ショッピング利用枠は他社借入になる?審査に影響するポイントとは?

クレカと計算機とお金 ライフ

カードローンに申し込む際、「他社借り入れ状況」を申告する必要があります。

その際にどうしても気になるのが「クレジットカードのショッピング利用額」についてです。

カードローンの審査で、クレジットカードのショッピング枠利用額は影響するのか?

また、同じショッピング枠でもリボ払いにしている場合はどうなるのか、詳しく見ていきたいと思います。

<この記事はこんな人にオススメ>
・カードローンの申し込みで申告すべき内容について知りたい人
・クレジットカードのショッピング利用額が多く、カードローンの審査にとおるか不安な人
・リボ払いを利用しているが、カードローンの「他社借り入れ額」に含むべきかわからない人
今すぐお金が必要な時あなたを救ってくれる方法
「どうしてもすぐに10万円くらいのお金が必要」 「明日からの生活費が厳しい」 こちらの記事では、そんな人に向けて今すぐお金を手に入れる方法について解説していきます。 お金を手に入れるといっても、タダですぐ10万円が手に入るほど甘い...

カードローン審査時に注意が必要なクレジットカード利用枠

クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」というふたつの利用枠があります。

カードローンの申し込み時に両方の利用枠を申告する必要はありませんが、各々の利用枠をどのように使っているかで、カードローンの審査結果は変わってきます。

ショッピング枠

まず、クレジットカードのショッピング枠を利用している場合ですが、ショッピング枠の利用分についてはカードローン申し込み時の「他社借り入れ」に含める必要はありません。

普段の買い物でクレジットカードを利用した場合、たしかに「お金も支払っていないのに商品が手元にある」ということになりますので「クレジットカードの利用は一種の借金では?」と思う方がいます。

ただショッピングでカードを利用した場合は、利用者が買い物をした金額をカード会社がお店に立て替え払いをしているだけですので、カード会社からお金を借りているわけではありません。

したがって、クレジットカードのショッピング枠をどれほど利用していたとしても、ローン申し込み時の他社借り入れには含める必要はありません。

リボ払いの残高

ショッピング枠をリボ返済にしている場合は、金利手数料もかかってきますし、長期で返済するケースもあるため「リボ払いは他社借り入れに含めるべきでは?」という疑問がわいてきます。

ただ、この点について結論から申し上げると、クレジットカードのリボ払い利用額も他社借り入れに含める必要はありません。

このあと詳しく触れますが、カードローンに申し込む際に申告すべきなのは、おもに「無担保ローンの借り入れ状況」です。

ショッピング枠のリボ払いは、無担保ローンには入りませんので申告は不要です。

ただし、リボ払いの利用は信用情報機関には登録されていますので、リボ払いを多用していたり長期にわたって返済できない状態が続いていると、審査落ちにつながるケースもあります。

キャッシング枠

一方、クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りている場合は、他社利用額に含む必要があります。

クレジットカードのキャッシング利用額は総量規制の対象に入ります。

そのため、他社消費者金融での借り入れと、クレジットカードのキャッシング枠利用額の合計が年収の三分の一以上になるとカードローンの審査にとおることはできません。

カードローン申し込み時に記入すべき他社借入

クレジットカード利用中に消費者金融カードローンに申し込む際の「他社借り入れの考え方」については以上のとおりです。

ここからはクレジットカード以外のローンを利用している場合、どの借り入れを申告すべきなのか、より詳しく見ていきたいと思います。

他社カードローン利用額は申告が必要

さきほども触れましたが、消費者金融カードローンや銀行カードローンに新規で申し込む場合、他社のカードローンを利用している場合は、その「利用件数」と「利用額」を申告しなければいけません。

ただし、どのカードローンの利用額を申告すべきかは、消費者金融の会社や銀行により異なります。

以下は一般的に申告すべき他社カードローンの種類を一覧表にしたものですので、参考にしていただければと思います。

他社借り入れの種類 消費者金融カードローンに申し込む場合 銀行カードローンに申し込む場合
マイカーローン ×(申告不要) △(申告が必要な場合もある)
フリーローン ×(申告不要) △(申告が必要な場合もある)

マイカーローンやフリーローン

マイカーローンやフリーローンも他社借り入れの一種ではありますが、これらのローンはほとんどの消費者金融カードローンで申告する必要はありません。

こちらも一覧表にしていますので、参考にしていただければと思います。

他社借り入れの種類 消費者金融カードローンに申し込む場合 銀行カードローンに申し込む場合
マイカーローン ×(申告不要) △(申告が必要な場合もある)
フリーローン ×(申告不要) △(申告が必要な場合もある)

※一部の消費者金融では、マイカーローンやフリーローンも申告する必要があります。

住宅ローン

住宅ローンは有担保ローンの一種ですので、カードローン申し込み時の「他社借り入れ」には含める必要はありません。

しかし、住宅ローンは借金の種類のなかでも借り入れ額が多く返済も長期にわたります。

そのためカードローンの審査時には信用情報機関で借り入れ内容が細かく調査され、毎月の返済負担が大きくないか厳しく審査されます。

ただ、他社借り入れ状況を申告するところでは入力する必要はありませんが、「家賃」または「住宅ローンの返済額」という入力項目で住宅ローンの有無を申告するケースはあります。

