楽天カードの審査基準は?楽天カードの審査について徹底解説!

悩む女性 楽天カード

「楽天カードを作りたいけど、審査に通過するかどうか不安」
CMや広告でもよく見る楽天カードですが、はじめてクレジットカードを作る人はどのような審査がおこなわれるか不安ですよね。

こちらの記事では、そんな人のために楽天カードの審査について徹底解説!
これから楽天カードを作ろうと思っている人は、この記事を参考に楽天カードの審査について詳しくなりましょう。

楽天カードの審査について詳しくなれば、申込もスムーズにできますよ。

目次

楽天カード審査の基本情報

まずは楽天カードの審査について基本的な情報を解説していきます。

楽天カードの申込資格

楽天カードのホームページに記載されている申込資格は以下の通り。

満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く
出典:楽天カード公式ホームページ

非常にシンプルな記載ですね。

ただしこの記載から読み取れることとしては、主婦・アルバイト・パート・学生など、収入が少ない人でも審査に通る可能性があるということ。

クレジットカードは決済した代金を後払いする仕組みなので、収入が多くて安定している人ほど審査に通る可能性が高いです。

しかし楽天カードの場合、主婦や学生など自身に収入がない人でも審査に通過する可能性があることを記載しているので、審査は比較的甘いと言えるでしょう。

楽天カードはCMや広告をたくさん出していることからも、幅広く利用者を探していることがわかります。

今後も楽天カードは積極的に利用者を増やしていくと思われるので、審査基準もしばらく今のままでしょう。

専業主婦や無職でも楽天カードの審査に通過した口コミあり

ちなみに楽天カードの審査について口コミを見てみると、専業主婦や無職の人でも審査に通過したという口コミがあります。

自身に収入がない専業主婦や無職ですが、なぜ審査に通過することができたのでしょうか。

まず専業主婦の場合、主婦本人だけでなく配偶者の情報をもとに審査がおこなわれているからです。

本人に収入がなくても、配偶者に収入があれば家計を一緒にしているので、支払いは滞りなくおこなわれるという判断ですね。

ちなみに学生の場合も同様、本人に収入がなくても両親に収入があれば審査に通過します。

「クレジットカードの支払いが毎月しっかりおこなわれるかどうか」
このポイントをクリアしているのであれば、審査に合格する可能性は十分にあります。

それでは無職の人はどうなのでしょうか。

無職の人が審査に通過する場合、預貯金額が多いケースがほとんどのようです。

つまり現在収入がなくても、預貯金があれば支払いがおこなわれると想定されるので、審査に通過するということですね。

楽天カードは申し込み時に預貯金を選ぶ欄があり、そこで300万円以上の預貯金があると選択すれば審査に通過する可能性が高いようです。

ただし預貯金がないのに預貯金があると嘘の情報を記載すると、審査に落ちます。

無職なのに貯金がある人は何かしらの理由があるので、楽天カードも審査時にはそこを詳しく確認されますよ。

楽天カードは収入と信用情報をもとに審査がおこなわれる

これまでも少し記載しましたが、楽天カードは収入と信用情報をもとにおこなわれます。

収入は多い方が審査には有利ですが、それ以上に収入の安定性が求められます。

アルバイトやパートでも毎月収入がしっかりあれば、楽天カードの審査に通る可能性は高くなります。

一方である月は10万円収入があるが、収入が0の月もあるという人は審査に落ちる可能性があります。

毎月安定した収入を得ることで、楽天カードの審査に通過する可能性は高くなります。

信用情報はのちほど詳しく解説しますが、これまでのクレジットカード・カードローンの支払い情報のことを指します。

他社のクレジットカードで支払いが遅れる人は、楽天カードでも支払いが遅れる可能性が高いと見られて、審査に落ちる可能性が高くなってしまいますよ。

楽天カード審査の流れ

それでは楽天カードの審査は、どのような流れでおこなわれるのでしょうか。

インターネットから必要事項を記入する

楽天カードの申し込みはインターネットがおこなえます。

楽天関連のお店はいくつかありますが、楽天カードの申し込みはインターネットのみ。

楽天カードのサイトにいくと申し込みボタンがあるので、それをクリックして必要事項を記入していきます。

楽天カードの申し込み時には

  • 氏名・住所などの個人情報
  • 会社の従業員数など勤務先に関する情報
  • 預貯金など資産に関する情報

