J.Score(ジェイスコア)のシステムとは?特徴とメリット・デメリットを解説

ジェイスコア

J.Score(ジェイスコア)は他の消費者金融と違う審査を実施しています。

その審査方法はスコアを計算し、一定のスコアに達した人だけが審査を通過できるというものです。

他社の審査方法と違い、スコアを自分で理解できる点、そしてスコアを増やしていくと審査を通過できるという変わった審査方法があります。

審査方法が異なる点に気を付けてしっかり対応しておきましょう。

ここではJ.Score(ジェイスコア)の審査方法について説明します。

目次

J.Score(ジェイスコア)は他社と違う方法で審査を実施する

J.Score(ジェイスコア)はお金を貸している業者ですが、他社とは違う審査方法を採用しています。

その審査方法はスコアレンディングシステムです。

スコアレンディングシステムは一般的な仮審査とは異なります。

J.Score(ジェイスコア)が示している一定の基準を超えなければ、審査を通過できません。

スコアを計算し、最低限の点数を超えている場合は審査を通過できます。

一方で最低限の点数を超えていない場合は審査に落とされてしまいます。

つまり最低限の点数を超える必要があるのです。

スコアを高める必要があるので、J.Score(ジェイスコア)の審査は点数次第だと考えておきましょう。

なお一般的なキャッシング審査も本審査で実施されます。

悪い情報があると落とされる点にも注意しておきましょう。

J.Score(ジェイスコア)が提供するスコアレンディングとは

J.Score(ジェイスコア)が採用している方法はスコアレンディングという変わった手法です。

この方法は申込者が質問に答えたり、必要な情報を提供することでスコアが上昇します。

スコアは初期の段階である程度の数字が表示され、最終的に質問に多く回頭していくと更に多くのスコアが付けられる仕組みです。

スコアが600点以上に達した人は、J.Score(ジェイスコア)の審査を通過できます。

一方で599点未満は審査に落とされてしまいます。

以前は申し込みが認められなかったものの、最近は599点以下でも申し込みが可能になりました。

しかし必要なスコアに達していないため、審査に落とされてしまうのです。

審査を通過したいのであれば最低でも600点は超えておきましょう。

限度額はスコアによって決定される

J.Score(ジェイスコア)の限度額はスコアレンディングの点数によって決められます。

最低限の600点では10万円しかほぼ借りられません。

一方で最大のスコアである1000点を取ると、最大で1000万円まで借りられます。

借りられる額は収入などを考慮して最終的に決められるため、1000点でも最大の限度額が用意されるわけではありません。

また、他社の借入があると総量規制の影響を受けて、あまり多くのお金を借りられません。

総量規制についても気を付けておき、なるべく他社の借入をしないように心がけておきましょう。

高い限度額を狙うにはスコアを増やすしかありません。

少しでも質問に回答し、高い限度額を得られるようにしておきましょう。

Jスコアの審査は甘い?厳しい?スコアを上げるにはどうすればいい?

J.Score(ジェイスコア)のスコアレンディングの特徴は?

J.Score(ジェイスコア)のスコアレンディングには、以下の特徴があります。

  • スコアを増やせば限度額が増える
  • スコアを増やす方法が多数ある
  • 既に契約できる限度額と金利の範囲がわかる
  • いいスコアならそのまま審査を受けられて便利
  • 審査落ちだと自分で把握できる

