ブライダルローンの審査は厳しい?審査基準や選び方も解説

ブライダルローンの審査は厳しい?審査基準や選び方も解説-アイキャッチ ライフ

「結婚式に向けてブライダルローンを利用したいけど、審査が通るか不安。」

「結婚式を挙げようと思っているけど費用が高くて貯金が足りない。」

結婚式や披露宴には350万円程度のお金が必要になるので、上記のような悩みを持っている方も多いと思います。

結婚に関する費用が足りなくてブライダルローンを検討する際、審査にとおるのか、審査は厳しいのか、気になりますよね。

そこで今回はブライダルローンの審査基準や審査の流れ、審査に落ちた場合の対処法を詳しく紹介します。

記事の後半では、ブライダルローンを利用する際の注意点や選び方、メリットとデメリットも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

そもそもブライダルローンってなに?

キャッシング-女性のはてな2

ブライダルローンとは、結婚にかかるお金を借りることのできるローンです。

結婚全般の費用に使うことのできるローンで、マイカーローンや住宅ローンなどと同じように目的別ローンの1つです。

結婚式の費用だけでなく、下記のような結婚に関連する費用において幅広く利用できます。

  • 結婚式費用
  • 結婚指輪
  • 新婚旅行
  • 婚礼衣装

上記のように結婚式はもちろん新婚旅行や結婚指輪にも利用できるので、予算で諦めることなく自分の理想通りのプランが立てられます。

結婚式場によっては、結婚式の費用を前払いで支払わなければならないところもあるため、ブライダルローンで前払いを済ませることも多いです。

しかし、ブライダルローンの用途について銀行によっては条件がある場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

ブライダルローンは結婚関係のみの用途に限られ、マイカーローンや住宅ローンと同じように分割して支払います。

ブライダルローンの審査に通るためにはどうすれば良い?

キャッシング-女性のはてな7

ブライダルローンの審査について、甘いと考えている方も多いのなはいでしょうか。

しかし、実際は厳格な審査が行われるので決して甘くはありません。

ブライダルローンは金利が低いことが特徴ですが、金利が低いローンは基本的に審査が厳しいと覚えておくと良いでしょう。

また、結婚費用にはまとまったお金が必要になるため、借りる金額が高額になることも多く審査も慎重です。

ブライダルローンの審査は厳しいのであれば、事前に審査基準やどうすれば審査に通るのか気になりますよね。

ブライダルローンの審査基準には主に以下の5つがあります。

  • 安定した収入があるのか
  • 信用情報に傷がないか
  • 他社からの借り入れ状況はどうなっているのか
  • 満20歳以上であるか
  • 提出した書類内容に誤りがないか

