横浜銀行カードローンはおまとめローンにおすすめ!審査は厳しい?

横浜銀行豆知識

「おまとめローンはやっぱり低金利の銀行カードローンがいい」

なんて考えている方は多いはず。

金利の低い銀行カードローンをおまとめローンとして利用すれば、一本化後の金利の下げ幅が大きく、金利の高いおまとめローンで一本化を行った場合と比べてかなりお得です。

確かに銀行カードローンをおまとめローンとして利用することは可能で、自分の利用目的に沿った銀行カードローンの審査に通れば、問題なく銀行カードローンでキャッシングの一本化は可能です。

そして今回は、地方銀行カードローンのなかでも利用しやすい、「横浜銀行カードローン」をおまとめローンとして利用する場合について考えていきましょう。

最短即日融資が可能な『アコム』
アコム
おすすめポイント
  • 3秒診断により借入可能かが即分かる!
  • はじめての方なら最大30日間無利息!
  • 24時間申込可!即日中の振込みも可能
※金融機関・お申込時間帯によってはご利用いただけない場合がございます
実質年率
3.0%~18.0%
限度額
800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
アコム審査申込みはこちらから

横浜銀行カードローン基本情報

横浜銀行カードローン

金利1.9~14.6%
限度額1000万円
審査時間最短1営業日
融資時間最短1営業日

神奈川県、東京都、群馬県の一部地域にお住まいの方、お勤めの方しか利用できないものの、金利が低く限度額が高い、優秀なカードローンです。

さすが日本最大の地方銀行が運営するカードローン、都市銀行に負けない優秀な借り入れ設定が組まれています。

横浜銀行カードローンはおまとめローンとして使えるのか

スマホー女性

確かに横浜銀行カードローンは優秀な銀行カードローンです。

しかしそもそもの問題として、横浜銀行カードローンはおまとめローンとして利用できるのか?

という問題を解決しなくてはいけません。

私なりに、横浜銀行カードローンとおまとめローンの関係を調査した結果を、お教えしたいと思います。

横浜銀行カードローンの借り入れ目的は基本的に自由…審査に通ればおまとめOK

結論から言ってしまえば、横浜銀行カードローンをおまとめローンとして利用することは「可能」です。

横浜銀行カードローンは、他のカードローンと同じく「借り入れ目的は原則自由」なので、「キャッシング一本化のために利用」も問題ないのです。

もちろん、そのまえに「審査に通ること」が優先されますが、「おまとめローンとして利用する」ことによって審査が厳しくなるようなこともありません。

公式サイトにもおまとめOKの記述あり

横浜銀行カードローンがおまとめローンとして利用可能であることの要因が、「公式サイトの記述」です。

このように堂々と、カードローンの利用例として「おまとめローン」を載せているのは珍しいです。

銀行カードローンの審査が厳しくなっている昨今、このような余裕ある設定は、利用者としては嬉しい限りですよね。

横浜銀行カードローンの審査は厳しいのか

さて、横浜銀行カードローンをおまとめローンとして利用するには、横浜銀行カードローンから一本化できるほどのお金を借り入れることのできる審査に通る必要があります。

横浜銀行カードローンの審査は、当然消費者金融カードローンの審査ほど甘くはないものの、銀行カードローンとして極端に厳しくもありません。

横浜銀行カードローンは誰でも審査に通るほど審査が甘くはないですが、しっかりと収入、信用情報を持っている人なら問題なく審査に通ります。

横浜銀行カードローンの審査は厳しいのか?

横浜銀行カードローンでのおまとめローンの審査内容を紹介

スマホー女性

横浜銀行カードローンのおまとめローンを利用するにあたって審査をする必要があります。

審査の内容として、次の4つがあげられます。

  • 信用情報
  • 他社からの借入件数
  • 現在の勤務先
  • 年収

この4つの内容を確認して審査をします。

審査する保証会社は主に「SMBCコンシューマファイナンス株式会社」です。

では順番に解説していきます。

信用情報

横浜銀行カードローンのおまとめローンを利用するにあたって審査内容1つ目に「信用情報」があげられます。

信用情報では他社での借り入れトラブルや長期延滞がないかを確認できます。

信用情報に少しでも傷がついてしまっている場合は審査に落ちてしまう可能性も。

他社でのトラブルは関係ないと思ってはいけません。

横浜銀行カードローンの審査に通るためには、他社の返済に関しても滞りなくおこなうようにしましょう!

