資金ショートってなに?原因と資金ショートを防ぐ対処法を解説!

ビジネスローン

資金ショートの原因ってなんだろう…。

資金ショートを防ぐ対処法を知りたい。

このように資金ショートに対してさまざまな疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか?

資金ショートの原因と防ぐための対処法を理解しておくことで資金ショートにならなくなります。

本記事では、資金ショートが起きる4つの原因と防ぐための8つの対策法を解説していきます。

最後まで読むことによって、資金ショートを起こさない経営を学べるようになりますよ。

資金ショートについて不安がある方は本記事を参考にしてみてくださいね。

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

資金ショートって何?

キャッシング-女性のはてな3

資金ショートとは、企業の事業に必要な資金が不足してしまうことを指します。

ショート(short)は英語で「短い」という意味のほかに「不足して乏しい」という意味もあります。

資金ショートの場合は「不足して乏しい」という意味でショートを使われているのです。

資金ショートをしてしまうと、取引先への支払いが遅れてしまうことや事業を運営する資金が不足してしまうなど、さまざまな悪影響を及ぼします。

特に、近年では新型コロナの影響で短期間で急激に売り上げが落ちる企業が多く、資金ショートとなる企業が増えてしまいましたね。

売り上げが落ちてもオフィスのテナント料や社員の給料などの固定費はかかり続けます。

そのため、資金ショートを起こさないためにも早めに対策を売っておくことが重要になるのです。

資金ショートで経営困難になる前に、事前に知識を蓄えておきましょう。

資金ショートが起こる5つの原因

女性-悩む

資金ショートが起こる原因はいくつかあります。

資金ショートが起きてしまう代表的な例は次の5つです。

  • 売り上げの急激な減少
  • 大きな支払いがあった
  • 取引先の倒産・売掛金の支払い遅れ
  • 火災などの自然災害による外的要因
  • 資金の動きを把握していない

では順番に解説していきます。

①売り上げの急激な減少

資金ショートが起こる原因1つ目に「売り上げの急激な減少」という原因があげられます。

売り上げが急激に減少してしまうと、手元のお金が無くなって資金不足になってしまうでしょう。

急激に売り上げが減少するのにもいくつか理由があります。

  • 会社の不祥事
  • 競合他社のシェア拡大
  • 市場の悪化

などさまざまな要因が考えられます。

経営には不測の事態はつきものですので、売り上げが減少したとしても資金が残るなど余裕を持った経営をおこなうように心がけてくださいね。

②大きな支払いがあった

資金ショートが起こる原因2つ目に「突然大きな支払いがあった」という原因があげられます。

大型受注など大きな支払いをしてしまうと、資金ショートになってしまうこともあります。

事業を運営するうえで多額の出費が発生することも多いですよね。

  • リコール費用
  • 設備の補修
  • 事故の損害賠償

などさまざまな出費が考えられます。

大型受注が原因で資金ショートにならないためにも、あらかじめ余裕を持った資金繰りをすることが重要になってきます。

計画的なキャッシュフローを意識して、経営をおこなっていきましょう!

