シングルマザーでもお金を借りることはできる?借りる方法は?借りれる場所は?

ライフ

現代日本で多くなっている「未婚の母」や「シングルマザー」ですが、そうした子供の育てる手が足りてない方のほとんどが「お金がない」と感じているはず。

母子家庭の場合、お金を借りようと思ったとしても収入がネックになってあらゆる金融機関の審査に通らないことも多いです。

シングルマザーでお金を借りるためには、国が設けているシングルマザー向けの制度でお金を手に入れるのが一番安全です。

しかしすべての制度が、すべてのシングルマザー向けに利用が開かれているわけでもありません。

なので今回は、シングルマザー向けに用意されている国の制度、シングルマザーにとってお金が必要になった時、どうすればお金を借りることができるか、シングルマザーがお金を調達する方法について学んでいきましょう。

今現在たとえお金に困っていなかったとしても、今後お金が必要になるケースに備えて、シングルマザーはしっかりお金のことを理解しておきましょう。

シングルマザーがお金を借りる先

シングルマザーはたしかに収入が少なく、社会的に弱い立場なので、お金を借りようと思っても借りることができる先は少ないです。

しかしどこからも借りることができないかというと、そんなこともありません。

しっかり調べてみれば、シングルマザーでも借入先が存在します。

具体的にどこからどのように借りられるのか、簡単に説明しておきます。

消費者金融など貸金業者

やはり誰にとっても借りやすい存在が、消費者金融など貸金業者。

テレビCMを放送するような大手消費者金融がその代表です。

また後ほど説明しますが、カードローンは無担保かつ無保証人で借りることができる、借入ハードルがとても低い個人向けローン。

カードローンを利用したい方で、もし可能なら「銀行カードローンで借りる」という手もあります。

銀行カードローンならば、消費者金融のカードローンと比べてかなり低金利で借入が可能です。

もちろん消費者金融のカードローンと同じく無担保、無保証人で借入が可能。

銀行カードローンはなら即日融資は難しいかもしれませんが、申し込みから借入まであまり時間のかからないものもあります。

しかし問題は、銀行カードローンの審査が消費者金融のカードローン審査より基準が厳しいということでしょうか。

公的な支援で借りる(国から借りる)

一般的な貸金業者から借りるという方法もあります。

国も、シングルマザーを助ける制度をいくつも作ってくれているので、そうした制度をしっかり利用することで、現在お金のピンチに苦しんでいる方でも問題ないというわけです。