他社からの借入件数

横浜銀行カードローンのおまとめローンを利用するにあたって審査内容2つ目に「他社からの借入件数」があげられます。

おまとめローンは一本化することを目的とされていますが、他社からの借入件数が多いと審査には通りません。

目安として4件以上の借入がある人は審査に通らないと考えておくと良いでしょう。

横浜銀行のおまとめローンを利用したいと考えている人は、なるべく他社からの借入をおさえて、件数を減らす努力をしてください。

現在の勤務先

横浜銀行カードローンのおまとめローンを利用するにあたって審査内容3つ目に「現在の勤務先」があげられます。

おまとめローンの審査では現在の勤務先での情報が審査の基準になります。

勤務先での情報として、次の内容があげられます。

  • 雇用形態
  • 会社規模
  • 勤続年数

このように内容が審査で見られているため、勤務先の審査基準を理解しておきましょう。

雇用形態として、パートやアルバイトよりも正社員のほうが審査に通りやすいといわれています。

正社員はほかの雇用形態に比べて、安定感があるため返済能力が高いと判断されるからです。

また、会社規模に関しては大企業であればあるほど審査に通りやすい傾向があります。

雇用形態でお伝えしたこと同様で、大企業であればあるほど収入が安定しており、返済能力が高いと判断されるからです。

他にもおまとめローンの審査では勤続年数も重要視されています。

おまとめローンは借入額が大きく返済期間が長くなるため、長期的な返済が可能かが審査の基準になるんです。

勤続年数があまりにも低い場合は、長期返済ができるか不審に思われてしまいます。

結果的におまとめローンの審査に落ちてしまうでしょう。

おまとめローンの審査に通りたい場合は勤続年数が長くなってから申し込むようにしてくださいね。

年収

横浜銀行カードローンのおまとめローンを利用するにあたって審査内容3つ目に「年収」があげられます。

当たり前ですが、おまとめローンの審査では年収が見られ、重要な審査基準とされています。

カードローンでは総量規制というものがあり、年収の3分の1までしか借り入れることはできません。

そのため、年収に対して借入額が多いと審査に落ちてしまうでしょう。

おまとめローンの審査に通りたい人は年収をアップさせてから審査に申し込むことをおすすめします。

⇒横浜銀行カードローンで即日融資を受けることは可能?

横浜銀行カードローンでのおまとめローンの特徴

スマホー女性

横浜銀行のおまとめローンにはいくつか特徴があります。

おまとめローンの特徴として次の4つがあげられます。

  1. 金利が低い
  2. 自分のスタイルに合わせたおまとめ方法が選べる
  3. 審査の結果がすぐに出る
  4. 申し込める地域が限られている

では順番に解説していきます。

金利が低い

横浜銀行カードローンの特徴1つ目に「金利が低い」という特徴があげられます。

横浜銀行カードローンで設定されている金利は「1.9~14.6%」と低い金利で設定されています。

そして、限度額も最高で1000万円とキャッシングを一本にまとめるおまとめローンとして適しています。

横浜銀行カードローンは、借入限度額が上がれば上がるほど、多くのお金を借り入れれば借りるほど金利が下がっていきます。

ただし、大口融資を受ける前には厳しい審査をクリアすることが必要です。

そうは言っても、おまとめローンでキャッシングの一本化ができるため、審査にチャレンジする価値は十分にあるといえるでしょう。

金利をなるべく低くしたいと考えている人は横浜銀行カードローンのおまとめローンを利用してみましょう!

自分のスタイルに合わせたおまとめ方法が選べる

横浜銀行カードローンの特徴2つ目に「自分のスタイルに合わせたおまとめ方法が選べる」という特徴があげられます。

横浜銀行にはおまとめ専用のローンは存在しません。

カードローンもしくはフリーローンのどちらかでおまとめローンを組むことになります。

そのため自分のスタイルに合わせたおまとめ方法が選べるんです!