上記の特徴を持っており、自分である程度の目安が理解できるほか、スコアが高ければ審査をそのまま受けられるメリットもあります。

上記の特徴についてここから詳しく解説します。

スコアを増やせば限度額が増える

スコアレンディングシステムにより、スコアを増やせば限度額が増えます。

自分が持っているスコアが多ければ多いほど、将来的に借りられる金額が決められるのです。

スコアはいつでも増やせる方法を採用しており、簡単にスコアを多くする手法が使えます。

納得できる限度額になるまで、とにかくスコアを増やしておけば高い限度額も期待できるでしょう。

しかも限度額が高くなれば、同時に金利が下げられます。

低金利で借りられる可能性があるので、J.Score(ジェイスコア)で支払う利息を大幅に節約できるでしょう。

高いスコアを狙い、毎日しっかりと質問に回答していけば、J.Score(ジェイスコア)で多くの金額を借りられるのです。

スコアを増やす方法が多数ある

スコアを増やす方法を多数準備しているのがJ.Score(ジェイスコア)です。

質問に回答していくだけでもスコアは上昇しますが、質問の数が160以上用意されているため、相当な時間がなければ質問に回答しきれないのです。

しかし外部連携サービスを活用するだけで、スコアアップを狙う方法があります。

外部連携というのは、持っているサービスと連携する手法で、主にログイン方法で採用されています。

この連携を審査に活用しているのがJ.Score(ジェイスコア)です。

みずほ銀行やソフトバンク、Yahooのサービスを利用しているなら、外部連携によってスコアを増やせるのです。

ちょっとしたサービスを使っているだけで、J.Score(ジェイスコア)のスコアが増えるのはとてもいいことでしょう。

しかも手間がかからないので、質問になかなか回答できなくて困っている方にも安心できる方法です。

既に契約できる限度額と金利の範囲がわかる

J.Score(ジェイスコア)では、スコアによって既に契約できる限度額と金利の範囲を紹介しています。

審査を受けるまで限度額と金利がわからない問題はありません。

いつでも目安となる金額がわかりますし、金利の数字も簡単に把握できます。

確認作業はJ.Score(ジェイスコア)のマイページで実施できます。

現在のスコアならどれくらいの金額が借りられるのか、そして金利がどのように設定されるのか知っておけば、安心して借りられるでしょう。

もちろん審査を受けるべきかどうかの判断をつけるためにも重要な方法です。

高い限度額で低金利であれば、ほぼ審査を受けたほうがいいのです。

一方で納得できない低い限度額であれば、もっとスコアを増やしてJ.Score(ジェイスコア)から借りられる額を増やしたほうがいいのです。

納得できる状況を作るまでスコアレンディングに挑戦できるのもJ.Score(ジェイスコア)の良さです。

いいスコアならそのまま審査を受けられて便利

先ほども説明しましたが、いいスコアならそのまま申し込みが可能で、申込みにかかる時間もかなり軽減されます。

事前に質問に回答しておけば、後はスコアを確認して自分が審査を受けるべきか考えればいいのです。

J.Score(ジェイスコア)では、スコアが多ければ多いほど優遇されますし、収入が多ければ借りられる金額も多くなります。

スコアが高くなれば、必要としている限度額が望めると判断し、審査を受けやすくなるでしょう。

確実に審査を通過できると判断し、最終的にJ.Score(ジェイスコア)でお金を借りるための申込みができるのはとても大きなメリットです。

申込内容も消費者金融とあまり変わらないので、すぐに申し込みができるでしょう。

審査落ちだと自分で把握できる

J.Score(ジェイスコア)の審査落ちも自分で把握できるのがいいところです。

これまでは審査落ちというのは審査を受けなければわからないのです。

しかしJ.Score(ジェイスコア)の場合、スコアが足りない場合は審査落ちだとわかります。

足りないスコアを増やしておけば問題なく審査を通過できるので、審査落ちのスコアであれば自分でスコアを増やしておきましょう。

審査落ちがわかるのも安心できるポイントです。

その理由は、審査落ちで信用情報が悪くなるからです。

信用情報をしっかりといいものにしたいと思ったら、審査落ちなのにJ.Score(ジェイスコア)への申込みは避けましょう。

J.Score(ジェイスコア)の審査方法を使うメリット

J.Score(ジェイスコア)の審査方法を使うメリットは以下の通りです。

  • 自分の情報でスコアを増やし、限度額を得られる
  • 質問に答えるだけで借りられるかがわかる
  • 自分の情報から限度額や金利がわかる
  • 借りられるかも含めた情報がすぐに提示される