③取引先の倒産・売掛金の支払い遅れ

頭を抱える女性

資金ショートが起こる原因3つ目に「取引先の倒産・売掛金の支払い遅れ」という原因があげられます。

会社の経営がうまくいっているとしても取引先によって資金ショートをしてしまうケースもあります。

取引先が倒産をしてしまっては、会社に入る予定だった資金も回収できなくなってしまうでしょう。

また、売掛金の支払いが遅れてしまっても同様です。

計画的に資金を回す予定が崩れてしまいますよね。

このように、調達できるはずだった資金が回収できなくなり、資金ショートを起こしてしまうことも考えられるのです。

売掛金が手元に入るまでは回収できる保証はどこにもありませんので、注意してください。

また、連鎖倒産といって1つの会社が倒産すると連鎖して倒産していくといった現象もあります。

連鎖倒産に巻き込まれないためにも資金の管理を徹底していくように心がけてくださいね。

④火災などの自然災害による外的要因

資金ショートが起こる原因4つ目に「火災などの自然災害による外的要因」という原因があげられます。

資金ショートの心配がない企業であっても、火災などの自然災害による外的要因によって突然資金ショートが起きるケースも少なくありません。

外的要因には次のようなものが言えます。

  • 火事
  • 台風
  • 地震
  • サイバー攻撃
  • 感染症

などがあげられ、事業の経営に大きな損害を及ぼします。

先ほどもお伝えした通り、最近では新型コロナの影響で資金ショートを起こす企業が後を絶ちません。

経営がどれだけうまくいっていたとしても、外的要因のせいで一気に資金繰りが悪くなり経営困難になってしまうということを忘れないでくださいね。

外的要因はいつどこで起きるかわかりません。

だれも予測ができないからこそ日ごろの対策が必要になってきますので、外的要因に備えておきましょう。

⑤資金の動きを把握していない

資金ショートが起こる原因5つ目に「資金の動きを把握していない」という原因があげられます。

資金の動きを把握しておかないと、資金の認識不足で資金ショートになる恐れがあります。

最低でも次の資金の動きは把握しておきましょう。

  • 税金の支払い状況
  • 返済資金の状況
  • 資金の支出と収入の状況

このような内容を把握しておかないと資金ショートになってしまうことも…。

資金の管理を徹底しておくことが大切です。

特に税金の支払資金を把握しておらず、資金ショートになるケースが多いです。

税金には「消費税」「所得税」「法人税」などさまざまな税があります。

日々の業務に気を取られてしまって、税金のことをすっかり忘れてしまった時に税金の未払いが発生していしまいます。

税金の支払い状況を把握しておらず、準備していた以上に税金を支払う必要があったと驚く経営者も多いです。

事前にどのくらい納税する必要があるのかを確認しておくようにしましょう。

「税金が払えなくて資金ショートになってしまった!」とならないためにも事前に対策を取っておくことが大切です。

資金ショートを起こすとどうなるの?

キャッシング-女性のはてな7

資金ショートを起こしてしまうと会社の信用が無くなって経営が困難になります。

会社は経営するうえで、毎月多くの固定費を払う必要がありますよね。

資金ショートによって手元に現金や預金がなくなってしまうと、毎月の固定費が支払えません。

会社の経営自体が黒字であったとしても、固定費を払う資金がなくては会社を経営することが難しくなるでしょう。

固定費が払えないと会社を営業することはできず、困難な状況に陥ってしまいます。

会社の立て直しが難航してしまい、倒産してしまう企業も少なくありません。

このように資金ショートをしてしまうと、会社が倒産してしまうというリスクがありますので、資金ショートを防ぐための対策法を理解しておくことが大切です。

資金ショートを防ぐ8つの対策法

ポイントをさす女性

資金ショートを防ぐための方法はいくつかあります。

対策法として次の8つがあげられます。

  1. 請求漏れや未入金を確認する
  2. 営業管理を見直す
  3. 支出を減らす
  4. 銀行にリスケジュールしてもらう
  5. 融資してもらう
  6. 保険料・税金の支払いを延長する
  7. 取引先への支払いを延長できるか相談する
  8. ファクタリングで資金調達をする

では順番に見ていきましょう。

①請求漏れや未入金を確認する

資金ショートを防ぐ対策法1つ目に「請求漏れや未入金を確認する」という点があげられます。

請求漏れや未入金がないか売掛金を確認して、管理することで資金ショートが防げます。

取引先が多ければ多いほど、管理が行き届かずに漏れてしまっていたなんでことも。

取引先から確実に売掛金を回収できるような仕組みづくりの徹底をおこないましょう!

請求漏れや未入金で回収できていない資金が無いように借りいしていくことが大切です。

②営業管理を見直す

資金ショートを防ぐ対策法2つ目に「営業管理を見直す」という点があげられます。

営業管理を見直すことで資金繰りがよくなることもあります。

営業管理が甘くなり、取引先から資金の回収ができていない事や支払いの遅延が発生してしまっていることも少なくはないでしょう。

請求漏れや未入金などの管理を徹底したうえで、営業の管理を見直すことが大切です。

取引先の支払いが遅延しないためにはどうすればいいのか営業管理を見直してい見ましょう。

また、取引先が倒産してしまった場合の損害はかなり大きいです。

倒産をする前に資金が回収できる企業かどうかも把握しておくことで資金ショートを防げますよ。

定期的に営業管理を見直して資金ショートを起こさない仕組みを作っていきましょう!

③支出を減らす

資金ショートを防ぐ対策法3つ目に「支出を減らす」という点があげられます。

会社に不要な支出を減らすことによって資金ショートを防げます。

経営するためにはさまざまなコストがかかってしまいますよね。

本当に必要な支出なのかを見極めて、必要最低限のコストで経営をする必要があります。

支出が増えれば増えるほど、利益率が下がってしまうため今まで以上に売り上げをつくらなくてはなりません。

コストを見直すことで抑えられるものはたくさんありますので、一度支出の見直しをしてみてくださいね。

ただし、支出を減らしたいからといって人件費を大幅にカットするのは注意が必要です。

人件費を削減することでさらに経営難になってしまうというケースもよくあります。

人件費は最後の手段として撮っておきましょう。

まずは、仕入れ費や通信費、テナント料などをおさえられないかを検討してみると良いでしょう。

不必要な支出を抑えて資金ショートを防いでいきましょう!

