10万円の急な出費に対応するためにはどうすればいい?出費が突発的でも対応する方法

ライフ

日々生活していれば、タイミングが読めない急な出費が訪れるもの。

ある程度の出費なら、現在の手持ちのお金や、貯蓄でなんとか賄うことができるでしょう。

しかしある程度まとまった出費、たとえば「10万円の急な出費」なら、どう対処するか対応を考えなくてはなりません。

そして、ある程度貯蓄があったとしても切り崩したくはないもの。

そもそも、10万円の急な出費に対応するための貯蓄がない人だって多いですよね。

さて、今回はある程度まとまった10万円という額の急な出費があなたの身に訪れた場合どうするか?

という観点から考えていきたいと思います。

急な出費!どうする?手元からお金が出ていくときの対処法をご紹介
日々生活していると、どうしても避けられない、読めない急な出費が発生します。 例えば友人知人の結婚式、手持ちの家電が故障して買い替え、急病や怪我など。 急な出費が発生したら、なんとかその出費に対応しなくてはなりませんが、手元にお金...

その急な出費本当に読めないものでしたか?

まず10万円の急な出費で悩むあなたに問いたいのが、果たしてその急な出費は本当に読めないものだったかということです。

「急な出費」とだけ聞くとどうしようもない出来事にも聞こえます。

しかし本当にそうでしょうか?

急な出費には大きく2種類あります。

本当に対応できない突発的な急な出費と、ある程度は起こり得るだろうと心構えして準備しておける急な出費です。

読める出費と、そうでない出費を具体的に知っておきましょう。

ある程度読めた急な出費

急な出費にはある程度読める「特別支出」というものがあります。

読める出費とは、夏休みや冬休みなどの長期中華で必要になるお金。

または学校の入学金、受験料、車検代など、支払い日時がある程度わかっている種類のものです。

ここで必要なお金を「急な出費で困った」とは言わないようにしましょう。

この読めた急な出費に関しては、ある程度前もって貯蓄から割り出す分を捻出するべきです。

本当に読めない急な出費

対して、本当に読めない部類の急な出費もあります。

そしてこの読めない急な出費には、10万円などある程度まとまったお金が必要になるケースも多いです。

読めない急な出費には、医療費や家電、家具の買い替え費、修理費、冠婚葬祭で必要なお金などです。

こういった急な出費を臨時支出と言ったりしますが、臨時支出には「必要なタイミング」「必要な金額」が読めないという特徴があります。

10万円の急な出費となることもあれば、それ以上の金額必要になるケースも少なくないです。

本当に読めない急な出費は、前もって準備するのが難しいです。

臨時支出に対応するためには、前もって普段から貯蓄することで、臨時支出があっても対処できる蓄えを持っておくことと良いでしょう。

目安は普段の手取りから3分の1程度貯めておくこと。

これにより多少の臨時支出があっても動じない貯蓄を形成することができます。

急な出費に対応する方法

ではここから具体的に、10万円の急な出費に対応するためにはどうすればいいか。

あなたが急な出費で取るべき対応をお教えしたいと思います。

キャッシングを利用する

まずおすすめしたいのが、貸金業者のキャッシングを利用することです。

特に、消費者金融や銀行のカードローンを使ってお金を借り入れることで、無担保、無保証人で借入れが可能になります。

誰にも迷惑をかけない借入れが可能な貸金業者からの借入れ、10万円の急な出費対策としておすすめです。

貸金業者は初回借入れであっても、10万円程度なら貸してくれるでしょう。

消費者金融のカードローンなら即日融資で借入可能

カードローンにはいくつか種類がありますが、中でもおすすめなのが「消費者金融のカードローン」です。

なぜなら、消費者金融のカードローンは即日融資を受けやすいからです。

急な出費ということは、「現在すぐにでもお金を借りたい」ということです。

今すぐお金を借りたいなら、今日中に借りられる即日融資対応のカードローンを利用するようにしましょう。

10万円の急な出費に強いカードローン:プロミス

10万円の急な出費で悩むあなたにおすすめしたいカードローンの1つ目が「プロミスのカードローン」です。

プロミスのカードローンならば、即日審査後、即日融資でお金を借りられるのはもちろん、借入方法の多彩です。

通常のカードを用いた借入れも、ネットキャッシングを利用した借入れも、スマートフォンアプリを使った借入れも自由自在。

プロミスからのはじめての借入れならば、30日間の無利息サービスを利用しながら借入れも可能です。

10万円の急な出費が発生したらまずはプロミスから借入れを検討してみてください。

プロミスから即日融資!今日お金を借りるための方法
「どうしても今日お金が借りたい」 「プロミスから即日融資が受けたいが可能なのか」 こちらの記事では、そんな人に向けて書いていきます。 普段の生活の中でお金が足りなくなることは急に訪れます。 そんなとき便利なのが消費者金融。 ...
10万円の急な出費に強いカードローン:アコム

