やキャッシュカードを管理するなど、口座を維持する手間が生じます。

口座を開設するのは簡単ですが、その後口座を維持し続けていくのは思いのほか大変です。

名古屋銀行カードローンは口座開設が不要ですから、カードローンの利用のためだけに口座開設するのが嫌な人に向いているといえます。

カードローン利用の家族バレリスクを軽減したい人

名古屋銀行カードローンは、窓口契約型で申し込みをすればローンカードや契約書の控えを窓口で受け取ることができ、自宅への郵送を防げます。

また、名古屋銀行カードローンは取引明細を発行していません。

つまり、窓口契約型で申し込みをすることで自宅への郵送物をナシにでき、家族バレのリスクをかなり抑えることが可能なのです。

ただし、ローンカードや契約書類が郵送されないのは、窓口契約型で申し込みをした場合のみです。

それ以外の申込方法ではローンカードや契約書が自宅に郵送されますので、充分気をつけてください。

メインバンクが名古屋銀行ならもっとお得なカードローンも!

実は、名古屋銀行には別のカードローン商品もあります。

利用条件はやや厳しくなりますが、名古屋銀行をメインバンクにしている人なら金利8%以下とかなりお特に利用できますので、条件に該当している人は利用を検討してみてはいかがでしょうか?

借入限度額 10万円以上200万円以内(10万円単位)
金利 基準金利10.5%
名古屋銀行で住宅ローンを利用している人:5.5%
名古屋銀行で給与振込を利用している人:7.5%
利用条件 以下の条件をすべて満たしていること
20歳以上65歳以下の人
前年度の税込み年収が200万円以上
勤続年数1年以上、または営業年数2年以上
※パート、アルバイト、専業主婦、学生は利用不可
口座開設 必要
保証会社 株式会社セディナ

おわりに

名古屋銀行カードローンは、愛知県・岐阜県に在住または勤務している人しか審査に申し込みできません。

ですが、口座開設不要・来店不要で利用できるなど、地方銀行のカードローンとしては手軽に手続きでき、返済の自由度も高いなど多くのメリットがあります。

普段から名古屋銀行を利用しているなら、大いに検討する価値のあるカードローンだといえるでしょう。