スルガ銀行カードローンの解約前に注意すべきポイントは?

スルガ銀行カードローン

「スルガ銀行カードローンをようやく返済し終えた」

これまで長い返済期間があったと思うので、返済し終えたときは格別の思いでしょう。

しかし完済したからといってそのまま放っておいてしまってはいけません。

カードローンを完済したら、解約手続きをする必要があります。

こちらの記事では、スルガ銀行カードローンを完済し終えた後解約前に注意すべきポイントを解説していきます。

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

スルガ銀行カードローンを解約するメリット

スマホー女性

まずはスルガ銀行カードローンを解約するメリットを解説していきます。

新しい借り入れへの影響がなくなる

スルガ銀行カードローンを解約するメリット1つ目は、新しい借り入れへの影響がなくなる点です。

スルガ銀行カードローンに限らず、カードローンに最後の返済をすると無利息残高というものが残ります。

無利息残高とは利用残高が1,000円未満になった残高の場合で、利息や手数料もとられず支払い期限も決められていません。

しかしこの状態が続くとわずかではありますが、借金は残っていることになり完済ではありません。

残りの金額を支払い、解約通知をすることで、ようやく完済となります。

そして無利息残高が残った状態のまま放置しておくと、カードローンは残ったままの状態になりますね。

そうなるといつでも借り入れができる状態と同じなので、新しい借り入れをするとき借金をしているのと同じとみなされて審査に不利になります。

特に住宅ローンなど高額ローンを組む場合、審査落ちする可能性が高まってしまうので、今後借り入れをする場合、カードローンは解約しておいた方がいいでしょう。

カードローンに頼るクセがなくなる

スルガ銀行カードローンを解約するメリット2つ目は、カードローンに頼るクセがなくなることです。

カードローンを解約すると、もう一度お金を借りるために再度審査を受ける必要があります。

この状態であることは、すぐにカードローンが利用できない状態ということ。

借金をしているときにお金が足りないと、ついついカードローンを利用してしまいます。

ATMにローンカードを入れるとお金が出てくるので、キャッシュカードのように使ってしまう人が、借金している人には多いのです。

そういった事情を考えると、早めにスルガ銀行カードローンを解約して、強制的にお金が借りられない状態を作ったほうが今後のためですね。

カードローンはうまく使えば便利ですが、依存してしまうと多重債務などいい方向には行きません。

今後のためにもせっかく完済したのであれば、カードローンは早めに解約したほうがいいでしょう。

スルガ銀行カードローンを解約するデメリット

心配になる女性

一方でスルガ銀行カードローンを解約するときの、デメリットも存在しています。

すぐに解約するのでなく、まずはデメリットも把握しておきましょう。

もう一度借り入れをするときに審査を受ける必要がある

スルガ銀行カードローンを解約するデメリットは1つ、もう一度借り入れをするときに審査を受ける必要があることです。

返済実績がいい場合は再度審査を受けても合格する可能性は高いですが、延滞が多い場合もう一度審査を受けても落ちる可能性があります。

財政状況がギリギリだとカードローンがあることの安心感があるので、財政状況が落ち着くまではカードローンの解約をしなくてもいいかもしれません。

もちろん1番いい状態は、カードローンに頼らなくても生活が送れることです。

財政状況が落ち着いてきて、カードローンなしでも生活ができるのであれば、その後解約することを頭に入れておきましょう。

カードローンが必要なければすぐに解約しよう

これらの状況を踏まえると、結論としてはカードローンが必要なければすぐに解約したほうがメリットは多いです。

カードローンに依存してしまうと生活がよくあることは少ないですし、せっかく完済したのに誘惑に負けてカードローンに手を出してしまい、多重債務になってしまったという話も聞いたことがあります。

