中小企業融資の審査を通過するためには?ポイントと注意点を解説!

事業融資

中小企業の課題として、資金調達があげられます。

融資を受けて資金調達をしようと考えている方も多いはず。

ただ、中小企業融資の審査は厳しいのではないかと不安に感じている方もいるのではないでしょうか?

結論からお伝えすると、中小企業融資の審査は比較的通りやすいといわれています。

ただし、審査に通過するためのポイントや注意点をおさえておかなくては審査に落ちることも…。

せっかく融資を申し込むのであれば、ポイントをおさえて審査を通過できるようにしていきましょう!

本記事では、小企業融資の審査のポイントと審査に落ちてしまう方の特徴を紹介していきます。

これから中小企業融資の融資を受けたいと考えている人は参考にしてみてくださいね。

\即日資金調達OK!対面での契約不要/

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

中小企業融資の審査は比較的通りやすい

ポイントをさす女性

中小企業の資金調達のサポートをおこなっている機関も多く、比較的融資の審査に通りやすいといわれています。

中小企業で融資を受けたいと考えている方は資金調達のサポートを積極的におこなっている機関に申し込むようにしてくださいね。

銀行融資は知名度や信用の高い企業を中心に融資をおこなっています。

そのため、まだまだ小さな企業は審査に通りにくいです。

中小企業への融資を積極的に行っている機関を探して、申し込むようにしてみてください。

中小企業融資の種類は2つ

指をさすポニーテールの女性

中小企業の公的な融資は一般的に「日本政策金融公庫」と「制度融資」があげられます。

それぞれ特徴が異なりますので、順番に見ていきましょう!

