最短即日融資が可能な『プロミス』
プロミス
おすすめポイント
  • Web申込なら最短1時間融資も可能
  • 2020年度オリコン顧客満足度ランキング1位
  • 郵送物なし!全て手続きをWeb申込みで完結可能
実質年率
4.5%〜17.8%
限度額
500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
無料審査申込みはこちらから

カードローンで嘘をついて審査に通過すると後でとんでもないことに…。詐欺罪で…

カードローンの審査について

カードローンの審査を申し込みの際に少しでも通りやすくしようと思ったり、借入限度額をあげるために嘘の年収や職業、勤続年数などを記入して申請してしまう人がいます。

しかし、カードローンを提供する消費者金融会社も銀行も貸したお金の回収には全力ですから、当然そのような嘘は対策済みです。

結論から言いますと、カードローンの審査申し込みにおいて嘘をついて良い事などありませんよ。

利用目的などの審査や借入限度額に大きな影響を与えない、確認しようのない嘘なら問題ないです。

しかし、年収や職業といったものは確認が可能なので絶対にバレますし、本当であればいくらかは貸してくれたはずなのにそれさえ無くなってその会社からはもうカードローンで融資を受ける事は難しくなる可能性もあります。

今回の記事では、カードローンの申し込み時にどのような嘘をつくのが多いか、もしカードローンの申し込み審査で嘘がバレてしまったらどうなるのかについて書いていきます。

そもそもなぜ嘘をつくのか

事故や入院、その他特別な事情などで急に大きなお金が必要になったという人を除いて、カードローンの利用者の多くは、基本的に生活の苦しい経済的に余裕のない人が多いです。

なので既に他の消費者金融会社や銀行からの借入があったり、そもそも年収が少なく設定される限度額が低かったり、職業も安定していないフリーターなどで生計を立てていることがあります。

その場合、申請書に正直に記入してしまうと審査に通りづらくなっていたり、仮に審査に通ったとしても融資額は最小に設定されてしまう可能性が高い為、嘘をついてでも審査に通ろうとするのです。

それでは、以下よりカードローンの申請時にどのような嘘が使われることが多いのか、紹介していきます。

カードローン申請時につきがちな嘘

カードローンの申請時に嘘をつくとき、どのような嘘が多いのか気になりますよね。

いないとは思いますが、嘘の記載をして審査に通過してやろうとたくらんでいた人は、次から紹介するような嘘は多すぎて消費者金融会社も銀行も対策済みなのでやめましょうね…。

それでは、カードローン申請時につきがちな嘘について書いていきますよ。

年収

年収=返済能力です。

年収はカードローンの審査基準の中でもっとも重要視され、年収をベースに借入限度額が設定されます。

なので年収の嘘さえバレなければあとは、どうにでもなるという考えから嘘の年収を記入してしまうのでしょう。

年収は収入証明書から確認が取れてしまいます。

収入証明は以下の場合、提出書類としてどの金融会社でも必要になります。

  • 50万円以上の借入
  • 総量規制以上の借入がある場合

年収を偽ってまで多額のお金を借りようとするのは、不可能です。

職業

以外かもしれませんが、職業も審査のポイントが高いため、良くつかれる嘘の一つです。

公務員や大企業の社員など、安定性があればその分返済能力が高いと見られますし、医者や弁護士などの国家資格が必要な職種は替えが利かないため借入限度額が高く設定される傾向にあるのです。

公務員や大企業の方なら、まだしも医者や弁護士の方がカードローンに手を出すかは謎ですが…。

在籍確認ですぐバレます

カードローンの審査には必ず、在籍確認という作業があります。

申告された会社に本当に勤めているのかを確認するために、消費者金融の方の個人名を使って、会社に電話をかけます。

そんな人はいないとなれば、その時点でバレます。

偽装在籍会社

世の中には悪いことを商売にしようとする人がいます。

上述した在籍確認を回避するための、偽装在籍確認を商売にしている会社があります。

申請書にこの偽装会社の名前を書いて、消費者金融会社や銀行が在籍確認が来た時に在籍していないのにも関わらず、在籍していますと答えるのです。

流石にそこまでしてお金を借りようという方は多くないと思いますが、これは詐欺罪に当たります。

そもそもそこまでしてお金を借りようとしている人は、偽装会社に払うお金を一体どうやって作っているのでしょうか…?

