廃課金の意味とは?廃課金になりやすい人の特徴と性格も解説

スマホ持って怒っている女性と謝る男性 ライフ

家庭用ゲーム機の販売数が頭打ちになる中、今やだれでも持っているスマートフォンをプラットフォームとしてプレイできるソーシャルゲームの勢いが止まりません。

ソーシャルゲームとはスマートフォンをプラットフォームとしてアプリ化されたゲームデータをダウンロードすることで手軽にプレイできるジャンルのゲームです。

ソーシャルゲームの多くがダウンロードや基本プレイが無料なのですが課金アイテムをゲーム内で購入して「ガチャ」と呼ばれる完全に運任せなくじを引いて、運が良ければ強いキャラクターやアイテムを手に入れることが特徴のゲームです。

無料でプレイできるので個人で楽しむ分には無課金で問題ないですし、無課金プレイヤーと呼ばれる一切課金せずにゲームを楽しむ人もいるほどですが、よりゲームの中で強くなろうとして課金する人が大勢います。

少額の課金ならそこまで問題はないのですが、その課金者の中でも特別化課金額の多い「廃課金プレイヤー」と呼ばれる常識的な課金額を大きく超えたお金をソーシャルゲームに課金する人の存在が、社会問題になりつつあります。

はたして廃課金をしている人は、どのような人でなぜ課金をしてしまうのでしょうか。

またソーシャルゲームにはまって廃課金プレイヤーになる可能性を秘めている廃課金プレイヤー予備軍の特徴についても書いていくので、廃課金プレイヤーになりかけている人は是非見ていってください!

それでは以下からの廃課金ついて解説していきます。

廃課金プレイヤーの定義は?

普段ゲームをしない人でもゲーム機が数万円、ゲームソフト一本が6000円から7000円という認識の方が多いのではないでしょうか?

ゲームが趣味という人は知っていると思いますが、家庭用ゲーム機は新品で3万円から4万円、ゲームソフトは8000円程度。携帯ゲーム機で1万後半から2万円前後、ゲームソフトは5000円程度です。

思っていたより高いと思う人、イメージより安かったという人、感じ方は十人十色だと思います。

上記のように一定の相場を聞くと「いくら廃課金といってもせいぜい6万円から10万円程度だろう」と考える人が多いです。

それはそうですよね。

基本無料で遊べるゲームに家庭用ゲーム機の定価より度を越えて課金する人などいないと常識的に考えてしまいますからね。

しかし廃課金の人は常識を逸脱した金額をソーシャルゲームにかけます。

廃課金プレイヤーの課金額はピンキリですが、一般的に廃課金と呼ばれる人々は月に10万円以上の金額をソーシャルゲームに課金する人のことを指します。

さらっと書いてしまったので勘違いしている人もいるかと思うので、改めて廃課金プレイヤーの課金額を書きますね。

100,000/月

です。

1つのソーシャルゲームに総額10万円ではありませんよ。

月々約10万円程度を一つのゲームに課金する人のことを廃課金プレイヤーと称します。

驚愕ですよね。

ソーシャルゲームに課金してしまう理由

なぜ大金をゲームに課金してしまうのでしょうか?

