使い方を間違えると闇金より恐い!?リボ払いを早く返す方法について解説

三井住友銀行カードローン豆知識

リボ払いは使い方や認識を少しでも誤ると、「地獄」と呼ばれるほど返済が長引き、支払額も膨れ上がってしまうことがあります。

どうして長引いたり、支払額が膨れ上がってしまうのか?

それはリボ払いのシステムに理由があります。

リボ払いはクレジットカード利用料の支払い方法の一つなのですが、クレジットカード利用代金支払いが終わるまで、リボ払い返済も終わりません。

しかしリボ払いで設定された支払額の中のほとんどが「手数料」の支払いです。

この手数料はリボ払いで設定されている金利によって決まります。

いつまで経っても手数料の支払いばかりで、クレジットカード利用代金の支払いが進まない…。

これが「リボ払いの返済が終わらない」と言われる所以です。

今回の記事では「リボ払いの地獄にハマってしまう原因や特徴」「リボ払いから抜け出すための方法」を紹介いたします。

リボ払いを使ってみたいけど恐い…。

リボ払いの地獄にハマってしまって抜け出したいけど、その方法がわからない…。

上記の悩みを抱える方は、是非参考にしてみてくださいね。

リボ払いがどうしてやばいのか?リボ払いがやばい要素を体験談も交えて紹介
「リボ払い」と聞くと、「なんだかよくわかってないけどなんか嫌な感じがする…なんだかやばそう…」なんて思う方も多いです。 確かにその通り。 リボ払いは時に「地獄」と言われるほど、関わると良いことにならないと有名です。 リボ払...

目次

そもそもリボ払いの支払い方式のシステムってどんな仕組み?

スマホを持って疑問を抱える女性

冒頭で既に少し触れている「リボ払いの支払いはほとんど手数料のみ」というのは、リボ払い利用者の使用方法によります。

もちろんリボ払いは活用方法によってはすごく便利なシステム、支払い方式です。

もし「返済がほとんど利息分だけ」が当たり前の闇金まがいの商品がなら、消費者庁も金融庁も黙っている訳がありません。

ほとんど手数料のみの支払いになってしまうのは、リボ利用者の支払い方法の設定によるものなのです。

以下からリボ払いのシステムについて解説していきます。

リボ払いは定額+手数料

リボ払いの支払い方法はクレジットカード会社が用意した支払い定額設定「1万円・2万円・3万円」などから毎月の支払額を選択し、その定額+手数料(借入金に応じる)を毎月支払う方式です。

一括払いや分割払いと違って1商品に対しての支払いではなく「リボ払いを使って支払いをしたものすべて」に対しての返済が発生するのが特徴です。

以下の表を見て頂けるとイメージしやすいかもしれません。

支払い方法 購入品(値段) 返済対象
一括払い・分割払い ・アクセサリー(3万円)

・パソコン(7万円)

・化粧品(1万円)

それぞれ個別に支払い義務が発生するため、アクセサリーの支払いが終わればアクセサリーの支払いは終了。
リボ払い ・アクセサリー(3万円)

・パソコン(7万円)

・化粧品(1万円)

合計11万円の「リボ払いしたもの」に対して返済義務が発生。リボ払い分をすべて返済するまで支払いは終わらない。

一括や分割の場合、1商品に対してのみ支払い義務があるので基本的に支払い残高は減ることしかないのです。

リボ払いは「リボ払いしたものすべて」に支払い義務があるので、支払い残高が増加する可能性があるのです。

分割払いとの違い

分割払いは購入した特定の商品に対して設定できる支払い方式です。

例えば3万円の服を購入して「分割払い:3回」を利用した場合は、確実にその商品の支払いは3回で終了します。

その際に分割した期間の分だけ手数料が発生する仕組みです。

リボ払いは特定の1商品への支払いではなく「リボ払いで購入した商品すべてへの支払い」なので、分割払いとは明確に異なるのです。

リボ払いには二種類ある

「リボ払いはリボ払いをしたものすべてに対して支払い義務が生じる」というリボ払いの基本的なシステム構造は変わらないのですが、その中でも多少支払い方式に違いがあります。

