中小企業の融資は難しい?資金調達をするための準備とコツを紹介

中小企業の融資は難しい?資金調達をするための準備とコツを紹介 事業融資

中小企業で融資を受けたいと考えている人も多いのではないでしょうか?

実際に中小企業に対しての融資は難しいという声もあります。

結論から言うと、中小企業であっても融資を受けることは可能です。

融資を受けるための知識と準備を理解していれば、資金調達ができます。

ただ、融資に対する知識を身につけておかないと審査に落ちてしまうでしょう。

融資の審査を通過釣すためにも、正しい知識を身につけておくようにしてくださいね。

本記事では、中小企業が融資を受けるための準備とコツについて詳しく解説していきます。

これから融資を受けようと考えている方は参考にしてみてくださいね。

\中小企業の資金調達をサポート!即日資金調達OK/

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

中小企業は銀行から融資を受けることは難しい

中小企業は銀行からの融資が難しいといわれています。

難しいといわれる理由として、中小企業は事業に対する評価が困難だからです。

大手企業の場合は決算内容が公表されていますが、中小企業は公表されていないことがほとんどです。

また大手企業に比べると会社の体力も乏しいため、融資をするにはリスクが高すぎると判断されてしまいます。

結果的に銀行が融資する先はほとんどが大手企業になってしまい、ほとんど中小企業には資金が回らない状況になってしまうのです。

もし、中小企業が銀行から融資を受けられたとしても、担保や保証人を求められるケースがほとんどといえるでしょう。

このように中小企業が銀行から融資を受けるのはハードルが高いです。

どうしても銀行から融資を受けたいと考えている人は入念に計画を立ててから申し込むようにしてくださいね。

中小企業が融資を受けやすい機関

ポイントをさす女性

中小企業は銀行からの融資は難しいということをお伝えしましたが、融資をしてもらえないという訳ではありません。

中には中小企業に対して積極的に融資をおこなっている機関も多いです。

では中小企業が融資を受けやすい機関はどのようなものがあるのでしょうか?

大きく分けて次の3つがあげられます。

  • 日本政策金融公庫
  • 制度融資
  • 消費者金融

では順番に見ていきましょう!

日本政策金融公庫

中小企業が融資を受けやすい機関1つ目に「日本政策金融公庫」があげられます。

日本政策金融公庫は、政府系金融機関と呼ばれており、国がすべて出資と運営をしているのです。

中小企業の資金調達のサポートをすることで、日本経済を活性化させる取り組みの一環として政府が運営しています。

日本政策金融公庫は低金利で融資を受けられ、金利は1.0%~3.0%ほどといわれています。

もちろん、利用者によって金利の変動がありますが、銀行融資に比べてもはるかに金利をおさえられるでしょう。

そのため、返済するときの負担も抑えられるため、無理なく融資を受けられます。

さまざまな制度を用意しており、銀行融資ができない中小企業であっても支援をしてもらえるでしょう!

制度融資

中小企業が融資を受けやすい機関2つ目に「制度融資」があげられます。

制度融資は、地方自治体や民間の金融機関、信用保証協会が主に融資をおこなっています。

地域によってさまざまな制度や種類があるのも特徴的です。

制度融資も金利が低く設定されており、1.0%~3.0%で融資を受けられることが多く、借入しやすいといわれています。

制度融資は経営基盤が安定していないない中小企業や投資家を支援サポートすることを目的にしているため、審査も比較的通りやすいです。

ただ、誰でも審査が通るという訳ではありませんので、しっかりと理解をしておいてくださいね。

消費者金融

中小企業が融資を受けやすい機関3つ目に「消費者金融」があげられます。

消費者金融とは貸付業務専門とする機関であり、銀行以外の金融機関を指します。

消費者金融の特徴は審査のハードルも低く設定されている点や最短で即日融資ができるというメリットがあるのです。

ただし、先ほど紹介した「日本政策金融公庫」や「制度融資」よりも金利が高く設定されているため、返済の負担につながってしまうことも。

また、消費者金融から融資を受けられる資金は限られているため、多額の融資を受けたいと考えている人は向いていません。

消費者金融は一時的なつなぎでの資金としては有効的な融資方法ですので、使い方を考えて消費者金融は利用しましょう!

