「1万円足りない」時は借金に頼るしかないのか?手持ちのお金を増やす方法

普通に生活している中で、様々な支払いが重なり「あと1万円足りない」なんてことがよくあるはず。

お金が足りない時、様々な方法で差分を調達することができますが、すぐ思いつくのは「キャッシングの利用」です。

確かにキャッシング利用なら簡単に1万円くらい手に入りそうなものです。

しかし誰しもできれば借金以外の方法で1万円手に入れたいと思うもの。

今回は、できるだけ可及的速やかに1万円欲しいという、金欠に悩む方にむけて対処法を紹介していきたいと思います。

それではあなたの1万円、取り戻していきましょう。

なるべく早く1万円手に入れる方法

それでは早速、できるだけ早く1万円手に入れる方法を学んでいきましょう。

この「なるべく早く」というのが大切です。

時間をかけて1万円手に入れるのはそれほど難しくないからです。

なるべく「1万円足りない」と思った当日に1万円手に入れるにはどうすればいいか、一緒に考えていきましょう。

キャッシングを利用して借りる

やはり一番簡単に1万円手に入れる方法は、「キャッシングを利用して借り入れる」ことです。

借金というと聞こえが悪いですが、最近はキャッシングサービスも多岐にわたって進歩しており、誰でも気軽に使いやすい形になっているのです。

「働く」「賭けに勝つ」など、別の1万円手に入れる方法が思いつく人もいるかと思いますが、この「キャッシングを利用するのに比べたらやはり確実さで劣ります。

しかしできれば貸金業者からの借金は避けたいもの。

どうすれば貸金業者から借りる以外でお金が手に入るのか。

ここで考えてみたいと思います。

家族に1万円借りる

家族に1万円借りるのが、確実で安全かもしれません…。

1万円借りるのは、どうしてもリスクが出てきてしまうもの。

それなら、たとえ返済が遅れても利息が発生せず社会的に大きな問題になりにくい「家族から借りる」のを選ぶことで、そのリスクを抑えることができます

もちろん、家族に借りたお金だったとしても、しっかり借りたお金は返すのが鉄則です。

しかし返せないとしても、貸金業者からの借金などと比べるとダメージは小さい…というわけです。

友人に1万円借りる

家族に1万円借りるのと同じくリスクを抑えることができるのが、「友人から1万円借りる」というものです。

友人からお金を借りるのは、友人との人間関係、友人からの信頼を担保としてお金を借りているので、返済が遅れると友人からの信頼を失うことになります。

友人からお金を借りるリスクもしっかり押さえながら、もし友人からお金を借りたなら、その返済は絶対に怠らないようにしましょう。

お金の貸し借りをした友人関係というのは、それ以前の関係とはガラッと変わってしまうことも、しっかり覚えておきましょう。

質屋で1万円借りる

お金を借りる先を「質屋」にするのも良いでしょう。

質屋からは、担保となる品物を届け出るとその価値に基づいてお金を借りることができます。

質屋の審査は、質屋に提出する品物の審査ということになります。

審査ではなく、質屋から信用情報の審査が行われず、品物の審査が行われるだけです。

そのため、すでにブラックな信用情報の持ち主でも、質屋からお金を借りることができるということ。

金目のものをたくさん持っているがお金がない…。

そんな方にこの質屋がかなりおすすめです。

手持ちのものを売る

手持ちの物を売るのが一番安全にお金を手に入れる方法です。

お金を借りることにはリスクがつきものですし、働いてお金を得るには時間と労力が求められます。

手持ちのものを売る、とすればどこにもいかずに、誰とも会わずにお金を即日手に入れることができます。

もちろん、1万円程度なら簡単に手に入るでしょう。

うまく売るものを選べば、1万円どころかそれ以上のお金を手に入れることができるはずです。

あなたの持っている持ち物の中には、売れば高く売れるプレミアなものが家に眠っているかも…。

高く売れるものランキング【2019年最新版】
金欠でお金がない!そんな時には、お金を借りるという方法もありますが、その前に家の中を見回してみてください。不要なものがあれば、まずそれを売ってお金に換えてみませんか?自分にとっては不用品でも、意外と高い値段で売れる場合もあるんですよ。今回は

