J.Score(ジェイスコア)でスコアアップするには?スコアが上がらない要因とスコアアップ対策

ジェイスコア

J.Score(ジェイスコア)は審査を通過するために必要なスコアが存在します。

しっかりとスコアを満たして、確実に審査を通過したいところです。

審査を通過するには、最初のスコアからさらに増やすように質問に回答しておきましょう。

ここではJ.Score(ジェイスコア)のスコアを増やす方法について説明します。

J.Score(ジェイスコア)のスコアは最低でも600点は必要

J.Score(ジェイスコア)の審査は、スコアレンディングシステムを使っています。

質問によって得られた情報を数値化して、最終的に得られるスコアで審査を完了させるというものです。

スコアは質問に回答された内容を確認し、自動的に点数に置き換えられます。

つまり質問に回答した内容次第では点数が増減するのです。

現在J.Score(ジェイスコア)では、最低でも600点を超えないと審査を通過できません。

600点は確実に審査を通過するために必要な最低条件で、この点数を超えない限りJ.Score(ジェイスコア)では借りられません。

スコアが足りない場合は色々な方法を使って点数を増やすようにしましょう。

点数を増やす方法は色々あるので、しっかりと点数を増やす手法を使えば審査を通過できるのです。

J.Score(ジェイスコア)の審査落ちでも大丈夫!スコアアップで借入可能!
J.Score(ジェイスコア)は、審査を通過するためにスコアを増やさなければなりません。 スコアが足りていない場合、審査に落とされてしまいます。 しかしスコアは後から増やせるように作られており、審査落ちを受けた人も将来的に審査を...

J.Score(ジェイスコア)が与える最初の質問だけではスコアは増えない

J.Score(ジェイスコア)へ登録すると、最初に18項目の質問に回答します。

この質問は基本的な内容が主体で、審査のために必要な情報を聞いています。

実は初期の18項目に回答しても、J.Score(ジェイスコア)のスコアは低いままで、あまり多くの点数をもらえません。

高い収入を持っている人でも600点ギリギリの場合があり、高い点数を確保するには追加の質問へ回答しなければなりません。

スコアを増やすために、追加の質問に回答するように心がけてください。

同時に初期の質問はできる限り詳しく回答し、初期の点数を増やすと審査を通過しやすくなります。

初期の質問だけでは点数が増えない理由

なぜ初期の質問だけでは点数が増えないのか、その理由は以下の通りです。

  • 簡単な質問しか用意されていないため
  • 回答しても詳細なデータまで送れないため
  • 基本的な情報だけを回答しているため

以上の理由により、初期の質問だけではあまり点数を得られなくなっています。

より多くの点数を稼ぎたいと思っているなら、初期の質問以外にも回答したほうがいいでしょう。

ここからは初期の質問だけで点数を増やせない理由を説明します。

簡単な質問しか用意されていないため

初期の質問は簡単なものしか用意されていないため、詳細な点数をつけられないのです。

J.Score(ジェイスコア)には様々な質問が用意されていますが、細かい部分まで把握できればいい点数が付けられます。

しかし初期の質問だけでは詳細なデータまでわからず、大まかなデータで点数をつけるしかないのです。

つまり回答しているデータは簡単なもので、審査をするために最低限の質問だけが実施されているのです。

最低限の質問ではあまり点数を増やせないので、J.Score(ジェイスコア)のスコアが最初は低くなってしまいます。

ただ、収入がかなり多かったり、初期の情報だけでも信用できると判断されれば、スコアが多くなる可能性もあります。

回答しても詳細なデータまで送れないため

初期の質問だけでは詳細なデータを送れず、本当に貸してもいいのかデータで判断できない問題があります。

J.Score(ジェイスコア)はプログラムによって質問を数値化しています。

しかし初期の質問では、詳細なデータまで送れない問題が存在しており、大きな点数をつけられないのです。

どうしても質問で点数を増やしたいと思っているなら、J.Score(ジェイスコア)で追加の質問に回答しておきましょう。

基本的な情報だけを回答しているため

最初に提示される質問は、J.Score(ジェイスコア)にとって基本の質問だけです。

J.Score(ジェイスコア)を利用するために、最低限は必要とされる質問だけが用意されています。

基本的な質問だけでは、付加価値という部分まで審査を実施できないため点数が増やせないのです。

追加の質問に回答し、確実に点数を増やせばより高い点数は確保できるでしょう。

最初の質問だけでは、多くの人が点数不足に悩むようになり、もっと点数をもらったほうがいいと感じるようになるでしょう。

J.Score(ジェイスコア)の点数が上がらない原因は?