中小企業が融資を受けるための準備

チェックポイントを解説する女性

中小企業が融資を受けるためには準備を徹底しておく必要があります。

融資を受けるための準備は大きく分けて次の3つです。

  • 融資希望額と資金用途の明確化
  • 融資を受ける金融機関を選ぶ
  • 事業計画書の作成

では順番に見ていきましょう。

融資希望額と資金用途の明確化

中小企業が融資を受けるための準備1つ目に「融資希望額と資金用途の明確化」があげられます。

まずは融資をどのくらい受けたいのか、どのように資金を利用するのかを明確にしておく必要があります。

融資希望額と資金用途が明確になっていなくては、融資を受けることができません。

なんとなくで融資に申し込んでしまっては金融機関の担当者に「計画性のない人だな」とネガティブな印象を与えてしまうでしょう。

また、目的が明確化されていなくては融資をしたいとは思ってくれません。

融資を受けたいのであれば、融資の希望額と資金用途を明確にして、根拠を持って説明する必要があります。

まずはどのくらいの資金をどのように利用していきたいのかを考えてから融資の申し込みをするようにしてくださいね。

融資を受ける金融機関を選ぶ

中小企業が融資を受けるための準備2つ目に「融資を受ける金融機関を選ぶ」があげられます。

次にどこの金融機関で融資を受けるかを選びましょう。

先ほどもお伝えしましたが、中小企業が融資を受けるのであれば次の3つがおすすめです。

  • 日本政策金融公庫
  • 制度融資
  • 消費者金融

それぞれ特徴が異なるため自分の事業に合った金融機関を選ぶ必要があります。

自分の希望する融資額と資金用途に適した金融機関を選択するようにしてください!

事業計画書の作成

キャッシング-指を立てるスーツ姿の女性

中小企業が融資を受けるための準備3つ目に「事業計画書の作成」があげられます。

中小企業が融資を申し込むためには「事業計画書」の作成が必須です。

審査で非常に大切になる書類になりますので、徹底的に準備をしておきましょう!

事業計画書作成にあたって、特に意識すべきポイントを紹介していきます。

企業理念の設定

事業計画書では企業理念の設定をする必要があります。

企業理念は会社の方針やルールであるため、審査担当者は企業理念をしっかりとチェックします。

企業理念が明確でない場合は経営方針やルールが定まっていないと判断されて審査落ちの可能性も。

審査を通過するためにも企業理念は重要なポイントとなりますので、しっかりと準備しておきましょう。

明確な目標

事業計画書では明確な目標を数値で設定する必要があります。

売り上げ目標や利益目標、集客目標など具体的な根拠をもとに目標を立てることが大切です。

また、その立てた目標に対して課題の設定や対策を詳細に記しておきましょう。

目標設定に関しては数値が高ければ高いほどいいという訳ではありません。

具体的な根拠をもとに設定をするようにしてください。

あまりにも信ぴょう性のない目標にすると審査で疑われてしまうことも…。

信ぴょう性のない目標は審査を不利にする要因になりますので注意してくださいね。

計画的な事業内容

計画的な事業内容を記載することも審査では重要なポイント。

事業内容を明確にして、納得感ある事業計画書を作成できるように準備しておきましょう!

事業内容にそぐわない計画を立ててしまっては、審査に落ちる原因にもなりまえます。

事業で実現できることを計画して、納得感のある説明ができるように準備をしておくと良いですよ。

経営者としての熱意

どれだけ完成度の高い事業計画書を作成したとしても熱意がなくては伝わりません。

経営者としての熱意を担当者に存分に伝えるようにしてください。

事業で成し遂げたいことや今までやってきた活動など、担当者が融資をしたいと思ってもらうことが大切です。

経営者の人柄も審査の対象になりますので、担当者にアピールすることを忘れないでください。

人としてのモラルがない場合や熱意を感じられない場合は審査に落ちてしまうことも考えられますので、注意しましょう。

\中小企業の資金調達をサポート!即日資金調達OK/

中小企業が融資を受けるためのコツ7選

スマホー女性

中小企業が融資を受けるためにはコツがいくつかあります。

今回は次の8つのコツを紹介していきます。

  • 自社の魅力をアピールする
  • 資金繰りの計画を明確に説明する
  • 事業を立ち上げた目的を伝える
  • 税金や社会保険料などを滞納しない
  • 財務状況を毎月報告する
  • 担当者とコミュニケーションを取る
  • 税理士から金融機関を紹介してもらう