クレジットカード現金化

かなりグレーな方法ですが、クレジットカード現金化で1万円手に入れる方法もあります。

クレジットカード現金化は結構グレーな方法で、ショッピング枠を使って現金を手に入れるのはまずクレジットカード規約違反です。

法律的にはOKなのですが、規約を違反しているのでクレジットカード現金化によって「クレジットカード解約」になっても文句は言えません。

クレジットカード解約となると、その情報が信用情報に記録されてしまいます。

つまり、クレジットカード現金化が、その後受ける審査に悪影響を及ぼしかねない…ということです。

その後の人生、その後の審査を円滑にクリアするためには、クレジットカード現金化は使わないほうがベターでしょう。

日雇いバイトで働いて1万円稼ぐ

やはり「お金を手に入れる方法」としては一番「働く」ことが安全で確実です。

働いたその日のうちに給与がもらえる「日雇いバイト」なら、あなたが「1万円足りない」と思ったその日のうちにお金が手に入るのです。

しかし日雇いバイトは以前から会社に登録しておくなど準備が必要です。

さらに日雇いバイトは結構ニーズが強く激しい争奪戦に勝たないと働けないのです。

日雇いバイトで働きたいなら、事前にしっかり日雇いバイトのことを調べておきましょう。

今すぐお金になる仕事はこれ!手っ取り早く稼いで金欠をのりこえよう
「借りたお金を返済しなければならないけど、お金がない!」 「支払いの期日が迫っているので、どうしてもすぐにお金になる仕事をしたい」 お金を返済しなくてはならないから今すぐお金になる仕事をしたい、そんな人に役に立つ情報をお届けします。...

借金して1万円借りる場合

やはり1万円足りないあなたが、その足りない1万円を補うためには「キャッシング利用」が一番確実です。

ですが借金は借金。

キャッシングを利用して1万円借りる際注意するべきことも多いです。

事前にしっかり注意点を押さえておきましょう。

カードローンを利用して即日1万円借りる

まず「1万円足りない」と思った際利用することになるのは、消費者金融や銀行のカードローンになるかなと思います。

カードローンは、1万円など少額の借入れでも借りやすい特徴、サービスに富んでいます。

しかしカードローンは、消費者金融や銀行、信販会社など様々な業者が運用しています。

その中でもどのカードローンを選ぶべきか?

私個人の意見としては、「消費者金融のカードローン」をおすすめしています。

その理由は以下の通り。

消費者金融なら「初回借入れは30日間無利息」

大手消費者金融のカードローンなら、初回借入れで「最大30日間無利息」のサービスがつくのがうれしいです。

30日間借入れたお金に金利がかからず、利息が発生しないので返済総額を少なくすることができます。

消費者金融のカードローンをまだ利用したことがない方はぜひ、消費者金融のカードローンでお金を借りるようにしてはいかがでしょう。

消費者金融のカードローンは内緒で借入れが可能

消費者金融のカードローンの良いところは他にも、「家族に内緒でお金を借りることができる」というのもあります。

夫に内緒で、妻に内緒で、など借りられるほうが何かと都合の良い方も多いはずです。

消費者金融のカードローンはWEB完結で借りられるものが多く、不要な契約書などが家に届くこともないので、カードローンの利用じたいが外部にバレません。

カードローンでお金を借りたいけど、周囲に借入れがバレるのは困る…。

それなら大手消費者金融のカードローンがおすすめです。

即日借り入れも可能

消費者金融のカードローンがおすすめなのは、「1万円足りない」と思った当日に即日借り入れることができるのも大きな理由です。

逆に他の銀行カードローンや、信販会社のカードローンなら、中には即日融資に対応してないものも多いので、やはり確実に即日融資で借りたいなら消費者金融のカードローンで借りるべきなのです。