勤続年数

勤続年数も審査のポイントとしては高いです。

上述の公務員が安定性があるから限度額が高く設定されたように、勤続年数が短いと収入の安定性に難があると見られてしまうので、借入限度額を低く設定されてしまうことがあるのです。

何もやましいことは無いのに、転職したてで急にまとまったお金が要りようになった際に、勤続年数が一年以下じゃ審査に通るか心配ということで嘘の記載をしてしまうこともあるようです。

他の金融会社からの未返済金額

お金に困った男性

審査のポイントとして、他の消費者金融会社や銀行から現在お金を借りているか、その額はどれくらいかというのも大きく影響してきます。

当然ですが、他にも借入がある人にお金を貸しても自分達への返済が後回しにされてしまう可能性がありますから、かなり回収リスクが高いです。

一見報告さえしなければ、バレなさそうな嘘ですが、金融機関には信用情報といって他社から借入があるのか、その額はどれくらいかなどの詳細なデータが簡単に見れてしまいます。

信用情報があるのになぜ申請書にも改めて記載させるのかというと、その人のお金に対する意識を見る為です。

嘘をついてまで借りようとする人と他にも借入があるのをしっかり報告したうえでさらに借りようとしている人、どちらも行動自体は変わりませんが、後者の報告してきた人の方が返済をしっかりしてくれる気がしませんか?

自分がどれだけお金を借りているのかという自覚の有無は、審査に大きく影響するのです。

カードローンの審査で嘘をつくのはデメリットしかない

スマホを見つめて首を傾げる女性

上述した様にカードローンの審査で嘘をついてもほとんどバレてしまうのがオチです。

当然、嘘がバレた時点でその消費者金融会社もしくは銀行のカードローンの審査には間違いなく落ちます。

それだけでなく他にもたくさんのデメリットが存在します。

以下からそのデメリットについて書いていきます。

嘘がバレた時点で融資金額の全額返済

嘘がバレずに審査に通り、まとまったお金を借りる事ができたとしても、そのあとに嘘の記入をしていたことがバレれば、返済期限を待たずにすぐに融資金額の全額の返済を求められます。

