30万円借りたいときの方法7選!審査なしで借りる方法も解説!

30万円借りたいときの方法7選!審査なしで借りる方法も解説! ライフ

「30万円借りたいな…」
「審査なしで30万円を借りるにはどうすればいいんだろう…」

などなど、いざ30万円借りたいと思っても、どんな方法で借りるべきか分からないですよね。

なかなか30万円も借りる機会なんてありませんし、正しい借入方法を押さえておきたいことでしょう。

今回はそんな方に向けて、30万円借りたいときの方法を7つに絞って解説していきます。

記事後半では30万円借りたいときにおすすめのカードローンも紹介しますので、ぜひ最後までお読みください!

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

30万円借りたい人におすすめ!消費者金融系カードローン5選!

30万円を借りたいならば、数ある方法のなかでまずは「消費者金融系カードローンでの借入」がおすすめ。

Web申込なら最短即日融資にも対応していてお急ぎの方でも安心して利用できますし、無利息期間を設けているため返済計画も立てやすいです。

以上の点から、まずは30万円借りたい人におすすめの消費者金融系カードローンを厳選して5つ紹介します。

■おすすめの消費者金融系カードローン5社

サービス名金利利用限度額融資時間申込方法借入方法
①アコム
アコム-ロゴ
3.0%~18.0%1万円~800万円最短即日※Web・電話・店舗・郵送・無人店舗振込、提携ATM、アコムATM、店頭窓口
②プロミス
プロミス-ロゴ
4.5%~17.8%1万円~500万円最短即日※Web・電話・店舗・郵送・自動契約機振込、提携ATM、プロミスATM、プロミスコール(電話)、店頭窓口
③アイフル
アイフル-ロゴ
3.0%~18.0%1万円~800万円最短即日※Web・電話・アプリ・無人店舗振込、提携ATM、アイフルATM、スマホアプリ
④SMBCモビット
SMBCモビット-ロゴ
3.0%~18.0%1万円~800万円最短即日※Web・電話・郵送・ローン契約機振込、提携ATM
⑤レイクALSA
レイクALSA-ロゴ
4.5%~18.0%1万円~500万円最短即日※Web・電話・自動契約機振込、提携ATM、セブン銀行ATM、新生銀行カードローンATM、電話、自動契約機

1つずつ見ていきましょう!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

①アコム

アコムバナー-300×250

金利3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
融資時間最短即日※
申込方法Web・電話・店舗・郵送・無人店舗
借入方法振込、提携ATM、アコムATM、店頭窓口

アコムはWeb申込で最短即日融資ができる、大手消費者金融系のカードローン。

審査回答は最短30分と早く、お急ぎの方に今イチバンおすすめしたいサービスです。

利用限度額は最大800万円と高く、審査結果によっては30万円借りられますね。

\はじめてなら最大30日間利息ゼロ円/

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

②プロミス

プロミス

金利4.5%~17.8%
利用限度額1万円~500万円
融資時間最短即日※
申込方法Web・電話・店舗・郵送・自動契約機
借入方法振込、提携ATM、プロミスATM、プロミスコール(電話)、店頭窓口

プロミスも同じくWeb申込で最短即日融資のできるカードローンで、審査結果によっては30万円の借入も可能。

借入日翌日より最大30日間の無利息サービスを受けられますし、返済計画を立てやすいサービスともいえます。

さらにWeb完結での申込なら、郵送物を回避できて他の人に利用がバレにくいのも魅力ですね。

\WEBなら最短30分で借り入れ可能!/

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

③アイフル

アイフル-300_250

金利3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
融資時間最短即日※
申込方法Web・電話・アプリ・無人店舗
借入方法振込、提携ATM、アイフルATM、スマホアプリ

アイフルもWeb申込での最短即日融資ができ、お急ぎの方にオススメの大手消費者金融系カードローンです。

審査回答は最短30分で非常に早く、即日振込にももちろん対応しています。

また初回利用なら契約日翌日から30日間金利が0円になるため、こちらも返済計画を立てやすいサービスといえいますね。

\柔軟な審査で話題!今日借りるならアイフル/

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

④SMBCモビット

SMBCモビット-200_200

金利3.0%~18.0%
利用限度額1万円~800万円
融資時間最短即日※
申込方法Web・電話・郵送・ローン契約機
借入方法振込、提携ATM

SMBCモビットも大手消費者金融系のカードローンで、Web完結申込だと最短即日融資もできます。

限度額は最大800万円なため、こちらも審査結果次第で30万円の借入ができますね。

なおWeb完結申込だと電話連絡なしにできるため、他の人がバレにくくなるのもポイントです。

\Web完結で電話連絡なしにできる!