他社借り入れありでも審査通過する人としない人の違い

たしかに、クレジットカードのショッピング枠や他社カードローンを利用していると「他社の利用が原因でカードローンの審査に落ちたらどうしよう」と不安になる気持ちはわかります。

しかし他社借り入れやクレジットカードを使っていても、カードローンの審査にとおる人はいくらでもいます。

では、他社借り入れがあっても審査にとおる人と、審査落ちする人にはどんな違いがあるのか、詳しくみていくことにしましょう。

総量規制の範囲内で借りている

まず、新規で消費者金融カードローンに申し込む場合、審査通過できるかどうかは「総量規制の対象になるかどうか?」という点がポイントになります。

たとえば、総量規制のルールだと年収の三分の一以上の借り入れはNGですので、年収が300万円の人の場合、他社利用額と新規ローンの借り入れ額の合計が100万円以上になると、審査落ちしてしまうことになります。

一方、同じ年収でも他社借り入れ額が10万円程度で、新規借り入れ額も30万円程度なら、合計して40万円程度ですので、総量規制の影響を受けずに審査通過できる可能性は高くなります。

他社借入を延滞していない

カードローンに申し込む場合、他社の「借り入れ額」も重要ですが、その「利用状況」も重要になってきます。

他社借り入れがある場合、以下のケースに該当する場合は審査落ちしてしまうことがあります。

  • 他社借り入れを延滞している。または過去に1ヶ月以上延滞したことがある
  • 過去に他社借り入れを長期延滞して、カードローンやクレジットカードが強制解約になったことがある
  • 長期の延滞はないが数日の返済遅れを年に何回も繰り返している

新規カードローンの審査でもっとも重視されるのは「本人の返済能力」と「信用力」です。

年に数回他社ローンを延滞していたり、過去に長期の延滞履歴があると「この人にお金を貸しても、また同じ結果になる」と思われて審査落ちしてしまうのは目に見えています。

4件以上の借り入れがあるか?

「他社借り入れがある」という状況でも、その借り入れ件数によっても審査通過の可能性は変わってきます。

結論から申し上げると、4社以上のカードローンを利用している人は、5社目のカードローンに申し込んでも、ほぼ審査通過は難しいでしょう。

利用者としては「4社と契約しているが1社あたりの返済額は少ないし毎月の返済には何ら問題はない。5社目から借りても返済できる」と思うかもしれませんが、カードローンの審査では4社以上借りている人に対し以下のような判断を下します。

  • 最初に借りたローン会社で限度額増額の審査に落ちてしまい、やむを得ず新規ローンに申し込んでいる人
  • A社から借りてB社を返済する…といったような自転車操業になっている人

たしかに、1社目の借り入れ枠が足りなくなった場合、通常であれば新規のカードローンに申し込むよりも利用中のローン会社に増額審査を申し込むのが普通です。

増額審査に申し込んだ場合、ローンをきちんと返済していて返済能力に問題がなければ、増額審査はとおるはずです。

増額審査に落ちて別のローンに申し込んだということは、よほど返済能力に問題があると思われても仕方がありません。

ショッピング枠のリボ払いの使い過ぎ

さきほどショッピング枠のリボ返済は「他社借り入れに含めなくてもよい」とお伝えしましたが、ショッピング枠のリボ返済を限度額いっぱいまで利用している場合は、新規ローン審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

限度額いっぱいまでリボを利用する人のことを、通称「リボ天」と言いますが、リボ天になっている場合は「返済の目途がたっていない」とみなされて、新規ローンの審査通過は難しくなります。

他社借入がある人の申し込みの注意点

上記のとおり、他社借り入れがあるとカードローンの審査に落ちしてしまう可能性はありますが、申し込み時にいくつかの点を注意するだけで、審査通過率を上げる事は可能です。

他社借入状況は正直に申告する

他社借り入れがある場合、もっとも注意すべきなのは「他社利用状況を正直に申告する」ということです。

とくに他社借り入れが多い人のなかには審査通過を心配するがあまり、他社利用状況を過少申告しようとする人がいますが、これは絶対にやめたほうがいいでしょう。

他社の利用状況は後々の信用情報機関での調査で本当のことはわかってしまいますし、嘘の申告をすることで利用者としての信頼度を下げてしまうことにもなりかねません。

また、他社借り入れ状況の申告は「きちんと自分の借り入れ状況を把握しているか?」という「利用者としての金銭管理能力」が問われる部分でもあります。

いずれにしても事実と異なる内容で申し込むと、ローン会社としては「故意の虚偽申告」なのか「単なるケアレスミス」なのか判断がつきません。

カードローンの申し込み時には、くれぐれも間違いや虚偽申告がないように慎重に申し込み手続きをすすめるようにしてください。

おまとめローンを相談してみる

他社借り入れがある状態で新規のローンに申し込む場合、ほとんどの場合は以下のケースに該当するのではないでしょうか?

