楽天カードのキャッシングを徹底解説!賢く利用する方法はある?

楽天カード

「楽天カードでキャッシングを使おうと思っているけどどうすればいい?」
「急にお金が必要になったけど、なんとかその場をしのげる方法はある?」

こちらの記事では、楽天カードのキャッシングや緊急でお金が必要な時の対応方法を解説しています。

普段クレジットカードを使うときはショッピング枠を使いますが、緊急時に便利なのがキャッシング枠。

しかしお金を直接借りるキャッシング枠を利用することに、抵抗がある人もいるのではないでしょうか。

そんな人はこの記事を読んで、楽天カードのキャッシング制度がどのようになっているのか学んでいきましょう。

クレジットカードのキャッシングって何?返済はどうすればいい?
「クレジットカードのキャッシング枠って何?」 「月末お金が足りたいのだけど、何とかする方法はない?」 こちらの記事では、そんな人に向けてクレジットカードのキャッシング枠について解説しています。 クレジットカードのキャッシング枠はク...

キャッシング枠ってそもそもどんなもの?

まずはクレジットカードのキャッシング枠とは、どのようなものなのか解説していきます。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がある

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠という2つの枠があります。

ショッピング枠は普段買い物で使うための枠で、月ごとに買い物で使った金額を翌月まとめて支払うというのが一般的です。

一方キャッシング枠はカードローンや消費者金融と同様、クレジットカードを経由してお金が借りられる枠。

キャッシング枠のあるクレジットカードを持っていれば、キャッシング枠内であればいつでもお金が借りられます。

申し込み時にキャッシング枠の希望を聞かれるカードも多いですが、普段使うことが少ないので、キャッシング枠がいくらついているのか知らないという人も、いるのではないでしょうか。

