SMBCモビットのカードローン解約方法!解約のメリット・デメリットも

SMBCモビット

大手消費者金融の一つSMBCモビットは、WEB完結申込なら電話連絡なしで利用できることから、とても人気のある消費者金融です。

SMBCモビットを利用していくと返済が進んでいきますが、完済すると解約するかどうか悩むこともあると思います。

筆者も消費者金融から借り入れをしたことがあるのでわかるのですが、完済した時の気分は晴れ晴れ。

これまで返済で頭がいっぱいだった状況から、解放されてかなり気分がよくなりますよね。

そんなとき忘れてはいけないのがSMBCモビットの解約。

完済後解約をしないと後々デメリットになることもあるので、最後までしっかり対応することが大切です。

こちらの記事では、SMBCモビットの解約について詳しく解説していきます。

SMBCモビットの審査基準を徹底調査!審査に落ちる人、審査に通る人の違い
電話連絡なしで審査が可能なことから、人気の消費者金融であるSMBCモビット。 竹中直人さんと夏菜さんのCMも絶好調で、今後もどんどん業績を伸ばしていくと予想されます。 そんなSMBCモビットですが、使いたいと思っても審査に通過し...

SMBCモビットの解約方法

まずはSMBCモビットの解約方法について解説していきます。

SMBCモビットを解約するには完済が必要

SMBCモビットを解約するためには、一度SMBCモビットを完済状態にする必要があります。

おまとめローンや借り換えをするときも、一度完済状態になっていないと解約はできません。

そのため他のカードローンを利用するときは、完済してからする必要があります。

完済後SMBCモビットのコールセンターに電話すれば解約可能

SMBCモビットを完済したら、モビットのコールセンターに電話(0120-03-5000)をしましょう。

コールセンターで完済したので解約したい旨を伝えると、返済状況が確認され解約手続きがはじまります。

解約手続き自体は数分で終わりますので、比較的簡単に手続きは終わります。

SMBCモビット解約後ローンカードは利用できなくなる

解約手続きが完了すると、今まで利用できていたローンカードは利用できなくなります。

ATMに入れても反応しなくなるので、持っていても意味はありません。

処分方法についてはハサミで切って捨てるか、SMBCモビットに返送するかのどちらかで対応しましょう。

カード自体は使えなくなりますが、個人情報のデータが入っていることはかわりないので、しっかり処分することが大切です。

ちなみに解約の電話をしなかった場合、ローンは利用できる状態が続きます。

たとえば借入枠が30万円であれば、いつでも30万円借りられる状態が続くということですね。

カードローンを解約した後で、再びカードローンを利用したい場合は再度審査を受ける必要があります。

このあたりにカードローンを解約するメリットとデメリットがあります。

SMBCモビットを解約するメリット

それではSMBCモビットを解約するメリットとデメリットは、どのような点があるのでしょうか。

まずはSMBCモビットを解約するメリットについて解説していきます。

すぐに借り入れができなくなるので借金抑制になる

SMBCモビットを解約するメリット1つ目は、すぐに借り入れができなくなる点です。

すぐに借り入れができないということはデメリットにもなりますが、借金を抑制するという点ではメリットになります。

カードローンを利用したことがある人ならわかると思いますが、ローンカードを持っているとついつい使ってしまうことがあります。

キャッシュカードとローンカードは全く別物なのですが、借金に慣れてくると同じように見えてしまうのですよね。

カードローンは上手く利用できればいいのですが、使い方を間違えると人生が狂ってしまうこともあります。

そのためカードローンを解約して、カードローン自体を使えなくすることで、借金を抑制することはメリットと言えるでしょう。

信用情報に完済と記載されるので他のローンが組みやすくなる

SMBCモビットを解約するメリット2つ目は、信用情報に完済記載されることです。

信用情報に完済と記載されるかどうかは、他のローンを組むときに大きく影響があります。

カードローンを解約せず残っているということは、いつでも借り入れができるということ。

つまりその状態で他のカードローンの申し込みがあると、借り入れがあると見なされた状態で審査がおこなわれます。

そのため解約しておくと、他のカードローンに申し込みをしたとき審査に通りやすくなります。

特に住宅ローンやカーローンなど金額の大きなローンを組むときは、カードローンが使える状態かそうでないかは重要になります。

今後ローンを組む予定の人は解約しておくことをオススメします。

カードローンがある前提の計画を立てなくなる

SMBCモビットを解約するメリット3つ目は、カードローンがある前提の計画を立てなくなることです。

こちらは精神的なメリットになるのですが、カードローンの契約があると何かあればカードローンを頼ってしまいがちです。

ただカードローンを解約しておけば、カードローンに頼るということがなくなります。

苦しくなった時にカードローンに頼るクセがついていると、なかなか借金生活から抜け出せません。

今後のことを考えてもカードローンがない前提で計画を立てることをオススメします。

SMBCモビットを解約するデメリット

続いてはSMBCモビットを解約するデメリットについて解説していきます。

ふたたび利用するためには再審査が必要になる

SMBCモビットを解約するデメリット1つ目は、ふたたび利用するためには再審査が必要になるということです。

完済した状態だけどお金が苦しい人にとっては、カードローンを解約しないでとっておくと、万が一の際の助けになります。

できればカードローンに頼らない生活をするのが理想ですが、返済にお金を回すあまりに生活が苦しくなってしまっては元も子もありません。

少しでもカードローンを利用する可能性がある人は、契約を残しておいた方がいいでしょう。

ただし返済遅れなどがない場合、再審査に通る可能性はとても高いことも頭に入れておきましょう。

返済遅れなどSMBCモビットにとって印象が悪いことが多い場合、再審査に落ちる可能性はあります。

