横浜銀行カードローンは即日融資に対応してる?2020年現在は最短でも翌営業日融資

時計を見るスーツの男性 横浜銀行豆知識

横浜銀行カードローンは最大金利「14.6%」と銀行系カードローンの中では平均的、カードローン全体で見れば低金利な設定で融資をおこなっています。

また横浜銀行カードローンは銀行系カードローンでありながら素早い融資スピードを誇り、低金利と融資スピードを両立したい利用者に人気です。

特に一刻も早い借り入れを求める人には即日融資は金利以上に魅力的なサービスです。

大手消費者金融だけでなく、中小消費者金融も即日融資に対応しはじめるほど需要が高くなっています。

融資スピードが特徴の横浜銀行カードローンですが、即日融資には対応しているのでしょうか?

横浜銀行カードローンのスペック

金利 1.9~14.6%
限度額 1000万円
審査時間 最短翌営業日
融資時間 最短翌営業日

冒頭でも説明したように横浜銀子カードローンは、銀行系カードローンらしく低金利でお金を融資しています。

そして気になる審査時間、融資時間ですが…残念ながら最短でも翌営業日と、即日融資には対応していないということになっています。

横浜銀行カードローンは即日融資には対応していない

断る女性

基本スペックにも記載してある通り、横浜銀行カードローンは残念ながら即日融資には対応していません。

横浜銀行だけでなく他のすべての銀行系カードローンも同様に即日融資対応していません。

しかし横浜銀行カードローンは、銀行系カードローンの中では融資スピードがかなり速いです。

多くの銀行系カードローンは審査から融資の開始まで最短でも一週間近くかかるところも多く、その中では「最短翌営業日」の融資開始スピードはとびぬけています。

銀行ならではの低金利と即日融資とはいかないものの、引けを取らない融資スピードが魅力のカードローンなのです。

以前は即日融資にも対応していた

既に触れていますが、横浜銀行カードローンに限らずすべての銀行系カードローンは即日融資に対応していません。

以前銀行系カードローンのカードローンを利用したことがある方は、銀行が即日融資をしていた時代を知っているかもしれませんね。

当時から時間が経って、久しぶりに銀行系カードローンを利用しようと思った方は即日融資に対応していないことに驚いているかもしれません。

2018年1月に銀行系カードローンに施行されたルールにより即日融資不可に

実は2018年1月以前は、即日融資は消費者金融の専売特許ではなく銀行系カードローンも即日融資に対応していました。

2018年以前、銀行系カードローンの審査基準は甘いと言われていました。

また消費者金融が債務者にお金を貸すことを制限する「総量規制」のようなルールが銀行には適用されず、既に消費者金融で総量規制ギリギリまでお金を借り入れている人にもお金を融資できたのです。