④銀行にリスケジュールしてもらう

紹介する女性

資金ショートを防ぐ対策法4つ目に「銀行にリスケジュールしてもらう」という点があげられます。

金融機関から借り入れをしている場合は銀行にリスケジュールの相談をすることも可能です。

リスケジュールとは、金融機関から借り入れしている分の返済スケジュールを見直してもらうことです。

リスケジュールをおこなうことによって、新たに毎月の返済額や返済期間を設定できます。

そのため、今までよりも毎月の返済額を抑えられることも可能です。

リスケジュールを申し出る際は返済計画と返済金額の確保方法を真摯に伝える必要があります。

場合によってはリスケジュールができないことも考えられますので、リスケジュールの相談をする場合は丁寧な対応を心がけましょう。

⑤融資してもらう

資金ショートを防ぐ対策法5つ目に「融資してもらう」という点があげられます。

場合によっては融資をうけて資金を調達するという方法もあります。

実は資金が不足していても融資が受けられるケースもあるのです。

「資金不足の明確な理由」と「担保となる資金を保持している」場合は融資が可能になることも。

ただし、必ず審査に通るという訳ではありませんので、理解しておいてくださいね。

また、融資を受けられるまでに一定の期間がかかります。

融資を受ける前に倒産をしてしまっては意味がありませんので、なるべく早めに融資の申し込みをおこなっておくことをおすすめします。

⑥保険料・税金の支払いを延長する

資金ショートを防ぐ対策法6つ目に「保険料・税金の支払いを延長する」という点があげられます。

資金が不足してしまいそうになった場合は、保険料・税金の支払いを延長できるか相談してみるのもありです。

税金や保険料の滞納が続くと差し押さえをされる可能性もあります。

しかし、1回滞納しただけでは差し押さえられることはありません。

会社宛てに滞納通知が届き、それでも滞納が続く場合のみ差し押さえが実行されます。

もちろん、保険料や税金の滞納をしてもいいという話ではありませんが、払えなくなる前に税務賞などに相談をすることが大切です。

事情をしっかりと説明することで保険料や税金の支払いを延長できることもありますよ。

⑦取引先への支払いを延長できるか相談する

資金ショートを防ぐ対策法7つ目に「取引先への支払いを延長できるか相談する」という点があげられます。

取引先への支払いを延長することで資金ショートを防げます。

ただし、取引先との信用問題にもつながるため、あまりおすすめできる方法とは言えません。

支払いの延長を申し出た場合、取引先は「この会社倒産するのでは?」と不審に思ってしまい、取引が停止してしまうこともありあます。

そのため、取引先への支払いを延長できるか相談する場合は細心の注意を払って相談するようにしてください。

取引先への支払いを延長できるか相談は最後の手段として相談するようにしましょう。

また、取引が停止してしまった場合、次の取引先を見つけなくてはなりません。

このように計画的に事前準備を徹底して交渉するようにしてくださいね。

⑧ファクタリングで資金調達をする

資金ショートを防ぐ対策法8つ目に「ファクタリングで資金調達をする」という点があげられます。

ファクタリングで資金を調達するという方法もあります。

ファクタリングとは、欧米では当たり前におこなわれている資金調達方法の1つで、売掛債券を売却して現金を調達するというものです。

ファクタリングには「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」の2種類があります。

2社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と利用者の2社間で取引をおこなう方法。

3社間ファクタリングとは、ファクタリング会社と利用者のほかに売掛先3社で取引をおこなう方法です。

このファクタリングを利用して、売掛金を前倒しにするなどで資金ショートを防げます。

また、ファクタリングを利用すればすぐに資金調達をすることもできます。

すぐにでも資金調達をしたいと考えている人はファクタリングの利用がおすすめです!

資金ショートと債務超過の違い

考える・悩む女性

資金ショートになる原因とそれを防ぐための対処法について解説していきました。

では、資金ショート債務超過の違いはどのようなものがあるのでしょうか?

資金ショートは、売り上げの減少などで資金不足になり、経営困難なことを指します。

責務超過は、負債の総額が資産よりも上回ってしまい、純資産がマイナスになってしまうことを言います。

資産ショートと責務超過の大きな違いは倒産のリスクが大きいか少ないかです。

資産ショートをしてしまうと、すぐに使える資産がなく倒産してしまう可能性が高まります。

一方、債務超過の場合は売上次第で経営することが可能なため、倒産するリスクが少ないです。

このように資産ショートをしてしまうと、倒産のリスクが高まります。

経営をするうえで絶対に資金ショートをしないように心がけましょう!

資金ショートをしないためにも計画的な経営をしよう

スマホー女性

資産ショートをしないためにも計画的な経営をすることが重要になります。

計画な経営をするためには資産ショートをする原因と防ぐための対処法を理解することが重要です。

資産ショートをする原因を改めてまとめました。

  • 売り上げの急激な減少
  • 大きな支払いがあった
  • 取引先の倒産・売掛金の支払い遅れ
  • 火災などの自然災害による外的要因
  • 資金の動きを把握していない

このような原因で資産ショートをする企業が多いです。

次に資産ショートを防ぐための対処法をまとめました。

  • 請求漏れや未入金を確認する
  • 営業管理を見直す
  • 支出を減らす
  • 銀行にリスケジュールしてもらう
  • 融資してもらう
  • 保険料・税金の支払いを延長する
  • 取引先への支払いを延長できるか相談する
  • ファクタリングで資金調達をする

このような対処法で資産ショートを防ぐことが可能です。

資産ショートは原因と正しい対処法を理解しておけば、防ぐことが可能です。

本記事で紹介した内容を理解して、計画的に経営をおこなっていきましょう!