アコムのカードローンもすぐ借りられる、おすすめのカードローンです。

即日借りやすいカードローンで、なんと借入れカードにはクレジットカード機能を載せられる優秀ぶり。

10万円の出費があったとしても、アコムのカードローンがあれば問題なく課題はクリアできるはずです。

アコムの借り方徹底解説!アコムで即日融資を受けるにはいつまでに申し込めばいい?
みなさんご存知大手消費者金融「アコム」は、当然他の消費者金融と同じく即日融資に対応しています。ですが、アコムから即日融資を受ける際、おさえておくべきポイントも多いです。「急いでアコムからお金を借りたい!」と思っているならなおのこと、アコムか

クレジットカードで乗り切る

キャッシングでお金を借りずとも、クレジットカードがあれば10万円の急な出費程度なら余裕で乗り越えられます。

普段の買い物もクレジットカードで支払えば、実際にお金を払うのは翌月か翌々月になるでしょう。

またはクレジットカードのキャッシング機能でカードローンと同じく現金を借りることも可能です。

10万円急な出費で悩んだとしても、クレジットカード一枚あるだけで、お金を用立てる選択肢は無限に広がるのです。

かなりグレーな方法ですが、ショッピング枠を使ったお金の調達方法「クレジットカード現金化」というものもあります。

クレジットカード現金化って何?経験者がやり方とリスクを解説
「どうしてもお金がないから、クレジットカード現金化をしようと考えている」 「駅でクレジットカード現金化って看板を持っている人がいたけど、それってどういうこと?」 こちらの記事では、クレジットカード現金化を実際にしたことがある筆者が、クレ...

持ち物を売る

自分の持ち物を売る、という方法でも、10万円の急な出費に対応することができます。

家にあるもの、持っているものを見回してみれば、フリマアプリや質屋で意外と高値がつくものが家にあるかもしれませんよ。

お金を借りる、クレジットカードで支払うなど行うより、かなりクリーンなお金を手に入れられるため、「持ち物を売る」のはかなりおすすめです。

高く売れるものランキング【2019年最新版】
金欠でお金がない!そんな時には、お金を借りるという方法もありますが、その前に家の中を見回してみてください。不要なものがあれば、まずそれを売ってお金に換えてみませんか?自分にとっては不用品でも、意外と高い値段で売れる場合もあるんですよ。今回は

友人に頼み込んで借りる

友人・家族に頼み込んでお金を借りるのも手です。

実際の人間関係を担保にお金を借りるのは、本当に最後の最後の手段になります。

しかし貸金業者にお金を借りるより、利息が発生しない、返済の負担が小さい借入れを行うことができます。

絶対に返済する気持ちと、収入の目処も立つなら、10万円程度家族と友人から借りても良いかもしれません。

もちろんその際には、借用書を作っておくことを忘れずに。

法的効果のある借用書はどう書けばいい?
お金の貸し借りをする時には借用書を作成するのが望ましいのですが、借用書を作成する際には何か書き方に決まり事はあるのでしょうか? せっかく借用書を作成したのに、無効になってしまっては困ってしまいますよね。 今回は、法的効果のある借用書...

10万円の急な出費に対応するにはあらかじままとまった貯蓄が必要

10万円の急な出費に備えるために一番いいのはやはり、「普段から貯蓄して備えておく」ことです。

しかし貯蓄を貯めるというのは、口で言うほど簡単なことではありません。

ダイエットや健康管理と同じで、普段の生活のなかでいかに心がけるかが大切です。

それでは具体的に、貯蓄を形成するために普段の生活から変えていくことを、いくつか紹介します。

転職で収入を増やす

あなたの貯蓄が少ないのは、はっきり言って仕事が悪いです。

仕事で得られている収入が少ないのが、原因の大きな一端を担っているので、転職してしまいましょう。

とはいえ転職も簡単に一朝一夕で可能なことではありません。

求人探し、書類提出、面接など数々の難関をクリアしからようやく、転職が可能になるのです。

転職活動自体に高いハードルを感じるなら、先に転職サイト、転職エージェントの比較から行いましょう。

キャリア転職センター
転職サイトや転職エージェントの選び方が分からない方のために各サービスを徹底比較しています。各転職サイトを状況・年代・職業別に分けピックアップし、またエージェントの選び方等も紹介しています!