事前に審査基準を知っておくことで対策ができるので、審査に通りやすくなりますね。

では、それぞれ詳しく解説します。

安定した収入があるのか

ブライダルローンに限らずお金を借りる際は、安定した収入があるのかが審査のポイントになります。

借りたお金を完済できるかどうかは重要なポイントなので、返済能力を確認するために安定した収入が必要です。

収入が不安定な場合や毎月一定した収入がない場合だと、月によって返済が滞るのではないかと返済能力が疑われ審査にとおりにくくなります。

そのためフリーランスやアルバイト・パートなどは収入が一定して入る保証がなく正社員に比べると審査に通りにくくなります。

また、勤続年数や年収も審査の際に見られます。

勤続年数は3年以上だと有利といわれているので、短すぎる場合や転職した直後であれば審査に通りにくい可能性があります。

年収においても基準が設けられていることもあるので、事前に確認しておきましょう。

信用情報に傷がないか

ローンの審査では、信用情報も確認されます。

信用情報とは、クレジットやローンの契約、申込みに関する情報のことです。

これまでの借入や返済状況において問題がないか確認されるため、過去に債務整理をしている場合や滞納・延滞があった場合は審査に通りにくくなります。

信用情報の記録はずっと残るのではなく、一定期間が過ぎると削除されます。

自分の信用情報が気になる方は、情報開示請求をして、一度チェックしてみることがおすすめです。

基本的には5年から10年で情報が削除されるので、それより最近に滞納や自己破産があった場合、審査に通らないと思っておきましょう。

引用元 : 信用情報とは

他社からの借入状況はどうなっているのか

他社からの借入状況も審査の際に見られるポイントです。

他社からも借入をしている場合や、すでに総量規制に触れそうな場合は審査に通らないことや、借り入れできる金額が少なくなります。

総量規制とは、年収の3分の1を超える貸し付けを禁止する法律です。

例えば年収が900万円であれば300万円を超えての借入ができません。

他社からも借入をしている方は、どれくらいの金額を借りているのか、あとどれくらい借りることができるのか一度確認しましょう。

また、借入の希望額は総量規制にぎりぎりの金額ではなく余裕を持った金額を記入するようにしましょう。

引用元 : 賃金業法のキホン

満20歳以上であるか

ブライダルローンでは、年齢において満20歳以上が条件となっていることが多いです。

そのため20歳未満であれば、就職していても安定した収入があっても、審査に通ることができないので気を付けましょう。

また、場合によっては満20歳以上でも学生であれば審査にとおらないこともあるので、事前に申し込み条件を確認しましょう。

満18歳以上から借りることのできるブライダルローンもあるので、年齢から探すこともおすすめです。

年齢の上限としては60歳から65歳以下であることがほとんどなので、覚えておきましょう。

提出した書類内容に誤りがないか

提出した書類内容に誤りがないかも重要です。

審査に通るために意図的に嘘の情報を書いてばれてしまうと、審査に通らなくなるので、不安がある場合でも正直な情報を記入するようにしましょう。

基本的に嘘の情報はばれるので、少しでも審査に通る確率を上げるには正確な情報が必要です。

また、誤字や脱字がある場合も審査に通らなくなるので、提出書類は隅々まで見直すようにしましょう。

書類内容の誤りについて、虚偽の申告も間違いも審査に通らない原因となるので、慎重に書くことが重要です。

ブライダルローンの審査の流れを解説!

人差し指をたてるスーツ姿の女性

ブライダルローンの審査の流れは以下の通りです。

  1. 仮審査申込み
  2. 仮審査
  3. 書類提出
  4. 本審査
  5. 借入

上記の流れで審査にとおれば無事に借り入れできます。

申込みはインターネットで簡単にできる金融機関が多く、インターネットで完結する場合もあります。

来店不要で申し込めるため、忙しい方や来店の時間を取れない方でも気軽に申込みしやすいですよ。

申込みに関しては、借り入れたい金融機関のホームページから申込み画面に進み、説明通りに必要情報を入力しましょう。

不明な点があればすぐに電話などで相談することがおすすめです。

ブライダルローンの申込みに必要な書類ってどんなのがあるの?

ブライダルローンの申込みで必要になる書類には主に以下のものがあります。

  • ローンの申込書
  • 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類
  • 源泉徴収票などの所得証明書類
  • 銀行印
  • 結婚式の見積書などの使途が確認できる書類