  • 定額方式
  • 残高スライド方式

上記二つについて説明していきます。

リボ払い:定額方式

定額方式は支払い残高に関係なく、最初に決めた返済金額(のちに変更可)と支払い残高に比例した手数料を返済完了まで支払う方式になります。

一般的なリボ払いの認識の支払い方法がこちらになります。

リボ払い:残高スライド方式

残高スライド方式は、月の返済額が定額ではなく「支払い残高」によって変化する支払い方法です。

例えば、

支払い残高が10万円以下の場合の支払額は「1万円+手数料」

支払い残高が10万円以上20万円以下の場合は「2万円+手数料」

という風に支払い残高によって引き落とされる金額を変更するように設定できるのが「残高スライド方式」でのリボ払いになります。

リボ払いの残高支払いはなぜ終わらないのか

貧乏な家に住む男性

ではここで改めて、「地獄」と揶揄されることもあるリボ払いについて、「なぜ終わらないのか」を今一度考えておきましょう。

確かにリボ払いはクレジットカードの皮をかぶっている分わかりにくいですが、認識や使い方を誤ると闇金からの借金よりもたちの悪い存在です。

過去多くの人がリボ払いによって生活を破綻させられた事実があるのも納得できるというものです。

金利の支払いがおもすぎる

記事の最初に書いた通り、金利で支払う手数料が重すぎます。

金利の設定はクレジットカード分割払いよりも高く設定されており、あらゆる支払い方法よりも多くの手数料を支払うことになってしまいます。

その金利の設定は、「お金を借りる目的」の一部カードローンより高く設定されているほど。

リボ払い手数料は通常カード利用者が支払う必要のない「無駄な支払い」です。

この時点でリボ払いにメリットはなくなります。

リボ払いで発生する金利の計算方法は?そもそもリボ払いは使わないほうがいいって本当?
リボ払いは返済時に手数料を追加で請求しています。 手数料はかなり大きくなる可能性もあるため、計算の方法や手数料に関わる要素を知っておくほうがいいでしょう。 また、リボ払いを本当に使うべきかどうかも慎重に考えておきましょう。 ...

リボ払い返済中にクレジットカードを使ってしまう

リボ払い返済中でも、クレジットカードを使うことができるのも問題です。

クレジットカード利用限度額までに余裕があれば、その余裕分お金を借りることができるので当然使った分リボ払いの負担は大きくなります。

利用料が支払えない・お金に余裕がない人はリボ払いの途中でもクレジットカードを使ってしまうでしょうから、それでは地獄によりはまり込んでいくだけです。

リボ払いが生活の一部になりがち

リボ払いは、毎月の利用代金を少額にする代わりに手数料を払い続けるというもの。

人間というものは良くも悪くも慣れる生き物です。

毎月リボ払いの利用代金を支払っていると、いつの間にかその支払いが日常になってしまいます。

それにより、通常感じるべきリボ払いの危機感をまったく感じなくなります。

リボ払いが生活の一部になって「当たり前」の存在になった時、もう地獄に腰まではまり込んでいます。

クレジットカード会社がリボ払いを勧める理由

多くのクレジットカード会社がリボ払いを勧めています。

わたしが使用しているクレジットカード管理アプリ画面でも、わざわざ「リボ払い切り替え期日」を設けていますし、アプリから簡単に審査もなく簡単にリボ払いに切り替えることができます。

それほどクレジットカード会社は、利用者にクレジットカードを利用してもらいたいのです。

なぜクレジットカードを提供する会社は、リボ払いを勧めるのでしょうか?

理由は明確でクレジットカードの中で一番会社にとって利益になる商品・サービスがリボ払いだからです。

以下からリボ払いを利用してもらうことでなぜクレジットカード会社が儲かるのかを解説していきます。

支払額が一定のため、元金を減らさずに手数料を取れる

リボ払いの特徴として「支払額が一定である」ことが挙げられます。

その月々の支払額の中に手数料も含まれていますが、元の購入品の金額が多い場合、その分返済期間が長引くので多くの手数料(=利息)を取れるのです。

支払う回数が多くなればその手数料もとることができます。

月々の支払額も設定できるので、少額の支払いの設定にしてしまうと返済額のほとんどが手数料ということになります。

本来貸し付けたお金以上の利息を取れることもあるのですから、クレジットカード会社からすれば当然一括や分割払いよりもリボ払いを勧めますよね。

リボ払いは危機感を持ちにくい

上記でも「リボ払いは生活の一部になりがち」と紹介しましたが、まさにそこがクレジットカード会社の思うつぼなのです。

支払額を毎月「2万円」と設定していれば、それ以上の金額がかかることはありませんから水道光熱費やインターネット代、家賃などと同じように「固定費」として考えてしまいがちなのです。

その思考になってしまうと月2万円さえ払っていれば支払いに問題はないと、すべて完済していないのにもかかわらず、新たにリボ払いを利用して買い物してしまうんです。
※リボ払いのシステム上その思考になりやすいです。

そうなると元金と利息・支払い回数の増加による手数料額が膨らんでしまいますが、支払額が増えても目に見えずに設定した2万円の支払いが変わらないので危機感を持ちにくいのです。

お金を使っていることと思わせずにお金を使わせる…最高の商売ですよね。

リボ払いの罠にひっかかってしまう人はどんな人?