上記のメリットがあるので、他の消費者金融よりもJ.Score(ジェイスコア)は使いやすいでしょう。

より簡単にサービスを利用したいと考えている方にもJ.Score(ジェイスコア)はおすすめです。

ここからは上記のメリットについて説明します。

自分の情報でスコアを増やし、限度額を得られる

自分が持っている情報を提供するだけでスコアがアップして、限度額が増える仕組みをJ.Score(ジェイスコア)は採用しています。

自分が提供する情報だけで簡単に限度額が増えるのはいいことでしょう。

今までの審査では、あまり必要ではない情報を提供しても限度額は増えません。

しかしJ.Score(ジェイスコア)で審査を受ければ、あまりお金に関連しない項目でも限度額を増やせる可能性があります。

これまでにない審査で確実に限度額を得られるのはいいことでしょう。

いい情報をたくさん提供しておけば、J.Score(ジェイスコア)から認められ大きな限度額も期待できるのです。

質問に答えるだけで借りられるかがわかる

質問に答えていくだけで借りられるのはいいことでしょう。

他の消費者金融は申込みを済ませて、後は審査結果に任せる方針です。

つまり自分が色々な質問に回答しても意味がないのです。

しかしJ.Score(ジェイスコア)の方法であれば、質問に回答していくだけでお金を借りられるかがわかります。

これまでのように、申込みをしないと借りられるかわからない問題が起こらないのです。

申し込み前に借りられるかもしれない、今の状況では借りられないと判断できるのはいいことでしょう。

安心して申し込める点がいいところで、不安な状況で審査を受ける必要はありません。

自分の情報から限度額や金利がわかる

自分の情報を提供するだけで限度額と金利が簡単に表示されます。

スコアによって表示される目安となる限度額と金利は、借りる額を増やしたい方にもおすすめです。

必要だと判断できる限度額までスコアを増やし、目標を超えれば審査を受けるという方法が使えるのです。

自分の情報だけで限度額と金利がある程度わかるのは本当に使いやすいでしょう。

もちろん審査落ちかどうかも判断できます。

審査に落とされる状況であれば、もっとスコアを増やさないと駄目だと考えられるでしょう。

借りられるかも含めた情報がすぐに提示される

現時点で借りられるかどうかも判断できるのがいいところです。

J.Score(ジェイスコア)で審査落ちを防げるほか、審査落ちによる信用情報の悪化、他社への影響を最小限に抑えられます。

これまでは審査を受けてみないと借りられるかがわかりませんでした。

これからはJ.Score(ジェイスコア)を使えば、審査を受ける前に審査落ちの可能性を把握できるのです。

審査に落とされないように心がけ、確実に審査を通過してお金を借りられるようにしましょう。

J.Score(ジェイスコア)の審査方法を使うデメリット

J.Score(ジェイスコア)はメリットだけではありません。

残念ながら以下のデメリットを持っています。

  • 審査落ちだとすぐにわかってしまう
  • スコアを増やすための質問が多すぎて面倒
  • 質問の回答次第でスコアが下がってしまう
  • スコアを増やしたからといって審査を通過できるわけではない

