サラリーマンの副業として株式投資はありなのか?何から始める?

預金を見て喜ぶサラリーマン 証券 初心者

株式投資を副業としてはじめて、収入を補填したいと考えるサラリーマンは多いです。

資産運用の方法として株式投資はいろんなところでおすすめされていますし、本屋さんで「年収300万円から株で10億円!」なんてタイトルの本をよく見ます。

しかし果たして、サラリーマンがやる副業として株式投資はどうなのか。

そうした疑問を解決するために今回は、

  • 株式投資はそもそも副業にカウントされるのか
  • サラリーマンは株式投資向きなのか
  • 株式投資を始めるためには
  • サラリーマンが株式投資で利益を出すコツ

についてお話したいと思います。

株式投資は副業に当たるのか?

そもそも「副業禁止」の会社も多い昨今、株式投資が副業と認められてしまうということはすなわち、「サラリーマンは株式投資できない」ということになってしまいます。

しかし実際、すでに多くの人がサラリーマンの傍ら株式投資に勤しんでいることから分かる通り、株式投資は副業にあたりません。

株式投資は資産運用なので副業に当たらない

株式投資は副業ではありません。

なぜなら、株式投資は事業というよりは、「資産運用の一種」だからです。

資産、財産の保持について企業が口出しすることはできません。

ただでさえ法的に副業禁止を強く明示できない一般企業。

サラリーマンは株式投資を止めるだけの手段を持ち合わせないのです。

業務に支障を来さなければ問題ない

どうして企業が副業禁止としているかといえば、副業をされてしまうと業務に支障が出るからです。

株式投資を副業としてはじめて、収入を補填したいと考えるサラリーマンは多いです。

資産運用の方法として株式投資はいろんなところでおすすめされていますし、本屋さんで「年収300万円から株で10億円!」なんてタイトルの本をよく見ます。

しかし果たして、サラリーマンがやる副業として株式投資はどうなのか。

そうした疑問を解決するために今回は、

  • 株式投資はそもそも副業にカウントされるのか
  • サラリーマンは株式投資向きなのか
  • 株式投資を始めるためには
  • サラリーマンが株式投資で利益を出すコツ

についてお話したいと思います。

株式投資は副業に当たるのか?

