お金を貯める方法を9つ紹介!効率良くお金を貯めるコツ

お金を貯める方法を9つ紹介!効率良くお金を貯めるコツ-アイキャッチ ライフ

「お金を貯める方法を知りたい…」
「社会人のお金を貯める方法が気になる…」

などなど、お金を貯める方法に関して、こうお思いの方もいますよね。

できればお金を貯める方法を押さえて、お金のない不安な状態から脱却したい方もいることでしょう。

今回はそんな方に向けて、具体的な方法をふまえて、お金を貯める方法を詳しく解説していきます。

記事内ではお金を貯めるコツについても解説していますので、ぜひ最後までお読みください!

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

お金を貯めるコツを4つ紹介!

紹介する女性

お金を貯めるには、コツがあります。

事前にコツを覚えて効率良くお金を貯めましょう。

今回紹介するお金を貯める方法は以下の4つです。

  • お金が貯まる方法を知っておく
  • 目標の貯金額と貯金プランを詳細に立てる
  • 家計簿を細かく付ける
  • 貯金用と支出用の口座を分ける

お金が貯まる方法を知っておく

お金を貯める方法は以下の2つです。

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす

この簡単なお金が貯まる仕組みをもう一度理解して、どちらの方法でお金を貯めるのが自分に合うのかを考えましょう。

一般的には、支出を減らす方が簡単です。

しかし人によっては、これ以上支出を減らせないという方や収入を増やしたいという方もいると思います。

収入を増やす方法と支出を減らす方法、どちらもお金は貯まりますが、貯金にどのように取り組むのかが大きく異なるので気をつけましょう。

簡単に取りかかりやすいのは、支出を減らす方法なので、どちらの方法を実践するか悩んでいる方は、まず支出の見直しから始めましょう。

また、収入を増やすという方法は時間が必要になるので、日々忙しいという方は無理して取り組まないようにしましょう。

目標の貯金額と貯金プランを詳細に立てる

お金を貯めるにあたって、目標の貯金額や貯金額に向けたプランを明確にすることは重要です。

貯金額やプランが曖昧なままだと、本格的にお金を貯めることに取り組めないので、なかなか貯まらないでしょう。

明確な貯金額を決めて、その貯金をいつまでにするのか、なぜ貯金をしたいのか、考えてみましょう。

貯金額と期間を比べて逆算することで、月々にどれくらい貯金をすれば良いか把握することができます。

また、目標の貯金額を決める際は貯金したい理由を考えると決めやすいですよ。

貯金したい理由があることで、貯金のモチベーションにも繋がるのでなんとなく貯金している方は、貯金で何がしたいか考えてみると良いでしょう。

毎月の一定の貯金額を決めておくだけでも、効率的にお金が貯まるようになりますよ。

家計簿を細かく付ける

お金を貯めるコツとしては、月々の収入と支出を明確に把握することが重要です。

細かい家計簿を付けることで、毎月平均どれくらいの支出があるのか、支出の内訳がどうなっているのか把握することができます。

何にどれくらいのお金を使っているのか確認できれば、どこを削るべきか改善点が分かりやすいです。

削る内訳と、削ることでどれくらい貯まるかが明確なることで、行動にも移しやすいですね。

普段生活していて、自分の中ではあまりお金を使っていないと思っていても、実際に数字で見ると想像よりも使っているということは多いです。

そのため、家計簿を付けることで、支出が可視化できるので、衝動買いや無駄な買い物を防ぐことにも繋がりますよ。

常に予算や支出の現状を考えて行動することが大切です。

貯金用と支出用の口座を分ける

口座を分けていない方は、用途別に口座を分けるようにしましょう。

貯金用の口座と支出用の口座に分けることで、貯金が一気にしやすくなります。

口座が一つしかないと、ついお金を下ろしてしまって一定以上の貯金ができなくなってしまうことが多いです。

貯金口座を分けておくと、絶対にお金を下ろさない口座ができるため毎月一定の額を増やしていくことが可能です。

また、現時点での貯金額や目標の貯金額までどれくらいかが、すぐに目で見て確認できるので便利ですよ。

貯金用の口座に手を付けてしまわないか不安という方は、口座をさらに増やして管理することもおすすめです。

絶対にお金を下ろさない口座とは別に、貯金用ではあるがどうしてもお金がないときに利用する口座を作っておきましょう。

お金が貯まらない人の特徴にはどんなことがあるの?