ということで、シングルマザーなら、「カードローンで借りる」「公的支援制度で借りる」という大きな二択になるかと思います。

クレジットカードで借りるという手もありますが、クレジットカードはお金を借りるためのものではないので、別の機会のためにとっておくことをおすすめします。

カードローンは危険?カードローンのメリットとデメリット

さて、シングルマザーにとって気軽に利用できるカードローンですが、やはり「借金する」ということについて危険を感じる方も多いのではないでしょうか。

確かに、多くの方がカードローンによって生活を壊されています。

しかしそれは「使い方を誤ったから」に他なりません。

正しくカードローンを使えば、必ずしや現在の金欠のピンチを切り抜けることができるはずです。

ということで、まずはカードローンについて詳しく知りましょう。

カードローンのメリット、デメリットからお話したいと思います。

メリット

まずはカードローンのメリットから。

無担保、無保証人で借りることができる

カードローンといえば、借入の気軽さです。

借入に際して、担保も、保証人も必要ないので、誰にも何にも迷惑をかけることなくお金を借り入れることができます。

まずシングルマザーでも気軽に申し込んで、気軽にお金を借り入れることができるのは、とても大きなメリットですよね。

即日融資を受けられる

消費者金融のカードローンは多くが「即日融資」に対応しています。

即日融資ということはつまり、申し込んだその日のうちに、即日お金を借りることができるということ。

お金だけでなく、時間もない方でも、即日融資で借り入れることができれば安心ですよね。

しかしカードローンによって、即日融資に対応したものとそうでないものがあるので、即日お金を借りたい方は改めて借入にかかる時間を調べておきましょう。

基本的に、有名な名のしれた消費者金融のほとんどが即日融資で対応しています。

中には知名度の低い「中小消費者金融」でも、時間のかからない即日融資に対応している業者も存在します。

誰にも内緒でお金を借りられる

誰にも内緒でお金を借りることができるのもメリットです。

最近のカードローンは、借入を行なう際にカードすら必要なくなっています。

ネットから借入依頼を出して、自分の口座へとお金が振り込まれる形で、カードローン借入を行います。

このネットキャッシングを利用して借り入れることで、誰にも知られることなく、内密でお金を借りることができます。

シングルマザーにおすすめなカードローン

具体的に、シングルマザーがお金を借りたいと思った時、どのカードローンを利用して借りればいいのか。

シングルマザーが借りるのにぴったりなカードローンを具体的に、いくつか紹介します。

プロミス

大手消費者金融のプロミスのカードローンはシングルマザーにも借りやすいです。

プロミスのカードローンは、即日融資や無利息サービスなど、利用者が嬉しいサービスが多数揃っています。

スマートフォンで借入ることができる「アプリローン」もあるので、特に初めての借入には「プロミスから」を検討してください。

プロミスから即日融資!今日お金を借りるための方法
「どうしても今日お金が借りたい」 「プロミスから即日融資が受けたいが可能なのか」 こちらの記事では、そんな人に向けて書いていきます。 普段の生活の中でお金が足りなくなることは急に訪れます。 そんなとき便利なのが消費者金融。 ...

アイフル

大手消費者金融のアイフルのカードローンもシングルマザーが借りやすいです。

即日審査から即日融資など、時間のかからない借入には一通り対応しており、さらに「審査を早めるフリーダイヤル」も存在するほどです。

時間のかからない借入を希望する方なら、断然「アイフル」がおすすめです。

何時の申込みでアイフルから即日融資を受けられるのか?即日融資のコツは?
「明日家賃を振り込まなければならないのだけどお金がない」 「どうしてもすぐお金を用意しなければならない」 そんな状況に強い味方なのが、アイフルをはじめとした消費者金融。 2018年から銀行カードローンの即日融資ができなくなりました...

シングルマザー向けの公的支援制度のメリットとデメリット

お金がないシングルマザーのために、お金を借りられる公的支援制度がいくつかあります。

ですがカードローンと同じく、「メリット」と「デメリット」が存在します。

公的支援制度を利用してお金を借りることの、メリットとデメリットを考えていきましょう。

メリット

まずは公的支援制度を利用するメリットから。

低金利でお金を借りることができる

公的支援制度でお金を借りることの一番大きなメリットは、「貸金業者から借りるよりかなり低い金利で借りることができる」でしょう。

公的支援制度によっては、無利子で借り入れることができるなど、民間とは比べ物にならない金利です。

そしてこれほど条件の良い借入ができるのに、収入のない人のために用意された制度であるということ。

貸金業者のローンのように、「収入が高くないと借りれない」ローンではないのです。

むしろ、多くの収入をもらっている人が利用できない制度です。

デメリット

そして、シングルマザー向け公的支援制度を利用することのデメリットも存在します。

利用する条件が厳しい

公的支援制度のデメリットとしては、「利用条件が厳しい」というのが挙げられるでしょうか。

例えばシングルマザーにとってポピュラーな制度「女性福祉資金貸付制度」の利用条件は、

  • 配偶者のいない25歳以上の女性
  • 扶養している家族がいる
  • かつて母子世帯だった、婚姻歴のある40歳以上の女性

など、かなり限られた条件の人しか利用することができません。

シングルマザーの多くはすでに条件を満たしている、という方も多いでしょうが、場合によっては利用できないケースがあること、あらかじめ理解しておきましょう。

シングルマザーが利用できる公的支援制度

ここからは具体的に、お金に困ったシングルマザーが利用するべき公的支援制度の種類を具体的に紹介していきます。

安全にお金を借りたい方はやはり、「カードローン」より「公的支援制度」を利用してお金を借りるほうが良いのは言うまでもないことです。

母子福祉資金貸付制度は

母子福祉資金貸付制度は、就労や自動の就学などでお金が必要になった時に、都道府県や指定都市または中核市から貸付を受けられる制度です。

申込み条件は概ね下記の通り。

  1. 自動を看護しているひとり親家庭の母または父
  2. 両親がいない児童などを養育しいている養育者
  3. ひとり親家庭等の児童又は養育者に養育されいてる児童で、18歳に達した日の属する年度の末日(障害がある場合は20歳未満)までの方