即日借りることさえできれば、「1万円足りない」あなたも今の金欠を脱することができるはずです。

お金だけでなく時間も困っているなら、あらかじめ「即日借入れに対応したカードローンか?」しっかり調べておきましょう。

無担保、無保証人で借入れが可能

カードローンの大きな利点はここです。

「無担保」「無保証人」で利用することができるため、他人や他の事象に対し、どこにも迷惑をかけることがありません。

たとえ返済が追いつかなくなったとしても、そこで被害を被るのはあなただけです。

保証人に迷惑がかかることも、担保に提出したものが差し押さえられることもないのです。

自分ひとりの判断で、自分ひとりの責任で借りるのが、消費者金融や銀行のカードローンです。

1万円~数万円の少額借入れが可能

カードローンによっては、5000円からなどかなり少額での借入れができるものもあるので、「1万円足りない」の声にも十分対応することができるのです。

しかもカードローンは、限度額に達するまでなら何度でも追加融資を受けることもできるので、小刻みに訪れる「1万円足りない」にも対応できるのです。

生活していると、読めない急な出費などで「1万円足りない」という場面には何度か出くわすものです。

カードローンさえあれば、いつでもそんな急な出費に対応することができます。

冠婚葬祭、急な怪我や病気、なんでも来いです。

急な出費!どうする?手元からお金が出ていくときの対処法をご紹介
日々生活していると、どうしても避けられない、読めない急な出費が発生します。 例えば友人知人の結婚式、手持ちの家電が故障して買い替え、急病や怪我など。 急な出費が発生したら、なんとかその出費に対応しなくてはなりませんが、手元にお金...

返済の目処を立ててから借り入れる

確かに、消費者金融のカードローンは優秀です。

もちろん、銀行カードローンも金利が低くて優秀です。

しかしどちらも共通しているのは、それが借りたお金であるということ。

借りたお金は返さなくてはならず、しかもカードローンで借りたとなると、借入れたお金に金利をかけて出る利息を上乗せしなくてはならなくなるのです。

その「元金の返済」と「利息の支払い」どちらの目処も立てておくことが大切です。

返済の目処を立てず、無作為に行った借金は必ずやあなたの生活、ひいては人生を壊します。

必ず、カードローンを利用するときは「返済の目処と計画を立ててから借りる」ことを心がけてください。

1万円借りるのにおすすめのカードローン

では具体的に、「1万円足りない」と思った時利用するのに適したカードローンはどれか?

具体的に紹介したいと思います。

プロミス

1万円足りない時利用するべきカードローンの筆頭は「プロミス」です。

数ある消費者金融の中でも、プロミスのカードローンは即日お金を借りやすい消費者金融となっています。

即日融資だけでなく、無利息サービスや、スマートフォンアプリを使った借入れが可能なアプリローンなど、様々なサービスを使った借入れが可能です。

「1万円足りない」あなたが、消費者金融のカードローンを利用しようと思った時まず利用を検討するべきなのは「プロミス」なのです。

プロミスは、お金と時間に困っているあらゆる方にとって、かなり助けになるおすすめの消費者金融です。

プロミスの審査受付時間は何時から何時までなのか?徹底調査!
時間のかからない借り入れが可能な消費者金融で有名な「プロミス」。 そんなプロミスですが、無事審査が終わり、今日中に借り入れを終わらせるには時間内に申込む必要があります。 今回は、スムーズに今日中に借り入れるための時間を調べてみま...

アイフル

大手消費者金融のアイフルが運営するカードローンもおすすめです。

アイフルの良いところは、申し込んだあと審査を早めてくれるフリーダイヤルが用意されていること。

即日融資、無利息サービス、ネットキャッシングなど、優秀なサービスは軒並み揃っています。

1万円足りないならアイフルから借りるのも一つの手です。

1万円足りないなら、今すぐアイフルからお金を借りてみてください。

何時の申込みでアイフルから即日融資を受けられるのか?即日融資のコツは?
「明日家賃を振り込まなければならないのだけどお金がない」 「どうしてもすぐお金を用意しなければならない」 そんな状況に強い味方なのが、アイフルをはじめとした消費者金融。 2018年から銀行カードローンの即日融資ができなくなりました...