キャッシング-女性のはてな・水色背景

中には貯金をしているのになかなかお金が貯まらない、そもそも貯金をするお金がないという方もいますよね。

上記のような方は、お金を貯めたくてもなぜか貯まらないという状況にありがちですが、お金が貯まらないには理由があります。

そこでこのトピックでは、お金が貯まらない人の特徴について紹介します。

お金が貯まらなくて悩んでいる方は、以下の特徴に自分が当てはまっていないかよく確認してみましょう。

  • 毎月の貯金額を決めずに余った額を貯金している
  • 収入と支出の計算をせずに好きにお金を使っている
  • 趣味や人付き合い、自分へのご褒美への支出が多い
  • 予算を決めない買い物や衝動買いが多い
  • 必要ない物もセールしていればつい買ってしまう
  • 全体的に無駄遣いが多い
  • お金を貯めるための明確な理由がない
  • 買うものがないのにコンビニやお店に入りがち

上記のような特徴に当てはまる方は、お金が貯まりにくいでしょう。

お金を貯めたいという方で、上記の行動をしている方は、一度生活を改めてみましょう。

重要なのは、余ったら貯金をするという考えをやめて、貯金を目的にして他の生活を考えることですよ。

お金を貯める方法を9つ紹介!

人差し指を立てる女性

では、実際にお金を貯めるためにするべきことを以下の9つ紹介します。

まずはできるところから初めてみましょう。

  • 先取り貯蓄をする
  • クレジットカードを活用する
  • つみたてNISAや資産運用をする
  • 控除制度を確認する
  • 副業や転職で収入を増やす
  • 固定費を見直す
  • 自炊で食費を節約する
  • クーポンやポイントを活用する
  • 交際費を見直す

