外国人でもカードローンでお金借りることは可能?永住権がなくても大丈夫

外国人でもカードローンでお金借りることは可能?永住権がなくても大丈夫-アイキャッチ ライフ

「日本でお金を借りたいけど外国人でも借りられるのかな。」

「永住権を持っていない外国人でも申し込めるカードローンってあるの?」

日本で暮らしている外国人の中には、お金に困っているのに上記のような不安もあるという方は多いのではないでしょうか。

結論から言うと、外国人でもお金を借りることは可能です。

大手の消費者金融であれば、永住権を持っていない外国人でも申し込みできるので安心してください。

しかし、申し込みができても審査に通ることや必要書類の用意できなければ、お金を借りることができません。

そこでこの記事では、永住権が無くても利用できるカードローンやお金を借りる際に外国人が満たしておくべき条件、審査に通らない理由についても詳しく解説しています。

後半では、カードローン以外にも外国人がお金を借りる方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

永住権がない外国人でも借りられるカードローンを紹介!

人差し指

外国人がお金を借りるにあたって、1番に思いつくのがカードローンの利用という方は多いと思います。

しかし、カードローンを利用するには永住権が必要なことも多いので、永住権がない外国人だと不安になりますよね。

大手の消費者金融のカードローンであれば、永住権を持たない外国人でも申し込み可能なものも多いので安心してください。

例えば、以下の消費者金融では永住権がない外国人でも申し込むことが可能です。

  • プロミス
  • アイフル
  • J.Score

また、上記の消費者金融における外国籍の方の必要書類は以下のようになっています。

消費者金融外国籍の方の必要書類
プロミス「在留カード」または「特別永住者証明書」
アイフル運転免許証を持っていない場合、「特別永住者証明書」「在留カード」
J.Score「在留カード」または「特別永住者証明書」

実際にお金を借りるには審査に通る必要がありますが、外国人の方でも申し込みができる消費者金融はありますよ。

永住権があるなら銀行カードローンもおすすめ

永住権を持っている外国人の方には、銀行カードローンもおすすめです。

銀行カードローンは原則として「日本国籍」または「永住権」が必要となります。

そのため、永住権がない外国人の方は利用できないので気をつけましょう。

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンに比べて低金利で利用できるため、人気も高いです。

また、消費者金融のカードローンでも「アコム」や「レイクALSA」では永住権がないと申し込むことができません。

低金利でお金を借りたい方や、どうしても銀行ローンが良いという方は永住権を獲得することが必要です。

また、「自動車ローン」や「住宅ローン」も一般的に永住権が必要となるので、覚えておきましょう。

ちなみに、消費者金融と銀行のカードローンのそれぞれのメリットやデメリットは以下のようになります。

消費者金融のカードローン銀行カードローン
メリット銀行カードローンに比べて審査に通りやすい、永住権がなくても利用できる、即日融資可能消費者金融のカードローンに比べて金利が低い
デメリット金利が高い即日の借り入れは不可能、審査が厳しい

それぞれのメリットやデメリットを比べて、自分に合う方を選びましょう。

外国人がカードローンでお金を借りる際に満たしておくべき条件

人差し指を立てる女

外国人でもカードローンが利用できることが分かりましたが、以下の条件を満たす必要があるので、事前にチェックしておきましょう。

  • 在留カードまたは特別永住者証明書を持っている
  • 毎月安定した収入がある
  • 最低限の日本語能力がある
  • 残りの日本の滞在期間が長い
  • 日本国内に住所と連絡先がある
  • 在籍確認ができる
  • 申し込み条件を満たしている