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

⑤レイクALSA

レイクALSA広告-20211101

金利4.5%~18.0%
利用限度額1万円~500万円
融資時間最短即日※
申込方法Web・電話・自動契約機
借入方法振込、提携ATM、セブン銀行ATM、新生銀行カードローンATM、電話、自動契約機
レイクALSAもWeb申込で最短即日融資ができ、最短60分で融資を受けられます。

カードレスでの利用もでき、カード紛失の恐れが無いのもポイントです。

なお初回利用ならWeb申込で最大60日間利息0円にもでき、返済を進めやすいのも魅力ですね。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

急いでないけど30万円借りたい場合は銀行カードローンがおすすめ

「数日かかってもいいから30万円借りたい…」
「30万円借りられるにしても消費者金融は使いたくない…」

こうお思いならば、銀行カードローンを使って30万円借りるのもおすすめです。

申込んだその日のうちに借りられませんが、消費者金融より金利が低めですし、運営元がメガバンクとより安心感があります。

では銀行カードローンで30万円を借りるならどこを選ぶべきか。今回は以下の3つをおすすめします。

■おすすめの銀行カードローン

サービス名金利利用限度額融資時間申込方法借入方法
①セブン銀行カードローン14.0%~15.0%300万円最短2営業日以降Web・アプリATM・ダイレクトバンキングサービス
②三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」1.8%~14.6%500万円最短翌営業日以降Web・来店・電話・郵送・FAXATM・振込
③みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%800万円最短2営業日以降WebATM・振込

①セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン

■セブン銀行カードローンのおすすめポイント

  • 最短2日で借入可能!
  • スマホ完結で来店不要!
  • ATM手数料は0円!
金利14.0%~15.0%
利用限度額300万円
融資時間最短2営業日以降
申込方法Web・アプリ
借入方法ATM・ダイレクトバンキングサービス

セブン銀行カードローンはいま人気の銀行カードローン。

専用アプリから申し込むと最短2日で借り入れ可能で、スピーディーに利用できるのが魅力です。

また申込~借入まではスマホですべて完結できるため、書類の記入や来店の必要がないのもポイント。

なお借入や返済にあたって手数料はかかりませんから、必要な時に必要な分だけ何度も利用できるのも嬉しいですね。

セブン銀行カードローンの審査に落ちる原因は?審査基準などを徹底解説

②三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

バンクイック

■バンクイックのおすすめポイント

  • 月々の返済額は1,000円から!
  • Web完結で申込可能!
  • 三菱UFJ銀行口座がなくても申込OK!
金利1.8%~14.6%
利用限度額500万円
融資時間最短翌営業日以降
申込方法Web・来店・電話・郵送・FAX
借入方法ATM・振込

三菱UFJ銀行の提供するバンクイックも、30万円を借りたいときにおすすめの銀行カードローンです。

返済額は毎月1,000円~と比較的低く、返済計画を立てやすいのがポイント。

三菱UFJ銀行の口座なし・Web完結で申し込めるため、気軽に利用しやすいのも魅力ですね。

\月々の返済額は1,000円から!/

③みずほ銀行カードローン

210707-みずほ銀行カードローン

■みずほ銀行カードローンのおすすめポイント

  • ATM手数料0円!
  • 来店・郵送は不要!
  • 他社より金利は低め!
金利2.0%~14.0%
利用限度額800万円
融資時間最短2営業日以降
申込方法Web
借入方法ATM・振込

みずほ銀行カードローンはメガバンクのみずほ銀行が運営するカードローンで、金利の低さがポイント。

最大金利が14.0%と他の銀行カードローンより低めですから、少額融資の際は返済を比較的進めやすいのが魅力です。

また来店・郵送不要で申し込めますから、こちらも気軽に利用しやすいのがポイントですね。

30万円借りたいときの方法7選!

キャッシング-指を立てるスーツ姿の女性

ではカードローンの方法も含めて、30万円借りたいときはどうすべきか。具体的には以下の方法をおすすめします。

ご自分に合ったものを選んでくださいね!