アコム

アコムは、1万円足りない人の味方です。

クレジットカード機能つきの借入れカードを発行できるのも嬉しいポイント。

「1万円足りない」という願いと同時に、「クレジットカードが欲しい」と思うあなたの願いも同時に叶えてもらうことができます。

まだどこからお金を借りればいいかわからない方は、アコムのカードローンも安心でおすすめです。

アコムの借り方徹底解説!アコムで即日融資を受けるにはいつまでに申し込めばいい?
みなさんご存知大手消費者金融「アコム」は、当然他の消費者金融と同じく即日融資に対応しています。ですが、アコムから即日融資を受ける際、おさえておくべきポイントも多いです。「急いでアコムからお金を借りたい!」と思っているならなおのこと、アコムか

ノーローン

ノーローンも「あと1万円足りない」あなたにおすすめです。

ノーローンのカードローンが他のカードローンと違うのは、「何度でも1週間無利息」という無利息サービスが利用できるところです。

ノーローンのカードローンを利用することで、1万円足りないというピンチに何度でも対応できるということです。

できれば毎月毎月カードローンを利用する、という事態は避けたいですが、ノーローンのカードローンがあれば万が一に備えることができるのは大きいです。

継続的に「1万円足りない」ピンチが訪れる予感がする方は、一応の意味も込めてノーローンのカードローン契約を行っておくのはおすすめです。

「あと1万円足りない」方が注意すること

「あと1万円足りない」と思っている方が、なんとか色んな金策を考えるとは思いますが、その時「これはやってはいけない」「このことには注意するべき」という注意点についても、ここで説明しておきます。

不用意な借入れはしない

記事では、「どうしてもお金が手に入らないなら、キャッシングを利用するのも一つの手」だと説明しました。

しかし、キャッシングを利用してお金を借りるのは、それなりのリスクと隣り合わせです。

繰り返すようですが、しっかりリスクを理解した上で、借入れと返済の目処を立ててから、しっかり準備を怠らないように借入れを行って下さい。

軽く借りたあなたのその1万円が、あなたのその後の人生を狂わせてしまうかもしれません。

友人・知人・家族から借りる時は注意する

友人・知人・家族からお金を借りる場合もあるかもしれませんが、そのときはより慎重に動いて下さい。

友人からお金を借りる時は、返済できないとその友人との関係が切れることも覚悟の上で。

家族からお金を借りるときも、家族からの信頼を受けてお金を借りていることを、心に刻んで下さい。

闇金は利用しない

「あと1万円足りない」と思っている方の中には、すでにキャッシングを利用してお金を借りており、そのキャッシング利用で信用情報に傷がついてしまっている人もいるでしょう。

そんなブラックな状態で、他者の審査に通りにくくなっている方がやりがちなのが、「闇金の利用」です。

闇金からお金を借りてしまうと、法律を無視した膨大な利息、暴力的な取り立て、個人情報の悪用など、様々な被害を受けてしまいます。

一度闇金と関係を持ってしまうと、その後ずっと闇金からの被害を受け続ける生活になってしまいます。

くれぐれも、闇金とは関わらないようにしましょう。

リボ払いも危険

「あと1万円足りない」

そんなピンチを、クレジットカードの支払いでなんとかしようとしている方もいるかと思いますが、クレカで支払った際「リボ払い」だけは絶対に手を出さないようにしましょう。

リボ払いを行なうと、カードローンの返済と同じ方式でずっとお金を払い続けることになります。

リボ払いはくれぐれも行わないようにしましょう。

リボ払いとはどんな支払方式?メリット・デメリットも紹介します
クレジットカードの支払方式にはいくつか種類があり、それぞれで異なる特徴があり、そしてそれぞれ違ったメリットとデメリットがあります。 一番わかりやすいのが、クレジットカード利用代金を一回で払い切る「1回払い」です。 利用代金を一回...

「1万円足りない」まとめ

今回は、「あと1万円足りない」と悩んでいる方に向けて情報を提供しました。

誰しも普通に生活している中で、多少の金欠には陥るものです。

問題は、その金欠のピンチのなかで、どうやってそのピンチを切り抜けるかです。

キャッシングを利用してお金を借りるのが確実ではありますが、キャッシング利用時には返済の目処を立てるなど慎重さを持って下さい。