教育ローンの返済で困らないためのコツとは?返済できない場合の対処法も解説!

教育ローン

カードローンよりも金利が低い教育ローンですが、教育ローンによって老後破産をしてしまう人が増えてきています。

金利が低いためついついお金を借り過ぎてしまうケースや、晩婚化により教育ローンを組んでから定年になるまでの期間が短く収入がなくなり返済が困難になるケースもあります。

この記事では教育ローンの返済で困らないために返済を進める方法と、万が一返済できなくなった場合の対処法も解説します。

低金利で借りやすいおすすめの教育ローンは?国?銀行?
この記事では,子育ての悩みの一つである「教育費」について、さらにその教育費を賄うための教育ローンについて、参考になる情報をお届けします。「子供を大学まで行かせると相当のお金がかかる…」というのは、皆さんもご存知の通りかと思います。もちろん教

教育ローンの返済を円滑に進める3つの方法

教育ローンの返済で困らないために返済を円滑に進める方法は3つあります。

  • 必要最低限のお金を借りる
  • 余裕があれば繰り上げ返済をする
  • 返済期日を必ず守る

必要最低限のお金を借りる

教育ローンの返済が進まなくなる理由としては、必要以上にお金を借り過ぎているケースがあります。

教育ローンの金利は資金使途が限定されているため、カードローンなどと比較しても非常に低いです。

そのため、お得であると考えて少しでも多く借りようとする人もいますが、金利が少なくても借金であることに変わりはありません。

多く借りれば借りるほど金利が安くても利息が膨れ上がるので返せないリスクが高くなります。

教育ローンでお金を借りる場合は必要最低限の額を借りるようにしましょう。

余裕があれば繰り上げ返済をする

教育ローンも繰り上げ返済や一括返済で返済することが可能です。

毎月の返済額とは別に繰り上げ返済をおこなえば、最終的に支払う利息の量も減り借金を早く返せます。

余裕があるときは繰り上げ返済や一括返済をおこなうことでできる限り教育ローンを早く返すことを心がけましょう。

返済期日を必ず守る

何があっても返済期日は必ず守りましょう。1日でも遅れると遅延損害金が発生するため、支払う額がさらに増えてしまいます。

それだけではなく、1日でも過ぎた段階で金融機関から確認の電話が来ますし、長期間返済をしない場合は督促状が来る可能性もあります。

経済的に返済できない場合の対処法は次の項目で紹介しますが、うっかり返済期日を忘れていたということは絶対にないようにしましょう。

教育ローンを返済できない場合の3つの対処方法

もし、教育ローンを返済できなくなってしまった場合の対処法は3つあります。

  • 金融機関に相談する
  • 福祉事業を利用する
  • 債務整理を検討する

金融機関に相談する

返済が困難になり延滞をする前に金融機関に相談しましょう。

相談をすれば返済の期限を延ばすことや、毎月の返済額を減らすこともできます。

金融機関に事前に相談をすれば、当初の返済期日に決まった額を振り込めない場合でもペナルティが発生することはありません。

しかし、経済的に返済が困難な場合でも金融機関に相談せず返済を延滞した場合は、延滞をしてから相談をしても不利になるケースが多いです。

つまり、金融機関に相談する場合は延滞をする前に余裕をもって相談する必要があるということです。

福祉事業を利用する

急な収入の減少で教育ローンに困る理由として、配偶者との離婚や死別が原因の場合もあるかと思います。

母子父子寡婦福祉資金貸付事業を利用すれば生活の安定のために無利子でお金を借りることができます。

この制度を受ける条件は「20歳未満の児童を扶養している配偶者のない女子または男子、寡婦等に貸し付けられます」となっています。

母子家庭または父子家庭、寡婦または寡夫で児童の年齢が条件を満たしていれば制度を利用することが可能です。

資金使途が学費であれば、利用できる制度は他にもあるので利用できる制度は必ず利用しましょう。

債務整理を検討する

一時的ではなく長期的に返済できない可能性がある場合は債務整理も手段の一つです。

弁護士に相談することで、自己破産、任意整理、個人再生の3つの中から適切な債務整理の方法を選んでもらうことができます。

もちろん、債務整理は信用情報に大きな傷をつけるので、今後ローンを組む場合やクレジットカードを作るのが難しくなる可能性が高くなります。

そのため安易に債務整理を選択することはおすすめしません。

しかし、どうしても教育ローンを返済できず、他にもカードローンの借金があるため今の収入ではどうやっても返済が不可能であるということであれば債務整理は選択肢の一つです。

自分では返済が不可能だと感じた場合は、まずは弁護士に相談してみましょう。

教育ローンの返済まとめ

教育ローンの返済について理解していただけたでしょうか?

返済を円滑に進める方法は、返済期日を守ることは当然として、借入れ金額を最小限にしてできる限りはやく返済できるように繰り上げ返済で自主的に返済する必要があります。

もし、教育ローンの返済が難しい場合はまずは金融機関に相談をしたうえで福祉事業の利用の検討や、債務整理を検討してみてはいかがでしょうか?

教育ローンの返済に困らないためにもあくまで借金であることを自覚してできる限り早く返すことをこころがけましょう