中小企業が東京都で融資を受けるには?おすすめの相談先も厳選紹介

中小企業が東京都で融資を受けるには?おすすめの相談先も厳選紹介 事業融資

「東京都で中小企業が融資を受けるにはどうすれば…」

東京都内の中小企業の経営者の方で、融資についてこうお思いの方もいますよね。

なんとかして資金調達ができないか、さまざまな方法を模索していることでしょう。

今回はそんな方に向けて、中小企業が東京都で融資を受ける方法を厳選して紹介します。

融資を受けるにあたっての準備・ポイントも解説しますので、ぜひ最後までお読みください!

\中小企業の資金調達をサポート!即日資金調達OK/

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

中小企業が東京都で融資を受ける方法5選

キャッシング-指を立てるスーツ姿の女性

では実際に中小企業が東京都で融資を受けるには、どんな方法をとるべきか。具体的には以下の通りです。

■中小企業が東京都で融資を受ける方法

  1. 日本中小企業金融サポート機構への相談
  2. 東京都各区での制度融資
  3. 東京都産業労働局での支援(東京都中小企業制度融資)
  4. 中小企業経営力強化資金
  5. ビジネスローンの活用

①日本中小企業金融サポート機構への相談

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は資金調達に関するあっせんや仲介業務、事業再生・企業財務などのアドバイザリーはコンサルティングを中心に展開する専門機関。

ここで直接融資は受けられませんが、コンサルティングを受けることでどんな方法で融資を受けるべきかの話を進められます。

資金調達に成功した専門家がブレーンとして協力してくれるため、質の高いサポートを受けられるのがポイントです。

さらに資金繰りや経営相談も無料で対応してくれるため、まずはお気軽に相談してみるのをおすすめします。

■日本中小企業金融サポート機構を利用する流れ

  1. 電話(03-6435-8727)か面談での無料相談
  2. 相談内容に合わせてプラン提案
  3. サポート契約
  4. プランに応じた専門家紹介

\中小企業の資金調達をサポート!即日資金調達OK/

各中小企業ごとに応じて、適切な提案をしてくれますよ!

②東京都各区での制度融資

東京都100区で設けられている制度融資を活用し、資金を調達する方法もあります。

腕的な融資内容は各区で異なりますが、金利をその区で負担してくれるのが魅力。金利を抑えて融資を受けたいときにオススメですね。

ですが代表者に連帯保証が必要だったり、融資までの期間が3ヶ月ほどあったりしますから注意です。

また自己資金の要件が、必要総資金額の半分ほどな点も押さえておきましょう。

各区での制度融資は、金利を低く抑えつつ、時間に余裕のある中小企業者におすすめの方法ですね。

③東京都産業労働局での支援(東京都中小企業制度融資)

各区での制度融資だけでなく、東京都産業労働局で用意している制度融資もおすすめ。

諸条件を満たすと活用でき、必要資金をスムーズに調達できるようにと、東京都と金融機関と東京信用保証協会があわさって支援してくれます。

さらにただ融資を受けられるだけでなく、豊富な融資メニュー(信用保証料の補助、経営サポートなど)があるため、融資に関して柔軟な支援を受けられるのも魅力です。

■日本中小企業金融サポート機構を利用する流れ

  1. 指定金融機関窓口で融資申込
  2. 上記と同時に東京信用保証協会へ保証申込
  3. 保証協会による保証審査・審査可否の決定
  4. 保証の承諾
  5. 指定金融機関による融資実行

④中小企業経営力強化資金

中小企業経営力強化資金は創業者向けの融資制度で、こちらは日本政策金融公庫の取り扱いです。

保証人や保証料は不要で、1,500万円まで借入ができます。

また自己資金の要件は、必要資金総額の4分の1ほどなのもポイントです。

ただしフランチャイズだと利用ができず、税理士や公認会計士をはじめとした、認定の経営革新等支援機関による指導が必要になります。

ここでの「指導」とは、支援機関への報告書提出義務を指します。

⑤ビジネスローンの活用

事業資金専用のローン商品である、ビジネスローンを活用するのもおすすめです。

利用できるのは個人事業主や法人の経営者に限られ、設備投資、運転資金、立ち上げ資金、その他事業関連の資金に充てられます。

なおビジネスローンは総量規制の対象外なため、年収の1/3以上の借入ができるのもポイント。

さらに融資を受けるまでが早く、一般的に銀行融資や公的融資だと長くて一か月ほどかかりますが、ビジネスローンなら最短即日。遅くても2週間以内で融資を受けられるケースがほとんどです。

