個人事業主が借りれるキャッシングは?お金に困った個人事業主がお金を調達する方法まとめ

ビジネスローン

個人事業主の管理するお金の責任はすべて自分にあります。

事業主専用のビジネスローンや商工ローンなど、個人事業主がお金を借りるためのローンの宣伝広告を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

しかしいざビジネスローンや商工ローンでお金を借りたくても、「意外と審査が厳しい」「書類の提出が複雑で時間もかかる」など、時間とお金の問題で多くの手間がかかります。

ビジネスローンでお金を借りられないということは、別の方法でお金を借りる必要があるということ。

具体的にどうすれば、個人事業主がなるべく安全にお金を手に入れることができるか。

お金に困った個人事業主が、お金を調達するためにできる方法を今回はご紹介してきます。

しかし個人事業主がお金を調達する手段には様々な種類があり、それぞれの方法で異なるメリット・デメリットがあります。

個人事業主がお金を借りる際のメリット・デメリットをしっかり把握した上で、上手にお金を借りるための方法を模索していきましょう。

事業主がお金を借りる目的によって借入方法が変わる

事業主がお金を借りる時考えるべきなのは、「なんのためにお金を借りるか?」ということです。

借入れ目的によって、利用可能なローンの種類が変わってしまいます。

自分にとってなんでお金が必要になっているのか?

その目的で、個人事業主は今後の行動を考えなければなりません。

事業資金を借りるならビジネスローン

もしお金を借り入れる目的が、自分の事業のお金を借り入れる目的だったなら、利用するのはビジネスローンか商工ローンになります。

事業目的で借り入れるお金は比較的高額になること。

個人融資で借りるお金より返済が長期になることなど、他のローンとは違う要素を考えて借り入れることになるのです。

ビジネスローンは審査項目が多い

ビジネスローンは審査項目が多いのも特徴です。

事業資金を借り入れるには、個人の財産だけでなく、事業内容、事業の売上など、審査項目が多いです。

審査項目が多いということは、審査に多くの時間がかかってしまうということ。

事業の推進力を落とさないためにはお金がかかるので、仕方ないことではありますね。

ビジネスローンは総量規制対象外

ビジネスローンのメリットは「総量規制対象外」であることです。

貸金業法の中の項目の一つ「総量規制」は、キャッシング利用者の生活を守るために制定された決まりです。

カードローンなど、個人融資ローンの多くは貸金業法が適用されるので総量規制の対象となってしまいます。

これにより、借入可能額は「年収の3分の1まで」となってしまうので、結果的に目的を果たせない結果になってしまいます。

その店ビジネスローンは総量規制対象外の借入れとなるので、年収の額に関係ない借入れが可能になります。

個人で借りるお金はカードローン

個人で使うプライベートなお金を借り入れるなら、カードローンなどの個人融資のローンを利用しましょう。

カードローンで借入れたお金は、原則として事業目的で利用することができません。

ですからまず、カードローン利用時に「事業目的での借入れではないか」の確認が入ります。

個人事業主の生活資金借入れが可能

個人事業主はどうしても、サラリーマンより生活が不安定になりがちです。

毎月まとまったお金が入らないので、生活のために必要なお金の捻出が難しいことも。

自営業で自分の生活が不安定な事業主は、生活資金の借入れをカードローンで行うことになります。

カードローンなら即日融資で借入れが可能

ビジネスローンなら借入れまで数ヶ月待たされることもあるところ、カードローンなら最短で即日融資の借入れが可能です。

申し込んだ当日借入可能なカードローンなら、「今日の生活が苦しい」個人事業主でも、問題なく金銭問題をクリアできるというわけです。

個人で必要なお金をすぐ手に入れることができる、サービス面に優れたカードローンは、生活に困窮している個人事業主の強い味方です。

審査も柔軟

ローンを利用してお金を借りたいと思ったなら、ローンへ申し込んだ後審査をクリアする必要があります。

個人事業主は、ビジネスローンで借りようにも、事業の内情を詳しく審査されるなど厳しい審査を受けることになります。

しかしカードローンに申し込んでから受ける審査なら、多くの書類提出も求められず、運転免許証一枚で借り入れることができることも。

もちろん、初期融資額は10万程度かもしれませんが、「生活を立て直すお金」なら十分な借入れではないでしょうか?

