銀行カードローンの審査は甘い?申し込みがしやすい銀行カードローン

銀行カードローン基礎知識

銀行カードローンを利用したいけど、審査が甘いのか心配で躊躇している方も多いでしょう。

一般的に、銀行カードローンの審査は厳しいと考えられていますが、実は消費者金融系カードローンと審査基準に大きな違いはありません。

銀行カードローンを申し込みする際にも、審査通過のためのポイントを押さえておけば、通過の可能性は高くなりますよ!

この記事では、銀行カードローンの審査基準について、多角度から分析します。

銀行カードローンの審査落ちする人の特徴
三井住友銀行カードローンやその他銀行カードローンは審査に通らないと利用できません。 申し込んだ銀行カードローンの審査落ちとなってしまわないように、審査の対策を行っておく必要があり、そのためには審査落ちとなってしまう人の特徴を調べる必要...

銀行カードローンの審査は甘い?銀行カードローンの審査基準を分析

一般的に、銀行カードローンの審査は、消費者金融系カードローンよりも厳しい審査基準であると言われています。

消費者金融と比べると、高額の借入が可能で、金利も低く設定されている銀行カードローンには、たしかに審査が厳しいイメージがありますね。

ただし、銀行の「フリーローン」は、マイカーローンや住宅ローンなどの「目的ローン」よりも金利が高くなっており、銀行にとっても歓迎したい金融商品です。

また、近年の不景気により、法人を対象にした大口の融資が減っていることから、個人向けのフリーローンに力を入れる銀行も多くなっています。

そのような背景から、銀行カードローンの審査も、消費者金融系のカードローン並みに甘くなっていると考えて良いのではないでしょうか。

専業主婦にとって銀行カードローンは甘いのか?

専業主婦にとっては、銀行カードローンの審査は甘いと言って良いでしょう。

消費者金融系カードローンでは、本人に収入のない専業主婦の方は申込不可となっています。

対して、銀行カードローンは、配偶者の収入を世帯年収として申し込みをすることができますので、収入の無い専業主婦でも申込可能です。

ですので、専業主婦には、消費者金融系のカードローンよりも、銀行カードローンの方が審査は甘いということになります。

ただし、配偶者の年収で申し込みする場合、配偶者に申し込みの確認や、職場への在籍確認があります。

配偶者の方に内緒で、銀行カードローンからお金を借りるのは難しくなっていますので、注意が必要です。

銀行カードローンは総量規制の対象外

銀行カードローンは、「総量規制」の対象外となっていますので、高額の借入を希望している方におすすめできます。

改正貸金業法では、消費者保護の観点から、年収の3分の1を超える貸付を規制する、総量規制が適用されます。

ただし、銀行法が適用される銀行カードローンでは、貸金業法の規制となる総量規制は対象外です。

  • 銀行カードローン:銀行法(総量規制の対象外)
  • 消費者金融系カードローン:貸金業法(総量規制が適用)