リボ払い=悪のように話してしまっていますが、使い方や仕組み、特徴を把握したうえで使用すればとても便利な商品です。

うまく便利に活用している人がいるのに、一部の人はリボ払いを活用するどころか飲み込まれてしまいます。

それでは、リボ払いに飲み込まれてリボ地獄にはまってしまう人とは、どのようなひとなのでしょうか?

リボ払いの地獄にハマってしまう人の特徴を解説していきます。

自分がいくら借りているのかを把握しない

通帳を見て頭を抱える男性

クレジットカードの一括払いを例にするとわかりやすいかもしれません。

今月はそんなにカードを使った記憶が無い。

恐らく問題なく口座から利用金額が引き落とされるだろう…。

この時、自分がクレジットカードでいくら使ったのかを一応調べて把握する人はリボ払いにハマりにくいです。

逆にいくら使ったのかを確認しない人はリボ払いの地獄にハマりやすいと言えます。

後者の場合「支払いが問題なく行われるならいくら使ったのかを把握する必要がない」と考えてしまうのです。

リボ払いは「毎月設定した定額分の支払いを行う金融商品」ですよね?

当然自分の支払える分の金額が毎月引かれるので「問題なく支払えている」という認識になり、自分が今いくら借りているのかを気にしなくなってしまうのです。

楽をしようと毎月の設定金額を低く設定してしまう

何度も説明していますが、支払い回数が多いほど手数料や利息があがるのがリボ払いです。

手数料や利息は残高の大きさに比例して額をあげます。

支払い残高がそこそこ大きいのに毎月の返済額が低く設定されていると返済額のほとんどが「手数料と利息」になって借金元本はほとんど返済出来ていない状況になってしまうのです。

リボ払い申し込み時に元から設定されている返済金額が低く設定されている場合もあるので注意が必要です。

楽をしようと月々の返済額を低く設定していた人は、借金の残高に合わせて返済額の設定を見直す必要があるかもしれません。

ハイブランド好き

たくさん物を買った女性

グッチやシャネル、ブルガリなどのハイブランドは10万円を超えるような商品ばかりで高収入でないと簡単に手を出せるものではありませんよね。

しかしリボ払いなら10万円を超えるような買い物でも翌月の支払日に設定した金額を支払えば購入することができます。

例えば20万円のものを購入しても設定した返済額が2万円なら、翌月の支払日に払うのは「2万円」になりますから感覚はマヒしてしまいますよね。

ハイブランド…高級品好きの人がリボ払いを知ってしまうとハマりやすい傾向にあります。

頻繁にリボ払いを利用する

リボ払いの定額支払いは、しっかりと使用方法や利用方法を管理すれば、お金の管理にとても役立つ商品です。

しかし普段の食費や生活用品などの少額でも使用してしまっていたり、公共料金の支払いなどにも使用するなど「普段使い」をしてしまうと危険です。

自分では大した金額を使用していないつもりでも、積もり積もって大きな金額になっていたりするのです。

リボ払い返済を早く終わらせるにはどうすればいい?

それでは現在進行系でリボ払いの支払いを行っている人は、これからどうすればいいのか。

リボ払いの支払いを早く終わらせる方法は無いのか?

具体的にリボ払いの期間を短くする方法を考えていきましょう。

一括返済する

リボ払いの支払いが長引くのは、毎月小刻みに支払いを行うからです。

それではその支払を小刻みではなく一括での支払いにすれば、今後はもうリボ払いのことで悩む必要はなくなります。

もし今の貯蓄含めた有り金すべてはたかないとリボ払いの一括払いができないとしても一括払いでリボ払いとおさらばした方がいいです。

貯蓄をすべて使い切ってしまうことに釣り合うメリットがあります。

可能ならリボ払いで小刻みにではなく、一括の支払いで今後はもうリボ払いのことは考えないようにしましょう。

月の返済額を増やす

一括の支払いでなくても、毎月の支払額を増やすだけで効果があります。

たとえば利用残高が10万あって、毎月1万円支払うのと1万5千円支払うのでは、最終的に支払う利息には大きく差が出ます。

10万円の利用料を15%のリボ払いで10回払いにしたとしたら最終的に支払う手数料は12,320円。

対して、10万円を1万5千円で7回払いで支払う手数料は、8624円と大きく差が出ます。

月々の支払い額こそ多くなりますが、長い目でみればどちらがお得かは言うまでもありませんよね。

リボ払いの支払額を増やすには、月の収入から支払う割合を少し大きくするだけです。

低金利のキャッシングに借り換える

リボ払いで無駄なお金を払うくらいなら、別のキャッシング返済で利息を払ったほうがまだマシです。

カードローンの審査に通過してお金を借りて、そのお金でリボ払いの支払い残高を支払ってしまいましょう。

キャッシングでお金を借りた方が「返済する」という強い意志が生まれますし、積み重なるリボ払いより結果的に支払額が安く済む可能性が高いです。

具体的にどのカードローンに借り換えればいいのか紹介します。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは、リボ払いからの借入れにおすすめの銀行カードローンです。