また、どちらを選択したとしても同じ金利・限度額・条件で申し込めます。

自分に合ったおまとめローンの方法を選べるのは横浜銀行カードローンの特徴といえるでしょう。

審査の結果がすぐに出る

横浜銀行カードローンの特徴3つ目に「審査の結果がすぐに出る」という特徴があげられます。

おまとめローンとして利用する場合は、店舗に来店することなく申し込みができますよ。

そのため気軽におまとめローンの申し込みができるんです。

また、申し込みをしてすぐに結果が出て、最短で翌日に審査結果が出ます。

そして、その日のうちに融資が受けられるので今すぐ融資を受けたいと考えている人はぴったりのカードローンです。

審査結果がすぐにわかるというのは横浜銀行カードおまとめローンの特徴の一つといえますね。

申し込める地域が限られている

横浜銀行カードローンの特徴4つ目に「申し込める地域が限られている」という特徴があげられます。

横浜銀行カードローンは全国各地どこでも申し込めるわけではありません。

申し込める地域は以下の通りです。

  • 神奈川県
  • 東京都
  • 群馬県(前橋市、高崎市、桐生市)

対象地域に住んでいる人、もしくは勤務している人のみ申し込めます。

地域密着型のカードローンという特徴といえますね。

横浜銀行カードローンはさまざまな特徴があり、魅力いっぱいのカードローンです。

横浜銀行でおまとめローンを利用したシミュレーション

スマホー女性

横浜銀行カードローンをおまとめローンとして利用した時、どれくらいお得になるのか?

具体的にシミュレーションして調べてみましょう。

3社から50万円借り入れをまとめるシミュレーション

消費者金融3社のカードローンで50万ずつ借りている場合のシミュレーションをしてみましょう。

50万ずつ3社から、ということは借入総額が150万円ということ。

しかしそれぞれ50万円借り入れる場合の金利が課せられるので、利息を3社から請求されます。

今回は例えば大手消費者金融で適用される「18.0%」という金利で計算してみたいと思います。

大手消費者金融3社からの借り入れを横浜銀行カードローンで一本化

金利18%で借り入れると、一ヶ月で支払う利息は7397円。だいたい7400円としましょう。

7400×3で22,200円ということ。

対して横浜銀行カードローンで150万円借り入れて、一ヶ月に支払う利息は14,547円です。

およそ差額は7400円ほど。

これが積もり積もるとどれだけお得になるか、わざわざ説明しなくても伝わるでしょうか。

審査に余裕があるなら横浜銀行カードローンがお得

横浜銀行カードローンをおまとめローンとして利用するのは、キャッシングを一本にまとめて返済額を減らす目的からみるとかなり効果的です。

しかし何回も言うように、あくまで「審査に通れば」です。

キャッシングを一本にまとめられるほど、大口の融資を受けられる審査をクリアできれば、横浜銀行はおまとめローンとして大活躍します。

横浜銀行フリーローンをおまとめローンとして利用可能

スマホで比較検討する女性

横浜銀行のキャッシングはカードローンだけではありません。

横浜銀行は他にも、借り入れ用途が自由な「フリーローン」があります。

用途が自由ですから当然、「キャッシングの一本化」目的で利用が可能。

ちなみに横浜銀行には、「ライフサポートプラン」というキャッシングサービスもありますが、こちらはおまとめと借り換えに対応していません。

横浜銀行フリーローンは固定金利

横浜銀行フリーローンの金利設定ですが、「4.8%、9.5%、14.5%」という設定からプランが適用される「固定金利」となっています。

カードローンは残高によって金利が変わる「変動金利」ですから、おまとめローンとして勝手が異なることを理解して頂けるでしょうか。

横浜銀行フリーローンの限度額

横浜銀行フリーローンで借り入れることができる限度額は、最高でも300万円です。

横浜銀行カードローンの限度額が細大1000万円であることを考えると、およそ3分の1ということ。

これは一見限度額が低く損に感じてしまうものですが、よく考えれば300万円でもし最低限度額の4.8%が適用されれば、一般的なカードローンと比べてかなり低金利で借り入れが可能です。

まとめ

チェックポイントを解説する女性

横浜銀行カードローンと横浜銀行フリーローンを、他社のキャッシングをまとめるおまとめローンとして利用する場合について考えました。

横浜銀行カードローンは低金利、高限度額でおまとめローンとして利用するのにうってつけです。

固定金利の横浜銀行フリーローンも、低い金利が適用されればかなり低金利のおまとめローンとして利用が可能です。

横浜銀行のキャッシングを利用できる地域にお住まいの方、またはお勤めの方なら、横浜銀行のキャッシングをおまとめローンとして利用するのを検討してください。