  • 現在の利用額では足らず、新規で借り入れをしたい
  • 他社ローンの返済が厳しく、新規のローンでまとめたい

そのため、現在他社ローンを利用中なら「いまのローンをまとめたるために新規融資をお願いしたい」と正直に相談してみることをおすすめします。

たとえば、アコムやプロミスなどの大手消費者金融でも、複数のカードローンを1社にまとめる「おまとめローン」を取り扱っており、そのローンを利用することで毎月の返済額をおさえることも可能です。

また、総量規制にもとづくおまとめローンなら、返済能力さえ問題なければ年収の三分の一を超えても借り入れは可能です。

ただ、正式なおまとめローンは一般的なカードローンとはことなり、追加で借りたり返したり…ということはできません。

一度おまとめローンを契約すると、あとは返済専用のローンとなりますので、時々キャッシングしたい…、毎月生活費が足らなくなったときの借り入れ枠を持っておきたい、という人には不向きなローンと言えます。

他社借り換えを相談してみる

もし申し込むローン会社におまとめローンの取り扱いがなくても、他社に借り換える場合は「新規融資をしてもらえたら今の借金を借り換えたい」と相談してみるのも一つの方法です。

ただし、正式なおまとめローンではない限り、現在借りているローンを返済するかどうかは、利用者の判断に委ねられています。

そのため、新規融資を申し込む際に「借り換え」を申し出たとしても、新規カードローンの融資額は「現在の借り入れ額」+「新規融資額」の合計が返済できるかどうかで判断されます。

ただ、消費者金融カードローンなどは新規顧客の争奪戦を繰り広げていますので、他社からの借り換えを相談するだけでも、なんらかの良い提案があるかもしれません。

他社借入があっても利用しやすいローン

最後に他社借り入れがあっても安心して申し込める、いくつかのローンをご紹介しておきましょう。

アコム

アコムは消費者金融カードローンですので、総量規制を超えての融資はできません。

しかし、他社借り入れが3件以内で、現在の他社借り入れ額と新規融資額が年収の三分の一以内におさまっているなら審査通過の可能性は十分あります。

また、アコムに新規で申し込む場合は30日間の無利息キャッシングが利用できますので、他社借り入れをアコムで借り換えると1ヶ月間の利息がお得になる計算になります。

アコムの借り方徹底解説!アコムで即日融資を受けるにはいつまでに申し込めばいい?
みなさんご存知大手消費者金融「アコム」は、当然他の消費者金融と同じく即日融資に対応しています。ですが、アコムから即日融資を受ける際、おさえておくべきポイントも多いです。「急いでアコムからお金を借りたい!」と思っているならなおのこと、アコムか

プロミス

プロミスも、他社借り入れがあっても申し込めるカードローンのひとつです。

プロミスのカードローンも「総量規制の影響を受ける」という意味ではアコムと同じですので、年収の三分の一を超えての借り入れはできません。

ただ他社借り入れ件数が3件以内で、かつ今の借り入れできちんと返済できているなら、年収三分の一の範囲内で新規融資は可能です。

また、プロミスならアプリローンでスマホひとつでローンの契約が可能です。

さらに、アプリローンを利用すればキャッシング用のカードを使わずにスマホひとつでセブンイレブンのATMからキャッシングできますので、誰にもバレずにキャッシングすることができます。

プロミスから即日融資!今日お金を借りるための方法
「どうしても今日お金が借りたい」 「プロミスから即日融資が受けたいが可能なのか」 こちらの記事では、そんな人に向けて書いていきます。 普段の生活の中でお金が足りなくなることは急に訪れます。 そんなとき便利なのが消費者金融。 ...

楽天銀行カードローン

銀行カードローンを利用するなら、比較的審査にとおりやすい楽天銀行カードローンがおすすめです。

楽天銀行カードローンに申し込む際には、現在利用中のローン会社名、利用額などを1社づつ申告する必要がありますが、他社利用があっても毎月の返済に問題がなければ審査にとおることは可能です。

また、楽天銀行の場合は楽天市場での買い物履歴や楽天証券での取引履歴など、グループ会社での取り引き内容が審査にプラス要素としてはたらくこともありますので、普段楽天グループの商品やサービスを利用している人なら申し込んでみる価値はありそうです。

借り過ぎには注意

他社のカードローンを利用していても、申し込み時のポイントや注意事項さえ守れば、新規のカードローン申し込みは可能です。

しかし「新規でカードローンに申し込む」ということは「現在の借り入れでは足らない」ということですので、新規カードローンの審査に通過したあと、債務が増えることは目に見えています。

新規融資通過後は、できるだけ借り入れを金利の低いローンにまとめ、可能な限り繰り上げ返済するなど、借り入れ残高を1円でも減らすことが重要になります