ETFと投資信託の違いは?メリットやコストを比較…どっちを選べばいい?

三井住友銀行カードローン豆知識

銀行に貯蓄しているだけでは、年間預けても利率はわずか0.01%程度。

すごく利率が高いと言われているあおぞら銀行のネット定期預金というコースでも、利率は0.2%程度。

100万円を1年間あずけてようやく利息が1590円つく計算です。

これではもはや資産運用ということはできません。

確かに銀行口座に現金を預けておくのは、元本割れのリスクこそ確かに低いかもしれません。

しかし元の資産が増えるということは一切ないので、なんのリターンも見込めません。

増えない資産をずっと持っておくというのは、それはそれで別のリスクがあります。

これから真剣に資産運用を考えるならなおさら、適切な投資先を選んで自分の資産を投資するべきでしょう。

投資先候補は多いですが、今回は株初心者からも信頼の熱い「投資信託」と「ETF」の違いについて、今回ははっきりさせていきましょう。

せっかく貯めた自分の資産。

どうせなら利回りの高い投資先へ投資して、もとの資産を何倍にも増やしていきたいものです。

投資信託とETFの違いとは?

さっそく、「投資信託とETF、何がどのように違うのか?」から考えていきたいです。

どちらも投資信託

基本的に、どちらも「投資信託」という点では似通っています。

投資家からお金を集めて、集まったお金を株式に投資することで運用成果を狙うのは同じですが、それぞれ異なった要素があります。

ETFより投資信託のほうが商品の数が多いので、投資家は投資信託の投資先に多くの選択肢があります。

投資信託とETFの違い、詳しく考えていきましょう。

最大の違いは「上場しているか否か」

投資信託とETF、基本的ななりたちは同じです。

両者の一番の違いはやはり「上場しているか、していないか」でしょう。

RTFは上場しているので、上場している企業と同じくリアルタイムで取引が可能です。

上場企業と同じく1分1秒価格が変動して、その変動をみて投資家は好きなタイミングでETFへの投資が可能です。

投資信託は上場していない分、価格決定、取引も時間差で行われます。

しかしこれは考えようによっては「株価を逐一気にしなくて良い」とも言えるます。

パッシブ運用とアクティブ運用の違い

ETFと投資信託、それぞれ「運用方針」も異なります。

ETFの運用は、基本的にあらかじめ定められたベンチマークと等しい運用成果を目指す運用方法です。

このような運用をパッシブ運用といいますが、投資信託は違います。

投資信託は基本的にベンチマークをうまわマル運用成果を目指す、「アクティブ運用」が基本です。

しかし投資信託の中にもパッシブ運用を行う「インデックスファンド」があります。

投資信託にはベンチマークが設定されず、独自のスクリーニングに基づいた銘柄への投資で成果を狙うものもあります。

投資家の細かいニーズに応えてくれる、という点では投資信託のほうが商品は潤沢です。

ETFのほうが低コスト

一般的に、投資信託よりETFのほうが低コストで運用できると言われます。

運用会社にだけお金を払えば良いETFとは違い、投資信託は運用会社だけでなく証券会社にも信託報酬を支払います。

しかし最近は投資信託間の価格競争もあり、ノーロードと呼ばれる購入時手数料がかからない投資信託があるくらいです。

コストで考えるならETFのほうが断然優秀…とは言い切れなくなってきています。

しかし全体でみれば、まだまだ信託報酬を多く取られるのは投資信託、低コストで運用できるのがETF…という認識で間違いないです。

投資信託とETF、どちらが良いの?