廃課金プレイヤーの定義を見て驚愕した人は多数いると思いますし、たかがゲームになぜそんな大金を投入するのか理解が及ばないと思います。

しかしソーシャルゲームは消費者の行動心理をうまく利用して巧みに課金に導き、売り上げをあげるシステムが導入されているのです。

以下からソーシャルゲームに多くの廃課金プレイヤーが発生してしまう原因を紹介していきます。

ガチャという運要素システムが多く盛り込まれている

ガチャとスマートフォンを持ってほくそ笑む男性

ソーシャルゲームの特徴としてガチャという完全運要素が導入されています。

「ガチャ」要素はほぼすべてのソーシャルゲームにシステムとして導入されており、ソーシャルゲームの一番の金稼ぎシステムです。

「ガチャ」を引くには特定のアイテムが必要で、このアイテムはゲームを進めていくことで無料で手に入れることもできるのですが、簡単には手に入らないようになっています。

無料でも苦労すればガチャを引けるのですが、せっかく頑張って集めても「運要素」であるため、確実に良いものが手に入る保証がありません。

時間もかかって、試行錯誤してゲームを進めて苦労したのに良いものが手に入らない…がっかりですよね。

しかし「ガチャ」を引くための特別なアイテムですが苦労してゲームを進めなくても「課金」をすることで簡単に手に入れることができてしまいます。

お金さえかければ、アイテムを集めるのにかかる時間も労力も大幅にカットしてガチャを回すことができます。

これが廃課金プレイヤーを産み出す原因なのです。

一般ゲームと違って課金しないと手に入りにくいレアなものが存在する

一般的なゲームは、手に入るものが決まっています。

「この洞窟のここにこのアイテムが存在する」

「このモンスターを倒すと一定確率でレアアイテムを落とす」

根気よく行っていれば誰でも手に入れることができます。

しかしソーシャルゲームは違います。

「ガチャ」でしか出現しないレアアイテムやキャラクターが存在しており、「レア度」というものも導入されています。

高いレア度のものだと出現率が数%、その中で特定のキャラクターを引き当てるとなるとその数パーセントの中からさらに確率が発生して、それで当てなければなりません。

その入手難易度の難しさに手に入れたプレイヤーを見て、他のプレイヤーたちは「すごい!」「羨ましい!「強い!」「俺も欲しい!」などと、運良くレアなものをゲットしただけなのにまるでその人が凄いかのように賞賛するのです。

そして運が良かっただけの人もその気になってレアなものを所持している自分が凄い、という思考になってしまうのです。

馬鹿馬鹿しいと思いますか?

しかし思い出してみてください。

小さいころ、カードゲームなどをやっていてレアカードを引き当てた人のことを凄いと思ったことはありませんか?

自分がレアカードを引き当てた時は、なんだか自分が凄いような気になりませんでしたか?

皆が持ってないものを持っているというのは自尊心を掻き立てるのです。

それと同じような現象がソーシャルゲームでも起きているのです。

子供のころはカードゲームに自分が使えるお金の金額は限られていましたが、大人になって自分で稼げるようになってからはその制限も無くなりますから、当時レアカードを持っていた友達を羨んだ感情を思い起こし、課金へと導くのです。

激しいインフレ環境

せっかくガチャを引いて現在で一番レアなキャラクターやアイテムを手に入れても、そのレアものを上回る強力なキャラクターやアイテムが数ヶ月単位の短いスパンで登場するのもソーシャルゲームに廃課金プレイヤーが生まれてしまう原因の一つです。

特定のキャラクターがいなければダンジョンの攻略はかなり難しくなってしまうこともあります。

なので廃課金プレイヤーは新しいインフレキャラクターやアイテムが登場するたびに、それを手に入れるために課金をしてでも絶対に手に入れるのです。

同じキャラクターやアイテムを集めることで強化するシステム

レアものは集めにくいうえに、常にインフレしていく環境、その中で同じものを「合体」させることで強化されるシステムを導入しているソーシャルゲームはかなり多いです。

ただでさえ手に入りにくいキャラクターを2つゲットして、そのキャラクター同士を合体(しかもそのうち一つは消えます)してほんの少しだけキャラクター単体の性能をアップさせるのです。

この単体のキャラクターの少しの強化のために廃課金プレイヤーはレアなキャラクターを手に入れても、何枚も同じレアキャラクターを手に入れるためにガチャを引くのです。

さらにやっとレアキャラクターを最大まで強化できてもその頃には環境がインフレして新しく強力なキャラクターが出現する…。

そうすると廃課金プレイヤー達は、そのキャラクターも最大まで強化するために同じことを繰り返していくのです。

廃課金プレイヤーになってしまう人の特徴と性格

なぜ廃課金と呼ばれるソーシャルゲームに多額のお金を課金する人が出てしまうのか、ソーシャルゲームの特徴と併せて紹介してきました。

それでは実際に廃課金プレイヤーになってしまう人の特徴には、どのような人が当てはまるのでしょうか?

廃課金をする人には、ある一定の特徴や性格を持っているといわれています。

はたして廃課金プレイヤー化してしまう人の性格や特徴を以下から紹介していきます。

廃課金プレイヤー化してしまう人の特徴

社長や投資家などお金がある人

廃課金プレイヤー化する人の特徴として、社長や投資家などお金のある人がまず挙げられます。

お金に余裕があれば、それだけ上述した「ガチャ」を引ける回数も増えます。

ソーシャルゲームの種類にもよりますが、ガチャを10回引くのに大体5000円ほどかかります。

お金に余裕はあるけどじっくりとソーシャルゲームに時間をかける余裕もないという人は、手っ取り早く強くなるために課金をして目当てのキャラクターやアイテムが出現するまでガチャを回すのです。

こういった方々はお金にも余裕があるため、ソーシャルゲームで廃課金をしても生活には影響がないという人がほとんど。

廃課金はしているけど、時間をお金で買っている…と考えれば、この類いの廃課金プレイヤーはむしろかっこよく見えてしまいますね。

主婦や学生など時間がある人

スマホで課金しようとしている女子学生

ソーシャルゲームで廃課金をする人の中で、問題になりがちなのが主婦や学生など時間がある人です。

最初は時間があるからと無課金でじっくりと進めていても、少しづつ強くなっていくうちに次第にゲームにのめり込んでしまい、もっと強くなりたいと気づいたら廃課金プレイヤーと化してしまったという人が多いです。