そもそも「副業禁止」の会社も多い昨今、株式投資が副業と認められてしまうということはすなわち、「サラリーマンは株式投資できない」ということになってしまいます。

しかし実際、すでに多くの人がサラリーマンの傍ら株式投資に勤しんでいることから分かる通り、株式投資は副業にあたりません。

株式投資は資産運用なので副業に当たらない

株式投資は副業ではありません。

なぜなら、株式投資は事業というよりは、「資産運用の一種」だからです。

資産、財産の保持について企業が口出しすることはできません。

ただでさえ法的に副業禁止を強く明示できない一般企業。

サラリーマンは株式投資を止めるだけの手段を持ち合わせないのです。

業務に支障を来さなければ問題ない

どうして企業が副業禁止としているかといえば、副業をされてしまうと業務に支障が出るからです。

株式投資はむしろ時間に制限を受けにくいので、業務の合間を縫って行えると思います。

やりようによっては、副業向きです。

サラリーマンが株式投資で儲けを出す手法

株式投資の手法は多いです。

自分がどの方法でトレードするのか、それによって考えること、時間、銘柄の選び方などすべてが変わります。

どの手法で株式投資を行うかで、サラリーマンの副業としての株式投資の方向性は変わってきます。

デイトレードは難しい

一日の中で何度も取引を行う「デイトレード」ですが、朝から晩まで働くサラリーマンという立場上難しいです。

デイトレーダーは、市場が開くずっと前から株価を監視して、市場が開いてからはずっとPCやスマホと睨みっぱなしという生活になります。

サラリーマンとして本業がある限り、デイトレードは無理ですよね。

スイングトレード、長期投資がサラリーマン向き

数日から数週間で銘柄を切り替えるように売り買いする「スイングトレード」。

または買った株をじっくり持っておく「長期投資」の手法で利益を狙うべきでしょう。

自分の取引できる時間に合わせてトレード手法が選べるのも、サラリーマンに株式投資をおすすめする理由の一つです。

株式売買を重ねるなかで、自分にあった投資手法もきっと見えてくるはずです。

副業の株式投資始め方

サラリーマンがこれから副業で株式投資をはじめようと思った場合、どのような手順を踏んで投資を始めれば良いのか。

自分の収入を増やす、また自分の資産形成のためにも、株式投資の始め方を1から学んでいきましょう。

ネット証券で証券口座開設

株取引を行うためには、証券口座がないと話になりません。

対面の証券会社で証券口座を作る時代は終わり、今は取引の手数料が安いネット証券会社で口座を作って取引するのが基本です。

ですから副業で株式投資をはじめたい方は、「どのネット証券会社で口座を開設するか」を考えるべきなのです。

銘柄選定

証券口座を開いたら、あとはどの株を買うかという銘柄選定です。

初心者は特に、どの株を買っていいかなんてわからないはず。

どの指標を見ながら、どのタイミングで、どの株を買えばいいかなんてわからないでしょう。

ROEだとかROSだとかPERだとか、色々見るところはあるのですが、まずは買える価格帯の知っている会社の株を買うところからはじめてください。

タイミングをみて株を売る

株の売買で売却益を狙うなら、あとはタイミング良く売るだけです。

「安く買って高く売る」が株の基本とは言われますが、初心者が「安く買う」のはかなり難しいです。

上がり調子のところの株を買って、上がったところで売るのが無難です。

基本的に、上げトレンドの株価はその後も上げトレンドが続くはずですから…。

副業で株式投資を成功させるには

副業の強みは、副業がうまくいかなくてもメインの収入で補填できることです。

ということで、そのメインの収入がある中で株式投資という副業を成功させるコツを考えていきましょう。

長期投資で考える

サラリーマンの株式投資は、ページ上部でも伝えた通り長期投資がおすすめです。

株価が多少上下したとしても、チャートにそこまで気にすることなく、長期でみて株価が上がることを信じて保有し続ける。

サラリーマンの株式投資にはその手法が向いています。

投資信託も並行する

個別株投資には、株価の変動が大きいというリスクがあります。

多少の損を舵手リスクを承知で投資する、言わば攻めの投資。

しかしやはり、どうしても損するリスクは怖いものです。

ということで、投資における損を被るリスクの小さい「投資信託」を並行するのがおすすめです。

積み立てているだけでファンドが自動的に示唆運用してくれる投資信託なら、個別株投資と比べて損する確率をかなり下げることができます。

投資に苦手意識があるなら、無理せずプロに任せましょう。

副業で株式投資をするときの注意点

サラリーマンは、企業に雇用されているわけですから、メインの仕事は会社から言い渡されたものです。

どうすればサラリーマンとしての氏名を全うしながら、副業としての株式投資を成功させることができるか、注意しながら取引を行っていく必要があります。

業務中はトレードしない

業務中にトレードすると、就業規則違反にもなりかねません。

業務中はあくまでメインの仕事をこなして、昼休みなど空き時間に取引を再開しましょう。

会社にいたとしても、昼休みなどは休日と同じ。

プライベートな時間になります。

たとえその時間を用いて株のやり取りをしたとしても、誰にも責められるものではありません。

取引のルールを決めておく

副業で行うトレードにルールを決めておくのは大切です。

どこまで株価が上がったら利益を確定する。

どこまで株価が落ちたら損切りする。

そうした取引のルールを決めていないと、常に株価を見てられないサラリーマンは不利です。

ルールをしっかり決めた段階で、株取引を行いましょう。

儲けが出ても調子に乗らない

株式投資に慣れてない人は、どうしても投資で利益を上げると調子に乗ってしまうものです。

うまいタイミングで株を買えば、とても簡単に利益を上げられる気がして、とても嬉しいものです。

しかしもしかすると、それは100%運が良かっただけかもしれません。

株の売買は振り返りがとても大切。

「どうして儲かったのか」
「どうして損したのか」

それらの理由をしっかり考えて、その反省を次に活かせるようにしましょう。

副業で株式投資 まとめ

副業で株式投資をはじめるサラリーマンも多いです。

確かに比較的時間に縛られない株式投資は、サラリーマンが本業の傍ら利益を狙う方法としてはとても効率が良いです。

これから株式投資デビューを考えているサラリーマンの皆さんはぜひ、「副業で株取引を行う際の注意点」をしっかり注意して、実際の株取引を行ってください。