このことが原因で銀行系カードローンは、多くの破産者を産み出しました。

あまりの破産者の多さに、この問題は社会問題になり、2017年に国は銀行に対しカードローンの審査基準を厳しくするように命令を出しました。

銀行側も貸し倒れのリスクを避けるためにこれに同意、2018年には消費者金融で言うところの「総量規制に類似したルール」が設けられることになりました。

また審査基準の上昇に伴い、銀行系カードローンの審査過程に「申請者の本人確認情報を警視庁のデータベースから参照しなくてはならないルール」が設けられました。

この過程は「最低一日」を擁する作業であるため、銀行系カードローンの即日融資は実質的に不可能になったのです。

総量規制…年収の3分の1以上、お金の借り入れができない、融資できない法律

即日融資は不可能だが審査の通知は即日可能

警視庁のデータベースを参照しなくても、カードローンの審査の通過の有無は決定できます。

銀行系カードローンの保証会社がそもそも消費者金融会社であることが多いですし、消費者金融の審査には上記の過程は存在しませんので、当然ですよね。

便宜上、警視庁のデータベースを照会した事実が必要になるので融資の開始は最短でも翌日になるのですが審査の通過(とはいっても仮審査ですが)自体は即日通知が可能です。

横浜銀行カードローンの場合もスペックには審査時間は「最短翌営業日」となっていますが、それは本審査のことで仮審査の結果は即日通知されることが多いです。

最短翌営業日は審査がスムーズにいった場合のみ

「最短」とついているので、勘違いする人は少ないとは思いますが、確実に翌営業日に融資を受けられる訳ではありません。

年収や年齢や勤続年数、職業や家族構成など属性が優秀で信用情報にも傷が無く良好な場合は最短での融資が可能になります。

しかし裏を返せば、上記に不安がある場合は審査がスムーズに行かずに審査時間がかかればかかるほど融資の開始は結果的に遅くなります。
※そもそも審査に通過できなければ融資の開始はできないため

それではどのような属性、信用情報だと審査が遅くなってしまうのでしょうか。

属性

借入希望額の高さに反して、

  • 年収が低い
  • 雇用形態が正社員ではなく、アルバイトやパート
  • 年齢が20代前半・60代後半
  • 職場の勤続年数が低い

上記のように属性が良くないと審査時間に遅れが出ます。

対策としては借り入れ希望額を低く申請することです。

一般的にカードローン会社が最初に利用者に設定する限度額は年収の10%ほどと言われています。

年収が300万円ほどであれば、10%の30万円。

確実に審査時間を短縮するなら10%以下の10万円~20万円ほどで希望額を申請してみると効果的です。

信用情報

過去のカードローンの利用実績において、

  • 返済の遅延
  • 多重債務

などの金融トラブルを起こしている状態を「信用情報に傷」があると言います。

このような信用情報を持っていると審査の通過や審査時間に悪影響を及ぼします。

過去に債務整理などの経験があると信用情報がブラックの状態となり審査時間どころか、そもそも審査に通過すらできないと考えていいでしょう。

横浜銀行から審査結果が届いてからの流れ

それではここからは、具体的に横浜銀行カードローンで翌日融資を受ける流れをみていきましょう。

最短翌営業日に横浜銀行カードローンでお金を借り入れたい人は要チェックです。

横浜銀行口座がある場合

横浜銀行に口座を持っていれば、最短翌営業日での借り入れがとてもスムーズになります。

審査結果がメールで届いた段階で横浜銀行から書類提出が求められます。

WEBから、「本人確認書類」、必要ならば「収入証明書」の提出を求められます。

これら書類提出が済み、横浜銀行が書類の確認まで終わった段階で、翌営業日に横浜銀行口座へ振込が行われます。

横浜銀行口座がない場合は口座開設が必要になる

横浜銀行に口座を持っていない場合も最短翌営業日での借り入れは可能です。

しかし口座がない場合は横浜銀行に新規口座開設の手続きを行う必要があります。

横浜銀行口座開設は、実際に店舗での手続きを行うことになるため、開設そのものに「1~2時間」みておく必要があります。

そのため、開設手続きを行うタイミングがかなり重要となります。

銀行口座はキャッシュカードが手元になくても口座開設自体は完了しているので問題ないです。

口座がない場合の借り入れ方法

口座がない場合は電話から申し込みます。

電話から申し込む理由は「翌営業日中に融資を受けたい」という要望を伝えやすいからです。

申し込みをなるべく早く終わらせて、その後審査結果を受け取ります。

その後、データで送られてくる「契約書」の書類を印刷。

契約書を記入して、FAXで横浜銀行に送信。

これで、書類の提出は完了です。

この段階で横浜銀行の新規口座開設が始まります。

この新規口座開設と審査結果の通知が今日中に完了すれば、口座が無い人でも翌営業日融資でお金を借り入れることができるのです。

横浜銀行カードローンの審査基準について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください!

