みずほ銀行のクレジットカード「マイレージクラブカード」の審査は厳しい?

みずほ銀行 みずほ銀行カードローン豆知識

「マイレージクラブカード」は、みずほ銀行のクレジットカードの名称です。

みずほ銀行も信販会社同様、クレジットカードを運用しています。

みずほ銀行が発行するクレジットカードの種類は以下の通りです。

  • みずほマイレージクラブカード/ANA
  • みずほマイレージクラブカード/THE POINT
  • みずほマイレージクラブカード ゴールド
  • UC MasterCard
  • UC MasterCard(ゴールド)
  • みずほマイレージクラブカードセゾンアメリカン・エキスプレス・カード・ベーシック

意外と種類が豊富ですよね。

クレジットカードごとに付帯するサービスもそれぞれ異なります。

今回の記事ではみずほ銀行のクレジットカードの審査基準やみずほマイレージクラブカードのメリットやデメリットについて紹介していきたいと思います。

みずほのクレジットカードを検討している人は是非参考にしてみてください!

みずほ銀行 クレジットカード

みずほ銀行クレジットカードの審査基準は高め?

結論から言うと、みずほ銀行が運営しているいくつかのクレジットカードは、どれも審査が厳しいです。

他のクレジットカード審査に通った人も、みずほ銀行のクレジットカードの審査には落ちるなんてこともよくある話です。

他のイオンカードや楽天カードなど、「流通系」と呼ばれるクレジットカードのほうが、いくらか審査基準が優しく設定されています。

銀行系クレジットカードは総じて審査が厳しめ!

みずほ銀行のクレジットカードの審査が厳しいと言っても、みずほ銀行のクレジットカードの審査が際立って厳しいわけではありません。

銀行の運営するクレジットカードは、どこも総じて審査が厳しく設定されているものです。

その理由は「歴史」。そもそも富裕層向けだったクレジットカードは、時間をかけて庶民の生活に馴染んでいきました。そんなクレジットカード歴史における初期に参入したみずほ銀行のクレジットカードは、今でも厳しい審査が、名残として残っているというわけです。

どんな人がみずほ銀行クレジットカード審査に通る?

ではその厳しいみずほ銀行のクレジットカード審査、どんな人が通るのか。審査に通る人の具体的な特徴を調べてみましょう。

安定収入がある

最低限安定した収入があることが、みずほ銀行のクレジットカードを作る条件となります。

収入は必ずしも「正社員の収入」でなくとも良いようですが、一つの基準として「年収200万円以上」が必要だと言われることが多いです。

信用情報がクリーン

クレジットカードを発行する上で必要となるのが、やはり「信用情報」です。

信用情報には、申し込んだ本人の「クレジットカード利用歴」がすべて記録されています。そこで記録されているクレジットカード代金支払歴の中に、「支払い遅れ」などの金融事故が記録されていた場合、みずほ銀行クレジットカードの審査に通るのが難しくなります。

みずほ銀行に口座を持っている人

みずほ銀行との取引実績がある人が、みずほ銀行クレジットカードの審査に通りやすくなります。

みずほ銀行の口座にお金を出し入れしている人は、みずほ銀行が「金銭状況」を把握しやすいというという理由もあり、みずほ銀行をメインバンクとしている人のクレジットカード審査通過率は高いです。

