paypay銀行カードローン審査は甘い?審査基準や流れを全て解説

PayPay銀行カードローン

paypay銀行カードローンってどうなの?

 

paypay銀行カードローンの審査は厳しいのかな…?

このようにpaypay銀行カードローンに興味はあるけれども、詳しくないから利用するのをためらっているという人も多いのではないでしょうか?

ここではpaypay銀行カードローンの審査から利用開始するまでの全てを解説しています。

paypay銀行カードローン特徴や審査基準から流れまで分かります。

paypay銀行カードローンに興味があるけど、なかなか申し込みができないという人は本記事で紹介する内容を参考にしてみると良いでしょう!

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

paypay銀行カードローンとは?

金利1.59〜18%
利用限度額1,000万円
融資スピード最短翌日
申込方法インターネット

paypay銀行カードローンとは、実店舗を持つことなくインターネットでのみ取引をする「ネット銀行のカードローン」のことです。

もともとはジャパンネット銀行という名前でしたが、2021年4月5日よりpaypay銀行と名称が変わりました。

paypay銀行は「paypay銀行」「ジャパンネット銀行」の普通預金口座を持っていれば翌日に融資を受けられます。

またネット銀行カードローンのため、銀行の営業時間にとらわれずに利用ができるという点が魅力的です。

仕事などで平日が忙しい人にとってはありがたいカードローンといえるでしょう。

paypay銀行カードローンの特徴5つ

paypay銀行カードローンの特徴はいくつかあります。

代表的な特徴は次の5つです。

  • スマホで簡単申し込みが可能
  • 返済日の選択肢が多い
  • 初回30日間は無利息
  • 限度額が1,000万円
  • 最短60分で審査が完了

では順番に見ていきましょう。

スマホで簡単申し込みが可能

paypay銀行カードローンの特徴1つ目に「スマホで簡単申し込みが可能」という点があげられます。

ネット銀行ということもあり、すべて申し込みがWEB上でできます。

画面に従って操作をすると、paypay銀行の申し込みフォームへ進みます。

そのまま必要事項を入力するだけで、申し込みが完了となります。

また、本人確認書類の提出もWEBにアップロードをするだけです。

わざわざ郵送をする必要もないため、簡単に本人確認書類の提出ができますよ。

本人確認をアップロードするときは「写真が見切れていないか」と「鮮明に映っているか」を確認するようにしてください。

もし、正しく本人確認書類がアップロードされていないと再提出をしなくてはならないということに。

なるべく審査をスムーズに終わらせるためにもお伝えした内容に注意して、本人確認を提出するようにしてくださいね。

返済日の選択肢が多い

paypay銀行カードローンの特徴2つ目に「返済日の選択肢が多い」という点があげられます。

paypay銀行カードローンでの返済日は毎月1日~28日と月末から選択ができます。

返済日を選べるカードローンは増えていますが、ここまで選択肢の幅が広いカードローンは見たことがありません。

返済日の選択肢が多いことから自分のライフスタイルに合わせた返済計画が立てられます。

無理をして返済計画を立てる必要が無くなりますので、返済の負担を少しでも減らせるようになるでしょう。

初回30日間は無利息

paypay銀行カードローンの特徴3つ目に「初回30日間は無利息」という点があげられます。

paypay銀行カードローンは初回の1か月間は利息0円でお金を借りられるのです。

そのため、1か月以内に全額返済する予定がある人は、無利息でお金を借りられます。

このような無利息期間サービスを設けているカードローンは少ないため、貴重なカードローンといえるでしょう。

ただし、すべての人が無利息期間サービスを受けられるという訳ではありません。

次のような特徴がある人は対象外となります。

  • 返済の延滞をした
  • 契約を締結し直した
  • 解約をした
  • 規定違反をした

普通に利用していれば対象外になることはありませんので、当たり前のことは当たり前におこなうように心がけてくださいね。

限度額が1,000万円

paypay銀行カードローンの特徴3つ目に「限度額が1,000万円」という点があげられます。

paypay銀行カードローンの借入限度額は1000万円と他社と比べても高いです。

銀行系カードローンの場合は一般的に500万円~800万円が限度額として設定されています。

このように比較をしてみるとpaypay銀行カードローンの借入限度額が高いことが分かりますよね。

まとまったお金が必要という人にとってはぴったりのカードローンといえるでしょう。

ただ、すべての人が1000万円借りられるという訳ではありません。

借入限度額は審査結果によって、金額が決まります。

また、希望借入額が高くなればなるほど審査基準も厳しくなりますので、自分の収入に合った借入額を選択するようにしてくださいね。

最短60分で審査が完了

paypay銀行カードローンの特徴5つ目に「最短60分で融資可能」という点があげられます。

一般的に銀行系カードローンは審査結果が分かるのに1週間ほどかかるといわれています。

しかしpaypay銀行の仮審査結果は最短60分で分かるため、急いでいる人にとってはありがたいです。

ただ、銀行系カードローンは即日融資に対応していないため、最短で融資できるのは翌日になります。

どうしても即日融資をしてほしいと考えている人は銀行系カードローンの利用は諦めて消費者金融を利用するようにしてくださいね。

paypay銀行カードローン審査が甘いといわれる3つの理由

スマホー女性

paypay銀行カードローンは一般的な銀行系カードローンに比べると審査が甘いといわれています。

なぜpaypay銀行カードローンは審査が甘いといわれているのでしょうか?