ですので、銀行カードローンなら、年収の3分の1を超える高額な借り入れも可能です。

高額の借り入れや、「おまとめローン」を利用したい方にとっては、総量規制の対象外の銀行カードローンの方が甘いと言って良いでしょう。

銀行カードローンの審査に落ちてしまう方の特徴

銀行カードローンの審査に落ちてしまう方には、多重債務や無職など、返済能力に疑問がある傾向が多くなっています。

銀行カードローンでは、専業主婦の方でも配偶者の年収を世帯収入として申し込みすることができます。

ただし、無職の方でも申し込みができるという訳ではありませんので、ニートや家事手伝いの方は銀行カードローンの審査に通過するのは難しいでしょう。

また、総量規制の対象外である銀行カードローンには、多重債務状態の方が借入先のおまとめを求めて「おまとめローン」を申し込みするケースも多くなっています。

ただし、銀行カードローンの審査の際には、他社からの借入金額を含めた返済能力が審査されますので、すでに多重債務状態に陥っている方は審査通過が難しくなります。

銀行カードローンに限らず、カードローンの審査では返済能力が重視されますので、返済能力に不安がある方は審査落ちになってしまう可能性が高いでしょう。

こんな人に銀行カードローンは不向き

自営業やフリーランスなど、収入が安定しにくい方には、銀行カードローンは不向きであると考えられます。

銀行カードローンの特徴のひとつとも言えるのが、返済能力の安定性を重視される傾向がある点です。

ですので、もっとも有利になる属性が、正社員として働くサラリーマンや公務員など、安定した収入が担保されている職業の方です。

自営業の方で、ある月には100万円の収入があるけど、ある月には0円など、収入に波がある方の場合は銀行カードローンの審査で悪い印象を与えてしまう可能性があります。

自営業やフリーランスの方の場合、消費者金融系のカードローンを選択した方が、審査基準が甘いケースもありますよ。

ネット銀行の方がメガバンク系よりも審査が甘い?

一般的には、メガバンク系の銀行カードローンよりも、ネット銀行系のカードローンの方が審査が甘いケースが多くなっています。

店舗を持たないネット銀行では、WEB完結での即日審査が可能など、消費者金融系カードローン並みの手軽さで申し込みできるカードローンがあります。

金利に関しても、メガバンク系のカードローンよりも低くなっており、より返済の負担を軽減できるのもメリットと言って良いでしょう。

申し込みしやすく、審査基準が少しでも甘い銀行カードローンを選びたい方は、ネット銀行の銀行カードローンで絞り込むのもおすすめです。

ただし、店舗が無いネット銀行のカードローンでは、返済時などのATM手数料にも注意が必要です。

銀行カードローンの審査に通過するコツ

銀行カードローンの審査通過の可能性を1%でも上げるには、次の4つのポイントに注目が必要です。

  • 普段から利用している銀行を選ぶ
  • 借入件数を減らす
  • 不要なクレジットカードは解約する
  • 複数の会社への申し込みは避ける

ここでは、銀行カードローンの審査を甘くする、4つのポイントを解説します。

メインバンクのカードローンを選ぼう

銀行カードローンを申し込みするのは、普段からメインバンクとして利用している銀行を選択すれば審査が甘くなる可能性があります。

銀行カードローンの審査では、返済能力が重視されますので、常時、ある程度の預金がある銀行なら審査が有利になります。

とくに、給与の振込先に指定されている銀行の場合、返済能力の評価でプラスに働きますので、審査が甘くなる可能性は高いですよ!

また、銀行カードローンでは、返済が口座振替になるケースが多くなっていますので、普段から利用している銀行の方が使い勝手もよくなります。

1件でも借入件数を減らす

すでに多重債務状態の方は、銀行カードローンの申し込みの前に1件でも借入件数を減らしておくのが重要です。

銀行カードローンの審査では、多重債務状態の方は返済能力に難アリと判断され、審査落ちのリスクになってしまう可能性があります。

借入の総額の大きさよりも、借入件数の多さが問題視されますので、限度額に余裕がある借入先がある場合は少額の借入先をまとめておくのもプラスです。

最終的に、金利の安い銀行カードローン1社にまとめることができれば、毎月の返済の負担も大幅に軽減できます。

使っていないクレジットカードを解約する

使っていないクレジットカードを複数枚持っている方の場合、銀行カードローンの申し込み前に解約しておくのも重要です。

クレジットカードのショッピング枠は、基本的には銀行カードローンの審査に影響しませんが、クレジットカードの中には「キャッシング枠」の付いたカードもあります。

キャッシング枠の付いたクレジットカードの場合、実際に借入をしていなくても、借入限度額が銀行カードローンの審査に悪影響を与えてしまいます。

ポイントアップなどの特典に釣られて、複数枚のクレジットカードでキャッシング枠を設定している方は、この機会にクレジットカードを整理しておきましょう。

申し込みは1社に集中する

銀行カードローンの審査を少しでも甘くするために、1社に集中して審査をうけるということも重要です。

銀行カードローンの審査の際には、これまでのカードローンの契約・利用の状況が記録された「個人信用情報機関」の情報を参照されます。

個人信用情報機関には、銀行カードローンの申込履歴も記録されますので、短期間に複数の銀行でカードローンを申し込みしている場合、お金に困っているのか?と判断されてしまいます。

