三井住友銀行カードローンの解約方法と解約時の注意

三井住友銀行カードローン豆知識

今後は三井住友銀行カードローンを利用する予定がないのでもう解約したい、と考える人もいるでしょう。

ただ、三井住友銀行カードローンを解約するに際には、いろいろ気をつけておきたいことなどもあります。

そこで、三井住友銀行カードローンの解約方法や、解約時の注意点について調べてみましたので、参考にしていただければと思います。

三井住友銀行カードローンのSMBCダイレクトへのログイン方法とログインしてできること
三井住友銀行のインターネットバンキング、SMBCダイレクトにログインすると、三井住友銀行カードローンをうんと便利に利用できることを知っていますか? 三井住友銀行カードローンには会員ページはありませんが、SMBCダイレクトでそれに代わる...

三井住友銀行カードローンを解約するには…

三井住友銀行カードローンを解約するには、どのような手順を踏めばよいのでしょうか?

三井住友銀行カードローンでの借入を完済する

三井住友銀行カードローンを解約するには、まず借入を完済する必要があります。

まだ借入残高が残っている場合は、その残高を全て返済しなければ解約手続きを行えません。

そこで、完済できる見込みがたったら、まず三井住友銀行カードローンの正確な借入残高を確認しましょう。

借入残高は以下の方法で確認できます。

  • 三井住友銀行カードローンプラザに連絡して確認する
  • SMBCダイレクト(インターネットバンキング)にログインして確認する

三井住友銀行カードローンの正確な借入残高を確認し、その全てを返済して借入残高が0円になれば完済です。

借入を完済しただけでは解約したことにはならない

借入を全て返済したからといっても、それで三井住友銀行カードローンを解約したことにはなりません。

三井住友銀行カードローンの借入残高が0円になれば自動的に解約されるわけではありませんので、借り入れをすべて返済した時点では三井住友銀行カードローンの契約は継続したままの状態なんですね。

三井住友銀行カードローンを完全に解約するには、完済後に改めて解約手続きを行わなくてはならないのです。

三井住友銀行カードローンの解約方法

借入を全額返済できたら、三井住友銀行カードローンの解約手続きにとりかかりましょう。

三井住友銀行カードローンを解約する方法には、

  • 三井住友銀行カードローンプラザに電話をする
  • 三井住友銀行支店窓口に来店する

の2種類あります。

カードローンプラザに電話連絡して解約する

三井住友銀行カードローンプラザに電話をして、三井住友銀行カードローンを解約したい旨を伝えましょう。

そして、以下の手順で三井住友銀行カードローンの解約手続きを進めていきます。

  • 借入残高が完済されているか確認する
  • 自宅に解約書類が郵送される
  • 解約書類に必要事項を記入して返送する
  • 三井住友銀行から解約証明書(完済証明書)を返却してもらう

窓口に出向いて解約する

窓口で三井住友銀行カードローンの解約手続きを行う場合の手順は以下の通りです。

  • 三井住友銀行支店窓口で解約の旨を伝える
  • 解約書類に必要事項を記入する
  • 解約証明書を返却してもらう

また、窓口で手続きをする場合は、

  • 本人確認書類
  • ローンカード
  • 印鑑

を持参してください。

三井住友銀行カードローンのローンカードはどうする?

三井住友銀行カードローンを解約してしまえば、もうローンカードを使うことはありません。

三井住友銀行カードローンプラザに連絡をして解約をした場合は、手続きを書類のやり取りで行っていますから、まだローンカードは手元に残ったままでしょう。

解約手続きは済んでいるので紛失したとしても悪用される心配はありませんが、念のためハサミで切るなどしてから処分します。

自分でローンカードを処分するのが心配なら、解約届をカードローンプラザに郵送する際にカードを同封しましょう。

ただし、その場合はまだ解約手続きが完了していませんので、ローンカードの悪用を防ぐために必ずカードにはさみを入れてください。

支店窓口で三井住友銀行カードローンの解約手続きを行う場合は、ローンカードを持参して窓口へ返却すればOKです。

三井住友銀行カードローンを解約する際の注意点

三井住友銀行カードローンを解約する際にはいくつかの注意点があります。

1,000円未満の端数の返済はこうする!

三井住友銀行カードローンの解約手続き自体は、書類を提出するだけで簡単にすみます。

それよりもむしろ、三井住友銀行カードローンを完済する時にちょっとした手間が生じることが多いです。

三井住友銀行カードローンの借入残高は1,000円以下の端数が生じていることがほとんどです。

借り入れを完済するにはこれを1円残らず返済しなければなりませんが、コンビニATMでは硬貨の取り扱いがありませんから、その端数をどのようにして返済すればいいかよくわからないという人もいるでしょう。