このコツをつかんでおくだけで、融資の審査に通りやすくなりますよ。

中小企業の融資がなかなか通らなくて難しいと悩んでいる人はコツを理解しておきましょう。

では順番に解説していきます。

自社の魅力をアピールする

中小企業が融資を受けるためのコツ1つ目に「自社の魅力をアピールする」という点があげられます。

会社の実績が少ない状態であれば、自社の商品やサービスをアピールすることが大切です。

この商品がどのように社会貢献できるのか、どれだけ画期的なアイデアなのか、などを伝える必要があります。

会社の魅力が担当者に伝われば、サポートをしたいと思うようになるため融資を受けられる確率が高まるでしょう。

まずは自社の魅力をアピールして審査通過を目指しましょう!

資金繰りの計画を明確に説明する

中小企業が融資を受けるためのコツ2つ目に「資金繰りの計画を明確に説明する」という点があげられます。

金融機関は融資した分は必ず回収しなくてはならないという義務があります。

そのため、資金繰りが不透明の場合は融資を受けられません。

一方資金繰りの計画が明確である場合は、信頼性が高まるため審査に通りやすくなるのです。

計画的な返済計画を説明することが審査では重要なポイントになります。

事業を立ち上げた目的を伝える

中小企業が融資を受けるためのコツ3つ目に「事業を立ち上げた目的を伝える」という点があげられます。

先ほどもお伝えした通り、事業内容は審査で大切なポイントになります。

なぜこの事業を立ち上げたのかを明確に説明できるようにしておきましょう。

せっかく融資をするのであれば、事業の目的が明確になっている方が安心して融資ができますよね。

逆に、事業の立ち上げ目的が不透明な場合は何に融資をしているのかよくわかりません。

よくわからない事業に融資をしても金融機関は何もメリットはありませんよね。

事業を立ち上げた目的を明確に伝えることで、担当者も納得して融資を引き受けてくれるはずです。

税金や社会保険料などを滞納しない

中小企業が融資を受けるためのコツ4つ目に「税金や社会保険料などを滞納しない」という点があげられます。

税金や社会保険料が滞納してしまっていると基本的に融資を受けることはできません。

税金や社会保険の支払いが滞っている人に対して融資を禁止している金融機関も多いです。

融資を受けたいと考えているのであれば、絶対に税金や社会保険料の滞納はしないようにしてくださいね。

財務状況を毎月報告する

中小企業が融資を受けるためのコツ5つ目に「財務状況を毎月報告する」という点があげられます。

財務状況を毎月報告することで金融機関との信頼関係を築くことが可能になります。

融資を受けるためには、信頼関係は大切なポイントの1つです。

会社の財務状況をすべて報告をすることでホワイトな印象を与えます。

融資の審査を通過したいのであれば、決算書や試算表などの提出を怠らないようにしましょう。

担当者とコミュニケーションを取る

中小企業が融資を受けるためのコツ6つ目に「担当者とコミュニケーションを取る」という点があげられます。

担当者とコミュニケーションを取っておくことも審査では大切な基準の1つです。

審査の基準では代表者の人柄やモラルなども審査されています。

そのため、担当者にはなるべくいい印象を与えておくことが大事なんです。

積極的にコミュニケーションを取って、誠実さや熱心さをアピールするようにしていきましょう!