日本政策金融公庫

1つ目に「日本制作金融金庫」があげられます。

日本政策金融公庫は日本公庫と呼ばれることもあり、政府が全額出資している金融機関です。

中小企業の事業支援や創業支援などを積極的に行っています。

日本政策金融公庫の特徴はいくつかあります。

  • 銀行融資よりも低金利
  • 中小企業でも借りやすい
  • 信用がつく

このような特徴があります。

銀行融資よりも低金利

日本政策金融公庫の金利は事業者によって多少変動しますが、1.0%~3.0%ほどとかなりの低金利です。

一方、銀行は金利10%を超えてくるところがほとんどですよね。

このように比較をしてみると銀行よりもはるかに好条件で融資してもらえることが分かります。

金利をなるべく抑えたいのであれば、日本政策金融公庫を利用するようにしましょう。

中小企業でも借りやすい

低金利の場合は審査が厳しいように思われがちですが、中小企業でも借りやすいという特徴もあるのです。

日本政策金融公庫は創業時から利用できる融資制度があります。

融資を受けることに必要な創業計画書の書き方のアドバイスも受けることも可能です。

他にも相談窓口の設置をおこなっており、融資を受けやすい環境が整っています。

一方、銀行融資の場合はそれまでの実績や資金繰り、他の金融機関との取引状況などを見て審査されます。

そのため、中小企業の場合は実績がないと融資を受けられません。

日本政策金融公庫は銀行に比べて圧倒的に借りやすい環境といえるでしょう。

信用がつく

日本政策金融公庫で融資を受けることで、融資の実績が残ります。

その実績が信用となり、その後に融資を受けるときの判断材料になることも。

日本政策金融公庫で融資を受けることで、今後銀行や金融機関で融資を受ける際に審査を通過しやすくなるんです。

日本政策金融公庫で返済の実績を積み上げることで会社の信用が高まるのですね。

制度融資

制度融資も日本政策金融公庫と同様に、中小企業や起業家に対して融資をおこなう制度のことです。

主に地方自治体や民間の金融機関、信用保証協会が提供しています。

制度融資の特徴は次の通りです。

  • 金利が低い
  • 据置期間がある
  • 中小企業が優遇されやすい

このような特徴があります。

金利が低い

制度融資も日本政策金融公庫と同様に金利が低いという特徴があります。

制度融資の金利も1.0%~3.0%といわれており圧倒的に銀行融資よりも低金利です。

実際に適用される金利は異なりますが、制度融資の金利が気になるという方は地方自治体に問い合わせてみると良いでしょう。

据置期間がある

制度融資では据置期間があり、期間中は利息の支払いのみになります。

そのため、起業したばかりの企業にとってはありがたい制度といえるでしょう。

この据置期間に関しては基本的に1年間の設定にされていることが多いです。

すぐに元本を返済する余裕がないという人は制度資金を利用してみることおおすすめします。

中小企業が優遇されやすい

中小企業や企業家の資金調達をサポートすることを目的にしているため、優遇されやすい傾向にあります。

なるべく多くの企業を支援できるように利用条件を下げれているです。

利用条件は地方自治体ごとによって異なりますので、制度融資を考えている人は確認しておくようにしておいてくださいね。

資金調達をサポートしているからといってすべての人が融資を受けられるわけではありません。

利用条件に満たしていることと審査通過が条件になりますので、注意してくださいね。

\即日資金調達OK!対面での契約不要/

中小企業融資の審査に落ちてしまう方の特徴6選

女性-悩む

中小企業融資に申し込み完了後は審査を受ける必要があります。

審査では、書類審査と面談がおこなわれます。

この審査に通過することができなくては、どんなに中小企業をサポートしている機関だからといっても融資を受けることができません。

審査を通過するためにも審査に落ちてしまう方の特徴を理解しておく必要があります。

審査に落ちてしまう方の特徴は次の6つです。

  • 信用情報に傷がある
  • 経営者としての資質に欠ける
  • 返済できる保証がない
  • 事業計画が不透明
  • 自己資産を準備していない
  • 資金の使い道が不透明

審査に落ちてしまう方の特徴を理解して、注意するようにしてくださいね。

では、順番に見ていきましょう。

信用情報に傷がある

中小企業融資の審査に落ちてしまう方の特徴1つ目に「信用情報に傷がある」という特徴があげられます。

代表者の信用情報に傷がある場合は、審査に落ちてしまう傾向があります。

代表者の信用情報がチェックされ、過去に金融機関やクレジットカードでのトラブルがないかの審査が行われます。

この時にクレジットカードの延滞や住宅ローンの滞納など、金融機関でトラブルがあったことがバレてしまうと審査に落ちてしまうでしょう。

融資を受けたいと考えているのであれば、信用情報に傷をつけないようにしてくださいね。

信用情報に1度傷がついてしまうと5~10年ほど記録に残ってしまいますので、十分注意しましょう!

返済できる保証がない

中小企業融資の審査に落ちてしまう方の特徴2つ目に「返済できる保証がない」という特徴があげられます。

融資をおこなった場合は、必ず資金を回収する必要があります。

そのため、返済できる保証がない人に対して融資することはありません。

審査ではしっかりと収益をあげられるのかをチェックします。

その際にどのように集客をして、どのように収益を上げていくのかを説得力を持って伝えることができなければなりません。

説得力を持って伝えることができなくては審査に落ちてしまいますので、事前に戦略や市場調査の徹底をおこなっておきましょう。

事業計画が不透明

中小企業融資の審査に落ちてしまう方の特徴3つ目に「事業計画が不透明」という特徴があげられます。

融資を受けるためには事業計画を提出する必要があるのです。

この事業計画が不透明な場合は審査に落ちてしまいます。

事業計画の妥当性を確認して、納得できるような計画を立てなくてはなりません。

事業計画を明確に決めてから融資の申し込みをするようにしてくださいね。

自己資産を準備していない

中小企業融資の審査に落ちてしまう方の特徴4つ目に「自己資産を準備していない」という特徴があげられます。

融資を受けるために、資金総額の中で自己資産がどの程度準備されているのかが審査で見られます。

自己資産を全く準備していないとなると審査に落ちてしまいますので、注意してください。

自己資産は資金総額の10%~50%ほど求められることがほとんどです。

自己資産を準備しておくことで、計画的に準備してきたということが評価されるため審査が有利に運びます。

少しでも審査通過率を上げとくためにも自己資産を準備しておきましょう!

また、自己資産の虚偽の申告はできません。

通帳の提出や資金を調達した経緯など詳しく確認されるということを覚えておいてください。

自己資産を準備していない場合は、計画性がない人と判断されるため注意が必要です。

資金の使い道が不透明

中小企業融資の審査に落ちてしまう方の特徴5つ目に「資金の使い道が不透明」という特徴があげられます。

融資の上限は限られており、使い道が決まっていない場合は減額されてしまいます。

そのため、資金の使い道が不透明だと「希望額よりも少ない額の融資」や「審査に落ちる」なんてことも。

融資を申し込む際に、どのような資金の使い方をするのかを明確にしておくことが重要です。

また、資金の使い道を証明するための見積もり書の提出が必要になることもありますので、覚えておきましょう!