先取り貯蓄をする

先取り貯蓄とは、給与天引きや振り込まれた給与から貯金に回す一定額を別口座に移すことです。

給与が入るタイミングで最も早く貯金にお金を回せるので、毎月決まった額を確実に貯金することが可能です。

毎月どれくらいを貯金に回すか決まっている方は問題ないですが、決まっていない方は給与の2割や3割ほどを先取り貯蓄に回すと良いでしょう。

先取り貯蓄としては、自動積立定期預金や勤務先の貯蓄制度を利用することがおすすめです。

自動積立定期預金を利用することで、毎月自分で貯金をする必要がなく、自動で指定口座から定期預金に積み立てられます。

そのため、毎月貯金したいけど手間がかかるのが嫌な方はぜひ利用してみましょう。

誰でも簡単に利用できる方法なので、先取り貯蓄を始めたい方は検討してみることがおすすめです。

クレジットカードを活用する

クレジットカードを活用することでも、お金は貯められます。

小さい買い物でもクレジットカードを利用することで、ポイントが付与されます。

そのため、毎回の買い物で簡単に少しずつ節約に繋げることができますね。

付与されるポイントがどれくらいなのかは、クレジットカードによって異なるのでクレジットカードを選ぶ際は、ポイント還元率に着目するのもおすすめです。

また、クレジットカードの特典によって、割引が可能なお店も多いので、自分が頻繁に利用するお店と、割引可能なお店を比べて決めるのも良いでしょう。

クレジットカードには年会費がかかるものと無料のもの、条件付きで無料になるものがあるので、自分に合った種類を選びましょう。

クレジットカード支払いは現金とは違い、お金を扱っている感覚が鈍くなってしまいがちなので、使いすぎには注意が必要です。

つみたてNISAや資産運用をする

お金を効率良く貯めるには、つみたてNISAなどの資産運用を始めることもおすすめです。

資産運用と聞くと難しいと感じますが、なかには初心者向けのものや簡単に始められるものも多いです。

特に、つみたてNISAは、非課税で少額から長期間利用可能なので初心者でも始めやすくおすすめです。

他にも、初心者の方には「iDeCo」や「ふるさと納税」もおすすめですよ。

また、投資に関する専門知識も不要で自分でしなければいけないことも特にないので、日々忙しいという方でも続けられますよ。

本格的に資産運用を始めて、お金を貯めたいという方であれば、専門の知識を身につけることから始めましょう。

資産運用にはリスクもつきものなので、注意点を把握した上で始めることが大切です。

控除制度を確認する

控除制度を確認することで、自分が控除の要件に当てはまることもあります。

所得控除には15種類あるので、一度チェックしてみると良いでしょう。

なかでも、医療費控除や社会保険料控除、生命保険料控除については、控除の対象となることも多いので見ておきましょう。

また、ふるさと納税をしている方であれば、寄付金控除もあります。

所得控除についての知識をつけて、適切な申告をすることで節税に繋がりますよ。

所得控除の要件や申告方法、タイミングなどは異なるので、事前に確認しておきましょう。

副業や転職で収入を増やす

副業や現在よりも収入が高いところに転職をして、収入自体を増やすことも、貯金に繋がります。

普段仕事で忙しくてあまり時間がないという方は、すきま時間にできる簡単な副業から始めてみることがおすすめです。

副業ではあまり稼げないと思っている方も多いと思いますが、継続すると復業していないときよりも意外とお金は貯まります。

また、副業で月に10万円以上弱稼ぐこともできるので、自分に合った副業を探しましょう。

副業の時間もない方や、転職活動に忙しい方は、自分の持っているいらなくなった物を売ると言うだけでも収入に繋がります。

物を売るだけであれば継続した時間が必要ないので、おすすめですよ。

より高く物を売りたいという方は、ネットのフリマアプリなどを利用してみましょう。

固定費を見直す

固定費とは、毎月固定で支払っている支出のことを言います。

固定費は変動費とは違い、必ず使う金額のため毎月の支出の中でも割合が多いことがほとんどです。

固定費に含まれる主な出費としては、家賃や各種保険料、携帯代や車の維持費、水道代や光熱費などがあります。

この中で、住宅ローンなどの利息負担の見直しやいらない保険に加入しすぎていないか、携帯代を安い物に乗り換えるなどの方法で固定費を節約することができます。

固定費は毎月ずっと支払うものなので、少しでも節約できることで長い目で見ると大きな節約に繋がります。

そのため、一度固定費を見直して、どこが節約できるか確認してみましょう。

また、一度節約のための変更をすることで、継続して効果が出るのでお金を貯めるモチベーションにも繋がりますよ。

自炊で食費を節約する

普段の生活の中で多い支出として食費があります。

普段コンビニや外食がほとんど、という方であれば食費だけで意外とお金をつかっていることが多いです。

そのため、自炊を心がけると良いでしょう。

普段からお弁当を作ることや、出納を持ち歩くだけでも、お昼代飲み物代を浮かせることができます。

また、自炊メインの食生活に変えることで、一気に毎月の出費を抑えることができますよ。

しかし、自炊が苦手な人が急に毎日自炊を始めるとなると、手間もかかりストレスにも繋がりがちです。

はじめは適度に自炊に取り組んで、無理のないペースで続けましょう。

普段忙しくて自炊している余裕のない方は、休みの日などを自炊にあてるなど、少しずつ替えていくことが重要です。

クーポンやポイントを活用する

クーポンやポイントはお店によって配布されることも多いです。

普段クーポンをあまり利用しないという方も、自分がよく利用する店舗でクーポンなどの割引がないか確認してみましょう。

クーポンやポイント利用でも、続けると大きく節約に繋がります。

また、セールの時期や時間に買い物することもおすすめです。

セールやクーポンはなんとなく恥ずかしくてできない、という方は自分一人での買い物の時のみ利用するなどしてみましょう。

お得に買い物をすることで少しずつ支出を減らして節約できますよ。

交際費を見直す

交際費を見直すことも節約には大切です。

中には、自分が行きたくなくても誘われたらつい行ってしまうという事もあるのではないでしょうか。

社会人になると飲み会などの頻度も増えると思います。

全て断っていると、人付き合いにも悪影響を及ぼしかねないので注意が必要ですが、誘いに全て乗ることも控えましょう。

月の交際費にあてる予算や回数を事前に決めておくことも重要です。

また、友人などであれば素直に理由を伝えると協力してくれることが多いので、相談してみることもおすすめです。

友人などからお金を貯める方法について、有益な情報をもらえることもありますよ。

お金を貯めるにあたって実践したい習慣5選

ただお金を貯める方法を把握できたとしても、習慣次第では元の生活に戻る恐れがあります。

そこで、お金を貯める方法を押さえたうえで、いくつか実践すべき習慣があります。具体的には以下の通りです。

<お金を貯めるにあたって実践したい習慣>

  1. 財布の中身を整理する
  2. 部屋をスッキリさせる
  3. ATMに行く頻度を減らす
  4. 早起きをする
  5. 購入を迷ったら買わない

①財布の中身を整理する

貯蓄が不得意な方だと、財布の中身がポイントカードやレシートなどでパンパンなっていることが多いです。

また余計にクレジットカードを作っていなく、財布のなかには必要最低限の部分だけ収っているケースが多いです。

財布の中身が整理できてない、つまり使ったぶんのお金の流れを把握できていなく、浪費が止まらないケースが多いんですよね。

たとえば一日の終わりにレシートをまとめてみて、何にどれくらいお金を使っているか把握してみるのが良いですね。

できれば家計簿をつけてみましょう!