みずほ銀行のクレジットカードの審査に落ちてしまう人の特徴

みずほ銀行のクレジットカードの審査に通過しやすい人の特徴を書いてきました。

逆にみずほ銀行のクレジットカードの審査に通過しにくい人は、どのような人でしょうか。

解説していきます。

過去の信用情報に傷がある人

銀行系の信販商品は、クレジットカードもカードローンも基本的に過去の信用情報に傷がある人には厳しいです。

具体的には、昔カードローンを利用していて返済が滞った経験やカードローンやクレジットカードの申し込み時に嘘の記載をしてしまった経験などです。

過去に上記のような経験があるなら銀行系のクレジットカードはやめておいたほうがいいかもしれません。

スーパーホワイトと呼ばれる信用情報が皆無な人

30代以上でクレジットカードやカードローンなどの利用歴が一度もない人は「スーパーホワイト」と呼ばれます。

一見クレジットカードの審査に有利そうな名称ですが、「スーパーホワイト」な人はクレジットカードなどの信販系の商品の審査の通過には不利になってしまいます。

クレジットカードを持ったことない人の金銭感覚が心配

クレジットカードを利用したことがある人ならわかると思いますが、クレジットカードってとんでもなく便利ですよね。

給料日まで金欠という場合もそうですし、単純に小銭などを用意しなくてもいいので会計時のやり取りも省くことができます。

特殊なところで言えば、現金が必要な時などに友達と飲み会にいって現金化したりと様々な用途で使えます。

若い時にクレジットカードを使用していればある程度のクレジットカードの使い方を把握できます。

どれくらい使ったら来月やばいことになってしまうのか、などを経験するのです。

しかし30代になってから初めてクレジットカードを持った人はその辺の感覚が養われておらず、クレジットカードを使いすぎてしまう恐れがあるのです。

スーパーホワイトである理由が特定しにくい

ミニマリストの女性

30代とクレジットカードを使用したことがないのが珍しい年代の人がスーパーホワイトの人であるのには、大きく分けて二つの理由が考えられます。

  1. 現金払いが好き・信販系の商品を使うことに抵抗があった。
  2. 過去に延滞歴があり、クレジットカードを作ることができなかった

この2パターンにわかれます。

「1.」の場合でも上記の「金銭感覚の崩壊の恐れ」の可能性がありますし、「2.」なら延滞歴があるということは過去に信用情報がブラックだった時があるということなので、単純に新s内通過させたくありませんよね。

どっちにしても銀行にとって良い顧客であるとは言えないうえに、最悪過去の信用情報がブラックだった人を審査に通してしまうことになるので「スーパーホワイト」は避けた方が無難なのです。

同時期に複数のクレジットカードに申し込みをしてしまった人

カードローンにもみられることなのですが、複数の信販商品に同時に申し込むと「相当お金に困っている人なのではないか」と疑われてしまいます。

このような申し込み状況なども、金融機関は信用情報一つとして共有しています。

悪気が無くても審査の通過の確率が下がってしまうので、やめておいたほうが無難です。

しかし2つ程度なら問題ないです。

クレジットカードを販売している側としても、カードを利用してくれそうな人は顧客の一人として欲しいはずなので、裏がありそうと思われるほど多数に申し込みしていなければ問題ないです。

みずほ銀行クレジットカードは審査厳しめ!だからこそのステータスも

冒頭でも述べた通り、みずほ銀行のクレジットカードは審査基準が厳しいです。

信用情報の傷がある場合などは、特に厳しいです。

しかし世の中にはそうした「審査の厳しいクレジットカード」を、ステータス目当てで手に入れようとする人も少なくありません。

審査が厳しく持てる人が限られるクレジットカードは自慢できる

持つのが難しいクレジットカードには、高いステータスが付与されます。

「あのクレジットカードを持てるってことは、そうとう収入がある人だ」という、羨望の目線を受けられるのです。

そうした「ステータス」目当てで、みずほ銀行のクレジットカードにチャレンジしてみてもいいかもしれません。

ゴールドならステータスになりえるかもしれませんが…

すでに述べた通り、みずほ銀行のクレジットカードを持つのは年収200万円程度あれば通過する可能性があります。

特に20代の学生でもアルバイトである程度の収入があれば、将来的に就職して上客になることを見越した青田買いで審査に通過させることもあります。

他のクレジットカードなどでもそうですが、ゴールドカードを持っていてはじめてステータスと言えるのではないでしょうか。

学生の審査は甘め!

財布を持った女学生

みずほ銀行のクレジットカード審査は厳しいですが、学生に対しての審査は別です。

学生ならば、実家に住んでおり、アルバイトなどしているならまず間違いなく審査に通ります。

みずほ銀行は若者の審査が甘いからです。みずほ銀行は、「未来の優良顧客」を囲い込むために、若者を青田買い的に審査を通します。

学生さんならば、審査の厳しいクレジットカードは狙い目だということです。

みずほ銀行系のクレジットカードを持つメリット・デメリット

みずほ銀行は銀行系だけあって信用情報に傷などがあれば審査に通過しづらく、一般的には審査が厳しいクレジットカードの部類に入ります。

審査が厳しいみずほマイレージクラブカードですが、厳しい審査に通過してまで使うメリットあるのでしょうか?