キャッシング枠はショッピング枠の中に金額が含まれている

ちなみにキャッシング枠は、ショッピング枠の中に金額が含まれていることがほとんど。

たとえばショッピング枠50万円、キャッシング枠10万円のクレジットカードを持っていたとします。

このとき10万円キャッシングをすると、使えるショッピング枠は40万円になります。

つまりショッピング枠とキャッシング枠はそれぞれ独立した存在ではなく、あくまでショッピング枠内でキャッシングができる枠をキャッシング枠と定義しています。

ショッピング枠やキャッシング枠をギリギリまで使う人には大切なことなので、知識としてしっかり覚えておきましょう。

キャッシング枠は分割で返済していく

買い物で使った分を翌月一括で返済するショッピング枠に対して、キャッシング枠は翌月から分割で返済していくことが一般的です。

もちろん翌月一括返済も可能ですし、返済途中で繰り上げ返済することもできます。

またショッピング枠は一括払いであれば金利がつきませんが、キャッシング枠を利用すると金利とATM利用手数料が発生します。

キャッシング枠はお金を借りているので、借りた金額に対して金利を上乗せして返済しなければなりません。

またキャッシングをATMからするときは、ATM利用手数料がかかることがほとんど。

現金が引き出せる点は便利ですが、金利やATM利用手数料がかかる点はデメリットですね。

楽天カードのキャッシング枠について基本知識

それでは楽天カードのキャッシング枠は、具体的にどのようなものなのでしょうか。

まずは楽天カードのキャッシング枠についての基礎知識を紹介していきます。

楽天カードのキャッシング金利と遅延損害金について

楽天カードのキャッシング枠は、実質年率18.0%で遅延損害金が20.0%です。

これはいくら借りても変動がありません。

クレジットカードのキャッシング枠は同様の数字が多いのですが、これはカードローンや消費者金融に比べるとやや高い数字です。

たとえば楽天銀行カードローンの場合、金利は1.9%~14.5%で遅延損害金は19.9%。

消費者金融アコムの場合、金利は3.0%~18.0%で遅延損害金は20.0%です。

銀行カードローンであれば金利がかなり低いですし、消費者金融も借りる金額が多ければ金利も下がっていきます。

また消費者金融には30日間無利息サービスなどがあることから、クレジットカードのキャッシング枠は金利が高いと言えるでしょう。

これは楽天カードが特別ではなく、クレジットカードのキャッシング枠が一般的にそのようになっています。

楽天カードはATM利用手数料がかかる

また楽天カードでキャッシング枠を利用するときにATMを利用すると、ATM利用手数料がかかります。

ATM利用手数料は1万円以下の借り入れ時には108円、1万円以上の借り入れ時には216円がかかります。

これは借り入れのたびにかかるので、頻繁にキャッシング枠を利用する人にはバカにならない数字ですね。

楽天カードはネットキャッシングも可能

ただし楽天カードの場合、ATMからの借り入れだけでなく、ネットキャッシングも可能です。

ネットキャッシングは楽天カードの会員ページe-NAVIからログインすると、指定の銀行口座への振り込みがおこなわれます。

銀行の営業時間内であればすぐに振り込み対応をしてくれるので、とても便利な方法です。

ちなみにネットキャッシングをした場合、ATM利用手数料はかかりません。

指定の口座から引き出すときの手数料がかかることはありますが、銀行のATMを使えば手数料なしでキャッシングができます。

ネットキャッシングの場合指定日を予約しての振り込みもできるので、楽天カードでキャッシング枠を利用するときは、ネットキャッシングの利用をオススメします。

楽天カードキャッシングの返済方法

楽天カードでキャッシングをすると、利用時に一括払いとリボルビング払いの選択ができます。

一括払いの場合は翌月の支払い日に他のクレジットカードの請求とあわせて、請求がおこなわれます。

この場合手数料は発生しません。

リボルビング払いを選んだ場合、翌月から分割での支払いをしていくことになります。

はじめにリボルビング払いを選択しても、後日繰り上げ返済もできるので、早めの返済を目指す人は繰り上げ返済を利用しましょう。

楽天カードの支払い日は毎月27日(27日が土日祝日の場合翌営業日)なので、支払い日は銀行口座にお金を入れておきましょう。

楽天カードの海外キャッシングについて

楽天カードのキャッシングは国内だけでなく、海外でも利用できます。

ここからは楽天カードのキャッシングを海外で使うときの注意点などを解説していきます。

海外キャッシングを利用するのであればVISAかMastercardがオススメ

楽天カードはVISA・Mastercard・JCB・アメックスの4つから、国際ブランドが使えます。

どの国際ブランドを選ぶのかは好みなのですが、海外に行く可能性があるのであれば、VISAかMastercardを選びましょう。

なぜかと言うと海外でキャッシングをするとき、VISAとMastercardが使えるATMの方が他の国際ブランドに比べて圧倒的に多いからです。

海外でお金がなくなると不安だと思うので、そのときキャッシングができるクレジットカードはとても便利な存在。

緊急時に対応するためにも、国際ブランドはVISAかMastercardを選んでおきましょう。

為替レートを考慮する

海外旅行時に現金を手に入れる方法として、日本円を持っていってそれを現地の空港や銀行で両替するという方法があります。

しかしこれは現地のレートに基づいて両替され、手数料もある程度とられます。

一方楽天カードを使ってキャッシングをした場合、手数料が一定なので結果的に楽天カードのキャッシングを利用したほうが手数料は安くなることがあります。

これは為替レートや手数料によって異なりますが、できれば事前にどの方法が安くなるのかは確認しておきましょう。

安全な場所・時間帯のATMを利用する

また海外で楽天カードのキャッシングを使うときは、安全な場所・時間帯を見計らってATMを利用しましょう。

街中にあるATMで気軽にキャッシングをしたことで、クレジットカードをスキミングされたという被害も海外では見受けられます。

そのため空港・銀行・ホテルなど、安全な場所と時間帯を選んだうえでATMを利用しましょう。

海外は日本ほど治安がいい地域も少ないので、スリや強盗にあう可能性もあります。

そのため常に防犯意識をもっていないと、被害にあってしまうこともありえますね。

クレジットカードのキャッシング機能を使えば現金を持ち歩かなくてすむので、海外での犯罪対策にもなります。

海外では基本的にクレジットカードのショッピング機能で支払いをして、現金が必要な場合はクレジットカードのキャッシング機能を利用する。

この方法が海外では安心できるのではないでしょうか。

楽天カードのキャッシングで手数料を減らすには

ここまで楽天カードのキャッシングについて解説してきましたが、楽天カードに限らずクレジットカードのキャッシングは金利や手数料が高いです。

そのため使い方には注意が必要で、手数料を少しでも減らす工夫をしなければなりません。

ここからは楽天カードのキャッシング手数料を減らすための方法を解説していきます。

できるだけ早めの返済をこころがける

楽天カードのキャッシングを利用するときは、できるだけ早い返済を心がけましょう。

早く返済すれば、その分金利を支払わなくてもよくなります。

ちなみに楽天カードのキャッシング金利で、10万円をキャッシングして毎月15,000円返済した場合、返済は7回払いで支払う金利は5,691円です。

5,000円以上の金利を支払わなければならないということは、かなりもったいない感じがしませんか?
キャッシングで借りるお金が増えるほどこの金額は増えていきますし、毎月の返済額を減らしても最終的に支払う金利が増えていきます。