ブライダルローンの申込みに必要な書類には、他のローンとは違い結婚関係の用途だと証明できる書類が必要になります。

使途確認書類が提出できなければローンを利用できないので気を付けましょう。

もし事前に使途確認書類を用意できない場合は、相談して他に代わりになる証明書があるか聞いておくことが大切です。

ブライダルローンの審査に落ちた場合の対処法

スマホを持って疑問を抱える女性

ブライダルローンを利用するつもりだったのに審査に落ちてしまい利用できなくなったということもありますよね。

審査落ちした際の対処法については以下の4つがあります。

  • 予算を見直してできる範囲の結婚式にする
  • フリーローンやカードローンを利用する
  • 両親にお金を借りる
  • 会費制の結婚式にする

予算を見直してできる範囲の結婚式にする

ブライダルローンを利用できない場合は予算を見直して、できる範囲の結婚式に変更することも良いでしょう。

結婚には、結婚式以外にもお金が必要になる場面が多く、なるべくローンを組まないことがおすすめです。

そのためできるだけ貯金内でまかなえるように、人数を減らした結婚式や小さい結婚式なども考えましょう。

他にも新婚旅行は延期するなど、一気にお金を使わないように工夫据えることも大切です。

少しでも妥協できるポイントがあれば、妥協するのも1つの手です。

フリーローンやカードローンを利用する

フリーローンやカードローンは、使い道が限定されていなく自由に使えるローンです。

フリーローンは主に銀行で扱われているサービスで、カードローンは銀行以外にも少尉社金融などでも取り扱っています。

ブライダルローンに比べて金利が高くなってしまいますが、どうしてもお金を借りたいときは利用することも検討してみましょう。

ローンを組む際は、返済計画を立てて完済することが重要なので、必要以上の金額を借りないように気を付けましょう。

なるべく早く返済することで、返済総額を抑えることができますよ。

両親にお金を借りる

両親にお金を借りることも考えてみましょう。

なるべく両親に迷惑をかけたくないという方が多いと思いますが、一度相談してみることで解決することもあります。

どうしてもお金が足りないけど、審査にも通らないという場合にのみ相談するようにしましょう。

また、両親にお金を借りる場合も、返済計画を立てて毎月の返済額や、いつまでに完済するのか決めておきましょう。

結婚費用を借りるとなると、大きい金額になりがちなので、誠実な態度を見せることが重要です。

会費制の結婚式にする

結婚式を会費制にすることで、自分たちの負担額が事前に分かるので、必要な費用を知っておくことが出来ます。

審査に落ちてお金が借りられない場合、自己負担額を明確にすることで、何をどれくらい削れば良いのか、他の方法でまかなう場合の金額が分かります。

また、ご祝儀性に比べて準備負担も軽減できるため会費制にするだけで結婚式費用を抑えることができますよ。

しかし設定する会費額によっては自己負担額が想像以上に高くなってしまうということもあるので気を付けましょう。

自分たちが払える費用を事前に計算して、会費額を決めましょう。

ブライダルローンを利用する際の注意点を解説!

人差し指

ブライダルローンを利用する際に気を付けたい点については主に以下のことがあります。

  • 使い道が限定されている
  • 追加融資が受けられない
  • 審査に通るか、希望額を借りられるか早めに確認する
  • ご祝儀をあてにしない

ではそれぞれ詳しく解説します。

使い道が限定されている

ブライダルローンは、使い道に関して結婚関係のみと決められています。

そのための使途確認書類も提出するため、多めにお金を借りることもできません。

またローンによって使い道の範囲が異なり、結婚に関連する費用でも認められないことがあります。

場合によっては結婚式のみなど限定していることや、新婚旅行のみに使うことはできないなどの条件があることもあります。

どこからブライダルローンを借りるかによって、使い道は大きく変わるので、事前に確認しておきましょう。

いくつかのブライダルローンを比較して、自分の使い道に合ったローンを見つけることが大切です。

事前に使用できる範囲の詳細を知っておくと安心ですよ。

追加融資が受けられない

ブライダルローンは追加融資を受けることができません。

そのため、予定よりもお金が必要になった場合や、自分たちで用意できるお金が少なくなってしまった場合に対応できないことがあります。

ブライダルローンを利用する場合は、必要金額を超える可能性がないか慎重に考えて借りるようにしましょう。

予算を明確に決めて確実に予算内に収まる結婚式にすることが大切ですよ。

また、想定外の出費に備えてブライダルローンを利用する場合も貯金を残しておくと安心です。

事前に結婚式や新婚旅行、結婚後の生活にかかる費用を計算して、どの費用をブライダルローンでまかなうか決めておきましょう。

審査に通るか、希望額を借りられるか早めに確認する

ブライダルローンは、融資までに時間がかかります。

そのため、利用すると決めたらねるべく早い段階で申し込むようにしましょう。

早めに申し込むことで、結婚式までに余裕を持って資金を用意することができます。

また、申し込んでも審査にとおらない場合や希望額を借りることができない場合もありますよね。

上記のような場合でも、早めに知ることが出来れば対策は見つけられるので安心です。

ブライダルローンは申込みから融資までに一般的に2週間程度かかるので、予想以上にお金が必要、お金が借りられない、などのトラブルにも対応できるように前もって申し込みましょう。

また、返済や審査の通りやすさを考慮して、希望額は最小限にしておきましょう。

ご祝儀をあてにしない

ブライダルローンを利用する際に、ご祝儀があるから簡単に返すことができると思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、結婚関連の費用は結婚式以外にも多いため結婚式が終わっても必要な費用はたくさんあります。