①消費者金融系カードローンで借りる

まず「カードローン」と一口にいっても、その種類はさまざま。具体的には「消費者金融系カードローン」「銀行カードローン」の2つに大別されます。

<カードローンの種類>

種類概要メリットデメリット
①消費者金融系カードローンプロミスやアコムをはじめとした、貸金業者からの借入ができるカードローン
  • 最短即日で借りられる
  • 審査時間が早い
  • 原則銀行口座の新規開設不要
  • 商品によっては無利息期間がある
  • 上限金利は高め
  • 総量規制で年収の1/3までしか借りられない
②銀行カードローン銀行・信用金庫の提供するカードローン
  • 銀行提供による安心感がある
  • 金利は低めで利息負担は軽い
  • 即日融資ができない
  • 保証会社の審査も必要
  • 無利息期間のサービスはない

上記のうち消費者金融系カードローンだと審査スピードが早く、最短だと申し込んだその日に融資を受けられます。

さらに無利息期間サービスがあったり新規口座開設が不要だったりと、使い勝手が良いのも魅力です。

なお借入限度額は総量規制により年収の3分の1までしか借りられないため、消費者金融系カードローンで30万円借りたいならば最低90万円の収入は必要ですね。

②銀行カードローンで借りる

先ほど紹介した消費者金融の提供するカードローンに対し、銀行が提供するカードローンもあります。

「銀行」が提供する安心感があり、消費者金融系カードローンと比べると金利は低めで使いやすいのがポイントです。

ただしシステムの都合上で即日での融資ができず、スピード面では消費者金融に劣ります。

お急ぎの場合は、先ほど紹介した消費者金融系のカードローンがおすすめですね。

③国の制度を使って借りる

お金・生活に困っている方を対象にした、国が出す各種制度を活用するのもオススメ。

日本では「生活福祉支援貸付」の制度があり、具体的には以下の通りにわかれます。

制度名詳細
①緊急小口資金緊急で一時的に生活が困窮したときに活用できる制度
②教育支援資金子どもの進学・就学のための借入
③総合支援資金失業などの理由で生活に困窮している人が、生活を再建して経済的自立を図るための制度

年収の低さや失業などが利用条件になっていて、金融機関とは違う流れで審査・活用できます。

消費者金融や銀行カードローンなどでの審査に落ちた人でも通りやすい傾向にありますし、低金利or無利息で借りられるのも魅力ですね。

④友人・親から借りる

友人や親など、身近な人から30万円を借りるのも手です。ただ身近な人から借りる以上は、以下の点に注意しておきたいところです。

<身近な人からお金を借りるときのポイント>

  • 信頼関係を壊しかねない
  • 嘘をつかないこと
  • 本当の理由を言わずに依頼しないこと
  • 返済計画を立てて詳細を説明する
  • 借用書を作る

まず友人や親など身近で信頼関係を築いた間柄とはいえ、お金で問題を起こせば一瞬で人間関係を崩壊させかねません。

近しい関係だからこそ真剣に考え、誠実に対応するのがポイントです。

またそうした信用の観点から嘘をつかないのはもちろん、30万円を借りる理由をちゃんと説明し、綿密な計画を立てた上で借用書を作りましょう。

金銭トラブルを起こして信頼関係を壊さないためにも、しっかりと対策を立てましょう。

⑤質屋を使って借りる

30万円借りたいならば、価値の高い貴金属やブランド品を持って質屋に預けてお金を借りるのもおすすめです。

腐敗するものなど一部商品を除き、基本的にはどんなものでも査定してくれます。

なお質入れができるのは3ヶ月以内で、その期間が終わってから商品を融資した金額で買い戻し、さらに期間に応じた利息の質料を支払っていきます。

また質屋ならカードローンと違って審査がなく、仮に借入金額を返済できないときでも督促は来ません。

しかも質屋は買取ショップを兼ねているケースが多い点から、比較的安心してまとまったお金を借りやすいのもポイントですね。

ただし質屋だと金利は高めで、返済できなかったときは預けた商品を没収・売却されてしまいます…。

⑥保険会社の契約者貸付制度で借りる

貯蓄性のある生命保険に加入しているならば、保険会社の契約者貸付制度を活用して30万円を借りるのもおすすめです。

契約者貸付制度は審査が不要ですし、解約返戻金の範囲内で他の借り入れ方法と比べても低金利でお金を借りられます。

⑦クレジットカードのキャッシング機能で借りる

クレジットカードを持っているならば、そのカードについているキャッシング枠で30万円を借りられます。

もしカードにキャッシング枠がなければ、カード会社に連絡して増額もできます。

なおキャッシング機能を使う場合、カードの利用限度額は「ショッピング利用額」と「キャッシング利用額」の合計額になる点に注意してください。

たとえば利用限度額が50万円で、ショッピング枠で50万円を使ってる場合、新たに30万円の借り入れできないんです。

クレジットカードのキャッシング枠を活用するなら、現在の利用状況も把握しておきましょう!