東京都福祉保健局の申込資格を例にして説明しましたが、概ねどの地域も親しい条件が設定されています。

ひとり親家庭等医療費助成制度(マル親)

ひとり親家庭等医療費助成制度は、その名の通りひとり親で子供が医療を受ける際の医療費自己負担金を女性してくれる制度です。

この制度も、他の制度と同じく対象になる人が条件で定められています。

以下の条件に該当する18歳になった最初の3月31日までの児童と、その児童を養育している保護者でかつ、所得が一定額未満の方が対象となります。

父または母が離婚した後、父または母と生計を異にする児童
父または母が死亡した児童
父または母が重度の障害(身体障害等級1・2級と同程度)を有する児童
父または母が生死不明である児童
父または母に1年以上遺棄されている児童
父または母が法令により1年以上拘禁されている児童
婚姻によらないで出生し、父または母と生計を異にする児童
父または母が裁判所からのDV(配偶者からの暴力)保護命令を受けた児童
引用:ひとり親家庭等医療費助成(マル親医療証)

医療費で悩んでいる家庭は、積極的に利用を検討してください。

シングルマザーでもお金を稼ぐ方法はある

ここまで、「シングルマザーがお金を借りる」という方向で考えてきました。

しかし本当は、シングルマザーでもお金を借りることなく、なんとか自分の力でお金を稼ぐことができるとそれが一番ではないでしょうか。

最近は、一人でも知識とスキルがあれば十分お金を稼ぐチャンスがある時代です。

シングルマザーでも、「お金を稼ぐ」ことは十分可能だということです。

シングルマザー仲間から仕事を紹介してもらう

シングルマザーにとって一番頼りになる存在は、誰でもない同じくシングルマザーの「シングルマザー仲間」です。

シングルマザー仲間の中には、すでに多くのお金を稼いでいる人がいるのではないでしょうか。

そうした成功したシングルマザーから、具体的に「どのように成功したのか?」を聞いて、自分でも同じくその成功の道筋を真似することで、稼げるシングルマザーになれるということです。

副業で稼ぐ

現在働いている仕事と別に稼ぎ口を見つけることで、今より収入を増やすのも良いでしょう。

最近では、ブログなどでアフィリエイト収入を得るシングルマザーや主婦が多くなっています。

「稼ぐための知見」「行動力」さえあれば、必ずしやシングルマザーでも稼げる状態になるはずです。

「稼げる仕事」の中で自分の適応がある仕事を探してみて下さい。

ネットでお金を稼ぐ方法を紹介!ネットなら初期投資不要で簡単に稼げる!
安倍内閣が働き方改革を掲げて以来、副業解禁の動きが活発化してきました。2018年1月には厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」がまとめられたほか、副業を促進する動きが、国単位でスタートしています。会社で働いていても給料が伸びな

シングルマザーも知恵と勇気で貧困を脱出できる

シングルマザーだからといって、等しく貧困に困っているかというとそうではありません。

シングルマザーだって、お金を手に入れるための知見と、実際に行動する行動力があれば問題なくお金を手に入れることができます。

しかし私は個人的に、「一人でできることには限界がある」と思っています。

シングルマザーだからこそ、自分の近くに「助けてくれる誰か」を置いておくことが大切です。

シングルマザーでもお金を借りる まとめ

シングルマザーでもお金を借りる、という観点で今回は調べてきました。

シングルマザーも、消費者金融など貸金業者からお金を借りることができますし、公的支援制度を使って低金利でお金を借りることも可能です。

お金を借りるときは、シングルマザーだからこそ慎重に、借入先と借り方、そして実際にどれくらい借りるのかを考えて下さい。