②部屋をスッキリさせる

お金を貯めるのが得意な人の多くの共通点として、家・部屋のなかがスッキリしていることもあげられます。

というのも部屋が適切に整理整頓されていれば、ご自分が何を買ってどこにどれだけ置いてあるか把握しやすいからです。

反対にモノが散らかってる状態だとどこに何があるかわからず、余計な商品を購入してしまい浪費に繋がりかねません。

部屋の整理整頓はなかなか大変ですが、まずは引き出しをはじめとした小さなところから少しずつ始めてみてくださいね。

③ATMに行く頻度を減らす

「お金がなくなったらATMからおろせばOK」なんて考え方があると、お金はただ減る一方。

うまく手元にあるお金でやりくりできないか考える習慣をつけることで、節約にも繋がります。

現にお金を貯められる人は月に1~2回しかATMに行きませんし、工夫して減らせないか検討してみましょう。

また所定の時間外でATMに行く頻度が多いと、その都度手数料がかかってしまいます。

手数料も利用回数を重ねるとかなりかかりますしね…

④早起きをする

早起きをすることで仕事の時間が生まれ、貯蓄について考える時間を生み出せます。

また時間に余裕があれば、お弁当を作る時間ができて食費節約に繋がったり、出勤前に準備を万端に済ませられ、急な雨で余計に傘を買う、なんてことも防げます。

⑤購入を迷ったら買わない

ショッピングのときは「迷ったら、まず買わない」と決めておくのもオススメです。

購入品は必要なものだけに抑え、余計な浪費を減らすのが節約の第一歩です。

また「あれ欲しい!」という衝動は一瞬の話で、時間が経てば後悔するケースも多いですよね。

そうならないためにも、「安いからとりあえず買っておこう」「便利そうだし買っておこうかな」と思ったときの衝動買いは無駄遣いに繋がる、と心得ておくのもポイントですね。

自分にとって本当に必要なものを見極めて、他の要因に左右されず、ご自分のなかの基準で買い物をしましょう!

お金を貯める方法に関するよくある質問

はてな

このトピックでは、お金を貯める方法について、以下の2つを紹介します。

貯金に関して疑問がある方も、ぜひ参考にしてみてください。

  • みんなどれくらい貯金をしているの?
  • そもそも何に備えて貯金した方がいいの?

みんなどれくらい貯金をしているの?

これからお金を貯め始める方や、まだ貯金を始めていない方は、周りの人がどれくらい貯金をしているのか気になりますよね。

厚生労働省による2019年の1世帯当たり平均貯蓄額は以下のようになります。

年代平均貯蓄額
29歳以下179.8万円
30~39歳530.0万円
40~49歳650.9万円

20代であれば、少なくとも100万円程度の貯金はしたいですね。

20代で100万円以上の貯金をすると考えると多いと思う方もいますが、毎月こつこつ継続すれば100万円も近づきます。

貯金が厳しいという場合でも、毎月の収入の1割でも貯金に回すことがおすすめです。

そもそも何に備えて貯金した方がいいの?

貯金をするにあたって、特に目的がない方や、周りが貯金をしているからなんとなく始めたという方もいるのではないでしょうか。

そもそも何のために貯金が必要なのか疑問ですよね。

多くの方は、将来を考えて貯金をしています。

将来のためとは、結婚資金や家や車の購入費、老後の生活や子どもの教育費など様々です。

また、急な病気や怪我の病院代や、働けなくなった場合の生活費など、万が一に備えた貯金をしている方も多いです。

また、貯金があるだけで安心して生活できる、心に余裕が生まれる、など不安をなくすために貯金をしている方もいます。

貯金の理由は様々ですが、貯金をすることであらゆる出費にも対応することが可能なのでメリットは大きいです。

貯金する目的が決まっていない方は、上記の理由を参考にして考えてみましょう。

目的を明確にするだけでも、貯金に取り組みやすくなりますよ。

お金を貯めるには簡単に取り組めることから始めよう!

お金を貯めるには、継続することが重要です。

そのため、ストレスを感じながらの貯金や、無理してお金を貯める必要はありません。

お金を貯めることにストレスを感じてしまうと、継続できず結果としてお金が貯まらなくなってしまいます。

そのため自分ができる範囲の簡単な貯金方法から始めることが重要です。

あらゆるお金を貯める方法を実践するうちに、自分に合った貯金方法も見つかりますよ。

また、お金を貯めるにはコツをつかんでいれば意外と簡単です。

まずコツを知ってから目標金額に向けて貯金に取り組みましょう。

お金を貯める方法のまとめ

人差し指

いかがでしたか?

今回紹介したお金を貯める方法のコツは以下の通りです。

  • お金が貯まる方法を知っておく
  • 目標の貯金額と貯金プランを詳細に立てる
  • 家計簿を細かく付ける
  • 貯金用と支出用の口座を分ける

コツをつかむことで効率良くお金を貯めることができるので、最初に上記のコツを実践してみましょう。

お金を貯めることのメリットはたくさんあるので、目標金額に向けて無理せず貯金を楽しみましょう。