投資信託とETF、どっちに投資すべきかという論争は、前からずっと行われています。

ちょうど「賃貸で暮らすか」「持ち家を持つか」の論争と似ています。

ETFと投資信託どちらが優れいているかというのも、賃貸と持ち家論争も、自身のポジションやスタイル、感情の振れ幅などで向きh樹向きが変わってきます。

投資信託のほうがより低額ではじめられる

基本的に投資信託のほうが低額からはじめられます。

一口単位で購入できる投資信託は、ETFと比べてかなり低額から購入できます。

積立投資が基本の投資信託は、月々数千円からはじめられるのがメリットでしょう。

元手がないとはじめられないETFと比べると、ETFのほうが投資をはじめる敷居が低いです。

ETFのほうが低コストで自由

私は個人的に、ETFのほうが自由で良いと思っています。

ETFは、いつ買っても、いつ売っても、ETFへ投資した本人の自由です。

そして分配金は、投資信託の場合自動で再投資されません。

投資信託の場合すべて再び投資に回りますが、ETFの場合現金で手元に戻ります。

つまりETFで得た分配金を再び投資に回すときは、自分で判断する必要があるということです。

この再投資の判断を面倒だと感じるか否かでも、投資信託かETFか判断が分かれるところでしょう。

わたしなんかだと、チャートをみたり投資したりの判断がしたいので、分配金を現金でくれるのはむしろ嬉しいのですが。

こうした様々な判断を、「自由」と感じるか「面倒」と感じるかで、ETFを買うか投資信託に投資するかの判断が分かれるところです。

分配金目当て、低コスト目当てならETF

分配金目当ての投資なら投資信託よりETFのほうが良いです。

支払う信託手数料も少なく、運用コストが低いからです。

少しでも多く、投資からリターンを得たいと思うなら、ETFへの投資の方がおすすめです。

株価の動きで一喜一憂したくないなら投資信託

投資信託のほうが、株価の動きを気にしなくて済みます。

どれだけ株価が変動していても、投資信託の場合取引できるのは1日1回のみ。

それなら、多少株価の変動したところで気にすることなく、のんびり積立で長期投資したほうが良いですよね。

積立NISAで非課税、運用安定

特におすすめなのが、積立NISA口座で投資信託へ投資することです。

政府も推奨するNISA口座での資産運用。

なんとNISA口座で株取引を行うことで、運用益に税金がいっさいかからないのです。

通常株取引で得られた運用益には、20%ほど銀行に貯蓄しているだけでは、年間預けても利率はわずか0.01%程度。

すごく利率が高いと言われているあおぞら銀行のネット定期預金というコースでも、利率は0.2%程度。

100万円を1年間あずけてようやく利息が1590円つく計算です。

これではもはや資産運用ということはできません。

確かに銀行口座に現金を預けておくのは、元本割れのリスクこそ確かに低いかもしれません。

しかし元の資産が増えるということは一切ないので、なんのリターンも見込めません。

増えない資産をずっと持っておくというのは、それはそれで別のリスクがあります。

これから真剣に資産運用を考えるならなおさら、適切な投資先を選んで自分の資産を投資するべきでしょう。

投資先候補は多いですが、今回は株初心者からも信頼の熱い「投資信託」と「ETF」の違いについて、今回ははっきりさせていきましょう。

せっかく貯めた自分の資産。

どうせなら利回りの高い投資先へ投資して、もとの資産を何倍にも増やしていきたいものです。

投資信託とETFの違いとは?