在留カードまたは特別永住者証明書を持っている

永住権がない外国人でもカードローンは利用できますが、そのためには「在留カード」や「特別永住者証明書」が必須となります。

在留カードとは中長期滞在者に対して、特別永住者証明書は特別永住者に交付されるカードです。

そのため、どちらにも当てはまらない方には交付されず、カードローンも利用できません。

毎月安定した収入がある

日本国内で継続した仕事をしていて、毎月安定した収入があると言うことも必要な条件です。

安定した収入に関しては、外国人に限らず日本人でも必要な条件になります。

安定した収入がない場合、返済能力も疑われるため借りることができない場合が多いです。

また、安定した収入と聞くと正社員じゃないとだめだと思いがちですが、必ずしも正社員である必要はなくアルバイトやパートでも、毎月安定して収入があれば問題ありません。

毎月継続して収入があることが必要であり、1つの会社に長く勤めていることも大切になります。

最低限の日本語能力がある

外国人でも、最低限の日本語能力があることが必要です。

カードローンの申し込みの手続きや審査、契約は全て日本語で行われます。

そのため、上記の流れを一人でもできる程度の日本語能力が必要になります。

契約内容を理解して、必要に応じて日本語の読み、書き、電話対応ができる日本語能力があれば問題ありませんが、不安な方は申し込みが上手くいかない可能性があります。

日本語があまりできないまま、カードローンでお金を借りることができたとしても、内容が理解できないことで困ることも多いので気をつけましょう。

残りの日本の滞在期間が長い

残りの日本の滞在期間が短くないか、十分にあるかも重要です。

日本の滞在期間が残り少ない場合、返済が終わる可能性が低いと考えられるため、審査にも通らなくなってしまいます。

すでに日本に長く住んでいる方や、正社員として日本で働いている方だと、残りの滞在期間が短いと判断されにくいため、比較的審査にも通りやすいです。

日本に来てまだ短い方や、日本に長期間滞在すると思われる条件が特にない方は、事前に残りの滞在期間を伝えておくことがおすすめです。

また、滞在期間としては最低でも1年以上あることが望ましいので、それよりも短い場合は審査に落ちる可能性が高いでしょう。

日本国内に住所と連絡先がある

カードローンでお金を借りるにあたって、連絡が取れるかというのは重要視されます。

連絡が取れない場合、お金を貸しても返ってこないリスクがあるため、連絡が取れない人に対してお金は貸せませんよね。

そのため、日本国内に住所がない方や電話番号などの連絡先がない方はカードローンを利用することはできないでしょう。

在籍確認ができる

カードローンの審査では、在籍確認として自分の勤めている会社に電話がかかってくることが一般的です。

そのため、在籍確認ができる、会社に勤めていること分かる状態が必要です。

在籍確認で消費者金融から会社に電話が来ると、お金を借りることが知られてしまうのではないか、という不安がある方もいると思います。

しかし、在籍確認の電話では要件や会社名は伝えられないので、他の人に知られる可能性は低いです。

また、消費者金融によって在籍確認の電話をする方の性別や時間帯を選べる場合もあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

在籍確認の電話について会社の人に聞かれた場合は、「クレジットカードの在籍確認でした。」など、言い訳も考えておくと安心です。

申し込み条件を満たしている

そもそも申し込み条件を満たしていることが必要です。

申し込み条件とは、年齢や安定した収入の有無などがあります。

年齢に関しては、消費者金融によって異なるので事前に確認しておきましょう。

また、申し込み条件だけでなく、申し込みに必要な物を全て用意できるかどうかも確認が必要です。

申し込みには「本人確認書類」や場合によって「収入証明書」が必要です。

事前に本人確認書類とはどのようなものか、自分は収入証明書が必要なのか確認しておきましょう。

ちなみに、収入証明書が必要な場合はカードローンで借りたいお金が一定の条件を上回った際に必要になります。

外国人がカードローンの審査に通るためにはどうすれば良い?

キャッシング-女性のはてな3

外国人でもカードローンに申し込むことができますが、審査に通るかはまた別の話です。

では、外国人でも審査にとおりやすくするにはどうすれば良いか気になりますよね。

大手消費者金融のカードローンでは永住権がない外国人でも申し込めるものがありましたが、基本的に永住権がある方が有利となります。

また、「安定した収入」を重視しているので、収入面は特に満たしているか気をつけましょう。

外国人にかぎらず審査に通るためには、過去に支払い遅延がある、債務整理を行うなどの金銭に関するトラブルが起きていないことも重要です。

実際過去に滞納や延納をしたことがあれば信用情報に傷がつき、審査の段階で返済能力を疑われ審査落ちする可能性が高くなるので注意しましょう。

他にも、同時に複数のカードローンに申し込んでいる場合も審査に通りにくくなります。

そのため、お金に困っていても1つのカードローンに絞って申し込むことが重要です。

希望額は少なめに設定することがおすすめ!

カードローンの審査に通りやすくするためには、希望額を最低限の額にすることがおすすめです。

はじめから希望額が非常に大きい場合、返済能力があるのか疑われてしまうこともあります。

そのため、できるだけ少額を記入するようにしましょう。

また、すでに他社から借入している場合も審査に落ちる可能性が高いです。

借入総額が年収の3分の1を超えている場合、それ以上を借りることは原則としてできないため気をつけましょう。

年収が低い方は、自分が借りたい額と年収を照らし合わせて検討することが必要です。

年収の3分の1を超えていなくても、ぎりぎりの場合審査に通りにくくなってしまいますよ。

カードローン以外で外国人がお金を借りる方法を紹介!

紹介する女性

カードローンでお金を借りようと思っていたけど、審査になかなか通らない、申し込み条件に当てはまらない、という方もいると思います。

そんな方のためにカードローン以外でお金を借りる方法を紹介します。

基本的に、住宅ローンや教育ローンは永住権がある外国人が対象となっていることがほとんどです。

しかし、以下の金融機関では永住権がない方でも申し込みが可能なので、チェックしてみましょう。

  • プレスティア
  • 新生銀行
  • スルガ銀行
  • 中国銀行

金融機関によって、勤務年数や年収、借入上限などの要件は異なるので、一度調べて自分に合う金融機関を選びましょう。

家族や親戚に相談することも検討しよう!