スルガ銀行カードローンの審査基準は厳しい?審査に落ちる原因は?
ローンの種類が多く、キャッシング利用者に優しいスルガ銀行。そんなスルガ銀行のカードローン「スルガ銀行(リザーブドプラン)」の審査について、今回は調べていきたいと思います。スルガ銀行カードローンの審査基準は厳しいのか?どんな人がスルガ銀行カー

初回融資は振込で借入可能

横浜銀行カードローンは、初回融資に限り口座へ振込融資が行われます。

借入用のキャッシングカードが自宅に届くのを待つ間のロスタイムを失くせますね。

横浜銀行口座のみとなるものの、このサービスはかなり利便性が高いですよね。

その後1週間ほどで借り入れカードが書留で届く

2回目以降の借り入れは、申し込みで届け出た住所へ書留で送られてくるカードを使ってください。

横浜銀行カードローンで最短の翌営業日に融資を受けるためには

横浜銀行カードローンで翌営業日での融資を受けるための心構えを紹介いたします。

良かれと思ってやっていたことが裏目に出ていた…ということもあるので、是非確認していってくださいね。

横浜銀行カードローン審査を早めるために

横浜銀行カードローンで翌営業日での融資を受けるなら、まずは最短で審査に通過する必要があります。

融資の開始は審査の通過失くしてありえませんから、横浜銀行カードローンの審査を早める工夫も必要です。

他社のカードローンを同時に申し込まない

カードローンの申し込みが複数同時に行われた場合、審査に落ちやすくなってしまいます。

同時期に複数のカードローンに申し込んでいると「それだけお金に余裕がない人(なのかもしれない)」と審査に通過に慎重になられてしまう傾向があります。

他のカードローンへの申し込みは信用情報の開示で簡単にわかります。

いち早く融資を受けたい方が機転を利かせて悪気なくやってしまいがちなのですが、却って審査が遅くなってしまうのでやめましょう。

横浜銀行カードローンで最短融資を受けたい方は、横浜銀子カードローンを使用すると決めて、横浜銀行カードローンに絞った申し込みを行いましょう。

希望借入額を少額に

横浜銀行カードローンは申込時に「希望借入額」を申請することになります。

この希望借入額は少なければ少ないほど審査に時間がかかりません。

あなたが友人にお金を貸す立場で、1万円と10万円ならどちらの方がお金を簡単に貸せますか?

返済リスクが高くなればなるほど審査が慎重になり時間がかかるのです。

横浜銀行カードローン融資スピード 総評

横浜銀行カードローンは記事で紹介してきたように残念ながら「即日融資」には対応していません。

しかし銀行系カードローンの中では融資スピードは翌営業日と早く、金利も低い為「どうしても今日お金を借りたい」という場合でなければ優秀です。

さらに翌営業日での融資開始に必要な横浜銀行の口座もすぐに作成することができるため、面倒なことは特にありません。

自分の属性や信用情報に問題が無ければ、すぐに融資を受けられるでしょう。

低金利と適度な融資スピードを求めるなら横浜銀行カードローンはおすすめです!

横浜銀行 カードローン
検索

即日融資に対応しているおススメの消費者金融を紹介!

横浜銀行カードローンは最短翌営業日での融資可能なため、銀行系カードローンの中では融資は早いです。

やはり即日融資には対応していません。

そこで金利こそ横浜銀行カードローンよりも高いですが、即日融資に対応しているおススメの消費者金融を紹介いたします!

キャンペーンなども行っていて、実質金利も安く抑えられるので一時的に使う場合もおすすめになります!

アコム

はじめてのアコム♪でお馴染みの大手消費者金融アコム。

アコムは「はじめてアコムから借り入れる場合、30日間金利を無料にするキャンペーン」を常に行っています。

横浜銀行は、はじめての借入時に金利が安くなるキャンペーンなどはないです。

またアコムは横浜銀行カードローンとは違い、消費者金融なので即日融資にも対応しています。

アコムは数ある即日融資対応のカードローンの中でもおススメのカードローンですよ!