スマホで調べる女性

さっそく、「投資信託とETF、何がどのように違うのか?」から考えていきたいです。

どちらも投資信託

基本的に、どちらも「投資信託」という点では似通っています。

投資家からお金を集めて、集まったお金を株式に投資することで運用成果を狙うのは同じですが、それぞれ異なった要素があります。

ETFより投資信託のほうが商品の数が多いので、投資家は投資信託の投資先に多くの選択肢があります。

投資信託とETFの違い、詳しく考えていきましょう。

最大の違いは「上場しているか否か」

投資信託とETF、基本的ななりたちは同じです。

両者の一番の違いはやはり「上場しているか、していないか」でしょう。

RTFは上場しているので、上場している企業と同じくリアルタイムで取引が可能です。

上場企業と同じく1分1秒価格が変動して、その変動をみて投資家は好きなタイミングでETFへの投資が可能です。

投資信託は上場していない分、価格決定、取引も時間差で行われます。

しかしこれは考えようによっては「株価を逐一気にしなくて良い」とも言えるます。

パッシブ運用とアクティブ運用の違い

ETFと投資信託、それぞれ「運用方針」も異なります。

ETFの運用は、基本的にあらかじめ定められたベンチマークと等しい運用成果を目指す運用方法です。

このような運用をパッシブ運用といいますが、投資信託は違います。

投資信託は基本的にベンチマークをうまわマル運用成果を目指す、「アクティブ運用」が基本です。

しかし投資信託の中にもパッシブ運用を行う「インデックスファンド」があります。

投資信託にはベンチマークが設定されず、独自のスクリーニングに基づいた銘柄への投資で成果を狙うものもあります。

投資家の細かいニーズに応えてくれる、という点では投資信託のほうが商品は潤沢です。

ETFのほうが低コスト

一般的に、投資信託よりETFのほうが低コストで運用できると言われます。

運用会社にだけお金を払えば良いETFとは違い、投資信託は運用会社だけでなく証券会社にも信託報酬を支払います。

しかし最近は投資信託間の価格競争もあり、ノーロードと呼ばれる購入時手数料がかからない投資信託があるくらいです。

コストで考えるならETFのほうが断然優秀…とは言い切れなくなってきています。

しかし全体でみれば、まだまだ信託報酬を多く取られるのは投資信託、低コストで運用できるのがETF…という認識で間違いないです。

投資信託とETF、どちらが良いの?

投資信託とETF、どっちに投資すべきかという論争は、前からずっと行われています。

ちょうど「賃貸で暮らすか」「持ち家を持つか」の論争と似ています。

ETFと投資信託どちらが優れいているかというのも、賃貸と持ち家論争も、自身のポジションやスタイル、感情の振れ幅などで向きh樹向きが変わってきます。

投資信託のほうがより低額ではじめられる

基本的に投資信託のほうが低額からはじめられます。

一口単位で購入できる投資信託は、ETFと比べてかなり低額から購入できます。

積立投資が基本の投資信託は、月々数千円からはじめられるのがメリットでしょう。

元手がないとはじめられないETFと比べると、ETFのほうが投資をはじめる敷居が低いです。

ETFのほうが低コストで自由

私は個人的に、ETFのほうが自由で良いと思っています。

ETFは、いつ買っても、いつ売っても、ETFへ投資した本人の自由です。

そして分配金は、投資信託の場合自動で再投資されません。

投資信託の場合すべて再び投資に回りますが、ETFの場合現金で手元に戻ります。

つまりETFで得た分配金を再び投資に回すときは、自分で判断する必要があるということです。

この再投資の判断を面倒だと感じるか否かでも、投資信託かETFか判断が分かれるところでしょう。

わたしなんかだと、チャートをみたり投資したりの判断がしたいので、分配金を現金でくれるのはむしろ嬉しいのですが。

こうした様々な判断を、「自由」と感じるか「面倒」と感じるかで、ETFを買うか投資信託に投資するかの判断が分かれるところです。

分配金目当て、低コスト目当てならETF

分配金目当ての投資なら投資信託よりETFのほうが良いです。

支払う信託手数料も少なく、運用コストが低いからです。

少しでも多く、投資からリターンを得たいと思うなら、ETFへの投資の方がおすすめです。

株価の動きで一喜一憂したくないなら投資信託

投資信託のほうが、株価の動きを気にしなくて済みます。

どれだけ株価が変動していても、投資信託の場合取引できるのは1日1回のみ。

それなら、多少株価の変動したところで気にすることなく、のんびり積立で長期投資したほうが良いですよね。

積立NISAで非課税、運用安定

特におすすめなのが、積立NISA口座で投資信託へ投資することです。

政府も推奨するNISA口座での資産運用。

なんとNISA口座で株取引を行うことで、運用益に税金がいっさいかからないのです。

通常株取引で得られた運用益には、20%ほど税金で取られてしまいます。

株の運用益において非課税であるというのは大きなメリットなのです。

自分の投資スタイルに合わせてETFと投資信託を使い分けましょう

はっきり言って、どちらが優れているとは言いにくいです。

ETFも投資信託も一長一短。

どちらで投資、ひいては資産運用するかは、本人の投資スタイルや投資期間などで変わってきます。

ETFと投資信託をしっかり比較して、「自分にあったものはどちらか?」という観点から考えてみてください。

ETFと投資信託 まとめ

今回は、似ているようで微妙に違う、「ETF]と「投資信託」について解説しました。

ETFと投資信託は極論どちらが良いかというと、「本人による」という身も蓋もない答えになってしまいますが、実際ETFと投資信託は本人の投資スタイル次第です。

しっかりそれぞれの特性、メリットとデメリットを比較した上で、自分の資産を投資にあてましょう。