三井住友VISAプラチナカードの審査難易度は?スペックから所有メリットまで徹底解説

三井住友VISAカード

CMや広告でもおなじみの三井住友VISAカードの中で、もっともグレードが高い三井住友VISAプラチナカード。

三井住友VISAカードが信頼と安心をウリにしているカードなのですが、その中でも最高のグレードということでステータス性にはかなり優れたクレジットカードです。

しかしプラチナカードということで、審査ハードルはかなり高い印象。

はたして三井住友VISAプラチナカードの審査難易度はどのくらいなのでしょうか。

こちらの記事では、三井住友VISAプラチナカードの審査難易度・スペック・特典など三井住友VISAプラチナカードについて徹底解説していきます。

これから三井住友VISAプラチナカードを作ろうと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

三井住友VISAゴールドカードはサポート充実!大人のステータスがあるカード
CMや広告でもおなじみの三井住友VISAカードには、一つ上のランクに三井住友VISAゴールドカードがあります。 近年年会費の安いゴールドカードが続々登場していますが、そんな中でも三井住友VISAゴールドカードは高いステータス性を維持し...

目次

三井住友VISAプラチナカードの基本スペック

ますは三井住友VISAプラチナカードの基本スペックを詳しく紹介していきます。

三井住友VISAプラチナカードの基本情報まとめ

年会費 50,000円(税別)
入会資格 原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方
国際ブランド VISA、MasterCard
カード利用限度額 300万円以上
追加カード 家族カード(年会費無料)、ETCカード(年会費無料)
海外旅行保険 最大1億円補償(自動付帯)
国内旅行保険 最大1億円補償(自動付帯)
ショッピング保険 最大500万円補償

年会費無料のクレジットカードがたくさんある中、年会費50,000円はかなり高い部類ですね。

しかしその年会費に見合うサービスが充実しています。

カード利用限度額は300万円以上なので、三井住友VISAプラチナカード1枚あるだけで、かなりの買い物が可能。

また国内・海外旅行保険が最大1億円、ショッピング保険は最大500万円まで補償してくれます。

国内で発行されているクレジットカードの中でも、トップクラスのステータス性をもつクレジットカードですね。

年会費は条件次第で大きく割引できる

年会費50,000円と聞くと高く感じてしまいますが、実は三井住友VISAプラチナカードには年会費を安くする方法があります。

  • WEB明細書サービスの利用で翌年度年会費最大1,000円(税別)割引
  • マイ・ペイすリボ(リボ払いサービス)の申し込み+利用で、年会費半額
  • 前年度100万円以上300万円未満の利用で、翌年度年会費が20%割引。

前年度300万円以上の利用で、翌年度年会費が半額(マイ・ペイすリボの割引とは重複しない)
このようにWEB明細書サービスとマイ・ペイすリボを使えば、三井住友VISAプラチナカードの年会費は半額の上1,000円割引なので、年会費24,000円で使えます。

マイ・ペイすリボは支払いが自動でリボ払いになる仕組みですが、リボ払いの設定金額を利用限度額まで引き上げれば、一括払いと同じように使えます。

実質登録するだけで年会費が半額以下になるので、これらのサービスはぜひ活用していきましょう。

三井住友VISAプラチナカードのポイント制度について

三井住友VISAプラチナカードは1,000円利用するごとに、5円相当のポイントが貯まるのでポイント還元率0.5%のクレジットカードです。

これだけ聞くとポイント還元率があまり高くないと感じてしまいますが、ここでもマイ・ペイすリボに登録しておくとポイント還元率が倍になります。

そのためマイ・ペイすリボに登録するだけで、ポイント還元率が1%になるので年会費のことを考えてもマイ・ペイすリボへの登録は必須ですね。

さらに三井住友VISAプラチナカードには、年間利用額に応じてボーナスポイントが獲得できます。

前年度のカード利用額 獲得ポイント
300万円以上 50万円で300pt、以降60pt/10万円
100万円以上300万円未満 50万円で50pt、以降30pt/10万円
50万円以上100万円未満 50万円で100pt、以降20pt/10万円

ボーナスポイントを獲得できればポイント還元率が1%を超えるので、ポイント還元率面でもかなり優秀なクレジットカードです。

ポイント還元率の面ではあまりお得な印象がない三井住友VISAプラチナカードですが、実はポイント還元率の高いクレジットカードですよ。

三井住友VISAカードのポイント制度を徹底解説!ポイント還元率をアップするには
CMや広告でもよく見る三井住友VISAカード。 信頼と安全を前面に押し出している銀行系クレジットカードで、その信頼感から利用している人も多いのではないでしょうか。 こちらの記事では、三井住友VISAカードのポイント制度について徹...