マイレージクラブカードの特徴をメリットとデメリットに合わせて解説していきます。

メリット

キャッシュカードと一体型

みずほマイレージクラブカードの特徴としてキャッシュカードとの一体型である点が挙げられます。

どこの銀行のキャッシュカードもクレジットカードも硬く厚いですよね。

複数枚財布に入れてしまうと財布が不格好に膨れてしまいます。

その点、みずほマイレージクラブカードはキャッシュカードと一体型なので一枚分隙間ができることになります。

一体型である点はメリットと言えるでしょう。

ATMの手数料が回数限定で無料に

みずほマイレージクラブカードを利用すると月に数回、みずほATMとコンビニのATMの手数料が無料になります。

時間外手数料や振込手数料って一回一回の値段は大したことないのですが、積み重なると意外に大金になってたりするんですよね。

月に何度もATMを使用することはないので、マイレージクラブカードを利用していれば実質ATMでの手数料がタダになります。

永久不滅ポイントにポイント期限がない

みずほ系のクレジットカードを使用することで貯まる「永久不滅ポイント」には、ポイント期限が設定されていません。

全然カードを使用しなくても無期日で残り続けるポイントです。

1ポイント=5ポイント換算で、ポイントが溜まればアマゾンギフト券んまどと交換できるのもうれしいポイントですね。

デメリット

一体型なので紛失したときに面倒

メリットとしてキャッシュカードと一体型であることを紹介しましたが、表裏一体、一体型であることがデメリットにもなります。

紛失してしまうとクレジットカードもキャッシュカードも手元にないので生活できなくなってしまいます。

基本的には財布に入れっぱなしだと思うので財布を落とさなければ問題ないと思うのですが、一体型である性質上、ATMでお金を降ろすときや普段の買い物などで使用する頻度は別々である場合よりもあがります。

よくものを無くしてしまうという方には、一体型であるメリットよりデメリットの方が大きいかもしれません。

私もみずほの一体型のクレジットカードを使用しているのですが、クレジットカードが見当たらないと冷や汗があふれ出します。

ポイント期限はないが、ポイント還元率が低い

上記で説明した通り、「永久不滅ポイント」にはポイントの期限はありません。

しかし他のクレジットカードのポイント還元率と比べると「還元率0.5%」と低い部類に入ります。

他のクレジットカードのポイント還元率になります。

カード名称
ポイント還元率
みずほマイレージクラブカード
0.5%
OricoCard THE POINT
1.0~3.0%
dカード
1.0~3.0%
楽天カード
1.0~3.0%
JCB CARD W(ダブル)
1.0~3.0%
インヴァストカード
1.0%
ビックカメラSuicaカード
1.0~1.5%

上記の表のようにみずほマイレージクラブカードのポイント還元率は低めの部類に入ってしまいます。

この点はデメリットと言えるでしょう。

みずほクレジットカードとカードローンの審査の違いは?

みずほ銀行も、他の信販会社などと同じくクレジットカードを発行しています。

みずほ銀行クレジットカード審査は厳しめに設定されていますが、安定収入のある人ならば過度に心配する必要もありません。

みずほ銀行クレジットカード審査についてわかったところで、みずほ銀行カードローンの審査とどのように違うのでしょうか?

お金を借りるという点では、あまり変わらない印象ですよね。

実際にみずほ銀行のカードローンとクレジットカードで気を付けるべき点は、そこまで変わりません。

  • 複数の同時申し込みを避けること
  • 過去に信用情報の傷がないこと
  • 最低限の収入があること

以上の点を気を付ければ基本的にみずほのカードローンにも通過できます。

そもそもカードローンとクレジットカードは何が違うの?

お金を借りていることには、変わらない気がしますがクレジットカードとカードローンでは一体どのような点が異なるのでしょうか?

クレジットカードの性質は「立替」

クレジットカードは融資ではなく、「立替」の性質をもちます。

なので総量規制と呼ばれる「年収の3分の1」までしか借りることができない制限にかからないことが特徴です。

一部機能として「キャッシング機能」のみ規制対象に入ります。

しかし支払日には必ず全額支払わなければならない点で融通は利きにくいです。

カードローンの性質は「融資」

カードローンは総量規制の対象に入るので、一見するとデメリットしかないようにおもいます。

しかしカードローンは返済日などをある程度、自分で設定ができます。

カードローンは返済に融通が効きやすいのです。

返済に計画性を持たせられるというのがカードローンの大きなメリットです。

クレジットカードで10万円を「立替」した場合、約一か月後に支払日が来ます。

カードローンの場合、10万円を一か月以上の長いスパンで返済できるのです。

みずほ銀行カードローン