楽天銀行カードローンで設定されている金利は「1.9~14.5%」という設定。

審査で定められる「借入限度額」が高額なら高額なほど、適用金利が下がります。

特にリボ払い支払い残高が100万円を超えるときには、金利が9.8%にまで下げられることも。

リボ払いの金利が通常15%のものが多いことを考えると、下げ幅は大きいですよね。

申し込みから融資までの時間が、銀行カードローンの中では比較的短いのもメリットです。

楽天銀行カードローンの審査は甘い?気になる審査基準や通過のコツを徹底解説
楽天銀行カードローンは、楽天の運営する銀行カードローンです。「銀行ならではの低い金利水準」と「最短翌日融資のスピード」を兼ね備えた、とても優秀な銀行カードローンです。銀行カードローンの中では審査も柔軟で、安定収入があればアルバイト・パートの

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンも、リボ払いからの借り換えでおすすめのカードローンです。

特にみずほ銀行の口座を持っている方なら、時間をかけないで借り換えが可能なのも嬉しいです。

金利の下げ幅こそ小さいですが、リボ払いから銀行カードローンへ借り換えるのは、メリットが多いです。

みずほ銀行のカードローンを徹底解説!審査基準や通過しやすくなる裏技も!?
みずほ銀行カードローンを使ってお金を借りようと思っても、実際にお金を借入可能な状況になるには、みずほ銀行カードローンの審査に通る必要があります。果たして、みずほ銀行カードローンの審査基準は甘いのか?それとも厳しいのか?実際にみずほ銀行カード

債務整理で支払額を減らす

債務整理して、リボ払い残高そのものを減らすという手もあります。

借り換えや支払額増額も確かにいい手ですが、より金銭状況が圧迫されるので、現在よりさらに悪い状況に追い込まれることも。

例えば任意整理によって、債権者との話し合いを行うことで、今後の返済額や返済方法について返しやすいものに返済される可能性があります。

借金が整理されるので、以前よりずっとリボ払いの返済が容易になるはずです。

生活保護費っていくらもらえるの?受給条件は?生活保護費の内訳も詳しく解説
生活保護費の給付引き下げが2018年10月から実施されたことが大きな話題となりました。 生活保護費が数千円減額されると生活保護世帯の生活は深刻なダメージを受けるといいます。 では、生活保護費って実際にはどのくらいもらえるものなの...

リボ払いの返済を進めるには強い精神力も必要

リボ払い返済を進めて、少しでも早く支払い自体を終わらせるにはメンタルの強さも求められます。

気が緩むと、リボ払いが進んでいたとしても再び残高が増えて「リボ払い地獄」から永遠に抜け出すことはできないでしょう。

支払い方法による利息の違いを把握してどれだけ損をするのかを把握する

精神力が必要と言われてもリボ払いがどれだけ損をしているのかを把握しないと、そもそも抜け出そうというメンタルになりませんよね。

なのでリボ払いが分割払いや一括払いと比べてどれだけ多く利息を支払っているのかを表にしました。

例として20万円の買い物で計算しています。
※金利は平均的な金利であるリボ払いを15%、分割払いを12%で設定しています。

支払い方法 金利 支払額
一括支払い 0% 200,000円
分割支払い(10回払い) 12% 211,160円
リボ払い(1万円返済) 15% 231,576円

20万円の買い物を1万円設定のリボ払いにすると計24回払いになります。

すると上記の表のような支払い総額の違いが出てきます。

一括払いと分割払いの約11,000円の差も相当ですが、特に目を見張るのは一括とリボ払いの差の約31,000円の支払額の違いです。

たった20万円の買い物でも3万円の違いが出てきますから、20万円の買い物以外にも他の買い物をしていれば、当然総支払額も増えていきます。

月々の返済額も小さければ小さいほど返済の回数を重ねることになり、その分手数料も増えますから結果的に支払い総額は多くなります。

いかがでしょうか?

リボ払いが如何に支払いにおいて損をするかわかっていただけたでしょうか?