計画性なく資金調達を考えている人は審査落ちする可能性大なので、注意してくださいね。

中小企業融資の審査を通過するためにのポイント4選

スマホー女性

次に中小企業の審査を通過させるためのポイントを解説していきます。

審査通過のポイントとして、次の4つがあげられます。

  • 事業計画書を充実させる
  • 事業計画を明確化しておく
  • 担当者とコミュニケーションを取る
  • 専門家と方向性の確認をしてもらう

では順番に見ていきましょう。

事業計画書を充実させる

中小企業融資の審査を通過するためにのポイント1つ目に「事業計画書を充実させる」というポイントがあげられます。

先ほどもお伝えした通り、融資を受けるためには事業計画書の提出が必須です。

この計画書が充実していれば審査の通過率がぐんと上がります。

事業計画賞には次の内容を記入する必要があります。

  • 融資を受けるきっかけ
  • 事業の経験
  • 事業内容
  • 取引先との取引内容
  • 資金計画と調達先
  • 事業の見通し

など、事細かに記入するようにしてください。

事業計画書を入念に作り上げることで、事業の想像がつきやすくなるため審査に通りやすくはずです。

必ず事業計画書は充実した内容のものを用意するようにしてください。

事業計画を明確化しておく

中小企業融資の審査を通過するためにのポイント2つ目に「事業計画を明確化しておく」というポイントがあげられます。

事業計画を明確化し、売り上げをあげられる根拠を伝えることで審査に通りやすくなります。

金融機関は融資をする以上、回収をしなくてはなりません。

そのため、確実に売上の上がる根拠を持っていなくては融資をしたくありませんよね。

返済能力がないのにお金を貸したいなんて誰も思いません。

審査に通りたいのであれば、事業計画を明確化して売り上げをあげられる根拠をしっかりと説明できるようにしておきましょう!

説得力を持って伝えることができれば審査通過率はぐっと上がるはずです。

担当者とコミュニケーションを取る

中小企業融資の審査を通過するためにのポイント3つ目に「担当者とコミュニケーションを取る」というポイントがあげられます。

担当者と日ごろからコミュニケーションを取ることでアピールも可能です。

信頼できる人や経営者としても力がある人と思ってもらうことができれば、審査に通りやすくなります。

誠実さや熱量なども評価対象になりますので、自分という存在をしっかりとコミュニケーションを取ってアピールしておきましょう!

専門家と方向性の確認をしてもらう

中小企業融資の審査を通過するためにのポイント4つ目に「専門家と方向性の確認をしてもらう」というポイントがあげられます。

審査が不安という人は専門家と方向性の確認をすると良いでしょう。

事業の方向性や審査に対して整理しなくてはいけないことなど、専門家からのアドバイスをもらえます。

審査を通るためにどうすればいいのかを一緒に考えてくれますよ。

事業計画書のアドバイスももらうことも可能です。

完成度の高い事業計画書にするために、事業計画の見直しや経営指導のアドバイスをもらうことで質の高い事業計画書が完成します。

少しでも審査に不安がある人は専門家に相談するのも一つの手です。

融資を受けるなら「日本中小企業金融サポート機構」がおすすめ

日本中小企業金融サポート機構

中小企業で融資を受けたいと考えている人は「日本中小企業金融サポート機構」がおすすめです。

日本中小企業金融サポート機構は「社団法人」であり、非営利団体として社会貢献活動をおこなっています。

資金面で問題を抱えている個人事業主や零細企業の経営者のために立ち上げられた団体です。

経営革新等支援機関に認定されており、必ず中小企業の役に立つこと間違いなしです!

経営や資金繰りに関することはなんでも安心してお任せできますよ。

また、日本中小企業金融サポート機構は、ファクタリングなどで即日資金調達ができるのも魅力の1つです。

中小企業で資金調達に困っている人は「日本中小企業金融サポート機構」に相談することをおすすめします。

\即日資金調達OK!対面での契約不要/

ポイントをおさえて中小企業融資の審査を通過しよう!

スマホー女性

中小企業融資の審査はポイントと注意点をおさえることで通過できます。

審査に落ちてしまう方の特徴は次の通りです。

  • 信用情報に傷がある
  • 経営者としての資質に欠ける
  • 返済できる保証がない
  • 事業計画が不透明
  • 自己資産を準備していない
  • 資金の使い道が不透明

審査に落ちてしまう特徴に自分は当てはまっていないか注意をして、審査を受ける前に確認しておきましょう!

また、審査を通過させるためのポイントは次の通りです。

  • 事業計画書を充実させる
  • 事業計画を明確化しておく
  • 担当者とコミュニケーションを取る
  • 専門家と方向性の確認をしてもらう

ポイントをしっかりと押さえて、必ず審査に通過できるようにしていきましょう!

これから中小企業融資の審査を受けようと考えている人は本記事で紹介した内容をもとに審査を申し込んでみてくださいね。

\即日資金調達OK!対面での契約不要/