そのためお急ぎの方であれば、ビジネスローンでの融資・資金調達もおすすめですね。

しかも普通なら担保・保証が必要なところ、ビジネスローンなら無担保・無保証人で申し込めますよ。

ですが公的機関での融資・銀行融資に比べるは金利が高め。事業融資の金利は数%なのが、ビジネスローンだと最高金利が10%前後~18.0%に設定されています。

しかも借入できる金額は公的機関での融資・銀行融資より低め。上記なら数千万~数億円借りられますが、ビジネスローンだと数十万円~数百万円と少額です。

その他ビジネスローンについては、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

中小企業が東京都で融資を受けるにあたっての準備も徹底しよう

中小企業融資を受けるにあたり、以下のポイントを押さえて準備も進めましょう。

  • 準備①:融資金額と用途を確定する
  • 準備②:自社分析をする

事業が不健全だと審査通過は難しいですから、準備を万端にしてその点をクリアしていきましょう。

準備①融資金額と用途を確定する

スムーズな融資を受けるにあたり、どれくらいの融資を受けたいのか、何に使うのかを明確にしましょう。

運転資金のなのか設備投資なのかなど、具体的な回答を用意しておいてください。

また融資担当者は、ちゃんと回収ができるかもチェックしてきます。

資金繰り表を用意しておいて、計画的な返済ができることを提案できるよう準備してくださいね。

まずは目的の明確化ですね!

準備②自社分析をする

目的をクリアにすると同時に、あわせて自社分析も進めましょう。

徹底した自社分析のもとで「事業計画書」を提出し、スムーズに審査を通していきましょう。

はっきりした経営理念や、現実味のある事業計画などを用意し、融資担当が心から融資したくなるほどの計画書を用意しましょう。

準備③自社に合った相談先を決める

今回は区の制度、民間の金融商品、相談機関などさまざまな方法を紹介しました。

どれも特徴やできることは違うため、どこに融資申し込みをすべきかの適切な選択が必要です。

自社の状況に応じ、今回紹介したところを比較して活用してみてくださいね。

\中小企業の資金調達をサポート!即日資金調達OK/

中小企業が融資を受けるにあたってのポイント2つ

指をさす女性

さらに中小企業で融資を受けるにあたり、以下の2点も押さえておきましょう。

■中小企業が融資を受けるにあたってのポイント

  1. 事業計画書の作成は抜かりなく
  2. 消費者金融を利用しないこと

①事業計画書の作成は抜かりなく

スムーズな融資を受けるにあたって、事業計画書の提出が必要です。

事業計画書は特に重要ですから、抜かりなく綿密な処理に仕上げていきましょう。

融資担当者の心を動かすほどの、質の高い計画書を提出しましょう。

②消費者金融を利用しないこと

なかには中小企業の借入先として、消費者金融を選択肢に入れたい方もいることでしょう。

アイフルプロミスアコムなど街中にある消費者金融から、サクッと借りられます。

ですが消費者金融での借入は避けるのが得策です。

というのも審査担当者の心象に悪影響を及ぼしやすく、審査に通すのが難しくなるからです。

「融資を受けられなくて消費者金融から借りたのか…」と思われやすいんですよね…。

まとめ~中小企業が東京都で融資を受ける要点を押さえよう~

今回は中小企業が東京で融資を受ける方法、ポイント、注意点を中心に解説していきました。

数ある方法から比較し、現状に適した手段を選んでくださいね。

なお今回紹介したなかだと、日本中小企業金融サポート機構への相談がおすすめです。

専門家のサポートの上で適切な選択肢を提示してくれますし、気軽に相談をしやすいのがポイントです。

\中小企業の資金調達をサポート!即日資金調達OK/