つまり楽天カードのキャッシングというのは、それだけ金利が高いということです。

それを防ぐための基本的な手段としては、できるだけ早い返済をこころがけること。

はじめから一括払いをできればベストですし、できなくても繰り上げ返済をしていきましょう。

毎月自動で引き落としされるだけでは、最終的に金利を多く支払う事態になってしまいますよ。

銀行カードローンや消費者金融は金利が安いことが多い

この記事のはじめの方でも紹介しましたが、楽天カードのキャッシング金利は銀行カードローンや消費者金融に比べると高いです。

そのためどうしてもすぐにお金がいる事態をのぞいては、楽天カードのキャッシング枠を使うのではなく、銀行カードローンや消費者金融を使うという選択肢もあります。

まず銀行カードローンは楽天カードのキャッシングに比べると金利が低いので、その点は大きなメリットです。

また楽天カードのキャッシング枠に比べると借りられる金額も多いので、余裕をもった計画が立てられます。

デメリットとしては即日融資が受けられない点。

2018年から銀行カードローンは即日融資が受けられなくなり、多くの銀行カードローンでは利用できるようになるまで数日から1週間ほどの時間がかかります。

一方消費者金融の場合、金利は楽天カードのキャッシング枠と変わりませんが、30日間無利息サービスがある会社が多いです。

無利息期間内に返済できれば金利を支払わなくていいので、短期間だけお金を借りたい人には向いています。

また消費者金融の審査は早ければ1時間で終わるので、時間的な負担も少ない点もメリット。

楽天カードのキャッシング枠を利用する前に、銀行カードローンや消費者金融の利用も検討してみると、幅が広がりますよ。

返済計画はしっかり立てなければならない

これらの点を踏まえたうえで、キャッシングを利用するときは返済計画をしっかり立てなければなりません。

はじめは少額だから大丈夫だろうと思っても、キャッシングに慣れてしまうと、いつの間にか借金が膨れ上がっている点がキャッシングの恐ろしい一面。

筆者もかつて500万円以上の借金をしたことがありますが、はじめの借金は100万円にも満たなかったです。

キャッシングに慣れてくるとキャッシングするお金を自分のお金のように勘違いしてしまうので、しっかり返済計画を立てることが大切ですよ。

急にお金が必要になったらどうすべきか

ここまで楽天カードのキャッシング機能について解説してきましたが、楽天カードのキャッシング以外にもお金がなくなったときの対応方法はいくつかあります。

ここからは急にお金が必要になったときの対応方法について、解説していきます。

楽天カードのキャッシングは最終手段

はじめに意識してほしいこととして、楽天カードのキャッシングは最終手段にしてほしいという点です。

ここまでの記事で紹介してきたように、楽天カードのキャッシングは金利が高いです。

ATMにカードを入れれば審査なしでお金が借りられる気軽さがメリットですが、金利が高いので長期的に見れば決していい手段ではありません。

お金を借りるのであれば、金利の低い銀行カードローンを使ったほうが、長い目で見るといいことは間違いないですね。

そのため楽天カードのキャッシングに頼る前に、他の方法でお金の工面ができないのかは考えましょう。

不用品を売る・日払いアルバイトをするという方法もある

お金が必要になったときはお金を借りるという方法もありますが、不用品を売る・日払いアルバイトでお金を稼ぐといった方法もあります。

もちろんいきなり何十万が必要であれば、お金を借りるという選択肢に絞られますが、その場合もっと前にお金が必要なことがわかっているはずです。

お金が必要なことがわかっているのであれば、アルバイトのシフトを増やすなどの対応をして、お金を稼ぐこともできます。

人生を生きていくうえでお金は、切っても切り離せません。

だからこそお金としっかり向き合って、計画を立てていくことがとても大切ですよ。

ショッピング枠の現金化は絶対してはいけない

「持っているクレジットカードを現金化します!」
このような看板を駅などで見かけたことはありませんか?
これはクレジットカード現金化と呼ばれる行為なのですが、お金に困ったとしても絶対に手を出してはいけません。

この記事で楽天カードのキャッシング枠について紹介してきましたが、クレジットカード現金化はショッピング枠を現金化する行為です。

どうするかというとショッピング枠を利用して買い物をして、購入した商品をすぐ現金で買い取ってもらう仕組みです。

楽天カードの規約にも換金目的での利用が発覚したときは、クレジットカードの利用停止処置をおこなうことが記載されています。

換金率もかなり悪いですし、リスクの方がかなり大きな行為です。

クレジットカード現金化をするのであれば、楽天カードのキャッシングを利用したほうが間違いなくいいですよ。

楽天カードのキャッシングは賢く使おう

ここまで楽天カードのキャッシング機能について解説してきました。

楽天カードのキャッシング機能は、便利ですが金利が高い点がデメリット。

そのため気軽に使うのではなく、しっかりと計画を立てて賢く使うことがとても大切ですよ。