カードローンはうまく使えば便利ですが、依存してしまうと人生が狂ってしまうことがあります。

スルガ銀行カードローンを完済したのであれば、解約することを前提にして今後の計画を立てていけることがベスト。

しっかり完済できたのであれば誘惑に負けていないということなので、これから先もカードローンなしでやっていけますよ。

スルガ銀行カードローン2つの解約方法

考えている女性

スルガ銀行カードローンを解約するには2つの方法があげられます。

  • 支店で解約手続きをおこなう
  • 電話で解約手続きをおこなう

このような方法で解約が可能です。

もちろん借入残高が0円ではないと解約をすることはできませんので注意してくださいね。

もし、まだ借り入れ中の場合は完済するように努力してください。

計画的に返済をしてから解約手続きをおこないましょう。

では、スルガ銀行カードローンの解約方法を順番に解説していきます。

支店で解約手続きをおこなう

スルガ銀行カードローンの解約方法1つ目に「支店で解約手続きをおこなう」という方法です。

スルガ銀行の支店に直接足を運び、解約の手続きをおこなえます。

窓口で解約届を記入して提出することで解約手続きは完了です。

ただ、視点で解約手続きをおこなおうと考えている人は支店の営業時間を把握しておくようにしましょう。

スルガ銀行の営業時間は原則平日午後の3時までです。

営業時間外にスルガ銀行に行っても解約手続きをすることはできませんので、注意してくださいね。

ただ、支店での解約は不明点などを直接聞けるため、便利です。

営業時間内に支店を訪れることができるのであれば、直接支店で解約手続きをすることをおすすめします。

電話で解約手続きをおこなう

スルガ銀行カードローンの解約方法2つ目に「電話で解約手続きをおこなう」という方法です。

スルガ銀行は神奈川県と静岡県を中心に店舗を構えているため、近くに支店がないという人も多いのではないでしょうか?

その場合は、電話で解約の申し込みが可能です。

解約の手続きに関しては店頭の時と同じで、解約届を記入して提出をおこないます。

支店で解約手続きをする時と違う点は受け取りと提出が郵送で行われるということです。

郵送で解約届が送られてきて、記入したら返送をするという流れになります。

自分のペースで解約手続きをしたいという人にとっては便利な解約方法といえるでしょう。

ただ、店頭とは違って直接不明点を聞くことができないため、不便と感じる人も一定数います。

⇒スルガ銀行カードローンの審査基準は厳しい?甘い?審査に落ちたらどうする?

スルガ銀行カードローンの解約手続きで必要なもの

スルガ銀行カードローンの解約手続きで必要なものは次の通りです。

  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • ローンカード

支店で解約手続きをする場合は以上3つが必要になります。

解約と同時にローンカードは回収されてしまいますので、理解しておいてくださいね。

電話で解約手続きをする場合は「本人確認書類」を手元に準備しておいてください。

印鑑やローンカードなどは不要になります。

電話で解約手続きをする場合、ローンカードは自己処分をする必要があります。

自己処分をする際はそのまま捨てるのではなく、はさみなどで切ってから捨てるようにしてくださいね。

解約が完了する前にローンカードが他の人の手に渡ってしまうと、不正利用の原因になりえます。

絶対にローンカードの紛失や盗難には注意するようにしましょう!

解約手続きが済んだとしてもシステムに反映されるのに時間がかかることも考えられます。

解約前に不正利用をされないためにも、細心の注意を払ってローンカードを処分するようにしましょう!

⇒スルガ銀行カードローンで即日融資を受けるには?即日融資の流れや注意点も解説

スルガ銀行カードローンは完済したら解約しよう!

スマホー女性

スルガ銀行カードローンの解約について詳しく解説していきました。

スルガ銀行カードローンを解約するメリットを改めてまとめました。

  • 新しい借り入れへの影響がなくなる
  • カードローンに頼るクセがなくなる

次にスルガ銀行カードローンを解約するデメリットです。

  • もう一度借り入れをするときに審査を受ける必要がある
  • カードローンが必要なければすぐに解約しよう

このように解約するとメリットデメリットがあるため、自分は本当に解約をしていいのかを改めて考えてから解約するようにしてください。

これからスルガ銀行カードローンを解約したいと考えている人は、本記事で紹介した内容を参考にしてみてくださいね。