「とにかく早くお金を借りたい」
「厳しい審査をクリアできるかわからない」

とぴう方なら、カードローンでお金を借りるべきです。

個人事業主が資金調達するには?

個人事業主がお金を借りる先は、何も消費者金融や銀行ばかりではありません。

消費者金融や銀行がお金を貸してくれないとしても、なんとか別の方法でお金を借りることができないか。

他の方法を考えてみましょう。

信用金庫から借り入れる

銀行以外でも、個人事業主が借り入れることができるのが、信用金庫からの借入れです。

信用金庫からの借入れは、送料前と創業後で変わります。

創業前なら、創業計画書から印鑑証明書、事業の許認可書など。

創業後なら、総合計画書や印鑑証明書だけでなく、商業登記簿謄本、個人時事業の開廃業等届出書がひつ王になります。

書類の提出が終わった後にも融資を受ける前には、信用保証会社の審査を受けなくてはないません。

この審査過程において、訪問や面談を受けるケースもあります。

日本政策金融公庫など、他の機関とは異なる勝手で借入れるので、他の機関で借入れが叶わなかった人も信用金庫なら借り入れることができるかもしれません。

日本政策金融公庫から借りる

お金が必要になっている個人事業主におすすめしたいのが、日本政策金融公庫からの借入れです。

日本政策金融公庫からの借入れは、比較的高額融資を受けやすく、金利も低いのが特徴です。

個人事業主がお金を借りる先としては理想的なスペックを兼ね備えた日本政策金融公庫ですが、借入れが比較的気軽なのもメリットです。

借入れに際して担保が必要なく、保証人も必要ありません。

この点で、信用金庫など金融機関から借りるより気軽なのがメリットです。

日本政策金融公庫から借りるデメリット

申し込みで提出する書類が多いのがデメリットです。

借入申込書から通帳のコピー、見積書、住宅ローンの返済予定表、創業計画書はもちろん、直近2年の文の確定申告書など、様々な書類の提出を求められます。

たくさんの書類を提出するということは、それだけ多くの項目審査されるということで、個人で申し込むと審査が厳しくなります。

しかし審査が厳しくなるのも当然のこと。

個人事業主にとってそれだけ条件の良い借入れが可能なのです。

助成金で事業資金を借り入れる

精度を利用することで、誰でも簡単に受け取ることができる助成金があります。

例えば、非正規雇用の従業員を正規雇用に切り替えた時もらえる「キャリアアップ助成金」。

社員のキャリアアップを助けたとして、国から女性してもらえる精度です。

キャリアアップ助成金には、有期契約の従業員に、一般職業訓練や有期実習型訓練、中長期的キャリア形跡訓練、育児休業中訓練のいずれかを実施した場合にもらえるコースになります。