J.Score(ジェイスコア)は初期の質問だけでなく、追加の質問も用意されています。

しかし追加の質問に回答しても、点数が上がらない原因があります。

その理由は以下の通りです。

  • 前年度の年収が少ない
  • 雇用形態に問題がある
  • 勤務年数が足りない
  • 他社借入が多い
  • 結婚していない
  • 賃貸物件へ住んでいる
  • 会社の規模に問題がある
  • 同居人がいない、あまり多くない

これらの原因により、初期の質問でスコアを下げられるほか、他の質問に回答してもスコアが増えていかない問題を抱えてしまいます。

より高いスコアを得たいと思っているなら、上記の問題点は解消しておきたいところです。

ここからは点数を増やせない原因について説明します。

前年度の年収が少ない

J.Score(ジェイスコア)は、前年度の収入で審査を実施します。

つまり前年度の収入が足りない場合は、スコアを増やせないのです。

どのような会社でも、高い収入を持っていないと審査を通過できません。

J.Score(ジェイスコア)も年収が少ない人は、厳しい審査を実施するしかないと判断し、高い点数を付けてくれないのです。

より高い点数を得たいと思っているなら、前年度の年収はとても重要です。

できる限り多くの収入を確保して、初期のスコアを増やせるように心がけてください。

雇用形態に問題がある

雇用形態も審査で大きな影響を及ぼしているポイントです。

正社員として雇用されていれば、高い信用が確保されています。

一方でアルバイトやパートではあまり高い信用は確保されておらず、点数を下げられてしまいます。

更に自営業者のように、本当に信用できるか不安に感じられている人も点数が下げられます。

自営業者の場合は、点数を増やせるかどうか微妙な判断を受けるほか、収入を安定して確保できないのではないかと思われるのです。

従ってJ.Score(ジェイスコア)は初期のスコアを下げてしまうほか、点数自体もなかなか増やせなくなってしまいます。

より安定した雇用形態が重要だと考えてください。

勤務年数が足りない

勤務年数が足りない場合は審査に落とされやすくなります。

J.Score(ジェイスコア)でも、勤務年数が足りない場合、スコアが高くならないように調整されてしまうのです。

つまりスコアを増やしたいなら、勤務年数をしっかり増やし、スコアを得られるように心がけてください。

入社してすぐに審査を受けても、J.Score(ジェイスコア)の点数は増えません。

最低でも3年程度は年数を確保して、より信用されるようなデータを送ってください。

10年以上の勤務年数があれば、ほぼ信用されるでしょう。

他社借入が多い

どのような借入でも、他社借入によって審査基準は厳しくなってしまいます。

J.Score(ジェイスコア)も他社借入にはかなり厳しい傾向があり、スコアが大幅に下がってしまいます。

他社借入によって、突然スコアが下がってしまうケースもあるなど、他の借入はすぐにデータに反映され、点数を下げられるのです。

他社借入が多くなっていくと、J.Score(ジェイスコア)の審査を通過できるスコアを得られない点に気を付けてください。

しかも他社借入はJ.Score(ジェイスコア)で借りられる金額を制限してしまいます。

J.Score(ジェイスコア)は消費者金融と同じように総量規制が適用されており、借りられる金額が制限されます。

大きな借入をしたいと思っても、他社借入で大きな制限を受ける可能性があります。

制限を受けたくないと思っているなら、J.Score(ジェイスコア)以外の会社でお金を借りないようにしておきましょう。

結婚していない

本来ならあまり関係ないような項目ですが、配偶者がいるのは審査でいい方向に判断され、J.Score(ジェイスコア)のスコアは増えています。

結婚していない人は個人の収入だけで返済能力を考えられるため、スコアがあまり増えてくれないのです。

結婚している人は、配偶者が収入を持っている可能性がある、配偶者によってお金の管理がしっかりできていると判断され、スコアが高くなります。

J.Score(ジェイスコア)でより高い点数を得たいと思っているなら、結婚してから審査を受けたほうがいいかもしれません。

賃貸物件へ住んでいる

これは借入なら全ての方法で影響している問題です。

既に家を購入している場合、支出として出ていく金額は制限されるため信用度が高まります。

一方で賃貸物件の場合、毎月の家賃が大きな影響を受けてしまいます。

J.Score(ジェイスコア)は毎月の家賃で返済能力が足りなくなると判断しており、点数を下げてしまいます。

より高い点数を得たいと思っているなら、J.Score(ジェイスコア)の審査までに一軒家を購入する、もしくはマンションを購入したほうがいいでしょう。

既に家賃の支払いがないと判断されれば、J.Score(ジェイスコア)の点数は高くなるのです。

ただ、住宅ローンと契約してまで不動産を購入するのは良くないのです。

その理由はJ.Score(ジェイスコア)の質問内容にあります。

質問内容には、住宅ローンを利用しているかも聞き出されるため、住宅ローンの影響でスコアがかなり変わってしまうのです。

J.Score(ジェイスコア)の審査で住宅ローンがかなり影響する点を考えると、無理をして不動産を購入するくらいなら、賃貸のまま審査を受けたほうがいいかもしれません。