海外旅行保険など保険制度が充実している

さらに三井住友VISAプラチナカードは、海外旅行保険など保険制度が充実しています。

三井住友VISAプラチナカードの保険内容は以下の通りです。

三井住友VISAプラチナカードの海外旅行保険

保険の種類 保険金額
死亡・後遺傷害 1億円
傷害・疾病治療費用 500万円
賠償責任 1億円
携行品損害 100万円
救援者費用 1 000万円
家族特約 あり(1.本会員の配偶者2.本会員と生計を共にする同居の親族3.本会員と生計を共にする別居の未婚の子が対象)

三井住友VISAプラチナカードの国内旅行保険

保険の種類 保険金額
死亡・後遺傷害 1億円
入院保険金日額 5 000円
通院保険金日額 2 000円
手術費用 20万円
救援者費用 1 000万円
家族特約 あり(1.本会員の配偶者2.本会員と生計を共にする同居の親族3.本会員と生計を共にする別居の未婚の子が対象)

三井住友VISAプラチナカードのショッピング保険

補償限度額 年間500万円(自己負担金は1事故につき3 000円)
対象期間 購入日および購入日の翌日から200日

これらの保険に加えて、飛行機が遅延したときに適用される航空便遅延保険も付帯しており、保険内容はあらゆるクレジットカードの中でもトップクラス。

保険も自動付帯なので、三井住友VISAプラチナカードを持っていれば海外旅行で困ることはないでしょう。

インビテーション(招待)なしで申し込みができる

プラチナカードやブラックカードといったステータスの高いクレジットカードは、クレジットカード会社からのインビテーション(招待)が必要なカードも多いです。

しかし三井住友VISAプラチナカードはインビテーションなしで、インターネットから申し込みで作成が可能。

2010年まではインビテーション専用のクレジットカードでしたが、誰でも申し込みができるようになりました。

今後もインビテーションが必要になることはないでしょう。

インビテーションなしで申し込みができるということは、クレジットカードを持ったことがなくてもいきなり三井住友VISAプラチナカードがもてる可能性があるということ。

もちろん審査は厳しいのですが、比較的手の届きやすいクレジットカードではないでしょうか。

三井住友VISAプラチナカードの審査難易度について

基本スペックがかなり充実している三井住友VISAプラチナカードですが、はたして審査難易度はどのくらいなのでしょうか。

三井住友VISAプラチナカードの申込資格

三井住友VISAプラチナカードの申込資格は、原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方という記載があるのみ。

そのため具体的にいくら収入があれば審査に受かるといった情報は、公開されていません。

これはクレジットカードの審査が年収だけでなく、信用情報やこれまでの利用履歴など、さまざまな要因で審査がおこなわれるためです。

ちなみに安定継続収入というのは、毎月しっかり収入があること。

つまりこの文言だけだと、派遣やアルバイトでも審査に受かる可能性がないわけではないと読み取れます。

正社員もしくは会社経営者でないと審査合格は難しい

しかし三井住友VISAプラチナカードは、日本でもトップクラスのステータス性をもつクレジットカードです。

そのステータス性を保つためにも、審査は厳しくなっています。

三井住友VISAプラチナカードや他のプラチナカードの口コミを見る限り、最低でも正社員もしくは会社経営者でないと審査合格は難しいでしょう。

利用限度額が300万円以上のクレジットカードなので、少なくとも300万円以上の支払いができると判断されなければ審査に合格しません。

そのため少なくとも年収500万円は必要で、できれば年収1,000万円はクリアしておきたいところですね。

プラチナカードの審査難易度は下がりつつある

しかし三井住友VISAプラチナカードをはじめとしてプラチナカードの審査難易度は、年々下がりつつあることも事実。

2010年三井住友VISAプラチナカードはインビテーション制をなくして、誰でも申し込みができるようになりました。

インビテーション制の場合三井住友VISAカードの支払い履歴を確認し、利用実績を積んだ人にのみ招待を出します。

簡単に言うとお店の常連さんにのみ、発行されるカードだったということですね。

しかしインビテーション制でなくなったということは、より広く会員を集めようとしているということ。

そのため三井住友VISAプラチナカード自体の審査難易度も、以前に比べて下がっていると思われます。

バブル時代などは年収が1,000万円以上ないと作れなかったプラチナカードですが、日本経済の成長低下と共に審査ハードルは下がっていきました。

そのため現在では年収が1,000万円に満たなくても、三井住友VISAプラチナカードを発行できる見込みは十分ありますよ。

三井住友VISAプラチナカードの審査に合格するためには

審査で悩む女性
「三井住友VISAプラチナカードの審査に落ちてしまった」
審査難易度の高い三井住友VISAプラチナカードでは、審査に落ちることも普通に考えられます。