自分のお金の範囲であれば問題ないですが、ひどい人になると配偶者や親のお金で勝手に課金をしてしまっている人もいます。

クレジットカードの請求を見てはじめて発覚するのです。

そのため、一般的に「廃課金の社会問題」と言うと、この主婦や学生の層の廃課金のことを指す事が多いです。

学生は学校で馴染めていなかったり、親と良い関係を気づけていなかったりすると居場所をゲームに求めて廃課金プレイヤー化してしまうことがあります。

専業主婦は子育てや夫との関係でストレスがたまり、他人と会話する機会もないため、ゲーム内で居場所を求めてソーシャルゲームに廃課金するパターンが多いです。

自分が許容できる範囲であれば課金してもかまいませんが、他人のお金に手をだしてしまうと、それはもうアウトですよね。

自分の中でしっかり自制心をもってプレイすることが求められます。

カードローンに対して抵抗がない

上記二つの特徴に当てはまらなくても廃課金してしまう人がいます。

お金持ちでもなければ、時間があるわけでもない一般的な会社員ですがクレジットカードのキャッシングやカードローンのキャッシングでお金を借りることに抵抗がないという人は廃課金プレイヤー化してしまうことがあります。

このような人たちは「お金がなくても借りればいいや」とカードローン会社からキャッシングしてしまうことがあります。

お金を借りてまで課金するのは立派な廃課金プレイヤーです。

趣味がソーシャルゲームのみ

趣味や興味があるものがソーシャルゲームしかない人も廃課金になりやすい人の特徴です。

ご飯に対しても「とりあえず腹が膨れればいい…」

ファッションにしても「着れればなんでもいい…」

と興味がなかったり、その他に趣味などがないとどうしても使うお金はソーシャルゲームに集中してしまいます。

一般的な趣味よりもお金がかかるソーシャルゲームを趣味にしてしまったせいで、金銭感覚などがおかしくなり「ソーシャルゲームならこれくらいの出費は普通」と思うようになってしまうのです。

もっとひどくなると衣食住やその他の出費をギリギリまで削ってソーシャルゲームに課金してしまったり、上記のようにお金を借りることに抵抗がなければ、カードローン会社からキャッシングしてしまうこともあります。

廃課金プレイヤー化してしまう人の性格

熱くなりやすい

廃課金プレイヤーになってしまいやすい性格として「熱くなりやすい」ことが挙げられます。

熱くなりやすい性格の人は、ソーシャルゲームで高難易度のダンジョンなどに挑戦し、クリアできないと「絶対にクリアしてやる」と熱くなってしまいます。

高難易度のダンジョンは期間を限定して出現する仕様が多く、その期間を逃してしまえば再度挑戦するのに数か月待たなくてはいけないこともあります。

クリアできないまま、数か月を過ごすことは性格が許しません。

ソーシャルゲームは使用するキャラクターによって大きくダンジョンの攻略難易度が変化するため、ダンジョンを絶対にクリアしようとするとガチャを引かなくてはならないこともあります。

ガチャで新しい戦力を手に入れてダンジョン攻略に挑み、クリアするまで終わることができないのです。

負けず嫌い

熱くなりやすいと性格的に似ているかもしれませんが、負けず嫌いな人は熱くなりやすい人よりも少し厄介です。

ダンジョンに攻略できなかった時の他に、他のプレイヤーと比べてしまう傾向にあります。

例えば、他のプレイヤーが自分がまだ所持していないレアなキャラクターガチャで引き当てていた場合、負けず嫌いの人はそこで自分がその人より負けていると判断してしまうのです。

基本的に個人で完結するのがソーシャルゲームの特徴で、レアキャラを持っている人と協力することはあれど勝負する…ということはないです。

しかし負けず嫌いの性格が災いし、「コレクション」でも負けたくないと感じて、そのキャラクターをガチャで引くまで課金を辞めることができないのです。

好奇心が旺盛

好奇心が旺盛な人は、一つのゲームに固執するということはあまりありません。

しかし課金することに抵抗がなく好奇心が旺盛な場合、かなり厄介です。

気が付いたら「ソーシャルゲーム」というジャンルに対して、総額で多額のお金をかけてしまっている可能性があります。

多くの廃課金プレイヤーのように一つのソーシャルゲームに固執して課金することはないのですが、様々なソーシャルゲームに手を出して、少額ずつ課金をしてしまうパターンになりがちなのです。