会社の規模に問題がある

会社の規模は審査に影響しています。

小さい会社では収入が増えないと判断されているほか、倒産する危険性が高いのではないかと判断されてしまい、審査に落とされてしまうのです。

点数を増やせない要因として、働いている会社の規模が影響している可能性もあります。

小さい会社で仕事をしている場合は、初期のスコアからあまり点数を得られないと考えてください。

より高い点数を得たいのであれば、最低でも中規模の会社で仕事をするように心がけてください。

なお転職によって会社の規模が大きくなればスコアは増えますが、転職直後は勤務年数が影響して、点数を稼げない可能性があります。

転職後すぐには審査を受けないほうがいいでしょう。

同居人がいない、あまり多くない

同居人がいないのは、本来であれば点数に影響が出てくる要因ではありません。

しかしJ.Score(ジェイスコア)では、同居人の人数なども影響してスコアが算出されるため、同居人がいないのは点数を増やせない問題を生み出します。

点数を増やすためには、結婚して同居人がいる、もしくは家族と同居している状況の方がいいのです。

同居人が支払い能力を持っていれば、J.Score(ジェイスコア)はより高い点数を付けられると判断しています。

つまり点数を増やしたいなら、同居人を確保したほうがいいのです。

審査基準ギリギリであれば、親と同居している状態で審査を受けたほうがいいかもしれません。

J.Score(ジェイスコア)を増やすために使いたい方法

喜ぶ女性

初期のスコアだけでは審査を通過できず、J.Score(ジェイスコア)を利用できないかもしれません。

そこで点数を増やす方法を採用し、初期のスコアでは得られない追加の点数を確保したほうがいいでしょう。

採用する方法は追加の質問に回答するという簡単なものです。

追加の質問に回答していくだけで、点数がどんどん増えていきます。

より多くの情報をJ.Score(ジェイスコア)に提供して、審査を通過できる状況に持っていける可能性があります。

追加の質問は180近くも用意されていて、全ての質問に回答すれば安心できる情報がJ.Score(ジェイスコア)に提供されます。

質問は1つ1つのデータを点数化するので、詳細なデータが送られてスコアが増えるのです。

さらに外部連携を使えば簡単にスコアアップが図れるメリットもあります。

外部連携はJ.Score(ジェイスコア)以外のサービスを利用しているものの、連携を取ることでデータを共有できる方法です。

この外部連携をするだけでも点数がかなり増加して、J.Score(ジェイスコア)の審査を通過できる可能性があります。

追加の質問には絶対に回答して、できる限りスコアを増やしておきましょう。

同時に質問に回答しやすい項目から優先して答えるように心がけ、確実に点数を増やせるような状況を作ってください。

追加の質問で絶対に答えておきたい内容

追加の質問はかなり多く用意されているので、どうしても質問の数が多くて困ってしまいます。

しかしどの質問に回答していくか絞り込んでおけば、最小限の回答でスコアを増やせる可能性があります。

特に追加の質問で回答しておきたいのは以下の内容です。

  • 性格の質問
  • お金の質問
  • 外部連携

この3つは絶対に回答しておきたいところです。

J.Score(ジェイスコア)の審査を通過するために必要な情報がすべて提供される他、短時間でスコアを増やせる可能性があります。

なぜ上記の質問に回答したほうがいいか説明します。

性格の質問

J.Score(ジェイスコア)では、性格が返済能力に影響すると判断しており、性格の質問はかなり重要視しています。

性格の質問に問題があると判断されると、逆にスコアが落ちる可能性もあります。

しかし質問に回答していけば、貸金を使っても返済してくれるのか、それとも返済されないのかをしっかりデータにできるのです。

問題ない性格と判断されれば、J.Score(ジェイスコア)は高い点数を付けるようになり、返済能力も含めて高いスコアを得られる可能性があります。

一方で正確に問題があると判断されれば、J.Score(ジェイスコア)のスコアが下がってしまう場合もあり、審査に落とされる確率は高くなります。

ややギャンブル的な要素ではありますが、点数を増やせる一番いい要因ですので、性格の質問にはしっかり回答しておきましょう。

お金の質問

お金に関連する質問も用意されています。

J.Score(ジェイスコア)では、お金に関連する知識はもちろんのこと、お金についてどう思っているのか質問で聞き出し、返済できる気持ちがあるか確認しています。

