J.Score(ジェイスコア)にログインしてスコアを出してみましょう

ジェイスコア

J.Score(ジェイスコア)の申込みにはスコアが必要です。

スコアを出すためには会員登録をしてログインし、提示される質問に回答します。

質問の数は少ないものの、登録後のスコアはとても重要なのでしっかり回答しておきましょう。

また、ログイン後に使える機能についても理解したほうが安心です。

ここではJ.Score(ジェイスコア)のマイページやログインについて説明します。

J.Score(ジェイスコア)の申込みにはスコアを出す必要がある

J.Score(ジェイスコア)へ申込むにはスコアを出さなければなりません。

スコアを出すには会員登録が必要で、会員登録をしないままJ.Score(ジェイスコア)でスコアを出す方法はありません。

まずは会員登録を済ませ、J.Score(ジェイスコア)の質問に答えられる体制を整えましょう。

しっかり会員登録を済ませれば、すぐに質問へ回答できます。

J.Score(ジェイスコア)の初期登録の手順

J.Score(ジェイスコア)の会員登録は難しいものではありません。

外のサイトが利用しているメールアドレスとパスワードを入力するだけで完了します。

メールアドレスはいつも利用しているものでも大丈夫なので、普段利用しているメールアドレスを使ってください。

パスワードは8文字以上で構成しなければ駄目で、その中に1文字は大文字が入らなければなりません。

大文字を加えている理由として、よりセキュリティ面を向上させるためです。

より高いセキュリティを構築するためには、小文字と数字だけのパスワードよりも、大文字を加えてパスワードの方が安心です。

大文字を利用するんはいいものの、普段のパスワードと違う構成が必要なので気を付けてください。

パスワードを忘れる可能性があるので、できる限り紙やパソコンのメモ帳を使ってパスワードを残しておくといいでしょう。

最後に規約に同意すると確認メールが送信されます。

送信された確認メールのURLをクリックすると登録が完了し、ログインが可能となります。

J.Score(ジェイスコア)へログインして質問に回答

J.Score(ジェイスコア)への登録が完了するとログインできます。

まずは登録したメールアドレスとパスワードを使ってログインしてください。

ログインが完了すると、その場で最初の質問が表示されます。

最初の質問に回答しないとスコアが表示されません。

質問の回答にそこまで長い時間は取らないので、確実に質問に答えてください。

J.Score(ジェイスコア)が最初の質問で出してくる項目

J.Score(ジェイスコア)が最初の質問で出してくるのは以下の項目です。

  • ニックネーム
  • 個人に関連する情報
  • 勤務先の情報
  • 年収の情報
  • 家族に関連する情報
  • 住宅に関連する情報
  • 他社借入の情報