大きな理由として次の3つがあげられます。

  • アルバイトでも審査が通る
  • 無職や専業主婦でも申し込める
  • 総量規制を超えていても融資可能である

では順番に見ていきましょう!

アルバイトでも審査が通る

paypay銀行カードローン審査が甘いといわれる理由1つ目に「アルバイトでも審査が通る」という点があげられます。

銀行系カードローンは「雇用形態」などを審査で重要視しているところも多いです。

実際にアルバイトやパートでは審査に通らないというカードローンも多くあります。

一方、paypay銀行カードローンであれば安定した収入さえあれば審査に通ることが可能です。

安定した収入とは、毎月8万円ほどの収入を継続していれば安定していると判断されるでしょう。

そのため、アルバイトをしている学生でも審査に通る可能性は大いに考えられます。

アルバイトがカードローンの審査に通ることは少ないため、審査に通りやすいといわれている理由の1つです。

無職や専業主婦でも申し込める

paypay銀行カードローン審査が甘いといわれる理由2つ目に「無職や専業主婦でも申し込める」という点があげられます。

無職や専業主婦など、収入がない人が融資を受けるには「配偶者貸付」を利用したいと伝えると申し込めます。

配偶者貸付というのは、配偶者と自分の収入を合わせた3分の1の金額を融資できる制度のことです。

普通であれば、無職や専業主婦は貸付できないのですが、配偶者に返済能力のある人がいれば融資を受けられます。

配偶者貸付を行っている銀行系カードローンは本当に稀であるため、無職や専業主婦の人はpaypay銀行カードローンを利用するようにしましょう!

このように誰でも貸し付け対象になることから他のカードローンに比べて審査が甘いといわれています。

総量規制を超えていても融資可能である

paypay銀行カードローン審査が甘いといわれる理由3つ目に「総量規制を超えていても融資可能である」という点があげられます。

一般的にカードローンは「総量規制」という制限があり、年収の3分の1までしか借り入れすることはできません。

しかし、paypay銀行は銀行法に沿って運営しているため、総量規制」の対象にはならないのです。

そのため、paypay銀行カードローンは総量規制を超えていても融資を受けられます。

総量規制を超えた融資が可能なため、比較的他のカードローンよりも審査が甘いといわれています。

ただし借入額が多く、返済能力が低いと判断されてしまっては審査に落ちてしまうでしょう。

どんなに借りていても審査に通るという訳ではありませんので、覚えておいてくださいね。

paypay銀行カードローンが向いている人・向いていない人

キャッシング-女性のはてな3

paypay銀行は特徴的な銀行カードローンのため、向いている人と向いていない人がはっきりとしています。

ではどのような人が向いていて、どのような人が向いていないのでしょうか?

順番に見ていきましょう。

向いている人

paypay銀行カードローンが向いている人の特徴は次の通りです。

  • 審査結果をすぐに知りたい人
  • 簡単に申し込みをしたい人
  • 無利息期間を利用したい人
  • 多額の融資を受けたい人

このように考えている人はpaypay銀行カードローンが向いているといえるでしょう。

ここまで簡単に申し込みができて、審査結果もすぐにわかる銀行系カードローンはなかなかありません。

また、無利息期間を設けている銀行系カードローンも少ないです。

このようにほかのカードローンに比べて特徴のある商品ではありますので、向いている人はかなり有効活用ができるでしょう。

自分が向いている人の項目に当てはまっているか改めて確認してみましょう。

向いていない人

paypay銀行カードローンが向いていない人の特徴は次の通りです。

  • ネットをあまり利用しない人
  • 即日融資を受けたい人
  • 少額融資で長期的に返済をしていきたい人

このような人はpaypay銀行系カードローンは向いていないかもしれません。

paypay銀行カードローンはWEBですべて完結して行うため、全くネットの使い方が分からないという人は不便に感じてしまうでしょう。

もちろん、分かりやすく画面に沿って進めていけば何も問題なく申し込むことができます。

ただネットの基本的な操作ができない人には向いていないといえるでしょう。

また銀行カードローンのため、即日融資には対応していません。

絶対に今日中に融資を受けたいと考えているのであれば、銀行系カードローンは諦めて消費者金融を利用するようにしてください。

他にも少額融資で長期的に返済していきたい人は金利が高くなるため、注意が必要です。

金利は1.59%~18.0%と幅が広く、借入額によって変動します。

借入額が少なければ少ないほど金利が高くなってしまうため、損をしてしまう恐れもあります。

無利息期間があるため、短期的に返済を考えているのであれ場問題ありませんが、何年もかけて少額の融資額を返済するのは損をしてしまう可能性が高いので避けるようにしてくださいね。