お金に関連する質問は、普段から利用しているお金だけでなく、貯金に関連している質問もあります。

高い点数を得るためには、お金に関連する知識があり、なおかつ返済をしっかりと考えていると示さなければなりません。

上手にお金に関連する質問をクリアできれば、J.Score(ジェイスコア)の点数はかなり高くなります。

一方でお金に関連する知識がなく、返済を疎かにする可能性があると思われれば逆に点数が下がります。

質問にはしっかりと答えておき、確実に返済できる力を示しておきましょう。

外部連携

一番簡単に点数を引き上げる方法です。

自分が使っているサービスとJ.Score(ジェイスコア)を連携し、外部連携によって情報の信用性を高める方法です。

この方法を使うと、外部連携の信用性が高まり点数が一気に増えます。

対象となっている外部サービスは以下の通りです。

  • みずほ銀行
  • ソフトバンク
  • Yahoo

この3つのサービスと連携するだけで点数が高くなります。

特にYahooは利用している人が多いので、外部連携は実施しやすいでしょう。

更に外部連携をするだけで金利が0.1%下がり、より返済で有利になります。

元々低金利で貸してくれるJ.Score(ジェイスコア)ですが、さらに低金利に代わってくれればより使いやすくなるでしょう。

外部連携は最初に実施したいサービスで、連携を取ったときのスコアを確認してから追加の質問に答える方針を取るといいでしょう。

その方が質問に回答する量を減らしてもスコアを確保できる場合があるからです。

面倒な質問に回答したくないなら、先に外部連携から始めてください。

J.Score(ジェイスコア)のスコアが増えると限度額を増やせるチャンスも

J.Score(ジェイスコア)はスコアによって最終的な限度額が増えます。

J.Score(ジェイスコア)が用意している最大の限度額は1,000万円です。

これほど高い限度額を得られれば、これから大きな借入をしたいと考えている方でも安心できるでしょう。

スコアが高い人は大きな限度額が期待できて、1,000万円という大きな限度額が実際に得られるかもしれません。

ただ1,000万円に達するには、最低でもスコアを950点以上に引き上げる必要があり、そう簡単に実現するものではありません。

より大きな借入をしたいと思っているなら、スコアをかなり増やしたほうがいいでしょう。

一方で600点ギリギリだと最低限の限度額しかもらえません。

ギリギリの状態では、貸しても返済されるか不安に考えられており、J.Score(ジェイスコア)は10万円などの限度額に抑えてしまうのです。

より使いやすい借入をしたいと思っているなら、できる限り高いスコアを狙って高い限度額を得てください。

点数が足りないと求めている限度額が得られない可能性もあるので注意しましょう。

スコアが高いのに限度額を抑えられる場合も

スコアを引き上げているのに、限度額が抑えられてしまう問題もあります。

スコアが高いのに10万円の限度額しか得られない可能性もあるのです。

どうしてスコアが高いのに限度額が下げられてしまうのか、その理由は収入と他社借入です。

スコアが高いものの収入が足りないと判断されれば、高い限度額を付けると返済されないと判断されます。

つまり元々の収入が足りないと判断されれば、大きな限度額は確保できないのです。

同時に他社借入も貸せる額が少ないと判断されてしまいます。

他社借入はJ.Score(ジェイスコア)の返済能力を下げるだけでなく、返済されないだろうという気持ちも増やしてしまいます。

つまり他社借入はなるべく作らないほうがいいのです。

収入が不足している、他社借入が多いと借りられる額が大きく減っていくので注意してください。

もし収入が足りない、他社借入が残っているなら情報を改善し、限度額を得るようにしましょう。

改善させればより高いスコアも期待できます。

J.Score(ジェイスコア)はスコアアップでしっかり限度額を得ること

J.Score(ジェイスコア)はスコアによって審査を通過できるかが変わってきます。

まずはスコアをしっかり得るように質問に回答してください。

初期のスコアだけでは必要な点数を確保できない場合があるので、追加の質問にはしっかり回答しておきましょう。

追加の質問に回答し、自分が求めている限度額が確保できているか見ながら、審査を受けるタイミングを見つけておきましょう。

J.Score(ジェイスコア)の質問にしっかり答えてスコアを増やせば、求めている限度額が期待できるかもしれません。

ただ、返済能力が足りないと得られる限度額が減らされるので気を付けてください。