上記の項目を全て回答すると初期スコアが表示されます。

最初のスコアを決める重要な質問なので、しっかり質問に回答しておきましょう。

ここからはJ.Score(ジェイスコア)の質問について説明します。

ニックネーム

最初に入力するのはニックネームです。

ニックネームは審査に関係ない項目であり、J.Score(ジェイスコア)が単にどのような呼び名で質問をするのか決めるだけです。

普段自分が利用しているニックネームを使ってもいいでしょう。

面倒なら本名でも構いませんが、本名で呼ばれるのが嫌なら別の名前を決めてください。

個人に関連する情報

次に個人に関連する項目が質問として出されます。

まずは個人的な情報が多く質問されますので、質問に全て回答して個人情報を伝えてください。

質問内容は生年月日や大まかな住所地などです。

回答は難しいものではないものの、しっかり回答しておかないとJ.Score(ジェイスコア)の審査に影響してしまいます。

間違った情報を伝えないように、確認しながらチャットで情報を入力するようにしてください。

勤務先の情報

個人的な情報が終わると、次に勤務先の情報を入力するように求められます。

勤務先の情報といっても、勤務先について記述するのではありません。

必要なのは勤務年数がどれくらいなのか、そして勤務先の規模です。

勤務年数が足りないとお金を貸せないと判断されるので、1年以上の年数を確保していない場合は審査を受けないほうがいいでしょう。

勤務先の規模は従業員の大まかな数字などを基にして算出されます。

この情報を間違えると審査に影響してしまうので、正しい情報を出すようにしてください。

仕事の情報が良くわからない場合は、自分がわかる範囲で情報を伝えるだけで問題ありません。

年収の情報

次に年収の情報を入力します。

年収の情報は審査でかなり重要なポイントです。

年収が不足していると判断されれば、J.Score(ジェイスコア)の点数は全く増えません。

点数を増やすために偽りの年収を入力しても、最終的に審査で落とされてしまい、J.Score(ジェイスコア)を利用できなくなります。

正しい情報を入力し、J.Score(ジェイスコア)の借入をしっかり実現しておきましょう。

年収は昨年の数字を求められます。

去年どれくらいの収入を稼いだのか、源泉徴収票を確認したり思い出したりして、大まかな数字を提供しておきましょう。

細かい数字まで入力する必要はありません。

家族に関連する情報

家族に関連する情報は、一般的な消費者金融では特に聞かれない情報です。

しかしジェイスコアでは信用できる情報を得るため、家族に関連する情報も聞かれます。

何人と生活しているか聞かれますので、人数をしっかり入力してください。

他に生活している人がいるとスコアは上昇し、1人暮らしだとスコアがあまり高くならない傾向があります。

住宅に関連する情報

住宅に関連する情報を聞かれます。

賃貸なのか物件を所有しているのか聞かれる程度で、詳細な情報まで記入しなくても大丈夫です。

賃貸の場合はスコアがあまり高くならないので、賃貸物件に住んでいる方は気を付けたほうがいいでしょう。

物件を所有している、もしくは親と同居しているなどの状況であれば、初期スコアが高くなります。

他社借入の情報

最後に他社借入に関連する情報を聞かれます。

借入はまず消費者金融やカードローンなどで借りている金額を聞かれます。

気軽に借りられるサービスを利用している場合は、まず借入額を記入してください。

次に住宅ローンについても同様に聞かれます。

住宅ローンは消費者金融の審査では免除されるものの、J.Score(ジェイスコア)では信用を高めるために聞かれます。

住宅ローンが残っているとスコアが下がるので気を付けてください。

最後にマイカーローンの借入額を聞かれます。

マイカーローンも本来なら審査にあまり影響しない項目です。

しかしJ.Score(ジェイスコア)は審査に影響すると判断して聞き出してきます。

この数字を入力して送信すると、J.Score(ジェイスコア)の審査は完了します。

J.Score(ジェイスコア)のマイページでできること

最初の質問に回答すると、J.Score(ジェイスコア)のマイページで色々な機能が使えます。

様々な機能を使って、よりJ.Score(ジェイスコア)を快適に利用しましょう。

マイページで使える機能は以下の通りです。

  • スコアアップ
  • 現在のスコアを確認
  • 入力した情報の確認と追加
  • スコアヒストリー

上記の機能が使えるので、J.Score(ジェイスコア)の状況を確認しながら使っていくといいでしょう。

マイページで使える機能についてここから説明します。

スコアアップ

J.Score(ジェイスコア)は初期スコアだけでは点数が足りず、審査を通過できない可能性があります。

そこで点数を増やすために、追加の質問に回答します。

マイページでは追加の質問に回答できる機能があります。

用意されている質問は160以上で、かなり多くの質問が準備されています。

1つ1つの質問に回答していくと、自動的にスコアに反映されて点数が変わっていきます。

いい回答を実施していればJ.Score(ジェイスコア)のスコアも上昇し、お金を借りられる600点という数字に到達するでしょう。

スコアアップはいつでも使えるので、時間に余裕があるタイミングで実施しておきましょう。

J.Score(ジェイスコア)でスコアアップするには?スコアが上がらない要因とスコアアップ対策
J.Score(ジェイスコア)は審査を通過するために必要なスコアが存在します。 しっかりとスコアを満たして、確実に審査を通過したいところです。 審査を通過するには、最初のスコアからさらに増やすように質問に回答しておきましょう。 ...

現在のスコアを確認

現在のスコアを確認できます。

現在のスコアが審査を通過できるラインに到達しているか確認し、問題がなければ審査を受ける形を取ります。

スコアが足りないと思えば質問に回答して追加のスコアを得るようにしてください。

定期的にスコアは変動するので、しっかり質問に回答してスコアを確認してください。

入力した情報の確認と追加

入力した個人的な情報を確認できます。

個人情報の確認もしっかりしておかないと、本人確認の際に問題が起きてしまいます。

もし情報が間違っているならJ.Score(ジェイスコア)の審査前に修正してください。

同時に情報の追加も可能です。

初期の情報として入力しきれなかった項目は追加で入力しておきましょう。

スコアヒストリー

スコアがどのように変動しているか確認する項目です。

過去のスコアから現在のスコアが上昇しているのか、それとも下降しているのかを判断できます。

スコアが下がっているようなら、何らかの問題が起きていると考えておきましょう。

逆にスコアがしっかり上昇しているようなら、J.Score(ジェイスコア)の信用度が上がっていると判断してください。

申し込みは貸し付け条件を確認してから

最終的な申し込みは、スコアによって表示される貸し付け条件を確認してから行います。

貸し付け条件がいいと思っているなら問題なく申込んでいいでしょう。

逆にあまり良くないなら更なるスコアアップを狙い、希望している限度額と金利を実現してください。

貸し付け条件は「レンディング条件が変更された」と書かれている項目をクリックすると確認できます。

なお、貸し付け条件が審査中に変わる可能性もあるので、条件は目安として考えておきましょう。

J.Score(ジェイスコア)は登録してから使おう

J.Score(ジェイスコア)は登録してからサービスを使います。

登録しないでJ.Score(ジェイスコア)を使う方法は用意されていないので、まずは会員登録をしてください。

会員登録が終われば初期の質問に回答し、最初のスコアを出しておきましょう。

後は希望している借入額が実現するまで、スコアアップと確認を続けます。

問題なしと判断したところで申込、J.Score(ジェイスコア)の審査を受けるのです。