これらの情報を記入します。

会社の従業員数などは会社ホームページを見ながらでないとわからないと思うので、落ち着いて記入していきましょう。

審査にかかる時間について

楽天カードの公式ホームページには、楽天カードは申し込み後約1種間ほどで手元にカードが届くということが記載されています。

しかし実際に楽天カードの審査にかかる時間は、人によって異なります。

楽天カードは審査が数分で終わる人もいれば、回答まで数日かかる人もいます。

これはある程度機械的に審査がおこなわれていることが予測されますね。

つまり年収が高く条件に問題ない人や逆に信用情報がブラックで絶対審査に落ちる人は、機械的に通過するか審査落ちするかを判断しています。

そのため特に問題ない人であれば、すぐに審査通過の連絡がきます。

審査の回答に時間がかかっている人は、審査に通過するかどうか微妙なラインなので、社員が丁寧に審査していため時間がかかっています。

それでも数日で審査結果は届きますので、カードが手元にくるのは1週間ほど見ておけば問題ないでしょう。

カード受取時に身分証明書が必要

楽天カードの申し込み時には身分証明書の提出が必要ですが、カードを受け取るときにも身分証明書は必要です。

楽天カードの審査に通過した人には郵送で楽天カードが届きますが、その時本人限定郵便で楽天カードが届きます。

配達員の人は本人確認のため身分証明書の提出を求めますので、配達員の人に身分証明書を渡しましょう。

本人限定郵便は本人不在時受け取れないようになっているので、確実に受け取れる時間に配送をお願いしましょう。

楽天カードの審査で見られる信用情報って何?

ここまで楽天カードの審査について解説してきましたが、楽天カードの審査では収入と信用情報をもとに審査がおこなわれます。

収入はわかりやすい項目ですが、はたして信用情報とはどのようなものなのでしょうか。

これまでのクレジットカード・カードローンの支払い履歴が記録されている

日本にはCIC・JICC・KSCという3つの信用情報機関があります。

その中のCICのホームページには、以下のような記載がされています。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。

本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
出典:CIC

日本にあるクレジットカード会社やカードローン会社は、信用情報機関に支払い情報が記録されます。

そのため楽天カードの申し込みをしたら、まず信用情報を確認されます。

つまり楽天カードの支払い履歴はなくても、他のクレジットカードを持っている人はクレジットカードの支払い履歴が確認されるということですね。

信用情報に支払いが遅れた履歴が記載されている場合、楽天カードの審査も不利になります。

他社であってもクレジットカードの支払い遅れがあった場合、自社でも支払いが遅れるのではないかということで、審査に落ちやすくなるということですね。

61日以上支払いが遅れるとブラック状態になる

さらに一度でも支払いが61日以上遅れたときは、信用情報がブラックと呼ばれる状態になります。

信用情報がブラック状態になると、少なくとも5年間はクレジットカードが作れません。

もちろん楽天カードの審査にも、即落ちてしまいます。

信用情報がブラック状態になってしまうと、クレジットカードが作れなくなるので人生が大きく変わってしまいます。

今後住宅ローンなど人生に関わるローンにも影響があるので、信用情報はいい状態をキープしておきましょう。

携帯電話料金などの支払い情報も信用情報には記録されている

また信用情報には携帯電話料金などの支払い情報も記載されています。

スマートフォンの本体代金が高くなっていることもあり、スマートフォン本体を分割支払いする人が多いです。

スマートフォン本体代金を分割支払いするということは、ローンを組むと同じこと。

携帯電話料金と共に引き落としがされるので、携帯電話料金の支払いが遅れると本体代金のローン支払いも遅れるということ。

つまり携帯電話料金の支払いが遅れると、信用情報にも遅延記録が記録されます。

携帯電話料金の支払いが遅れることで、信用情報がブラックになることもあるので、支払いはしっかりしましょう。

楽天カード審査についてのQ&A

ここまで楽天カードの審査について解説してきましたが、これまでの内容で説明しきれなかった部分があります。

ここからは楽天カードの審査について、Q&A形式で補足していきます。

Q.審査落ちしてしまったけど再申し込みはできる?

