個人融資は危険!別の方法でお金を借りて下さい!

個人融資 ライフ

知らない人同士がネット上でやり取りをしてお金の貸し借りをする「個人融資」が広がりを見せています。

一見、合理的なように見えるシステムですが、よく考えてみれば怪しいのは明らかです。

今回は「個人融資」の問題点とその実態に迫りますので、参考にしていただければ幸いです。

個人融資とは何?どのようなしくみになっているの?

個人融資では一体どのようにして知らない人同士がお金の貸し借りを行うのでしょうか?

まずは、個人融資とは何かというところから説明していきたいと思います。

見知らぬ者同士がお金の貸し借りをする個人融資

「個人融資」という言葉を聞いたことはありませんか?

個人融資というのは、金融機関からお金を借りるのではなく、個人の間でお金の貸し借りを行うことをいいます。

例えば、急な出費ができて友達からお金を借りるようなケース、これも言葉の意味からすれば個人融資に当たるといえるでしょう。

ところが、最近は知り合いからお金を借りるのではなく、ネット上でお金を借りたい人お金を貸したい人を募って見知らぬ個人同士がお金の貸し借りを行う「個人融資」がお金に困っている人たちの注目を集めています。

しかし、全く見ず知らずの人とお金を借りる契約を交わすことに問題はないのでしょうか?

本当に信用できる個人融資なんて存在するのでしょうか?

個人融資のしくみと流れ

見知らぬ人同士の間でどのようにお金の貸し借りをするのか、まずはそのしくみについて説明しましょう。

個人融資は、主に個人融資専門の掲示板サイトやTwitter、FacebookなどのSNSでやり取りを行います。

実際、インターネット上で「個人融資」と検索すると、多くのインターネット掲示板がヒットします。

  1. まず、掲示板に、年齢や性別などの自分の情報や借入希望額、住んでいる地域などを書き込みます
  2. その掲示板を見てお金を貸してもいいと思った人が希望者に対してメールやLINEなどで連絡を取り、細かい融資条件についてやり取りを行います。
  3. お互いが条件に納得したらそこで契約が成立し、実際にお金の貸し借りが行われます

個人融資では、金融機関からお金を借りる時のような審査はありませんし、もちろん信用情報照会をかけるなどという手続きもありません。

お金を借りる人、お金を貸す人双方の条件が合致すればそれで個人融資は成立するのです。

対面で個人融資を行うケースも…

審査なしの個人融資を利用する人は、基本的には金融機関からお金を借りられない人が中心ですが、煩わしい手続きや審査が不要だということで社会経験の少ない若い世代の人が利用するケースも増えつつあります。

しかし、よく考えてみてください。

金融機関からお金を貸してもらえないということは、社会的な信用がないということですよね。

こうした社会的信用がない人たちにお金を貸したいという奇特な人がいるということ自体、かなり不自然なことだとは思いませんか?

また、サイトやSNSでやり取りをするだけではなく、お金の貸し手から実際に対面をしてお金を手渡したいといわれる場合もあります。

ですが、サイトやSNSで知り合っただけの見知らぬ人とお金の貸し借りで安易に会うのは非常に危険です。

「個人融資なんだから、当事者同が取引に責任を持てばいいんでしょう?」

と思うかもしれませんが、こちらが誠実に対応するつもりであっても、相手もそう思って取引しようと思っているかどうか知るすべはありません。

個人融資の上限金利を知っていますか?

お金の貸し借りをする際には金利を設定するのが一般的ですが、個人融資の場合にはどれぐらいの金利を設定できるか知っていますか?

個人融資は金利についてあいまいになりがち

金融機関からお金を借りる場合とは異なり、個人融資ではお金の貸し手と借り手が話し合って融資の条件を決めていきます。

ただ、借りる金額や返済期間などについてはお金を借りる側が希望を出すこともあるかもしれませんが、金利についてはお金を貸す側が設定するのが一般的です。

ところが、個人融資ではしっかりした書面を取り交わさないままお金の貸し借りをしてしまうことも珍しくありません。

しかし、「個人融資だから」と、金利などについてあいまいしたままお金を借りてしまうと後々大変なことになってしまう
可能性もあるのです。

個人融資の上限金利はなんと109.5%!

個人融資で金利をあいまいにしたままお金を借りてしまうと、大変なことになってしまう可能性があると説明しました。

それなら、お金の貸し手から金利の話が出ればそれで安心かというと、それだけではまだ充分ではありません。

例えば「出資法に従って金利を決めましょう」などと提案されれば、しっかりと法律にのっとってお金を貸してくれるんだ、などと勘違いしてお金を借りる決心をしてしまうかもしれないですよね。

しかし、個人間の融資における出資法の上限金利は、109.5%にもなることを知っていたらどうでしょうか?