審査なしで30万円借りたいときは?

考える女性

消費者金融をはじめとして、お金を借りる時には基本的に審査に通らないといけません。

ですがなかには「審査なしで30万円借りたい」とお思いの方もいますよね。

もし審査なしで30万円を借りたい場合は、次の方法を試してみましょう。

<審査なしで30万円を借りられる方法>

  1. 質屋で借りる
  2. 友人・知人・家族から借りる
  3. 国の支援制度で借りる
  4. 保険の契約者貸付制度で借りる
  5. クレジットカードのキャッシング機能で借りる

なお上記を見るとわかるとおり、金融機関では審査なしで30万円の借り入れができません。

金融機関らしき業者から審査なしで借りられる場合、それは闇金の可能性が高いため注意しましょう。

30万円の借入で手を出してはいけない方法2つ

手でばつを示す女性

さまざまな広報で30万円を借りられますが、間違っても以下の方法で借りないよう注意してください。

<30万円の借入で手を出してはいけない方法2つ>

  1. 闇金で借りる
  2. クレジットカードの現金化
  3. SNSでの個人融資(個人間融資)

①闇金で借りる

闇金はカンタンにいうと、貸金業登録をしていない違法な金融業者のこと。

もし闇金を使ってしまった場合は、次のリスクを受けるおそれがあります。

<闇金で30万円を借りるリスク>

  • 法外な金利を課せられる
  • 完済させてくれない
  • 個人情報を抜き取られる
  • 嫌がらせを受ける
  • 犯罪に加担・強要させられる
  • 怖い取り立てを受ける

また闇金には「無担保無保証」「ブラックOK」「超低金利」といった甘い広告を並べてる可能性が高いです。

なかには大手業者と名前の似た屋号もありますし、間違って利用しないよう注意したいところです。

②クレジットカードの現金化

クレジットカードの審査に落ちる人の特徴

「クレジットカードの現金化」とは、クレジットカードのショッピング枠を現金にする行為を指します。

クレジットカードを使って商品を購入し、その商品を販売業者に買い取らせて現金に換えられるんです。

ですがクレジットカードの現金化は、カード会社との契約違反

規約違反に該当した場合は、そのカードの利用停止および解約となってしまいます。

またカード解約時にはこれまで使った分のお金を一括返済するよう要求されるケースがあります。

③SNSでの個人融資(個人間融資)

Webの発達した現代で多いのが、TwitterをはじめとしたSNSによる個人融資(個人間融資)。

「30万円貸します!」「融資します!」とのうたい文句があっても、そこから絶対に契約を結ばないことです。

というのも個人間でも反復継続の意思があって金銭貸付をするのは貸金業に該当し、貸金業法規定に抵触する恐れがあるからです。

なかには闇金業者が紛れている可能性もありますし、犯罪被害やトラブルなどに巻き込まれる恐れもあるんです。

その他にもフィッシング詐欺にあったりわいせつ行為にあったり、個人情報流出にも繋がりかねません。

またSNSだけでなく、Web上の掲示板でも個人融資が起きています。

いずれにしても個人融資は控え、トラブルに巻き込まれた時は警察、金融庁、日本貸金業協会、消費者ホットラインなどに相談しましょう。

まとめ~30万円借りたいなら正しい方法を押さえよう~

今回は30万円借りたいときの方法について、厳選してご紹介してきました。

消費者金融系カードローンや銀行カードローンをはじめとし、ご自分に合った方法を選んでみてくださいね。

<30万円借りたいときの方法7つ>

  1. 消費者金融系カードローンで借りる
  2. 銀行カードローンで借りる
  3. 国の制度を使って借りる
  4. 友人・親から借りる
  5. 質屋を使って借りる
  6. 保険会社の契約者貸付制度で借りる
  7. クレジットカードのキャッシング機能で借りる

なお審査なしでの借入を希望する場合は、上記方法のうちカードローン以外の手段を選びましょう。

またお金を借りる際は、間違っても闇金・クレジットカードの現金化・個人融資といった手段で借りないようにしてくださいね。

正規方法で30万円を借りましょう!