J.Score(ジェイスコア)のデメリットを理解してから申し込むといいでしょう。

ここからはJ.Score(ジェイスコア)のデメリットを紹介します。

審査落ちだとすぐにわかってしまう

J.Score(ジェイスコア)の審査を通過できないとすぐに判断できるのはデメリットかもしれません。

借りられるかもしれないという気持ちをスコアだけで踏みにじる方法ですので、もしかしたらという気持ちも得られません。

中小の消費者金融のように、借りられる可能性があると考えられないのはデメリットでしょう。

逆に審査を通過できないから申し込まなくていいだろうと考えられるメリットはあります。

しかしJ.Score(ジェイスコア)のように高額な借入で低金利を実現してくれる会社が使えないのはかなりのデメリットなのです。

スコアを増やすための質問が多すぎて面倒

スコアを増やすために回答しなければならない質問は多数あります。

質問に回答するかどうかは任意ですが、J.Score(ジェイスコア)で高いスコアを得るなら160近くの質問に回答しなければなりません。

160もの質問に回答していくのは相当な時間が必要ですし、2択といえども手間がかかってしまうでしょう。

短時間で全ての質問を回答できない点はかなり厳しいポイントです。

更にJ.Score(ジェイスコア)では、初期の質問である程度のスコアが決まってしまいます。

最初の質問であまりいいスコアを得られていないなら、他の質問に回答してもあまりスコアを得られない可能性があります。

何とか質問に回答したのはいいものの、結局スコアを増やせなければ意味がありません。

手間がかかるのに借りられるかどうか不安に感じられるのもデメリットかもしれません。

質問の回答次第でスコアが下がってしまう

どれだけ多くの質問に回答しても、J.Score(ジェイスコア)が貸してもいい人じゃないと判断されればスコアが下がってしまいます。

質問の多くはしっかりと回答していけばスコアが増える仕組みを採用しています。

しかし性格などの項目で、回答次第ではスコアが下がってしまうケースもあるのです。

つまりスコアが下がってしまい、自分が借りられない状況を作る可能性があります。

折角スコアを増やして借りられるお金を多くしたいと考えていたのに、逆に限度額が減る恐れもあります。

回答する質問には気を付けたほうがいいものの、どの項目がスコアを下げるのかはよくわからない部分もあります。

J.Score(ジェイスコア)でスコアを増やしたいなら、定期的に質問に回答した後の点数を確認しておきましょう。

そして問題なくスコアが増えていると判断し、質問に答え続けるといいでしょう。

スコアを増やしたからといって審査を通過できるわけではない

スコアを増やして600点を超えておけば、審査を通過できます。

しかしスコアを増やしても審査に落とされる可能性はあります。

その理由は一般的なキャッシング審査がJ.Score(ジェイスコア)でも採用されているためです。

在籍確認ができなかった場合はもちろんのこと、本人確認等で問題があると審査を通過できません。

つまりどれくらいスコアを得ても、一般のキャッシング審査を通過できないようでは意味がないのです。

J.Score(ジェイスコア)はスコアを増やしておけばいいのではなく、それ以外の審査もしっかり対応しなければならないのです。

この手間は少し面倒だと感じてしまうでしょう。

J.Score(ジェイスコア)の審査方法が向いている人

J.Score(ジェイスコア)の審査方法が向いているのは以下の人です。

  • 元々高い収入を持っている人
  • 質問にゆっくりと回答できる人
  • 自分の現状を理解したい人
  • 低金利でお金を借りたい人

J.Score(ジェイスコア)に向いている人は、積極的に質問に回答し、限度額を増やして申込むといいでしょう。

ここからはJ.Score(ジェイスコア)が向いている人の理由を説明します。

元々高い収入を持っている人

収入が高い人はJ.Score(ジェイスコア)を利用したほうがいいでしょう。

その理由は高い収入を持っていればいるほど、初期のスコアが高くなるからです。

色々な質問を出してくるJ.Score(ジェイスコア)ですが、一番重要視しているのは収入です。

高い収入を持っていればいるほど、最初に表示されるスコアは高くなるのです。

初期スコアが高い状態で質問に回答しておけば、最終的に得られるスコアもかなり高くなります。

つまり高い収入を持っている人ほど、最初の時点でかなり有利になるのです。

一方で収入が少ない人はJ.Score(ジェイスコア)を利用しないほうがいいかもしれません。

低収入ではスコアを増やすのに時間がかかり、短時間で審査を通過できない可能性があるのです。

しっかり稼ぎを得てからJ.Score(ジェイスコア)の審査を受けましょう。

質問にゆっくりと回答できる人

質問にゆっくり回答できる人はJ.Score(ジェイスコア)が向いています。

ゆっくりと質問に回答し、必要なスコアを得ておけばいいのです。

質問に回答するのは難しくありませんが、大量にある質問を消化していくのは相当難しいのです。

多くの時間を使わないとスコアを増やせないと考えれば、時間をある程度確保できるのは向いている証拠と言えるのです。

逆に質問に回答できる時間が確保できない場合や、質問に回答するのは面倒だと感じている人にはJ.Score(ジェイスコア)は向いていません。

確実に質問に回答し、安心して審査を受けられるようにしないと借りられないのがJ.Score(ジェイスコア)です。

質問に答えたくないと思っているなら、他社を利用して一般的な審査を受けたほうがいいのです。

自分の現状を理解したい人

自分の現状を理解してお金を借りたい人もJ.Score(ジェイスコア)が向いています。

質問に回答していくだけで、現在のスコアと借りられる額がわかります。

他の審査と違い、審査を受けるまで現状がわからないというわけではありません。

表示されているスコアによって、借りられる額と金利がわかります。

しかも審査を通過できるかも事前にわかるので、審査を受けたほうがいいのか把握しやすいのです。

審査前にあらゆる情報を得たいと思っている人には、J.Score(ジェイスコア)が向いているかもしれません。

低金利でお金を借りたい人

低金利で借りたい方にもJ.Score(ジェイスコア)がおすすめです。

実はJ.Score(ジェイスコア)は消費者金融ですが、借りられる額が非常に多く金利も低いのです。

J.Score(ジェイスコア)の金利は0.8%~12.0%です。

この金利で借りられる会社は銀行系でもほとんどありません。

しかも限度額が1000万円という大きな額を持っています。

消費者金融系でもいいから多くの借入をしたい人、低金利で借りたい人にはJ.Score(ジェイスコア)がおすすめです。

安心して借りられるスコアレンディングシステムにより、金利も審査前にほぼ把握できます。

より多くの情報を得て審査を受けられるのはいいことでしょう。

J.Score(ジェイスコア)の審査方法は特殊!しっかりと質問に答えよう

J.Score(ジェイスコア)の審査方法はかなり特殊であり、これまでの審査とは全く違います。

今までのようなイメージで審査を受けると、逆に審査落ちの可能性は高くなってしまいます。

質問への回答は積極的に行い、少しでもスコアを増やすように心がけてください。

高いスコアを得られるようになれば、審査通過の確率が劇的に高くなり、高い限度額も得られます。

より借りやすい状況を作るためにも、J.Score(ジェイスコア)の質問に回答する時間をしっかり確保してください。