万が一、1社のカードローンを申し込みして、審査落ちになってしまった場合も、最低半年は期間を空けて申し込みするのがおすすめです。

審査が甘い可能性がある銀行系カードローンおすすめ4選

銀行カードローンには審査が厳しいイメージがありますが、審査基準が甘い可能性のある銀行カードローンも多くなっています。

とくに、ネット銀行系の銀行カードローンの場合、即日審査が可能など、消費者金融系カードローンと同様に手軽な銀行も少なくありません。

ここでは、審査の甘い銀行カードローンをお探しの方に、おすすめの4つの銀行カードローンをご紹介します。

楽天銀行カードローン

実質年率 1.9%~14.5%
限度額 最大800万円

楽天のサービスを利用している方におすすめできる銀行カードローンが「楽天銀行カードローン」です。

楽天銀行カードローンでは、面倒な書類の記入が不要で、楽天銀行アプリから簡単に申し込みできます。

さらに、コンビニでのATM手数料が無料ですので、借入・返済の際にムダな手数料を支払う心配もありません。

楽天銀行カードローンでは、楽天の会員ランクに応じて審査が優遇されますので、楽天のプラチナ・ダイヤモンド会員の場合、審査が甘くなる可能性もありますよ!

入会・利用で最大31,000ポイントの楽天スーパーポイントが付与されますので、お金を借りるだけで大量のポイントバックの特典もお得です。

みずほ銀行カードローン

実質年率 2.0%~14.0%
限度額 最大800万円

みずほ銀行の口座を利用している方におすすめの銀行カードローンが「みずほ銀行カードローン」です。

みずほ銀行カードローンでは、みずほ銀行のキャッシュカードを、そのままカードローン用のカードとして利用できますので、周りに借金を知られてしまう心配はありません。

カードローンを利用することで、みずほ銀行のATMや提携コンビニATMでの時間外手数料が無料になる特典もありますので、みずほ銀行の手数料節約にも役立ちます。

さらに、みずほ銀行で住宅ローンを利用している方は、金利が0.5%引き下げられる特典があり、最安で1.5%の低金利での利用が可能です。

みずほ銀行カードローンは、メガバンク系のカードローンですが、WEB完結で来店・郵送不要で申し込みできる手軽さも嬉しいですね。

イオン銀行カードローン

実質年率 3.8%~13.8%
限度額 最大800万円

毎月の返済の負担をできるだけ軽くしたい方には「イオン銀行カードローン」がおすすめです。

イオン銀行カードローンでは、毎月の返済・借入を1,000円から利用できますので、給料日まで少し足りないお金を最小限で借りたい方にもおすすめです。

イオン銀行の口座をお持ちの方は、初回のみ振込融資でお金を借りることができますので、少しでも早くお金を借りたい方にも最適ですね。

借入・返済は、イオン銀行ATMはもちろん、提携コンビニATMでも手数料無料で取引できますので、ムダな手数料を支払う心配もありません。

返済方法も、ATMでの返済・口座引落しと柔軟に選択できますので、返しやすいのも安心です。

じぶん銀行カードローン

実質年率 2.1%~17.4%
限度額 最大800万円

auの携帯・スマホをお使いの方には「じぶん銀行カードローン」がおすすめです。

じぶん銀行カードローンでは、auユーザーの方は最大年0.5%の金利が優遇されますので、1.6%~16.9%の低金利でお金を借りられます。

申し込みはスマホ完結で来店・郵送不要となっていますので、消費者金融系カードローンと同様の手軽さで申し込みできますね。

提携ATMの手数料は借入・返済のどちらも0円となっていますので、ムダな手数料を払わずにカードローンを利用できます。

じぶん銀行カードローンでは、借り換えコースは金利が優遇されていますので、おまとめローンを検討している方にも最適です。

まとめ:銀行カードローンも審査が甘い!低金利で申し込みしやすいカードローンを選ぼう

審査が厳しいイメージがある銀行カードローンですが、実際に多角度から見てみると、銀行カードローンも審査が甘いと言って良いでしょう。

とくに、店舗を持たないネット銀行などの場合、消費者金融系カードローンと変わらない手軽さで申し込みすることが可能です。

銀行カードローンでは、消費者金融系カードローンよりも低金利で、かつ高額な借り入れも可能となっている点がメリットとなっています。

審査基準が甘い銀行カードローンを選択して、低金利で負担なくお金を借りちゃいましょう!