受給までの流れは、訓練開始の1ヶ月前までに計画を届出て、計画認定後訓練開始、訓練終了後2ヶ月以内に受給申請を出して、助成金受給するという流れになります。

助成金、補助金は、借りたお金ではないので、うまく受給できればこれ以上無いノーリスクなお金となります。

友人、投資家から資金を調達する

お金に困った個人事業主の多くは、友人からお金を借りている方も多いです。

または個人投資家に投資を受けて、事業を続けることも。

借入先、投資を受ける先は、金銭的に余裕がある人を頼るようにしましょう。

消費者金融系ビジネスローンで借りる

消費者金融の中には、ビジネスローンを展開しているところがあります。

そうした消費者金融系のビジネスローンは、銀行のビジネスローンなどと比べて、とにかく借りやすい設定が組まれているからです。

カードローンは前述したとおり総量規制の対象となり、借入額が年収によって左右されてしまうデメリットがあります。

しかしビジネスローンなら消費者金融のローンでも、総量規制の対象外で借入れが可能になるのです。

ビジネスローンなので、カードローンと比べて金額の大きな融資を受けられるのも大きねメリットですよね。

プロミス自営者カードローン

金利 6.3%~17.8%
限度額 300万円
必要書類 ・本人確認書類
・収入証明書
事業実態を疎明する書類

プロミスの事業主向けローンは、最短即日融資可能、融資額50万円以下なら確定申告書不要な場合ありなど、借りやすさでは他のビジネスローン以上です。

ネットからいつでも申し込みができる事業主向けローンなので、お金に必要になっている方はぜひプロミスの事業主向けローンで借入れを検討してください。

アイフル事業サポートプラン(無担保ローン)

金利 3.0%~18.0%
限度額 500万円
必要書類 ・本人確認書類
・確定申告書
・事業内容確認書(アイフル所定用紙あり)

アイフルの事業主向けローンも、最短即日融資が可能です。

また、不動産を担保にすればもっと大口のローンを受けられるビジネスローンもあります。

大口融資を受けられるビジネスローンは珍しいですから、大きな金額を借りたい個人事業主なら、アイフルのビジネスローン借入れを検討してください。

アコムビジネスサポートカードローン

金利 6.3%~17.8%
限度額 300万円
必要書類 ・本人確認書類
・直近1期分の「確定申告書B(第一表)(写し)」

アコムもビジネスローンを展開しています。

アコムのビジネスローンには、これといって目立った点はないですが、消費者金融のビジネスローンらしく最短即日融資可能で総量規制対象外の借入れが可能となっています。

書類が少なく審査がスムーズ

3社ともビジネスローンを運営しており、どのビジネスローンも同じく最短即日融資で借入れが可能です。

そしてどのビジネスローンも、銀行などの金融機関からお金を借りるのと比べて提出書類が少ないのもメリットです。

消費者金融のビジネスローンは、基本的に本人確認書類と収入証明書、そして前年度の確定申告書のみ提出で買い入れが可能です。

お金にも時間にも困っている事業主は、銀行の事業主向けローンではなく、消費者金融のビジネスローンで借入れを検討してみてはいかがでしょうか。

消費者金融系ビジネスローンは審査基準が甘い

事業主向けローンは、どうしても審査が厳しいのが難点です。

対して消費者金融向けビジネスローンなら、難易度の低い審査で借入れが可能です。

消費者金融は、個人に合わせた借入可能額を設定するので、返済能力が低い人に対してもお金を貸してくれるのです。

最短即日融資で借入可能

何度も書いているように、消費者金融の事業主向けローンは最短で即日融資を受けることができます。

申し込んだ当日お金を借り入れることができるローンならば、様々なお金のピンチに対応することができますよね。

事業を長い目でみてなるべくリスクの低い方法で借入れを

個人事業主は、自分の生活だけでなく事業を維持するためのお金を持つ必要があります。

それならば、個人のお金以上に「リスクの低い借入れ」を行う必要があります。

今後の生活を維持するためにも、なるべく長い目で見てリスクの低い方法でお金を借りるようにしてください。

ビジネスローンで借り入れるより他のローンで借り入れた方が得な場合も
事業主向けローン「ビジネスローン」は種類が多いです。 ビジネスローンなら、他のローンで借り入れることができない「事業資金」が借入可能です。 後でも説明しますが、事業資金の借り入れが目的のビジネスローンは、年収で借り入れ制限がかか...

個人事業主が借りれるローン まとめ

個人事業主もあらゆる局面で金銭的なピンチを迎えます。

そのたびに、なんとかしてその局面を切り抜ける必要があります。

個人事業主が利用できるローンや、国の精度を利用した借入れにも種類が多いのですが、借入れまでに時間がかかることや、審査の厳しさが難点となります。

個人事業主は、なるべくリスクの少ない方法でお金を調達する必要があります。

くれぐれもお金の取り扱いには気をつけてください…。