以下から具体的にリボ払いをやめるのに必要な精神力について紹介していきます。

新しい買い物はしない

まずリボ払いの返済が終わるまでは、クレジットカードで買い物はしないでください。

理由は言うまでもなく、クレジットカードを使うとリボ払いの返済が進まないからです。

クレジットカードは大きな買い物に向いていますが、リボ払いが済んでない状況で大きな買い物は絶対にやめてください。

リボ払いを行っているあなたが考えるのは「どうしたらリボ払いを早く終わらせることができるか」です。

「リボ払いは借金」という意識を持つ

リボ払いの支払いシステムは、そのまま他のキャッシング返済と何も変わりません。

クレジットカードの利用代金支払いと聞くと少しマシにも聞こえますが、やっていることは借金返済です。

くれぐれも勘違いしないようにしましょう。

行動を先んじて意識を変える

人間は、行動しないと意識がついてきません。

「毎月の支払額を増やす」
「債務整理の手続きを申し込む」

など、リボ払い返済を早める行動を、少しでも簡単なものからでいいので手を付けることで、「リボ払いを返済する」意識は後からついてきます。

さあ少しでいいので、毎月の支払額増額手続きを行ってください。

リボ払い地獄にはまってもやってはいけないこと

リボ払いはまごうことなき地獄です。

人は窮地に立つほど、頭が回らなくなるもの。

支払い残高が減らず苦しい状況にいたとしても、やってはいけないことがあります。

闇金から借入れ

お金を持って不敵に笑う男性

どんなに状況が追い込まれた人にもお金を貸し付ける悪徳業者が「闇金」です。

リボ払いが苦しいから闇金からお金を借りるのは、より自分を苦しい状況に追い込むので、その選択は本末転倒です。

闇金は返済時に支払う利息を1000%超の高い金利で請求します。

そしてそんな利息は払えるはずなく、返済できないとなると無理やりにでもお金をむしり取るために暴力的な取り立てを行います。

闇金の取り立ての手口はどんなものがある?闇金に関わると人生が狂います
名前は聞いたことがあるけど、人生で関わることはなかなかない闇金という存在。 近年では闇金ウシジマくんという闇金業者を主人公にした漫画が人気になるなど、その恐ろしさを知っている人も多いと思います。 しかし漫画で描かれているのはあく...

友人からお金を借りる

私は個人的に、リボ払いで悩んだから友人からお金を借りるというのもおすすめできません。

リボ払いに頼ってしまうような人が、友人から借りたお金を返済できるとは思えないからです。

借金という金銭トラブルで友人関係は簡単に破綻します。

そしてリボ払いという個人的な事情で友人関係を破綻させるべきではありません。

友人は決してお金では買えないからです…。

友人からお金を借りないとどうしようもないとしたら、お金を借りる前に「借用書」を作っておきましょう。

法的効果のある借用書はどう書けばいい?
お金の貸し借りをする時には借用書を作成するのが望ましいのですが、借用書を作成する際には何か書き方に決まり事はあるのでしょうか? せっかく借用書を作成したのに、無効になってしまっては困ってしまいますよね。 今回は、法的効果のある借用書...

リボ払いに対する認識を正しく持ってほどよく距離を取りましょう

リボ払いの認識を正しく持って、リボ払いとは正しい距離を持つべきです。

最近はクレジットカードの一括払いで支払った後に、あとからその一括払いをリボ払いに変更することができるなど、一般に普及しています。

しかし記事でも述べたように、リボ払いは無駄な手数料の支払いを行うので多くの場合メリットがありません。

行ったとしても、「分割払い」支払いを遠くしたいなら「ボーナス払い」などを駆使してリボ払いの返済を終わらせてください。

まとめ

今回の記事は、リボ払いの支払いシステムやリボ払いにハマってしまう人の特徴・リボ払いの返済が終わらない方に向けて、リボ払いの返済を早く終わらせる方法について説明しました。

リボ払い地獄に一度落ちてしまうと、そこから抜け出すのは中々難しいです。

リボ払いは「支払いの先延ばし」を手数料で買っているのです。

支払いの先延ばしを手数料で買っていた人が、リボ払いをやめるというのは今までのツケを支払うのと同義です。

そう考えると思い腰は中々上がらにですよね。

しかし少しでも支払額を増やすなどして、一秒でも早くリボ払い返済を終わらせる努力をしてください。

既に支払い残高が膨らみすぎている場合は、専門家に相談しましょう。

しかしまだ数十万円…という場合は、月に2万ほど支払い額をあげましょう。

リボ払いで豪遊していた分を少しだけ我慢するだけですよ。