paypay銀行カードローン申し込み・審査・借入開始の流れ

paypay銀行カードローン申し込み・審査・借入開始の流れは上記の通りです。

では順番に見ていきましょう。

WEB申し込み

WEB申し込みでは申し込みフォームを入力する必要があります。

申し込みフォームの入力事項は次の通りです。

  • 契約者情報
  • 連絡先・家族の状況など
  • 勤務先情報
  • 希望借り入れ内容
  • 他社での借り入れ状況
  • 取引目的の確認

事前に入力事項を知っておくことで、スムーズに申し込みができるようになります。

申し込む前にこちらの入力事項に目を通しておくようにしましょう。

また、審査を通過したいからといって虚偽の申告をすることはいけません。

虚偽の申告をしたとしても審査でばれてしまうので、絶対に正しい情報を申告するようにしてくださいね。

虚偽の申告をすることで審査に落ちてしまうことや罪に問われてしまうこともあります。

入力ミスなどにも気を付けて申し込みフォームを入力していきましょう。

本人確認資料の提出

本人確認書類の提出は「アプリで提出」か「郵送」が選べます。

本人確認書類の提出をするのであればアプリで提出すると良いでしょう。

郵送だと届くのに時間がかかるため審査もスムーズに行えません。

一方、アプリで本人確認書類の提出するとすぐに確認できるため、審査もスムーズに行えます。

アプリで提出をする際は鮮明に撮れているかを確認してからアップロードするようにしてくださいね。

審査

審査には仮審査と本審査の2つ審査があります。

仮審査であれば最短で60分ほどで審査結果がメールで届きます。

仮審査に合格することで本審査に移ります。

本審査では信用調査などもおこなうため、少し時間がかかります。

信用情報に問題がなければ本審査も通過できますので、本審査の結果連絡が来るまで待ちましょう。

初期設定

口座を新しく作成した人は初期設定をおこないます。

初期設定の方法は「トークンアプリ」をダウンロードして、paypay銀行の初期設定をします。

トークンアプリとは、セキュリティアプリのことです。

このアプリを利用することによって、payay銀行の設定が可能になります。

借入開始

初期設定が終了すると借入開始となります。

paypay銀行カードローンの借り入れ方法は次の3つがあります。

  • アプリから借り入れ
  • ホームページから借り入れ
  • ATMから借り入れ

自分に合った借り入れ方法を選びましょう!

24時間いつでも利用したいのであれば、「アプリ」「ホームページ」の利用がおすすめ。

現金をすぐに受け取りたいのであれば「ATM」で借入すると良いですよ。

その時のニーズに合わせて借り入れ方法を選択できるのでおすすめです!

paypay銀行カードローンよりおすすめしたいカードローン2選!

今回はpaypay銀行カードローンの審査事情を中心に解説しました。

使いやすいカードローンではありますが、今はpaypay銀行カードローンよりおすすめしたいカードローンが2つあります。具体的には以下の通りです。

■おすすめカードローン2選

カードローン名金利利用限度額融資時間申込方法借入方法
①バンクイック1.8%~14.6%10万円~500万円最短翌営業日Web、電話提携ATM、振込
②アコム3.0%~18.0%1万円~800万円最短即日Web・電話・店舗・郵送・無人店舗振込、提携ATM、アコムATM、店頭窓口

①バンクイック

バンクイック

金利1.8%~14.6%
利用限度額10万円~500万円
融資時間最短翌営業日
申込方法Web、電話
借入方法提携ATM、振込

バンクイックは三菱UFJ銀行の提供するカードローン。

月1,000円から返済ができるため、計画的に返済を進めやすいのがポイントですね。

\審査結果は最短翌日!月1,000円から返済OK!/

②アコム

アコムバナー

金利3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
融資時間最短即日
申込方法Web・電話・店舗・郵送・無人店舗
借入方法振込、提携ATM、アコムATM、店頭窓口

Web申込での最短即日融資を希望するなら、消費者金融のアコムがオススメです。

初心者向けのカードローンで、はじめての利用だと最大30日間利息が0円になるのがポイント。

また利用限度額は800万円と比較的高いため、まとまったお金をすぐ借りたい方におすすめですね。

\はじめてなら最大30日間利息ゼロ円/

paypay銀行カードローンは他社よりも審査が通りやすい!

スマホで比較検討する女性

paypay銀行カードローンは他の銀行系カードローンよりも審査が通りやすいといわれています。

審査が通りやすいといわれている理由は次の通りです。

  • アルバイトでも審査が通る
  • 無職や専業主婦でも申し込める
  • 総量規制を超えていても融資可能である

他の銀行系カードローンに比べると規制も少ないため、気軽に審査に申し込めるといった特徴があります。

そのため、paypay銀行カードローンが向いている人はぜひ活用していくことをおすすめします。

これからpaypay銀行カードローンを利用したいと考えている人は本記事で紹介した内容を参考にしてみてくださいね。