A. 再申し込みはできますが、半年以上期間を空けなければなりません。

これはなぜかというと、申込から半年間は信用情報に申し込み履歴が残るからです。

先ほど紹介したように楽天カードの審査時には、信用情報が確認されます。

信用情報には支払い記録も残っていますが、申し込み履歴も記載されています。

申し込み履歴は半年間記録が残るので、その情報が記載されている間は、すぐに審査落ちします。

そのため楽天カードの審査落ちをしてしまった人は、半年間以上期間を空けて申し込みをしましょう。

またその間になぜ審査に落ちたのかを分析し、その原因を解消できればベストです。

たとえばそのとき無職で審査に落ちたのであれば、アルバイトをして収入を得ているだけでも審査に合格する可能性は大きく違いますよ。

Q.解約したことがあるけど再発行はできる?

A. 自分から解約したのであれば、再発行は可能です。

ただしその場合でも、審査はおこなわれるので審査に合格しなければ楽天カードは手に入りません。

また楽天カードを強制解約された場合は、再発行が難しいです。

強制解約は料金の支払いが遅れたときなどにされるのですが、強制解約された履歴は信用情報上から消えても楽天カードの記録には残り続けます。

そのため信用情報のブラックが解消されても、楽天カードの審査に通らないということもあるということですね。

強制解約になった人は楽天カードの再発行は難しいので、他のクレジットカードに申し込みをしたほうがいいかもしれないですね。

Q.在籍確認はおこなわれる?

A. 在籍確認がおこなわれるかどうかはケースバイケースです。

在籍確認とは申し込み時に記載された会社で、申込者が本当に働いているか確認するためのもの。

申し込み時に記載した勤務先に電話がかかってきて、本当に働いているかどうかチェックされます。

カードローンの場合ほぼ100%おこなわれる在籍確認ですが、楽天カードは在籍確認なしで審査に通過する場合も多いです。

先ほど審査が早い人は数分で審査通過の連絡がくることを紹介しましたが、そのようなケースの場合在籍確認はおこなわれません。

一方審査に通過するかどうか微妙なラインの人や、近い日程で他のクレジットカードに申し込みがあったがその会社情報と違う会社情報が記載されていた人などは、在籍確認がおこなわれることがあるようです。