税理士から金融機関を紹介してもらう

中小企業が融資を受けるためのコツ7つ目に「税理士から金融機関を紹介してもらう」という点があげられます。

融資を受けたことがない場合は、税理士から金融機関を紹介してもらうのも1つの手です。

税理士が紹介することで、信頼のある人だと金融機関は判断します。

また税理士がいることで、会社の財務状況や事業内容も明確にしてもらえるため審査に通りやすくなりますよ。

また、税理士から決算書の説明も可能なため、納得してもらえることが多いです。

\中小企業の資金調達をサポート!即日資金調達OK/

中小企業が融資以外で資金を調達する方法

審査結果を喜ぶ女性

中小企業が融資以外で資金を調達をする方法がいくつかあります。

今回は代表的な3つの資金調達方法を紹介します。

  • ファクタリング
  • 補助金や助成金
  • クラウドファンディング

では順番に見ていきましょう。

ファクタリング

中小企業が融資以外で資金を調達する方法1つ目に「ファクタリング」があげられます。

ファクタリングとは、企業が持っている売掛債権を売却して資金にする方法のことです。

取引先から入金されるよりも早く現金化できるということですぐに資金が欲しいと考える人にはぴったりです。

現金化できる時間はファクタリング会社によって異なりますが、早くて即日に資金調達が可能なことも。

手数料は少しかかりますが、今すぐ資金調達をしたいと考えているのであれば、ファクタリングがおすすめです。

補助金や助成金

中小企業が融資以外で資金を調達する方法2つ目に「助成金や補助金」があげられます。

国や地方自治体などでおこなわれている補助金や助成金で資金調達をする方法があります。

さまざまな補助金や助成金が用意されており、その事業に合ったものが受けられますよ。

補助金や助成金に関しては返済する義務はないため、積極的に利用していくことをおすすめします。

ただ、補助金や助成金は誰でも受けられる制度ではありません。

それぞれ条件が設けられているため、場合によっては適応外になってしまうことも考えられます。

補助金や助成金を受ける際は、自分の事業にマッチしたものがあるのかを確認してから申し込むようにしてくださいね。

クラウドファンディング

中小企業が融資以外で資金を調達する方法3つ目に「クラウドファンディング」があげられます。

海外では当たり前になっている資金調達方法ですが、近年日本でもクラウドファンディングで資金調達をする企業が増えてきました。

クラウドファンディングとは、自社のプロジェクトに対して支援者を募って支援金を調達するという方法です。

多くのユーザーに響くサービスや商品があれば、多くの資金を調達することができますよ。

特に、社会貢献を目的としたプロジェクトの場合は、賛同してくれるユーザーも多く資金が集まりやすいです。

何か新しい事業を立ち上げたいと考えている人はクラウドファンディングで支援者や仲間を募集してみるのもいいかもしれませんね。

中小企業の融資なら「日本中小企業金融サポート機構」

日本中小企業金融サポート機構

中小企業で融資を受けたいと考えているのであれば「日本中小企業金融サポート機構」がおすすめです。

日本中小企業金融サポート機構は、資金面で問題を抱えている中小企業に対して資金のサポートをおこなう機関です。

事業に応じた資金調達方法を提案してもらえるため、日本中小企業金融サポート機構が提案した資金調達で立て直しができた企業も多くあります。

今すぐ資金を調達をしたいと考えている人は、ファクタリングで即日資金調達も可能です。

このようにさまざまな方法で中小企業を支えている日本中小企業金融サポート機構はおすすめといえるでしょう。

他にも日本中小企業金融サポート機構は「社団法人」のため安心して利用することができます。

また、経営革新等支援機関にも認められており、的確なアドバイスをもらうことが可能です!

安心安全に資金調達をしたいと考えている人は「日本中小企業金融サポート機構」を利用してみると良いでしょう!

\中小企業の資金調達をサポート!即日資金調達OK/

中小企業の銀行融資は難しい!準備とコツを理解して資金調達をしよう

中小企業は銀行での融資は難しいです。

ただ、次の金融機関からであれば、比較的容易に融資を受けられます。

  • 日本政策金融公庫
  • 制度融資
  • 消費者金融

中小企業で融資を受けたいと考えている人は上記の機関から融資を受けるようにしましょう!

ただし、絶対に融資をしてもらえるのかといわれるとそうとは限りません。

審査に通るための準備とコツを理解しておかなくては審査に落ちてしまうでしょう。

審査に通るための準備は次の通りです。

  • 融資希望額と資金用途の明確化
  • 融資を受ける金融機関を選ぶ
  • 事業計画書の作成

次に審査に通るためのコツは次のようなものがあげられます。

  • 自社の魅力をアピールする
  • 資金繰りの計画を明確に説明する
  • 事業を立ち上げた目的を伝える
  • 税金や社会保険料などを滞納しない
  • 財務状況を毎月報告する
  • 担当者とコミュニケーションを取る
  • 税理士から金融機関を紹介してもらう

上記の準備することとコツを理解してから審査に申し込むようにしてください。

中小企業で融資を受けたいと考えている人は本記事で紹介した内容をもとに融資を受けるようしましょう!

\中小企業の資金調達をサポート!即日資金調達OK/