全額を返済すれば許してくれるので、まだ優しい方ですよね。

あなたは嘘の情報でお金を借りたのですから、詐欺罪で訴えられてもおかしくないところなのです。

もし、既に借り入れたお金の大半以上を使ってしまって返済できない場合は、その消費者金融会社や銀行が然るべき対処をされると思います。

信用情報に嘘をついて借入をしようとしたことが載る

上述した他の金融会社から借入があるのか、いくら未返済の借入額があるのかというのが見れる信用情報にあなたが嘘をついてまでお金を借り入れようとした経験が載ります。

そうなれば、当然ですがこれから先どこの消費者金融会社、銀行でも確実に審査が通りにくくなります。

このことを信用情報に傷がつく、と言います。

嘘をついたせいで結局お金が借りれなかったうえに、これから先の融資を受けるのにも苦労することになるのです。

在籍確認に偽装会社を使用した場合などは詐欺罪に問われることも

嘘がバレてお腹が痛くなる

在籍確認時に偽装会社などを利用していた場合、詐欺罪に問われる可能性があります。

偽装会社を使うということは、自身の収入面からの返済能力に問題があって確信犯として偽装会社に頼んでいるということになります。

架空の経歴を生み出して、返せるかどうかわからないお金を人(消費者金融)から借りる、借りた時点で立派な犯罪ですよね。

審査の通過に自信がないなら中小消費者金融がおすすめ

審査の通過に自信がないなら中小消費者金融会社がおススメです。

嘘をついてしまうのは、自分の年収や職業、複数の会社から借入している状況など審査の通過に自信がないからです。

確かに、大手の消費者金融や銀行の場合、審査には自動の加点式システムを導入していて一定の点数を下回った段階で審査に落ちてしまうので難しいかもしれません。

上述のように過去に嘘の情報を記入して信用情報に傷がついている場合など、審査の通過は絶望的といえるでしょう。

しかし、あくまで自動審査システムを導入している大手や銀行の話です。

地元密着型の中小消費者金融などは、審査が甘いということはありませんが、自動での審査の他に社員がその人を見て判断するというところがあります。

即日審査、即日融資とはいかないかもしれませんが、過去の経歴や返済が滞った経験があるなどの信用情報ではなく、今現在の返済能力を見てくれる可能性があるのです。

つまり、審査は甘くはないですが、柔軟に対応をしてくれるのです。

もし、大手の審査に落とされてしまった場合でもあきらめずに中小消費者金融で審査をお願いしてみましょう。

中小消費者金融の審査が通りやすい時期

中小消費者金融には中小ならではの審査が通りやすい時期が存在します。

その審査が通りやすい時期を紹介していくので中小消費者金融でのカードローンに興味を持ったら参考にしてみてくださいね。

月末

日本の多くの会社は、月末に給料日を設定していることが多いです。

給料が入っているのにお金を借り入れよう!とはなりませんよね。

こんな時期は中小消費者金融は少しでも売り上げノルマをあげるために審査が通りやすくなる傾向にあります。

ボーナス時期

上述した給料日と同じでお金が入ってきたときにカードローンを使用する方が少ないです。

夏の賞与、冬の賞与後は給料日以上にカードローン会社にとって厳しい時期でしょう。

消費者金融のキャンペーン時

なぜ、キャンペーンをやっているのか考えればわかります。

売上が欲しいから、キャンペーンでお客さんを集めたいからですよね。

お客さんを集めたいと考えているということは、多少審査の基準を下げてでも貸し出してくれる可能性が高まるということです。

審査を全て加点式のシステムが自動で行う大手ではなく、人の審査が入り、審査基準が柔軟な中小消費者金融だからこそ可能なテクニックです。

中小消費者金融でお金を借り入れる際の注意点

一見、柔軟な審査をしてくれるという点でメリットが大きいように思える中小消費者金融ですが、中小消費者金融でお金を借り入れることにも注意すべき点があります。

その注意すべき点についていくつか書いていきますね。

大手消費者金融に比べて金利が高い

中小消費者金融は、大手よりテレビCMや広告費などに大きなお金をかけれないので、人が集まりにくいです。

人が集まりにくいということは、その分一人一人から得られる利益を大きくしなければなりません。

よって、経営していくための手段として大手より金利が高いという特徴があります。

中小消費者金融のターゲットは大手の審査落ち

中小消費者金融の主なターゲットは、大手の消費者金融会社の審査に落ちた人たちです。

自動的なシステムで振るい落された人をシステムと人を合わせた厳重かつ柔軟な審査で現状での返済能力を見極めて、お金を貸します。

つまり、大手の審査に落ちた人=回収リスクが高いと大手に判断された人にお金を貸すので、お金を貸すリスクが高くなります。

原資の回収リスクが高い以上、金利を高く設定するのはしょうがないことと言えます。

自動契約機やWEB完結などの簡易的な審査がない

大手消費者金融のように全国各地に自動契約機が設置されていたり、WEB上で完結できる審査が可能なところは、中小消費者金融には少ないです。

審査の申請なども店舗に直接いって行うことが多いです。

しかし、上述したようにあなたの信用情報のみで自動判断せずに現状の返済能力を人と人の話し合いで見極めるのが柔軟な審査をしている中小消費者金融です。

今は返済能力があるのに、大手には過去に傷のついた信用情報だけで審査に落とされてしまう…と困っているのならここら辺は我慢すべきところでしょう。

闇金かどうかをしっかりと見極める

法律で定められた以上の金利をかけてお金を融資する金融会社のことを闇金と言います。

このような闇金は足元を見た法外な金利で債務者を追い詰めたり、社員事態の質も悪く、執拗に悪質な取り立てを行い、債務者を精神的に追い詰めます。

中小消費者金融を選ぶ際は、しっかりと金利などを確認して闇金かどうかを見極めてから借入をするようにしましょう。

おすすめの中小消費者金融会社

上述のように無駄に嘘をついてまで大手の消費者金融にお金を借りようとして、ほぼバレるのにも関わらず、リスクを背負うのは馬鹿らしいです。

それなら、予め柔軟な審査をしてくれる中小の消費者金融会社に融資をお願いした方が多少金利は高くなりますが、借入られる可能性が高いです。

そこで、おすすめの中小消費者金融会社をいくつか紹介していきます。

大手の審査に通る自信はない…でも、まとまったお金が必要という方は、是非参考にしてみてください!