万が一在籍確認がおこなわれたとしても、楽天カードを作るといえば会社の人に怪しまれることもありません。

在籍確認がおこなわれても数分で完了するので、あまり心配することはありませんよ。

楽天カード審査通過のための対策方法

それではこれまでの情報を踏まえたうえで、楽天カードの審査に通過するためにはどのようなことをすればいいのでしょうか。

楽天カードの審査に通過するための対策方法を紹介します。

信用情報が原因の場合地道に支払いを続ける

楽天カードの審査に通過するための対策1つ目は、信用情報が原因の場合地道に支払いを続けることです。

信用情報に記載されている情報は高度なセキュリティに守られているため、改ざんすることはできません。

そのため信用情報に支払い遅れが多い人などは、地道に支払いを続ける以外で審査に通りやすくなる方法はないです。

地道な方法ですが毎月期日通りにしっかり支払いをすることが、審査に通過するための対策ですよ。

収入がない場合アルバイトでもいいので職につく

楽天カードの審査に通過するための対策2つ目は、収入がない場合アルバイトでもいいので職につくことです。

楽天カードは専業主婦や無職でも審査に通過する可能性はありますが、収入も貯金もなく親元から離れている人は審査に落ちる可能性が高いです。

そのような人の場合、まずはアルバイトでもいいので職につかなければ楽天カードの審査に通過することはありません。

楽天カードの場合アルバイトであれば審査に合格する可能性は十分あるので、まず職につくことが大切。

しっかりと毎月収入を得ていることが証明できれば、一度審査に落ちた人でも合格する可能性は十分ありますよ。

キャッシング枠は0円で申し込みをする

楽天カードの審査に通過するための対策3つ目は、キャッシング枠は0円で申し込みをすることです。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠という2つの枠があります。

ショッピング枠は店舗やインターネットショッピングサイトで買い物をするときに使う枠で、使った分の金額を月ごとにまとめて支払います。

一方キャッシング枠はお金が借りられる枠。

キャッシング枠のある楽天カードを持っている人は、ATMに楽天カードを入れると現金が借りられます。

つまりキャッシング枠のあるクレジットカードは、カードローンと同じように使えるということですね。

クレジットカードのキャッシング枠はついていると安心ですが、使わないのであればキャッシング枠0円で申し込んだ方が審査に通りやすくなります。

キャッシング枠は現金が引き出せる枠なので、審査がより厳しくなる傾向にあるからです。

少しでも審査通過率を上げたいのであれば、キャッシング枠は0にして申し込みをしましょう。

楽天ゴールドカードの審査はどうなっている?

ここまで楽天カードの審査について解説してきましたが、楽天カードの一つ上のランクに楽天ゴールドカードというカードがあります。

最後に楽天ゴールドカードの審査がどのようになっているのか解説していきます。

年会費2,000円(税別)で作れる楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードは年会費2,000円(税別)で作成できるゴールドカードです。

ゴールドカードと聞くと作成のハードルは高く感じるかもしれませんが、申込資格は20歳以上であることのみ。

そのためある程度収入のある人であれば、作成できる可能性は十分あります。

ちなみに楽天ゴールドカードは楽天カードの特典に加えて

  • 楽天市場でのポイント還元率が5%
  • 国内空港ラウンジ・一部の海外空港ラウンジが年2回無料
  • ETCカードの年会費が無料

このような特典があります。

格安でゴールドカードが持てる上、特典も充実しているので作成する価値は十分ありますね。

楽天カードからの切り替えも可能

楽天ゴールドカードは直接申し込みもできますが、楽天カードからの切り替えも可能です。

楽天カードをある程度利用していると、楽天ゴールドカードを作りませんかというメールが届くので、そこから申し込みをすることは可能。

ただし楽天側からメールが届いた場合でも、楽天ゴールドカードの審査はおこなわれて、審査落ちする可能性もあります。

これは楽天ゴールドカードの審査に通過しそうな人に向けて、一斉にメールを送信しているから起こる現象です。

楽天から招待のメールが届いたからといって、必ず審査に通るわけではありませんよ。

一般的なゴールドカードと比べると審査は甘い

とはいえ楽天ゴールドカードの審査は、一般的なゴールドカードの審査に比べると甘いです。

楽天カードの申込資格と比べると、主婦・アルバイトなどの人への記載がないので、おそらくこれらの人の審査通過は難しいでしょう。

しかし楽天ゴールドカードの審査口コミを見ると、年収200万円台でも審査に通過したという口コミも見受けられます。

正社員であれば年収が低くても収入が安定しているので、それを見越して審査に通過させているのでしょう。

楽天ゴールドカードの審査ハードルはそれほど高くないので、楽天ゴールドカードがほしい人は積極的に申し込みをしてみましょう。

楽天カードの審査に合格して楽天カードを入手しよう

ここまで楽天カードの審査について解説してきました。

楽天カードは年会費無料で作成できるカードで、審査のハードルも決して高くありません。

金額は低くても毎月安定した収入があれば、審査に通過する可能性は十分あります。

楽天カードを作るか迷っている人は、まず申し込みをしてみるといいでしょう。