ただししっかり返済している人であれば、返済実績があると見なされるので、再審査に通る可能性は高くなります。

そういった事情も頭に入れた上で、解約するかどうかは考えましょう。

他のローンやクレジットカードの審査に影響がでる

SMBCモビットを解約するデメリット2つ目は、他のローンやクレジットカードの審査に影響が出ることです。

先ほどメリットの箇所でも紹介しましたが、カードローンを完済していてもカードローンは使えると見なされます。

また総量規制の面でもカードローンを完済していないと、総量規制内に借り入れが含まれることも考慮しておきましょう。

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)引用:日本貸金業協会

そのため他のカードローンに申し込みをするのであれば、完済しているSMBCモビットは解約しておいた方がいいです。

カードローンだけでなくクレジットカードの審査にも影響を及ぼすことがあるので、その点はしっかり頭に入れておきましょう。

借金をするクセがついてしまうことがある

SMBCモビットを解約するデメリット3つ目は、借金をするクセがついてしまうことがある点です。

先ほども少し触れましたが、ローンカードを使い慣れていると、まるでキャッシュカードのようにローンカードを使ってしまうことがあります。

そのためせっかくカードローンを完済したのに、また借金してしまっては完済した意味が薄れてしまいます。

そのため完済前には少なくとも1ヵ月先までは生活できる分のお金は用意しておきましょう。

借金をするクセがついてしまうと、お金が苦しくなってしまった時借金が膨れ上がってしまうことがあります。

借金は一度膨れ上がってしまうと、そこから挽回することがかなり難しくなります。

そうならないためにもカードローンは使えない状況にしておき、借金できない状態にしておくことが大切ですよ。

SMBCモビットは解約した方がいいのか?

ここまでSMBCモビットを解約するメリットとデメリットについて解説してきました。

それでは結局SMBCモビットを完済した後は、解約をした方がいいのでしょうか。

金融ライターをしている筆者の視点から、解説をさせていただきます。

特に理由がなければ解約がオススメ

結論から言うと
「カードローンを完済したら解約がオススメです」
すぐにお金が必要になる可能性があるなどの事情があるなら別ですが、基本的には解約しておいた方がいいです。

解約しておかないと次にローンを組むときに足かせになる可能性があるというのが、大きな理由ですね。

次にカードローンを組む前に解約すればいいやと思っていても、解約を忘れて申し込みをしてしまうことはよくあります。

解約を忘れたまま申し込みをして、カードローンの審査に落ちた後解約したとしたら、再度申し込みをする必要があります。

短期間の申し込みはまず審査落ちしますので、次回申し込みをするまでに少なくとも1ヵ月は期間を空けなければいけません。

そうなると次にカードローンを組むとき、予定通り物事が進まなくなるリスクがあるということですね。

これが住宅ローンなど人生に大きく関わることの場合、少し遅れるだけで全体のスケジュールが大幅に遅れてしまいます。

こういったリスクを考えると、カードローンはできるだけ早く解約しておくことをオススメします。

すぐに解約しないにしても、借り入れが必要なくなったら早めに解約をしましょう。

お金が必要以外にカードローンの契約を残しておく意味は、ほとんどありませんよ。

カードローンがない前提でお金を使うことの大切さ

またカードローンの解約をしておくことは、精神的な面でもとても重要です。

カードローンと契約をしていると、どうしてもお金がピンチになったときカードローンに頼ってしまいがちです。

ATMにローンカードを入れればお金が出てくるので、借金している意識が薄れてしまうのですよね。

これはカードローンという商品の性質上仕方ないことでもあるのですが、カードローンは使わなくてもいいのであれば、使わない方がいいです。

カードローン会社に利子を支払うことは単純に損ですし、支払いが遅れれば信用情報に傷がつくこともあります。

そういった点を踏まえると、完済後の生活をあらかじめ考えておくことがとても大切ですね。

完済までカウントダウンのタイミングになると、かなり嬉しい状況になります。

しかし完済したからといってマイナスがゼロになるだけなので、これからの生活の方がより重要です。

これまで返済に回してきたお金の分使えるようになるという考えより、返済に回してきたお金を貯蓄に回すという考え方の方が堅実でしょう。

お金をしっかり貯めておけば、急にお金が必要になっても貯金から支払えば問題ありません。

そのような状況になればカードローンを使う必要もありませんね。

そういった状況を作るためにも、カードローンを解約して生活をしっかり送ることが大切ですよ。

どうしてもカードローンが必要な場合は再度申し込みをする

しかし貯蓄にお金を回していても、どうしてもお金が必要な状況になった場合、はじめてカードローンの利用を検討しましょう。

再度申し込みをすれば、審査をしてくれますしSMBCモビットの場合は、即日融資もできます。

SMBCモビットなどのカードローン会社は、返済をしっかりしていれば、再審査の時には有利に働きます。

カードローン会社の立場からすると、お金をしっかり返してくれる人には、お金を貸して利子分を稼ぎたいですからね。

そういった事情まで考慮すると、カードローンを契約したままにしておくメリットはほとんどありませんね。

どうしてもお金が必要になったら再度申し込みをすることを前提に、完済したのであれば解約しておくことをオススメします。

SMBCモビットを解約できるように返済していこう

ここまでSMBCモビットの解約について解説をしてきました。

SMBCモビットを完済したのであれば、解約せずにそのままにしておくメリットはほとんどないので、早めに解約することをオススメします。

そして解約後しっかりとお金を回せるように、生活を整えることを意識していきましょう。

SMBCモビットをはじめとした消費者金融はとても便利な存在ですが、使い方を間違えると大変なことになります。

現在契約中の人は解約できるように、しっかりと返済をしていきましょう。