フクホー

審査の通過を消費者金融選びの基準据えるなら、間違いなくフクホーがおすすめの中小消費者金融になります。

特に10万円以下の融資の場合は、もはや「甘い」とまで言い切れる審査の柔軟さを持っています。

信用に傷があって「ブラック」認定されていても、融資可能など過去の信用より現在の返済能力を特に見る金融会社と言えるでしょう。

フクホー株式会社は闇金なのか?
中小消費者金融について多少知識がある人ならば「フクホー」の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 「大手消費者金の審査に落ちた」だとか、「信用情報にブラックな記録があるから審査に通らない」など、消費者金融の審査に不利な方でも審査...

セントラル

即日審査・即日融資ができる中小消費者金融は、かなり少ないのですがセントラルは即日融資が可能な中小消費者金融になります。

  • WEB申請
  • 自動契約機
  • コンビニ申請

関東、関西を中心に展開していますが、そこの地域に住まれていて、大手の審査に落ちた方にとってはかなり助かる中小消費者金融です。

自動契約機、WEB申請だと大手と同じでシステムで自動的に落とされてしまうのではないか、と心配されるかもしれません。

しかし、中小消費者金融である以上、あくまでターゲットは大手の審査に落ちた方です。

独自の審査基準を取り入れているので、その辺も安心できます。

セントラルは即日融資に対応!即日借り入れるための条件は?
近年関東にも多く店舗を出店し、名前が徐々に知られてきた「セントラル」 アコムやアイフルといった大手消費者金融とは違った、細かなサービスから人気が出始めている会社です。 そんなセントラルですが、果たしてどのような会社で即日融資は可...

ライフティ

1000円から借入が可能なので、少額を設定すれば無収入でない限りほぼ審査に通過する中小消費者金融会社がライフティです。

また、審査の通過基準が柔軟なだけでなく、中小消費者金融には珍しく初めての借入の場合に無利息の期間がつきます。

その日数は驚異の35日間で、同じく初めての借入の際に無利息キャンペーンを行っている大手の消費者金融のプロミスより5日間も期間が長いです。

それだけでも優秀なサービス面ですが、キャッシングカードの発行もあり、提携先のセブン銀行ATMからキャッシングが可能になっている点も優秀です。

ライフティは審査次第で高い限度額が可能?即日融資もできる消費者金融を紹介
ライフティは消費者金融としては規模が小さいものの、高額な借入に対応している会社です。 大手で審査に落とされた方も、ライフティで審査を受ければ大きな借入が期待できるかもしれません。 さらに提携しているATMのおかげもあり、色々な場...

地域密着型の中小消費者金融も調べて自分に合った消費者金融を見つけよう

上記した中小消費者金融は、中小の中でもかなりメジャーどころです。

全国各地に様々な審査基準を持ち、様々な独自サービスを売りにしている中小消費者金融は存在しています。

地元の中小消費者金融を調べて、自分の信用情報や収入で借入できるのかサービス面はどうなのか調べて自分に合った中小金融会社を探してみましょう。

【中小消費者金融.biz】利用しやすい安全な中小消費者金融を紹介します
大手消費者金融の審査に通らない方が借りるべきなのが「大手消費者金融」です。 大手消費者金融とは異なる審査基準で審査する中小消費者金融は、金利が高くなること、サービスが弱くなるなどのデメリットがあるものの、多くの人が審査に通ります。 ...

まとめ

カードローンで借入の申請の際に、よくつかれる嘘の種類、嘘は簡単バレてしまうこと、嘘をついた際のデメリットについて書いてきました。

審査の通過や借入限度額の設定をあげるために申請時に嘘をついても、そのほとんどが簡単にバレてしまうこと、仮にその場では審査に通過できたり借入限度額の設定が高くされても後でバレた時に痛い目を見る事がわかりましたね。

嘘をついてまで大手消費者金融の審査に通過をしようとするくらいなら、最初から審査が柔軟で独自の審査基準を設けている中小消費者金融に審査の申請をすればいいのです。

確かに大手に比べると金利は高いですが、過去の信用情報より現状の返済能力を見て、融資の判断をしてくれます。

即日融資にWEB申請、キャッシングカードに対応していたりと大手に引けを取らないほどサービスも充実しています。

嘘をついて無駄に地震の信用情報を傷つけてしまう前に、地元の中小消費者金融を探してみましょう。

あなたにあった金融会社が見つかるかもしれませんよ!