それでは三井住友VISAプラチナカードの審査に合格するためには、どのようなことをすればいいのでしょうか。

信用情報と支払い能力をもとに審査がおこなわれる

三井住友VISAプラチナカードをはじめとして、クレジットカードの審査は信用情報と支払い能力をもとにおこなわれます。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。
本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
出典:CIC

信用情報にはあらゆるクレジットカードやカードローンの支払い履歴が掲載されており、他のクレジットカードで支払い遅れがある場合審査に落ちる可能性が高くなります。

これは三井住友VISAプラチナカードと契約したときも、支払い遅れがあるのではないかと思われるからです。

クレジットカード会社は継続して利用してほしいので、支払い遅れを嫌います。

そのため他のクレジットカードでも支払い遅れをしないようにすることが、審査に合格するための第一条件です。

年収などをすぐにアップさせることは難しいですが、信用情報も長い間の積み重ねが大切ですよ。

三井住友VISAゴールドカードで利用実績を積む

三井住友VISAプラチナカードの審査に落ちてしまった人は、三井住友VISAゴールドカードで実績を積むという方法があります。

三井住友VISAゴールドカードは三井住友VISAプラチナカードの一つ下のグレードで、三井住友VISAプラチナカードに比べると審査も通過しやすいです。

クレジットカード会社は審査時、自社カードの利用履歴を重要視するので、一つ下のグレードで利用実績を積むということです。

三井住友VISAゴールドカードは年会費10,000円(税別)ですが、三井住友VISAプラチナカード同様WEB明細書サービスとマイ・ペイすリボを使えば、年会費を4,000円まで下げられます。

三井住友VISAプラチナカードを作る前に、三井住友VISAゴールドカードで実績を積めば三井住友VISAプラチナカードの審査に合格しやすくなりますよ。

インビテーション(招待)があると審査に合格しやすくなる

さらに三井住友VISAゴールドカードを利用していると、三井住友VISAプラチナカードのインビテーションが受けられることがあります。

先ほど三井住友VISAプラチナカードはインビテーション制でなくなったと解説しましたが、インビテーションの仕組み自体がなくなったわけではありません。

三井住友VISAゴールドカード利用者の中でプラチナカードを持つにふさわしいと思われれば、インビテーションが届くことがあります。

インビテーションが届く目安としては、年間100万円以上の利用を2年以上続けること。

三井住友VISAプラチナカードは利用限度額300万円以上のクレジットカードなので、少なくとも100万円の支払いはクリアできないと、審査条件を満たしません。

三井住友VISAプラチナカードを作りたいのであれば、コツコツと実績を積んでいくことが実は近道ですよ。

三井住友VISAプラチナカードを所有するメリット

ここまで三井住友VISAプラチナカードの審査について解説してきましたが、ここからは三井住友VISAプラチナカードの特典・所有するメリットについて解説していきます。