お金がないからお金を借りたいと思っても、家族や親戚、友人には迷惑がかけられないから秘密にしているという方もいると思います。

しかし、外国人が日本でお金を借りるには少し大変だと感じることも多いでしょう。

お金を借りたいけど上手くいかない、という方は一度家族に相談してみることも考えてみましょう。

金額や理由によっては快く貸してくれる場合もあります。

また、他国でお金を借りるくらいなら先に相談して欲しいと考える家族もいるでしょう。

家族に正直に相談することで早く解決することもありますよ。

外国人がお金を借りることに関するよくある質問

はてな

このトピックでは、外国人がお金を借りることに関するよくある質問について以下の2つを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

  • 審査に落ちてしまったのだけどどうすれば良い?
  • そもそもどうすれば永住権って獲得できるの?

審査に落ちてしまったのだけどどうすれば良い?

カードローンに申し込んだけど、審査に落ちてしまったという方もいますよね。

審査に落ちてしまう理由としては以下のものがあります。

  • 嘘の情報や記入ミスがある
  • 収入に対して希望額が高い
  • 安定した収入がない
  • 同時に複数の会社で申し込んでいる
  • 滞在期間が短すぎる
  • 在籍確認が取れない
  • 信用情報に傷がある
  • 総量規制に引っかかっている

審査に落ちた場合は、まず思い当たる理由を考えて改善することが必要です。

申し込む際は、誤字や脱字がないかしっかり確認して、正確な情報を提出するようにしましょう。

また、外国人の場合はネットでの申し込みよりも実際に店頭に行って申し込むことがおすすめです。

直接話すことで伝えられることや良い印象を与えられることもあるので、時間に余裕がある方はなるべく店頭で申し込みましょう。

信用情報とは?

審査に関して信用情報は重要になりますが、信用情報がそもそも何かよく分からないという方もいると思います。

信用情報とは、クレジットやローンの契約、申し込みに関する情報のことです。

この信用情報はクレジット会社が顧客の審査をする時に参考にする情報であり、信用情報の問題によって審査落ちする方も多くいます。

過去に、滞納や延納、債務整理などをしている場合、信用情報に傷がつくと言われ、審査にとおりにくくなってしまいます。

しかし、信用情報に記録として残される期間は決まっているので、この先ずっと審査に通らないと言うことはないので安心してください。

何よりも信用情報に傷を付けないことが重要なので、お金を借りた際は期限を守って完済するように気を付けましょう。

引用元: 信用情報とは-CIC

総量規制って何?

総量規制とは、賃金業者から借りることのできるお金の上限についての規定です。

賃金業法によって施行されていて、内容は「賃金業者が行う貸し付けは、本人の年収の3分の1を超えてはならない」というものです。

総量規制で規定されている上限は、借りているお金の合計金額なので複数の賃金業者からお金を借りている際は特に気をつける必要があります。

常に自分が後どれくらい借りることができるのか、把握しておくことが重要です。

また、総量規制の上限を超えない場合でも、返済能力が認められないなど、場合によって総量規制の範囲内でも希望額が借りられないことがあります。

総量規制の上限を超えて借りることはできませんが、範囲内であれば借りられるとも限らないので注意が必要です。

引用元: 賃金業法のキホン-金融庁

そもそもどうすれば永住権って獲得できるの?

外国人がお金を借りるにあたって、永住権がある方が有利なことや、永住権がなければ申し込みができないこともあります。

そうなると永住権を獲得したいと思いますよね。

永住権を獲得するには、以下の条件を満たしている必要があります。

  1. 素行が善良であること
  2. 独立の政経を営むに足りる資産又は技能を有すること
  3. その者の永住が日本国の利益に合すると認められること

上記が永住許可の審査基準です。

そのため、納税などの公的義務を果たしていることや法律を守って過去に刑罰を受けていないこと、安定した生活が見込まれることなどが必要です。

更に細かく見ると、10年以上日本に在留していること、5年以上は就労あるいは移住資格をもって在留していること、といった条件もあります。

永住権を獲得するには細かい条件(中には例外もあり)があるので、まず確認してみると良いでしょう。

永住権があると、日本での生活において一気に便利になりますよ。

外国人でもカードローンでお金借りる方法まとめ

いかがでしたか?

今回紹介した、永住権がない外国人でも借りられるカードローンには以下のものがあります。

  • プロミス
  • アイフル
  • J.Score

また、銀行カードローンや教育ローン、アコムやレイクALSAでは永住権が必要になるので気を付けましょう。

外国人がカードローンでお金を借りたいのであれば、審査が通る可能性の高い大手の消費者金融がおすすめですよ。