【利息の上限】

債権者 出資法 利息制限法
個人 109.5% 10万円未満…20%
~100万円未満…18%
100万円以上…15%
貸金業者 20%

利息に関する法律は適用範囲があいまいな部分もあります。

個人間の融資における出資法の上限金利は確かに109.5%となっていますが、お金の貸し借りでは実は出資法よりも利息制限法が優先されます。

借主がそのことを知っていてきちんと主張すれば20%を超える利息は支払う必要がないのですが、知らなければ109.5%の利息を支払わされても相手は罰せられることもありません。

借りる側が利息に関する法律をしっかり理解していていないのに個人融資を利用するのは危険すぎます。

個人融資の貸し手は「見知らぬ人」

どこからもお金を借りられなくて途方に暮れているときに個人融資のサイトにたどり着けば、確かに救われたような気持になるのかもしれません。
しかし、個人融資のお金の貸し手は会ったこともない「見知らぬ人」です。

相手が善良な人なのかそうでないのかを判断する手がかりは何もありません。

冷静になって考えてみれば、いくら善良な人でも全く知らない個人に対して善意でお金を貸すなどということはしないと気づくはずですが、とにかくお金を借りたいと必死になっている時にはそのようなことにもなかなか気づけないものです。

個人融資の相手は「見知らぬ人」です。

冷静になって、もう一度よく考えてみてください。

個人融資は危険!闇金業者が紛れている恐れも…

個人融資を利用しない方がいいのは、個人融資サイトに書き込みをしている人が全てお金に困っている人だからです。

お金に困っている人たちが大勢集まっているところには、そうした人たちをだまそうとする悪徳業者も集まってくるのです。

個人融資の貸し手の目的を考えてみる

見ず知らずの人にお金を貸すメリットについて考えてみてください。

もしあなたが誰かにお金を貸すと仮定して、見知らぬ人にただ親切心だけでお金を貸せますか?

金融機関からお金を借りられないような人にお金を貸してしまったら、お金を返してもらえないのではないかと不安になるのが普通だとは思いませんか?

そう考えると、お金を貸す側には、貸したお金を絶対に返済させるだけの自信があるか、少々のお金が戻ってこなかったとしてもお金に困っている人に接触することで、それ以上のメリットが得られるかのどちらかだと考える方が自然でしょう。

個人融資掲示板を運営しているのは闇金業者かもしれない

世間には、金融機関でお金を借りられない人たちを狙って融資を提案する人達もいます。
それが闇金業者や詐欺師です。
闇金業者や詐欺師は個人融資の掲示板に集まる人たちがどれほどお金を借りたがっているかをよく知っています。

つまり彼らにとって個人融資の掲示板に借入希望の書き込みをしている人たちは格好のターゲットなのです。

さらにいうなら、闇金業者自身が個人融資サイトを運営している可能性だってあります。

利用した人の口コミなんてその気になればいくらでも作成できますから、いい口コミを大量に掲載してお金に困っている人たちを誘導しているかもしれません。

安全な個人融資なんて存在しない

個人融資による実際の被害例をいくつか挙げてみました。

  • 本人確認のために提出した個人情報を悪用されてしまった
  • お金を借りるための保証料や手数料が必要だといってだまし取られた
  • お金を貸すと見せかけて実は口座の買い取りを持ちかけられた、収益目的のサイトへの登録を迫られた
  • 借主が女性の場合だとわいせつ目的で対面融資を強要する場合も…

何度もいいますが、個人融資でお金を借りたいと希望する人のほとんどは正規の金融機関からお金を借りられない人です。

個人融資サイトにはそうした人たちを狙う悪徳業者が山ほど潜んでいます。

安全な個人融資なんて存在しないことをよく理解しておくべきでしょう。

お金に困った場合でも個人融資以外の方法を考えよう

個人融資でお金を借りるのは非常に危険です。
お金が必要なのにどこからも借りられないという場合でも、個人融資は絶対に避けてください。

カードローン審査に通過できない原因を解消する

個人融資でお金を借りようと考えたということは、カードローン審査にも通過できなかったのかもしれませんね。

でも、どうしてカードローンでお金を借りられないのかその理由を考えてみましたか?

過去に返済トラブルを起こしてブラックリスト入りしていたとしても、融資してもらえる中小消費者金融はあります。
中小消費者金融は正規の業者ですから、個人融資を利用するよりはるかに安全です。

また、現在返済トラブルを起こしていて、それを解決するためにお金を借りたいというのなら、親兄弟や友人に頭を下げて今回だけお金を借りてはどうでしょうか?

仕事をしていないからどこからも借りられないというのなら、アルバイトでも構いませんからとにかく仕事を始めましょう。
そもそも仕事もしていないのなら、個人融資でお金を借りたとしても返済できませんよね。

カードローンでお金を借りられないなら、借りられるように状況を改善していきましょう。

お金が必要なのにどこからも借りられない!そんな時は公的支援に頼る

お金を借りられない状況を改善したいのはもちろんだけれども、それまで待てないほど困窮しているという場合でも、やはり個人融資に頼るのはおすすめできません。

危険な個人融資を利用するくらいなら、公的支援を頼りましょう。

生活困窮者自立支援制度などを利用できれば、安定した生活への足掛かりとなるはずですので、まずは、住んでいる地域の社会福祉協議会や市区町村役場の福祉課などに相談をしてみることです。

おわりに

金融機関からお金を借りられない場合に、借りられるならどこからでも借りたいと考えてしまう気持ちも分からないわけではありません。

また、お金を貸そうというひとすべてが闇金業者だとは限らないでしょという意見もあるでしょう。
しかし相手が犯罪者かどうかを見極めることは非常に困難です。

個人融資の利用は絶対におすすめできませんが、もし個人融資を利用して何らかの被害に遭ってしまった場合は、すぐに警察や法律の専門家に相談してください。