三井住友VISAプラチナカードには優れた特典がたくさんあるので、作成前にチェックしておきましょう。

プラチナカード専用のコンシェルジュサービス

三井住友VISAプラチナカードを所有するメリット1つ目は、コンシェルジュサービスが使える点です。

グレードの高いクレジットカードの定番サービスであるコンシェルジュサービスですが、三井住友VISAプラチナカードでは24時間年中無休で使えます。

コンシェルジュサービスでは、航空券・ホテル・レストランの予約サービスや、旅行時にパスポートを紛失したときの対応まで、さまざまな対応をしてくれます。

またプラチナワインコンシェルジュというサービスもあり、ソムリエ田崎真也氏が厳選したワインを特別販売してくれるサービスもあります。

わざわざ自分で予約をする必要がないので、かなり時間の節約になるサービスですよ。

国内空港ラウンジは同行者1名も利用無料

三井住友VISAプラチナカードを所有するメリット2つ目は、空港ラウンジが使える点です。

三井住友VISAプラチナカード所有者は国内主要空港のラウンジが無料で使えるので、飛行機出発前の時間が優雅に過ごせます。

ラウンジにはソフトドリンク・電源・Wi-Fiなど快適に過ごせる環境が整っているので、旅行をする人にとっては嬉しいサービスですね。

さらに三井住友VISAプラチナカードの場合、同行者1名も無料で空港ラウンジが使えます。

同行者は別料金になるカードも多いですが、無料で使えるので夫婦での旅行では喜ばれること間違いなし。

飛行機に乗るときは、ぜひ空港ラウンジを活用しましょう。

ホテルのアップグレードができるプラチナホテルズ

三井住友VISAプラチナカードを所有するメリット3つ目は、国内約50のホテル・旅館で優待料金・部屋や料理のアップグレードができるプラチナホテルズです。

プラチナホテルズの対象になっているのは、パークハイアット東京・ホテル日航大阪・ホテルオークラ福岡など一流ホテルばかり。

ホテルによってアップグレードされる内容は異なりますが、三井住友VISAプラチナカード会員だけの特別なサービスが受けられます。

さらに国内約10のスペシャルプライスホテルズでは、スイートルームを50%オフで予約できます。

スペシャルプライスホテルズには、シェラトン都ホテル東京・ウェスティンホテル大阪・グランドプリンスホテル広島など、こちらも一流ホテルばかり。

大切な人との記念日をスイートルームで過ごす。

そんな素敵なデートを、三井住友VISAプラチナカードがあれば実現できますよ。

高級レストランのコースが1名分無料になるプラチナグルメクーポン

三井住友VISAプラチナカードを所有するメリット4つ目は、東京・大阪を中心に約100店舗の一流レストランのコースを2名以上で予約すると1名分が無料になるプラチナグルメクーポンです。

対象のレストランは高級でオシャレなレストランばかりなので、夫婦だけのデートにはもってこい。

高級レストランで記念日を過ごせば、夫婦の仲が深まること間違いなしです。

また国際ブランドでMasterCardを選んだ場合、ダイニングby招待日和というサービスも受けられます。

ダイニングby招待日和は全国約200のレストランで、プラチナグルメクーポンと同様2名以上のコース料理が1名分無料になるサービス。

プラチナグルメクーポンは東京・大阪が中心ですが、ダイニングby招待日和では名古屋・福岡・広島などの都市のレストランも対象です。

そのため東京・大阪以外に在住の方は、国際ブランドにMasterCardを選んだ方がいいでしょう。

三井住友VISAプラチナカードは名前にVISAが入っているクレジットカードですが、実はMasterCardを選んだ方がサービスは充実していますよ。

プライオリティパスなどが選べるメンバーズセレクション

三井住友VISAプラチナカードを所有するメリット5つ目は、さまざまなサービスから1つが選べるメンバーズセレクションです。

メンバーズセレクションで選べるサービスは

  • 名医によるセカンドオピニオンサービス
  • 海外空港ラウンジが無料で使えるプライオリティパスの発行
  • 上質なビジネスアイテムのプレゼント
  • 食器など暮らしを彩るライフアイテムのプレゼント
  • 一級品ゴルフボールや好きな花などが自由に選べるカタログ
  • 各地の名産品から好きなものが選べるプレゼント

どれも非常に魅力的なサービスですが、この中でオススメなのはプライオリティパスの発行です。

三井住友VISAプラチナカードの特典では国内空港ラウンジが無料で使えますが、海外空港ラウンジは使えません。

プライオリティパスを発行すれば世界140か国1,200か所以上の空港ラウンジが使えるようになるので、海外に行く人にとってはかなり便利なサービスです。

海外に行く機会が少ない人は他のサービスでもいいですが、海外に行く機会が多い人はプライオリティパス一択と言ってもいいくらいお得なサービスですよ。

その他特典も満載

ここまで三井住友VISAプラチナカードの特典について解説してきましたが、実はここまでに紹介しきれなかった特典もたくさんあります。

ここまで紹介しきれなかった三井住友VISAプラチナカードの特典としては

  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで特別なカードラウンジに入れる
  • 会員制ゴルフ場に入れる(MasterCardのみ)
  • カーシェアリングの入会特典プレゼント(MasterCardのみ)
  • 旅行商品の優待価格(VISAのみ)
  • 大丸東京・名古屋栄にあるラウンジが利用可能
  • 中国で使える三井住友銀聯(ぎんれん)プラチナカードの提供