三井住友銀行カードローンの借入残高の1,000円以下の端数の金額は、以下の方法で返済できます。

三井住友銀行のATMから返済する

三井住友銀行のATMなら硬貨の取り扱いがありますから、1円単位できっちり返済できます。

ただし、基本的に無人の三井住友銀行ATMコーナーでは硬貨の取り扱いをしていません。

硬貨の取り扱いがあるのは有人店舗に設置されているATMのみですので注意してください。

SMBCダイレクト(インターネットバンキング)から返済する

SMBCダイレクトを利用しているなら、そちらから返済する方がカンタンです。

1円単位での振込返済でしっかり三井住友銀行カードローンを完済できますよ。

端数の金額よりも多めの金額を入金する

三井住友銀行の口座を持っていれば、コンビニATMなど紙幣しか取り扱わないATMから端数よりも多い金額を入金した場合でも、余分に入金した金額を普通預金に預かっておいてくれます。

解約証明書をもらっておくこと

三井住友銀行カードローンの解約手続きを終えた時には、必ず解約証明書をもらっておいてください。

三井住友銀行カードローンを解約したことを第三者に証明できる

住宅ローンやマイカーローンを組む時には、カードローンなど他の借り入れがあると審査に不利になるといわれますので、そうした高額のローンを組むために三井住友銀行カードローンを完済して解約する人という人もいるでしょう。

しかし、三井住友銀行カードローンを解約してどこからも借り入れがなくなっても、三井住友銀行カードローンを解約したという情報はすぐに信用情報に反映されるわけではありません。

また逆に、三井住友銀行カードローンと契約をして借り入れをしていたという情報は信用情報にしばらくの間登録され続けます。

そのような状況でも、解約証明書があればどこからも借入がないことを証明できます。

解約証明書の提出を求められることも…

また、カードローンを解約してすぐに住宅ローンやマイカーローンに申し込みをした時には、申込先の金融機関から解約証明書の提出を求められる場合もあります。

いずれにしても、三井住友銀行カードローンの解約手続き時に返却された解約証明書は大切に保管しておいてください。

完済したら三井住友銀行カードローンを解約すべき?

三井住友銀行カードローンを完済したけど、そのまま解約してしまったら後悔しないだろうか…?
難しいところですよね。

三井住友銀行カードローンを解約するメリットとデメリットをよく考慮したうえで決定するとよいでしょう。

三井住友銀行カードローンを解約するメリット

三井住友銀行カードローンを解約するメリットには以下のようなものがあります。

信用が高くなる

新しいローンに申し込みをする時には、他社からの借入がない方が審査に有利です。

三井住友銀行カードローンを解約しておけば、それだけ信用力が高まって他のローンを利用しやすくなります。

上でも触れたように、住宅ローンやマイカーローンなど高額ローンの審査では、カードローンからの借り入れがあると審査にいい影響を与えません。

従って、利用していないカードローンある場合は早急に解約することをおすすめします。

借金に頼らなくなる

カードローンはいつでも手軽にお金を借りられるので、特にお金に困っていない様な場合でも安易に借り入れをしてしまいがちです。

三井住友銀行カードローンは金利も低めでATM利用手数料も一切かからず、またメガバンクのカードローンとして絶対的な安心感がありますが、借金をすることには何ら変わりはないわけです。

しかし、三井住友銀行カードローンを解約しておけば、借金に頼らない生活を送るようになります。

カードローンは確かに手軽で便利ですが、借金だという意識をしっかり持っていないと自分の口座からお金を下ろしているような誤った感覚に陥ってしまうことも多いですから本当に気をつけていなければなりません。

特に借入が必要でないなら、三井住友銀行カードローンは解約した方がよいでしょう。

三井住友銀行カードローンを解約するデメリット

では、三井住友銀行カードローンを解約するデメリットとはどのようなことでしょうか?

借入をしたい場合はもう一度申し込みをしなければならない

もし、三井住友銀行カードローンで借り入れをしたい時には、再度一から申し込みをしなければなりません。

必要書類をもう一度準備する必要がありますし、もちろん在籍確認も再度行われますので手間がかかります。

ですから、いったん三井住友銀行カードローンを完済したけれど、もしかしたらまた借入をするかもしれないという場合は、解約をせずにそのまま契約を継続しておいた方がよいでしょう。

以前の借入限度額や適用金利はリセットされる

また、三井住友銀行カードローンを利用していた時の取引の状況がどれだけ良好だったとしても、そうした事情は再審査の際には一切考慮されることはありませんので、場合によっては審査に落ちてしまう可能性もあります。

審査に再び通過したとしても、以前の限度額や適用金利は全てリセットされますから、以前と同じ条件で三井住友銀行カードローンを利用できる保証はどこにもありません。

限度額が大きく引き下げられる可能性もありますし、適用金利が高くなってしまうことがないともいえません。

おわりに

三井住友銀行カードローンは、メガバンクが提供するカードローンということで安心かつ低金利で利用できる点が大きな魅力です。

しかし、メガバンクが提供しているとはいっても、カードローンはやはり借金なんですよね。

大きなローンを組みたい場合には三井住友銀行カードローンがどうしても足かせになってしまいますから、今後のローンの予定などをよく考えて解約するかどうかを決めましょう。