副業で収入を増やす

メイン収入以外を増やして、結果的に収入の底上げを行うという手もあります。

最近は特技を副業にして稼ぐのが当たり前の時代。

自分の力でお金を稼ぐのが当然のことになっています。

そもそも個人一人で稼げるお金なんてたかがしれています。

お金を稼ぐためにできることは全部やるべきです。

10万円の急な出費 一般的には痛手なのか?

ふと、「10万円の急な出費」と聞いて、他の人にはこれくらいよくある話なのか?

10万円の急な出費は世間でいうとどれくらいの意味を持つ事柄なのか、気になる人もいるでしょう。

まあ極論、10万円の急な出費が大金と感じるかどうかで言えば、それはその人個人の価値観によるところが大きいのですが…。

ヤフー不動産の質問コーナー

ヤフーの質問を投稿するコンテンツ内で、「10万円は大金ですか?」という質問が投稿されていたので、その話が今回の急な出費について考える参考になるかなと思います。

引用:10万円は大金ですか?

回答は14件投稿されていますが、ベストアンサーに選ばれた回答を要約すると、「10万円が大金かどうかは出費の種類で決まる」ということでした。

例えば車の修理費用などは必要経費と考えるので大金ではないと。

対して冷蔵庫が壊れて買い換えるのに10万円は高いということでした。

確かに、なるほどという感じですね。

今回、「10万円の出費」で苦しんでいるあなたも、「そもそもどうして10万円の出費が発生したのか」を今一度思い返してみることが大切かもしれません。

しっかりリスクヘッジしていれば大金ではない

急な出費に等しく言えることではありますが、前もっていついどれくらいの急な出費が出ても動じないくたいの貯蓄があり、それに動じない気持ちがあれば急な出費でも「どうしよう」とは思わないはずです。

いろんなことに言えることですが、「前もって準備、心構えしていれば動じない」はずです。

人間がどうて自分に降り掛かった災厄に同様するか、それはまったく心構えができてなかったからです。

貯蓄という行動、そして実際の数字という目に見える安心感があれば、それは心構えにも繋がります。

今回の結論とも言える話ですが、「10万円の急な出費には前持った準備が必要」ということです。

10万円の急な出費でもやってはいけないこと

たとえ10万円の急な出費があったとしても、絶対にやってはいけないことがあります。

10万円ものある程度まとまったお金の調達方法を誤ると、その行動によって大きな悪影響があなたに降りかかります。

「お金が足りない」と感じた時やってしまいがちなNG行動、あらかじめ知っておきましょう。

闇金から借りる

急な出費で悩んだ人がやりがちなのが「闇金からの借入れ」です。

闇金からお金を借りてしまうと、その後の人生ずっと闇金と付き合っていくことになります。

闇金への返済が終わることはなく、闇金には個人情報を悪用され、取り立てなどで近親者に闇金からの借入れもバレます。

絶対に闇金からお金を借りないでください!

個人間融資

業者を挟まずに行う個人間融資もおすすめできません。

なぜなら、個人間融資でお金を借りる先が「闇金」になりがちだからです。

個人間でお金のやり取りをするつもりが、いつの間にか闇金から借りていた…。

なんてことはよく聞く話です。

お金を借りるなら、必ず借入先が信用できるところかどうか、前もって調べておきましょう。

個人融資は危険!別の方法でお金を借りて下さい!
知らない人同士がネット上でやり取りをしてお金の貸し借りをする「個人融資」が広がりを見せています。 一見、合理的なように見えるシステムですが、よく考えてみれば怪しいのは明らかです。 今回は「個人融資」の問題点とその実態に迫りますの...

嘘をつく

お金に困っていても、嘘をつくのは厳禁です。

この時嘘をつくのは、誰が相手でもいけません。

審査に通るため、貸金業者に嘘をつくのもいけませんし、友人にお金を借りるために嘘をついてお金をだまし取ろうとするのもいけません。

嘘をついてお金を借りたとしても、その嘘はかならずあなたに帰ってきます。

10万円の急な出費 まとめ

今回は具体的に、10万円の急な出費で悩んでいる方を助けるための記事を作りました。

ですが具体的に10万円という具体的な金額が提示されていれば、ある程度対策は立てやすいです。

それくらいの金額なら、前もって貯蓄をしておくことで、出費に対する準備ができるはずです。

今回の説明が、急な出費で悩むあなたの助けとなりますように。