そうなると一つ一つのゲームへの課金額は大したことがなくても、複数のゲームまとめて結構な課金額になってしまっていることがあります。

ソーシャルゲームの課金額が一定以上の人を「廃課金プレイヤー」とした場合、珍しいですが、このタイプの人も廃課金プレイヤーの一人と言えるでしょう。

廃課金から抜け出す、ならない為の方法

廃課金とはなにか、廃課金プレイヤーになりやすい人の特徴について話してきました。

今現在も廃課金から抜け出せなくて苦しんでいる人、上述した廃課金になりやすい特徴や性格にハマっていて廃課金にならないか心配な人がいるのではないでしょうか。

廃課金から抜け出したい…。

廃課金プレイヤーにはなりたくない…。

そんな人たちのためにここからは廃課金からの抜け出し方を紹介していきます。

月の課金額を設定する

廃課金から抜け出す方法の1つが、月の課金額を設定することです。

ゲームは楽しいから続けたいけど、課金はおさえたいという人は、まずこの方法で課金額をおさえるのがいいでしょう。

具体的なやり方としては、銀行口座を用意し毎月課金してもいい金額だけ振り込みます。

その後デビットカードを作り、その銀行口座と紐づければ銀行口座にある金額以上に課金はできなくなります。

子供の課金額を抑える方法としても使えますね。

クレジットカードのようにショッピング枠内であれば課金できてしまうと、どうしても誘惑に負けて課金してしまうという人は、このように仕組みを作って課金額を抑えることをオススメします。

無課金で楽しめる方法を考える

廃課金から抜け出す方法の2つ目が、無課金で楽しめる方法を考えることです。

先ほど紹介したように多くのソーシャルゲームは、基本プレイは無料で楽しめるようになっています。

多くのソーシャルゲームでは課金をして楽しんでいるプレイヤーもいますが、それ以上に無料で楽しんでいるプレイヤーもたくさんいます。

そういった現実を考えると、無料プレイでも楽しめる方法はかならずあるはずです。

ゲームによっては無料プレイで遊んでいる人だけのチームもありますし、強くなくても仲間に助けてもらってクエストをクリアすることもできます。

課金をしなければ楽しめないのではなく、課金をしなくても楽しむ方法を見つければ廃課金から抜け出す一歩になりますよ。

ただのデータに大金を払っていると考える

廃課金から抜け出すための方法3つ目が、ソーシャルゲームのレアキャラをただのデータだと考えることです。

ガチャを引くことをカードゲームなどにお金を払うのとそんなに変わらないと思っている人が一定数いますが、大きく違うことがあります。

カードは手元に残り、中古市場も完成されていて強力なカードだと高値で取引されることがあります。

一方でソーシャルゲームのガチャでいくら強力でレアなキャラクターを手に入れても、そのキャラクター単体を売却することはできません。

ソーシャルゲームのデータ(アカウント)そのものを売却することは、一応可能です。

しかしカードと違い単体ではなく、アカウント全体のデータの強さによって価格が決まる場合が多い為、いくらレアなキャラクターを一体所持していたところで大した金額で売れません。

そう考えてみれば、ソーシャルゲームに飽きた時になにも手元に残らないゲーム内のただのデータにお金を払うことは無駄だと思いませんか?

お金をかけてきたアカウントなので愛着も沸いていることもあるとは思いますが、意地でもそのように思い込むことで廃課金をやめるきっかけになるのではないでしょうか?

アンインストールする

廃課金から抜け出す方法の4つ目が、ゲーム自体をアンインストールしてしまうことです。

無理やりゲームをできなくする方法ではありますが、実は廃課金から抜け出すために1番有効な手段でもあります。

アンインストールすればプレイ自体ができないので、課金することもできません。

アンインストールしてしばらくの間は、ゲームができないストレスがあると思いますが、次第にそれにも慣れていきます。

ソーシャルゲーム以外の趣味を見つける

世の中ゲーム以外にも楽しいことがたくさんあります。

ゲームから離れた生活をするとほかに楽しいことが見つかって、いつの間にかゲームに大金を課金していたことがばからしくなりますよ。

廃課金から抜け出そう!

ここまでソーシャルゲームの廃課金について解説してきました。

ゲームへの課金は自分が楽しめる範囲であれば問題ないですが、重度の課金によって自分の生活や周りの人間に迷惑をかけてしまっては本末転倒です。

冒頭でも触れましたが、現代では廃課金は社会問題にまでなっています。

廃課金によって人生が狂ってしまった人が現代では多く存在しています。

当然ですが廃課金している状態というのは良い状態とは言えません。

もしあなたが廃課金をしてしまっているのであれば、上述した廃課金から抜け出す方法を実践し一刻も早く抜け出しましょう。

現在は廃課金とは言えない…でもちょこちょこ課金しているうえに廃課金になりやすい性格に当てはまっていて、いつか廃課金プレイヤーになってしまわないか不安…という人も上述した方法で廃課金になることは避けましょう。

いまのところ、廃課金どころか課金もしたことがない人もソーシャルゲームをしていれば、いつ廃課金プレイヤーになるかわかりません。

充分に気を付けて、生活と両立できる範囲でゲームを楽しみましょう!