貯金がない状態や、お金が厳しい状況であれば、ご祝儀も他の資金に使い果たすこともあるため、ご祝儀があるからと楽観視しないように気を付けましょう。

また、ご祝儀はいくらもらえるのか明確ではないので、自分の予想よりも少ない場合があります。

ブライダルローンを利用する際は、ご祝儀を含めずに返済計画を立てることがおすすめです。

ブライダルローンを選ぶ際に見るべき2つのポイント

人差し指を立てる女

ではブライダルローンを選ぶ際に見るべきポイントについて以下の2つを紹介します。

  • 金利
  • 借入限度額

どちらを重視するかで、自分に合ったブライダルローンが異なるので、慎重に考えましょう。

金利

ブライダルローンは金利が低いですが、金融機関によって金利は異なります。

返済のことを考えて少しでも費用を抑えたいという方は、金利を重視して低金利のブライダルローンを選ぶようにしましょう。

少しの金利の違いでも、借入金額が大きいと利息も大きく変わります。

また返済期間について、早い段階でまとめて返済をすることができれば大きく影響はありませんが、長期間で返済する場合は金利の影響は大きいです。

早い返済のめどが立っていない場合や、長期間で返済計画を立てている場合は、できるだけ低金利のブライダルローンがおすすめです。

借入限度額

借入限度額でブライダルローンを選ぶことも良いでしょう。

結婚関連の費用は非常に高いので、まとまったお金が必要になります。

また、自分の希望通りの結婚式をどうしてもしたいという場合、希望額を借りることができなければ意味がありませんよね。

借入限度額が高い金融機関を選ぶ基準にするのもおすすめですが、審査によって結果が異なることを覚えておきましょう。

借入限度額が高くても、審査で希望額を借りることができない場合もあるので、自分の年収と比較して決めることが重要です。

また、借入額が高いほど返済も大変になるので気を付けましょう。

ブライダルローンのメリットとデメリット

ブライダルローンのメリットやデメリットは以下の通りです。

ブライダルローンのメリット

  • 金利が低く固定されている
  • 予算以上の結婚式を挙げることができる
  • 借入金額を自分で設定できる
  • 使い道が限られているため必要以上にお金を借りる心配がない

ブライダルローンのデメリット

  • 使い道が限られている
  • 融資までに時間かかる
  • 審査が厳しい
  • 必要書類が多い
  • 追加融資がなく多めに借りることができない

メリットとデメリットを把握した上で、利用するか考えましょう。

ブライダルローンに関するよくある質問

はてな

このトピックではブライダルローンに関するよくある質問について以下の2つを紹介します。

  • ブライダルローンの金利の相場ってどれくらいなの?
  • そもそも結婚式にはどれくらいお金が必要なの?

ブライダルローンの金利の相場ってどれくらいなの?

ブライダルローンの金利の相場は3%から10%となっています。

加えて固定金利なので、返済計画が立てやすいことも特徴です。

ちなみにカードローンの金利の相場が15%から18%程度なので、ブライダルローンの金利が低い設定であることが分かります。

また、ブライダルローンの利用する際の借入限度額の相場は300万円から500万円となっているので、結婚式の費用は十分にまかなうことができます。

ブライダルローンは低金利ですが、金融機関によって金利は異なるので、様々な金融機関の金利を比較して決めることが重要です。

そもそも結婚式にはどれくらいお金が必要なの?

結婚式にかかる費用の相場は350万円程度とされています。

結婚式と披露宴のみでも300万円を超えることが一般的なので、結婚に関する費用は非常に高いことが分かりますね。

また、結婚式の費用は前払いであることや、結婚式から1週間以内に支払う必要があることがほとんどです。

そのため、想像よりも早く費用を準備しなければならない、支払期日までに準備できないということも多いです。

結婚式の費用の支払いの期日を事前に確認して、いつまでにいくら必要になるのか把握しておきましょう。

ブライダルローンの審査まとめ

いかがでしたか?

今回紹介したブライダルローンの審査の基準は以下の通りです。

  • 安定した収入があるのか
  • 信用情報に傷がないか
  • 他社からの借り入れ状況はどうなっているのか
  • 満20歳以上であるか
  • 提出した書類内容に誤りがないか

ブライダルローンの審査は甘くはないので、審査基準を満たしているか事前に確認しておきましょう。

お金を借りる際は、返済のことを考えて必要最低限の金額を借りること、返済計画を細かく立てることが重要です。

また、結婚に関する費用は非常高いので前もって貯金することが大切ですよ。