アコム

プロミス

プロミスもおススメのカードローンを提供する消費者金融です。

金利も消費者金融の中だと最大「17.8%」と低いです。

アプリローンの場合は「バーチャル上にキャッシングカードを作成」するシステムを使用していいます。

アプリローンは即日審査・即日融資でキャッシングカード受け取りもなく、すぐに近くのATMから借り入れが可能です。

このバーチャル上にキャッシングカードを作るシステムの利用は消費者金融ではプロミスしか使用していません。
※銀行系ですと三井住友銀行のSMBCがありますが、こちらもルールで即日融資には対応していません。

即日融資が横行しているキャッシング業界ですが、間違いなくその中で最速の融資スピードを誇ります。

アコム同様にはじめて借り入れの人に「30日間金利が無料になるキャンペーン」を行っています。

消費者金融のカードローンの中でも特におすすめしたいのがプロミスになります。

プロミスのバナー

融資スピードも金利の低さも求めない…審査が甘いカードローンを教えてほしい

即日だの最短翌日なんて融資スピードは求めてない。

金利が低い?どうでもいい。

「とにかく審査が甘いカードローン会社」を教えて欲しい!

そんな方も中にはいるのではないでしょうか?

横浜銀行カードローン銀行系カードローンとして審査の厳しさは平均的。

カードローン業界全体で見れば厳しめの部類に入るでしょう。

属性に不安があったり、信用情報に傷がある場合、横浜銀行カードローンの審査に通るか不安ですよね。

そんな方のために「審査が甘い中小消費者金融」をご紹介いたします。

ただし即日融資や金利の低さはあきらめてください。

紹介する二つの会社両方が即日融資非対応。

金利は上限金利いっぱいの「20%」です。

フクホー

大阪のフクホーといえば、界隈では知らない人がいないほど「審査が甘い」と評判の中小消費者金融です。

最低限の収入さえあれば属性も信用情報も気にしません。

ただし、以下のデメリットが存在します。

  • 貸付限度額を「9.9万円」に設定し、上限金利ギリギリの「20%」で貸し付ける
  • 提出書類が驚異の6枚(※平均は二枚程度)

過去の金融事故を気にせずに現状の返済能力を見て、融資をしてくれるイメージです。

そのため様々な角度から審査をするので、結果的に提出書類が多くなるのです。

良い体の収入さえあればお金を貸してくれる会社なので、他にお金を貸してくれるカードローンがないならおススメです。

消費者金融のフクホー株式会社は闇金なの?ブラックでも審査に通過って本当?
年収や職業、勤続年数などの属性が良くなかったり、信用情報に問題がある場合にお世話になることが多い中小消費者金融。 中小消費者金融について多少知識がある人ならば「フクホー」の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 中小消費者...

プラン

プランも大阪に本社を構える中小消費者金融です。

プランも信用情報に債務整理などのブラックな情報が載っていてもお金の融資をしてくれます。

限度額を無理矢理小さくすることはないので10万円の上限金利である「18%」の金利で融資を受けることができます。

フクホーと並び、属性に不安、信用情報がブラックの人にはお勧めの消費者金融になります。

消費者金融「プラン」の審査は甘い?即日融資も可能?口コミをもとに特徴を解説
プランは中小消費者金融会社で、最大限度額50万円と少額のローンを提供している会社です。 あまり多くの借入をしない人には利用しやすいかもしれません。 中小消費者金融でありながら即日融資にも一応対応している会社で、すぐに借りたい方も...

まとめ

横浜銀行のカードローンに限らず、銀行系ではルールで即日融資に対応していません。

銀行系カードローンで融資を受ける場合は、最短でも翌営業日になってしまいます。

しかし一日待てば、即日融資に対応している消費者金融の金利よりも「3%」ほど安い金利でお金を借り入れることができます。

この「一日の差」を長いと見るか短いと見るかは、その人の性格や状況によって変わってくると思います。

もし一日を短いと見るなら待って、金利の低い横浜銀行カードローンでお金を借りるほうをおすすめしますよ!