ここで紹介したサービスはあくまで一部で、三井住友VISAプラチナカードには他にも優れた特典がたくさんあります。

これらのサービスを使いこなせば、年会費の元をとれるどころかかなり充実した生活が送れますね。

三井住友VISAプラチナカードは基本スペックが高いプラチナカード

ここまで三井住友VISAプラチナカードについて解説してきましたが、三井住友VISAプラチナカードは基本スペックがかなり高いカードであることがおわかりいただけたでしょうか。

WEB明細書サービスとマイ・ペイすリボを使えば、年会費が半額以下になりポイント還元率も1%を超えます。

このスペックだけでもかなり優秀なうえ、特典もかなり充実しています。

たとえばメンバーズセレクションで選べるプライオリティパスは、通常年会費が399ドル(日本円で約43,600円)なので、これが無料でつくだけでも年会費のもとがとれてしまいます。

さらにプラチナグルメクーポン・プラチナホテルズを使えば高級なレストラン・ホテルが安くなるので、かなりお得ですね。

プラチナカードは特典が充実しているカードが多いですが、三井住友VISAプラチナカードも他のカードに負けない特典がありますよ。

高いステータス性を誇る三井住友VISAプラチナカード

さらに三井住友VISAプラチナカードはステータス性でも、他のカードに負けません。

国内のクレジットカードであればステータス性が高いのは、JCBプラチナカードそしてさらに上のJCBザ・クラスです。

しかし三井住友VISAカード自体のイメージがいいことから、ステータスでは引けを取りません。

ステータスの考えは人によるので、ダイナースクラブやアメックスのプラチナ・ブラックカードを特別視する人もいます。

しかし実際生活していく上では、プラチナカードを持っていればそれだけでステータスを示せる機会がほとんど。

クレジットカード好きや業界人でもない限り、正直そこまで差がありません。

三井住友VISAプラチナカードは、ステータス面でも優れたクレジットカードですよ。

三井住友VISAプラチナカードに関するQ&A

ここまで三井住友VISAプラチナカードについて解説してきましたが、最後にQ&A形式で三井住友VISAプラチナカードについて補足していきます。

Q. 三井住友VISAプラチナカードの年会費は元がとれる?

A. 年会費の元は十分とれます。

三井住友VISAプラチナカードは年会費50,000円ですが、WEB明細書サービスとマイ・ペイすリボを使えば24,000円まで下げられます。

また三井住友VISAプラチナカードにはさまざまな特典が用意されており、それらを活用すれば十分に元がとれます。

プラチナホテルズやプラチナグルメクーポンを使えば1回で数万円の割引がききますし、他にも特典が満載。

年会費・ポイント還元率・特典内容を総合的に考えても優れたクレジットカードなので、年会費を気にしている人は心配せず申し込みをしましょう。

Q. 三井住友VISAプラチナカードの審査に通らなかったらどうする?

A. 三井住友VISAゴールドカードに申し込みをして利用実績を積みましょう。

三井住友VISAゴールドカードは一つ下のグレードですが、そこで実績を積めばいずれ三井住友VISAプラチナカードの審査に通る可能性が高くなります。

また三井住友VISAゴールドカードの審査にも通らなければ、まずは三井住友VISAカードに申し込みましょう。

三井住友VISAカードはブランド性を高めるために審査を厳しくしているので、審査に通らない場合コツコツと実績を積んでいきましょう。

Q. 三井住友VISAプラチナカードでポイントを効率よく貯めるためには?

A. クレジットカードで支払えるものは三井住友VISAプラチナカードに切り替えましょう
三井住友VISAプラチナカードは支払い額に応じてボーナスポイントがもらえます。

そのため支払いを三井住友VISAプラチナカードに集中させればボーナスポイントがもらえて、ポイント還元率がさらによくなります。

さらに高島屋・東急ハンズなどで事前エントリーすると優待が受けられるココイコ!や、Amazon・楽天市場などがあるポイントUPモールを使えばよりポイントが貯まりやすくなります。

通常ポイント還元率は0.5%の三井住友VISAプラチナカードですが、うまく活用すればポイント還元率1%以上を達成できます。

三井住友VISAプラチナカードはポイントが貯まりやすいクレジットカードなので、うまくポイントを貯めて生活をより充実させていきましょう。

三井住友VISAプラチナカードの審査に合格してステータスを手に入れよう

ここまで三井住友VISAプラチナカードの審査・スペック・特典などについて解説してきました。

三井住友VISAプラチナカードは年会費に比べて、ポイント還元率が高く特典もかなり充実しています。

審査難易度も下がりつつあるので、みなさんも三井住友VISAプラチナカードを手に入れて、高いステータスを獲得しましょう